2013年9月28日

NPOキャリアカレッジ0925

1
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】今日でいよいよキャリアトークは最終回。最終回のゲストは公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(http://t.co/g00rxKCo6T)の泉水 福生さんです。

2013-09-25 19:04:41
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:非営利組織の職員としては14年目。描いた通りの道を歩いてきたというよりは、様々な転機を経ながらという感じが強い。

2013-09-25 19:10:50
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:なぜ非営利組織だったのか、と言われると育ってきた家族環境が影響していたように思う。両親が広い意味での非営利組織で勤務していたり、幼少期から途上国の方など海外の方に触れる機会があった。

2013-09-25 19:12:03
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:卒業後に民間企業に就職したものの、業績を上げることが第一主義の体質になじめず、実務経験や人の出会いに恵まれたものの、4年で退職。一方、これがきっかけで自分の将来の方向性が明確になった。

2013-09-25 19:13:35
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:退職後は留学し、国際交流に関わる仕事に就くことを目標に社会人類学専攻。海外に出ることで自分や日本を相対化させることができた、一生の付き合いとなる友に出逢えたことなど、学業以外にも実りの多い時間となった。

2013-09-25 19:15:08
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:留学中に開発援助の分野で博士課程に在籍していた日本人女性と出会った。当時はその分野にも関心があり、「役に立ちたい」という想いが強かった。自分の目標にもなるような女性だった。

2013-09-25 19:17:39
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:開発学はイギリスが充実しているためイギリスへ留学していたが、留学後に「開発」への疑問をもち、専攻を社会人類学へ変更。キャリアの目標も国際交流にシフトしていった。

2013-09-25 19:18:29
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:帰国後は国際交流、支援を行う社団法人に就職。留学での経験の活かせる仕事についた。基本はデスクワークで、海外への派遣&海外からの受け入れは多種多様な仕事をこなす必要があった。

2013-09-25 19:19:54
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:そんな中、家族の転勤で仕事をやめ、専業主婦をしていたが、その後1年半ほどで再び首都圏に戻ってくることに。そこで、スペシャルオリンピック日本の求人を見つけて、この団体との出会いに運命を感じて応募。

2013-09-25 19:22:06
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:自分の子どものこともあり、「障害」も尊重されるべき1つの多様性であるということ=国際交流で目指してきたことと繋がる、という気づき。

2013-09-25 19:25:07
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:多様性の中に「障害」をもつことも含まれるという意識から、障害のあるひとにとって暮らしやすい社会こそ多くの人にとって暮らしやすい社会につながることを実感した。

2013-09-25 19:25:19
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:スペシャルオリンピックスは、知的障害のある人たちに継続的なスポーツトレーニングとその発表の場である競技会の提供を使命としている。現在日本では47都道府県全てに活動の拠点がある。

2013-09-25 19:26:44
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:スペシャルオリンピックスはオリンピックの前年(夏・冬)行われ、2005年の長野の大会のときに認知度があがった。私は本部組織にいて、総務チームとして組織運営、各都道府県組織との連絡、ほか窓口業務、労務、採用など多岐に渡る

2013-09-25 19:30:36
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:スペシャルオリンピックスは全員表彰するため1位から8位までが表彰台に上がる。(会場ではさまざまな写真とともにスペシャルオリンピックスの特徴ある競技などについて説明くださってます)

2013-09-25 19:36:49
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】(スペシャルオリンピックス独自の競技の紹介だけでなく、国際大会における交流の様子、学校での交流の様子などもご紹介くださってます)

2013-09-25 19:37:04
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:ここで私がこれまで担当してきた仕事についてお話します。写真だけみると華やかな場面が多かったかもしれませんが、通常は裏方であり、地味な仕事が多いです。また仕事の内容も多岐に渡ります。

2013-09-25 19:38:30
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:仕事のやりがいとしては、「人としてこんな風に生きたい」という人生の目的と、今の仕事がつながっていて、社会を変えるムーブメントに従事できることであることがまずあると思う。

2013-09-25 19:40:33
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:また活動に参加する多種多様な「ボランティア」な人々から学ぶことができ、志の高い人たちとの出会いがある。大変な面もある一方、楽しさから活動を続けてくれている人が多いのもスペシャルオリンピックスだと思う。

2013-09-25 19:42:11
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:活動の直接の目的はアスリートの支援ではあるが、彼らから実はたくさんのものを受け取っていると感じられることもやりがいの1つ。

2013-09-25 19:43:34
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:また本部がアメリカにあり、世界180カ国の国と地域で活動のある世界的なムーブメントの一翼を担えるのもやりがいの1つ。アスリートの活躍の場が世界へ広がっていく支援ができることもうれしい。

2013-09-25 19:44:11
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:日本では同様の団体がないので、パイオニア的活動であり、日本でまだ19年の歴史しかないため自分で作り上げている醍醐味があることも魅力だと感じている。

2013-09-25 19:45:10
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal

【NPOキャリアカレッジ #npocareer0925】泉水:(追加情報)活動地域は主として国内で、ボランティアとしての参加はイベント単位や、各都道府県の事務局のサポートなどでの参画も可能。

2013-09-25 19:47:37
残りを読む(29)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?