10周年のSPコンテンツ!
2
伊月遊 @ituki_yu
キノの旅 第一話「おちんちんの国」  ― want to lick. wonder ―
伊月遊 @ituki_yu
翠緑の水平線を、乾いた風が撫でている。 土を踏み固めただけの道が地平線のその向こうまで、遠く遠くに続いていた。 辺りには膝の高さほど草が覆い繁っており、それが風に揺られて静かに波打っている。
伊月遊 @ituki_yu
地平線の向こうに煙が見えた。 やがてそれは輪郭を現し、すぐにそれはモトラド(注・二輪車。空を飛ばないものだけを指す) に乗った人間だということが分かった。 運転手はかなり若い。歳は十代の中頃といった位であろうか。
伊月遊 @ituki_yu
短い黒髪に精悍な顔立ちをしており、黒いジャケットの上に茶色いコートを羽織っていて、腰を太いベルトで締めていた。 右股のホルスターにはかなり使い古されているのか、古ぼけたハンド・パースエイダー(注・パースエイダーは銃器。この場合は拳銃)が一挺収まっている。
伊月遊 @ituki_yu
「だからさ、キノ。ベーコンに手を出すのはまだ早かったんだってば」 モトラドはスピードを緩めずに、運転手に向かって話の続きを言い出した。 「キノは相変わらず食べる事に関しては、ペースを考えようともしない」
伊月遊 @ituki_yu
「ちょっと前の国でお礼に沢山食べ物を貰ったんだとしてもさ、あんな勢いで食べてちゃすぐに無くなるに決まってるさ」 キノと呼ばれた運転手は無表情のまま、アクセルを吹かせる。 「わあっ」という声と共に、そのモトラドは軽くウィリーのように車体を浮かせ、それから更にスピードを上げる。
伊月遊 @ituki_yu
「危ないじゃないか。そんな、ずぼらを突かれたからってさ」 「それを言うなら図星だろ、エルメス」 「あ、ようやく口を開いた」 ぶっきらぼうなキノの声に、エルメスと呼ばれたモトラドは対照的に嬉しそうに声を弾ませる。 キノはその丹精な顔立ちを嫌そうにゆがめた。
伊月遊 @ituki_yu
「まあ、確かにペース配分は間違えたよ。それは認める。ボクとしたことがね」 「そうだよ、とっくに手に入れた食べ物は食べ切っちゃったっていうのにさ。残ってるのって、あとはなにさ」 「・・・いつもの携帯食料だけ」
伊月遊 @ituki_yu
「ほらね。やっぱり言った通りだろ、キノは考えが足りないってさ。 いつか無くなるんだとしても、少しはそれを長く持続させるって事を覚えたらどうなんだい?」 言われてキノは押し黙る。 少しの沈黙が続いて、それから根負けしたように、キノは小さくため息をついた。
伊月遊 @ituki_yu
「あー、もう。良いよ、その通りです。で、まだ食べたり無いからあの国に行くって決めたんです」 「あ、認めた。・・・で、あの国って、次に行く国?どんな所なんだい」 「詳しくは知らないよ。ただ、師匠が『オカズに困ったら行ってみなさい』って」 「ふーん、師匠が?」
伊月遊 @ituki_yu
「うん。美味しい物、沢山あるらしい」 「ふーん」 興味なさそうに相づちを打つエルメス。 道はどこまでも続いている。 地平線には穏やかな風が吹き抜ける。 その風を追うように、キノとエルメスは地平線の向こうに消えていった。

   
   
   
   
   
   

伊月遊 @ituki_yu
「ーーー凄い列だね」 エルメスは疲れた声色で小さく呟いた。 道の上に、大勢の人が並んでいる。 「色んな人が居るね」 エルメスの呟きに、キノは対照的にうきうきとした声で返す。
伊月遊 @ituki_yu
沢山の人達は、様々な人達でもあった。 まだ14~15の若い女も居れば、老境に差し掛かった男も居る。 如何にも旅人といった様子の男が居たと思えば、そのすぐ横に見たこともないような珍妙な恰好をした女が居て、楽しそうに歓談している。
伊月遊 @ituki_yu
そういった沢山の様々な人達が、草原に走る道の上に、どこまでもどこまでも続いていた。 キノとエルメスはその列の中に居た。 「この人達、みんな入国待ちなんだよね」 「そうだね」 「でも、全然進まないね」 「そうだね」
伊月遊 @ituki_yu
「でも、何でだろう。みんなこんなに待たされているっていうのに、なんだか楽しそうだね」 「そうだね」 「・・・キノ、話聞いてる?」 「聞いてるよ。言ってる事も分かってるよ。だからボクも楽しみでしかたないんだ」 「どうしてだい?」
伊月遊 @ituki_yu
「待つのが辛くならないってことは、裏を返せばそれくらい美味しいものが沢山あるって事なんだよ、きっと」 「・・・楽天家」 「ああ、美味しいもの、沢山あると良いなあ!ここで沢山食い溜めするんだ!けどこんなに人が沢山居たらボクが食べられる分あるかなあ!」
伊月遊 @ituki_yu
ボソッと言ったエルメスの言葉をかき消すように、キノはご褒美を待ちきれない子犬のような声で言う。 「おっ、旅人さんもお仲間かい?」 その声を聞きつけたのか、キノの前に並んでいた男性が話しかけてくる。
伊月遊 @ituki_yu
使い古して所々擦り切れた旅装に身を包んだ如何にも旅慣れしていそうな男性で、気さくな笑みを浮べている。 キノははしゃいでいた事に冷静になって、少し気恥ずかしそうに返事をした。 「ええ、まあ」 「そうか!いやー、楽しみだよ。なんたって今日は一年に一度の大イベントだもんな!」
伊月遊 @ituki_yu
と嬉しそうにキノの手を取って強引に握手する男性。 その手を握られたまま、キノは怪訝そうに首を傾げる。 「大イベント?」 「おいおい旅人さんもそれ目的なんだろ?なんせこの祭は有名だから!」
伊月遊 @ituki_yu
キノとエルメスは互いに顔を見合わせる。 その様子に男性は心底驚いたように口を開く。 「おいおい、本当に知らないって言うのか?お前らも買いに来たんだろ?オカズ」 「ええ、まあ」 「だよな?こんな辺境までわざわざオカズを買いに来るなんて、随分な好き者だって事だろ?」
伊月遊 @ituki_yu
「それなのに何でこの世界的な祭を知らないっていうんだ!?」 「え、いや、好き者、ってそんな、ボクは別にそんな食べ物に拘りはないっていうか、グルメでもないっていうか」 「いいや馬脚を現したな。一般人はオカズの事を食べ物だなんて言わない。つまり普段何気なく常食しているという事だ!」
伊月遊 @ituki_yu
「ええい、いいぞう!そんな女みたいな顔して、子供で、もうそんな汚れているなんて!この業界ではご褒美だ!そうだろう!?」
伊月遊 @ituki_yu
「えっと、いえ、ボク、女ですけど」 「お、お、女!?ボ、ボ、ボクっこキタ━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━!!二次元が!やっと!デレて来た!俺にデレて来た!あのツンデレが!ツンデロに!」
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする