37
Problem Paradise @propara
最近に某所で、20代のときに読んだ記憶に残るアメリカ小説15冊、という話をした。活字になる予定はないので、ここで再現してみよう。
Problem Paradise @propara
古い順に(1) Richard Wright, Native Son (1940)。なんといっても、生まれて初めて英語で読んだ小説だから。第3部がもっと短ければ最高なんですが…。
Problem Paradise @propara
(2) Alfred Bester, The Demolished Man (1953)。ほぼ40年ぶりくらいで読み返した。やっぱり最高だった!
Problem Paradise @propara
Ira Levin, A Kiss Before Dying (1953)。ドライサーの『アメリカの悲劇』をサスペンス風に焼き直したものだが、はるかに短くてはるかにおもろい。わたしにとっては、ミステリのオールタイムベスト3。
Problem Paradise @propara
(4) Damon Runyon, A Treasury of Damon Runyon (1958)。Modern Library版です。これを読んだせいで、一時期RunyonとLardnerにはまる。はまりすぎて、短篇を数作翻訳までしたことがある。
Problem Paradise @propara
(5) Ross MacDonald, The Wycherly Woman (1961)。ミステリのオールタイムベスト2。御三家の中ではロス・マクがいちばん好き。
Problem Paradise @propara
(6) Bel Kaufman, Up the Down Staircase (1965)。Avonのペーパーバックで。定時制高校教師をしていた頃に読んで感激。思い出の一冊で、最近久しぶりに再読。ついでに、映画で主人公の臨時教師を演じたSandy Dennisも懐かしい。
Problem Paradise @propara
(7) Jersy Kosinski, The Painted Bird (1965)。スプーンでえぐり出されて床に落ちた目玉を、猫がお手玉するという強烈な場面に痺れた。
Problem Paradise @propara
(8) Thomas Pynchon, The Crying of Lot 49 (1966)。別に小説そのものに感心したからではなく、当時持っていたPenguin版がかなりレアではないか、というしょうもない理由で。ピンチョンだとやっぱりV.が好き。
Problem Paradise @propara
(9) Evan Hunter, Last Summer (1968)。要するに、イタい青春物。これに比べれば、ほぼ同時期に小説・映画が出たHerman RaucherのSummer of '42(『おもいでの夏』)は甘すぎ。
Problem Paradise @propara
(10) John Updike, Couples (1968)。エロティックな小説を求めて読んだのがこれ。なんだか若い頃はとんでもない勘違いをしていたような気が。もちろん当時はまったく歯が立たなかったが、不思議なことに、今ではアップダイクの中でいちばん好きな長篇。
Problem Paradise @propara
(11) Jean Shepherd, Wanda Hickey's Night of Golden Memories and Other Disasters (1971)。当時はPlayboy誌を定期購読していて、その流れで読んだ本(シェパードは常連作家の一人だった)。
Problem Paradise @propara
(12) William Goldman, The Princess Bride (1973)。メタフィクションというとつまらないように聞こえるが、なぜこれだけ飛び抜けておもろいんだろう。ついでに、Magicも小説・映画ともに好き。Ann Margretのファンなので。
Problem Paradise @propara
(14) Woody Allen, Without Feathers (1976)。英文科に入り直してから、このタイトルがEmily Dickinsonの有名な詩の一節をひねったものであることを発見。文学のおベンキョーをするのも、こういうときに役にたつことがあります。
Problem Paradise @propara
(13) William Kotzwinkle, The Fan Man (1974)。その頃、偶然Penguinで見つけた一冊。扇風機を手に歩きまわる男って…おもろいやないか。
Problem Paradise @propara
(15) Tom Robbins, Even Cowgirls Get the Blues (1976)。当時、PynchonがAnother Roadside Attractionを褒めていたので、注目した作家。野外便所で女の子がしゃがんでいる場面から小説が始まる。おもろい。
殊能将之 @m_shunou
@propara ミステリのオールタイムベスト1が楽しみです
Problem Paradise @propara
@m_shunou オールタイムベスト1は『Yの悲劇』なんです、すみませんねえ。なにしろ、小学6年のときに読んだもので…。トラウマというやつでしょうか。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする