暁ちゃんと提督さん

暁ちゃんとイケメン提督(爆発しろ)のらぶらぶネタ。 提督✕暁ちゃん
1120view 0コメント
4
紅礼 郷梨@前HN:愚真礼賛 @gre_goriy
暁「子供扱いしないでよね!失礼しちゃうわ」 提督、スッと立ち上がると、そう言った暁の背後に回り込み、後ろから彼女のことをぎゅっと抱きしめる。 「えっ!?」と驚く彼女に対し、その小さな頤を指先で持ち上げながら、耳元で「そうだね、じゃあ大人な関係を今から過ごそうか?」と囁いた。
紅礼 郷梨@前HN:愚真礼賛 @gre_goriy
「えっ、ええっ?」 突然のことに顔を真っ赤にする暁。 すると提督は、くすっ、と小さく微笑み、身体を彼女から離すと、自分より小さなその頭にポン、と手を置いた。 「ははっ、そこで赤面しちゃうようじゃまだまだだね」 「なっ、からかったのっ!ひっどーいっ!!」
紅礼 郷梨@前HN:愚真礼賛 @gre_goriy
赤面し胸をドキドキさせたまま、手を置かれた頭を両手でおさえ、抗議の声をあげる暁。 そんな彼女に提督が声をさらにかける。 「ーーははっ、悪い悪い。でも、だからこそ……キミがあんな言葉をかけてもさらりとやりかえせるようになるまで、これからもずっと俺の傍に居てくれよ?」
紅礼 郷梨@前HN:愚真礼賛 @gre_goriy
「ーーーーーーーー」 さらに抗議しようとしかけていた暁は、その言葉を聞いて思わず声がでなくなってしまう。 「これからもよろしくな、My lady?」 そう言って提督は片手を胸に、もう片手を暁に差し出しながら、少女の目線の高さへと合わせてくる。
紅礼 郷梨@前HN:愚真礼賛 @gre_goriy
「ーーーっ、き、きっといつかやり返してあげるんだからっ!」 帽子を押さえ、真っ赤になった顔を彼から隠しながら、そう強がるのが、今の暁にとってどうにか返せる精一杯のことだった。 「それまでぜったいにいつまでも一緒にいてあげるんだからっ!忘れないでよねっ!!」 ~ある日の暁と提督~

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする