ぴょんて師匠〜ひょくちぇ妄想まとめ

2012年からのまとめ。
9
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ヌナ、脱いで』髪を黒くしたせいで、少し幼くなった彼が無邪気に微笑む『したいんでしょ?だったら脱いでよ』伸ばされた彼の手が強引にシャツのボタンを引きちぎる『あーぁ、早くしないから破いちゃった…ねぇ俺が欲しいんでしょ?』ゆっくりとベルトに手を掛けながら笑うウニョクさん #SJで妄想

2012-06-29 23:18:10
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

しなやかな背中の筋肉に唇を落とすと擽ったさに肩を揺らした彼に腕を引かれて合わされる唇。歯列をなぞるように割って入ってきた舌先を受け入れているとそのままベッドに押し倒される。『明日休みだよね?……寝かせないけどいい?』興奮して潤んだ眼で見つめてくるウニョクさん。 #SJで妄想

2012-06-30 23:07:16
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ほら、ちゃんと見て』TV画面から逸らした顔を指先に引き戻される。『次されることがわかるのってどんな感じ?』TVに映し出された映像と同じように、彼の指先がゆっくりと下着の中に滑り込む。『……あんなに文句言ってたくせにいつもより熱くなってる』意地悪く笑うウニョクさん。 #SJで妄想

2012-07-02 23:22:26
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ねぇ?』「うるさい」『まだ何も言ってないじゃん!』今日は何だか調子が悪くて彼に当たってばかり。『ねぇ、ヌナ……そーやって怒るのは俺だけにしなよ。俺が全部受け止めてあげるから』優しくいいながら指先をキュッと握ってくれるウニョクさん。 #SJで妄想

2012-07-03 17:47:21
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『……ほら、ちゃんと言って』クスクスと笑う彼の手のひらが下着の中で浅い刺激を繰り返す。『腰揺らしてないで言わなきゃ……指だけでいいの?』首を振っても楽しげに口を歪める彼は許してはくれなくて。『……ヌナが欲しいものは何?』わかってるくせして言わせようとするウニョクさん #SJで妄想

2012-07-03 20:56:18
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ねぇ、何でそんなに後ろにいるの?』前を歩いていた彼が不機嫌そうに振り返る。「だってバレたらどーするの?」心配する私の手を強引に掴んで指を絡めてくる。『じゃあ、いつバレてもいいように堂々しててよ……俺の彼女でしょ』サングラスを少しだけズラして微笑むヒョクチェさん。 #SJで妄想

2012-07-05 22:24:26
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『……いい?』キスの合間にそう聞く彼が可愛くて「……今日はダメ」少し意地悪したくなった。拗ねて不貞寝した彼がベッドの上で寝返りを繰り返す。「眠れないの?」そう聞く私をキュッと抱き締めて『本当にダメ?めちゃくちゃ……触りたいんだけど』甘い声で囁いてくるヒョクチェさん。 #SJで妄想

2012-07-06 00:05:00
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

「ダメって言ったらどーする?」クスクス笑う私の唇のすぐ先、触れるほど近くにある彼の唇を音を立てて啄む『そんなこと言ったら無理矢理しちゃうよ』「出来ないくせに」その言葉にフッと微笑んだ彼が優しいキスをくれる「ね、……しよ?」『今日も俺の勝ちだね』結局ヒョクチェに甘い私 #SJで妄想

2012-07-06 00:13:07
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ねぇ、これ何……?』Tシャツの襟元近く、見えるか見えないかのギリギリのところに残る紅い痣。『誰に触らせたの?』無表情な彼にきつく見下ろされる。『脱げよ……』従わないまま俯くと無理矢理に体を組み敷かれる。『どんな風に足開いたの?俺にも開けよ』嫉妬に狂うヒョクチェさん #SJで妄想

2012-07-06 01:15:17
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

「何か願い事した?」『俺?してないよ』宿舎のベランダから2人して夜空を見上げる。「何で?せっかくなのに勿体無いよ〜」『だって……俺の願いは叶ったし』首を傾げる私を笑って抱き締めてくれながら『ヌナが俺の彼女になったでしょ』優しくキスしてくれるヒョクチェさん。 #SJで妄想

2012-07-07 13:07:46
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

「ちょ、ちょっと!何で付いてくるの?」バスルームまで付いてきた彼を慌てて押し返す。『何でって……飼い主なんだからシャンプーぐらいしてよ』慌てる私にゆっくり微笑んで『大丈夫だよ……ご主人様が期待してるようなことしないから』と楽しげに囁く生意気ペットひょくちぇさん。 #SJで妄想

2012-07-10 02:16:11
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『いつもと雰囲気違うから何か新鮮……』細い指先がゆっくりとシャツのボタンを外していく。「ヒョク……昼休み終わっちゃうからダメだって」露わになった胸元に這わされた指先を慌てて掴む。『無理、我慢出来ない……いいよね?』断れないの知ってて聞くヒョクチェさんとの昼休みエッチ #SJで妄想

2012-07-10 13:07:00
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ちょっ待っ……っ』慌てる彼の唇を塞いだままゆっくりと彼の上へと腰を下ろした。久しぶりの夜に自制が効かないのは彼じゃなくて私の方。『ヌナ、お願いっ……だから待って』そう言いながら快感に顔を歪めるヒョクが愛しくて「……やだ」耳朶を甘噛みしながら囁いた #SJで妄想

2012-07-16 00:25:36
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ヌナ……泣くほどイイの?』クスクス笑う彼の舌が溢れた涙を掬う。浅い動きに焦れて苦しくて彼へと腕を伸ばす。『甘えてもダメ……ちゃんと言えるでしょ?ほら、俺が欲しいって聞かせてよ』言い掛けた唇を深いキスで塞いで、深く突き上げてくるヒョクチェさん。 #SJで妄想

2012-07-16 00:44:19
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『どうしたの?』玄関で立ったままの私を引き寄せる彼の両腕。「せっかく休みなのに……一緒にいたい」俯いた私の頬にそっと触れる彼の唇。『俺、頑張ってるヌナ好き。終わったら迎えに行くって言っても頑張れない?』小さく首を振った私に微笑んで送り出してくれるヒョクチェさん。 #SJで妄想

2012-07-16 08:55:30
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ヌナ……』小さく囁いた彼の唇がなぞるように背中を撫でる。「ちょ……も、抜いて」枕に突っ伏したままそう言うと耳元を擽る笑い声。『やだ。ヌナの中、気持ちいいからずっとこうしてたい……ね、もっとしたい』「無理っ……」余韻にも浸らせてくれないヒョクチェさん。 #SJで妄想

2012-07-17 23:40:10
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

【私の彼はsuper juniorウニョク編】上がる歓声、ステージの上でメンバー達と肩を並べる彼の姿に凄い人なんだと改めて実感する。彼の一挙手一投足に反応するファンの子と同じように走る鼓動にキュッと手のひらを握り締めた。 #SJで妄想

2012-07-18 15:36:40
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

今日はカムバックの日。寝る間も惜しんで準備をしていた彼の姿を見てきたから、居ても立ってもいられなくて事前収録をするスタジオへとやってきた。緊張した彼の横顔に微かに震え出す指先。流れ始めた音楽に彼の顔付きが一瞬にして変わる。 #SJで妄想

2012-07-18 15:36:42
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

踊りながら時々私の方へと流される視線。騒ぐ周りの子に勘違いだと恥ずかしくなる。(ここに来ること伝えてないし……気付くわけない)そう何度も繰り返しても彼の視線に惑わされる。あっという間に一曲が終わって、ファンの子に思い思いに手を振って帰っていくメンバー達。 #SJで妄想

2012-07-18 15:36:46
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

彼も同じように手を振りながら私の前を通り過ぎていく。(やっぱり気付いてない……)何のリアクションもないままステージを降りていく彼。舞台袖に入る瞬間、彼の唇がゆっくりと笑みを描いて指先がお揃いのネックレスに触れる。その仕草に声を上げそうになる私。 #SJで妄想

2012-07-18 15:36:51
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

ネックレスに触れて小さく笑う。ねぇ、早く会いたいよ。ウニョクじゃなくて、私だけのヒョクチェに会いたい。 #SJで妄想

2012-07-18 15:36:57
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『ねっ……も、無理だって』ズルズルと壁に凭れながら座り込んだ彼の足の間に顔を埋める。「まだダメ……他の子のこと考えながらした罰……」『DVDじゃっ……んっ』先端に軽く歯を立てて深く咥え込むと『俺が好きなのは……っだけだし……もう許して』と涙目攻められヒョクチェさん。 #SJで妄想

2012-07-19 00:42:16
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

ベッドの中、触れた指先をキュッと握られる。そのまま目蓋を閉じていると額に触れる彼の唇、ついで目蓋に頬に、最後にそっと唇に触れて離れていく。『起きてるんでしょ?』甘えて抱きついてくる彼が可愛くてそのままでいると何度も唇を啄んでくる甘えたヒョクチェさん。 #SJで妄想

2012-07-19 00:52:10
ぴょんて師匠は移動。 @pinkmonster0203

『午後から何?』「外回り…」『じゃあ、ゆっくり大丈夫だね?』クスクス笑う彼に奪われる唇。長い指先が膝を撫でてストッキングを摘まんで引き裂いていく。「破らないでって言ったじゃん!」『引き出しの中にどーせ替えあるんでしょ』意地悪く笑うヒョクチェとの昼休みデスクえっち。 #SJで妄想

2012-07-23 13:23:51
残りを読む(158)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?