限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

為末大さん@daijapanの「【日本的精神論】について ”やればできる”」

ある意味で、日本的精神論とは”足りないリソースを気持ちで補う”という事に尽きるのではないかと思う。 全ての原因を精神力不足で片付けるようになってしまい、考える事が欠如していく。 by 為末大
コラム 責任 やれば出来る 為末大 才能 努力 精神論 daijapan
8113view 4コメント
19

広島市佐伯区出身の男子元陸上競技選手・400mハードル日本記録保持者で、現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中。株式会社R.project取締役。

2001年世界陸上エドモントン大会・2005年世界陸上ヘルシンキ大会の男子400mハードルにおいて、世界陸上選手権のニ大会で銅メダルを獲得する快挙を達成。又オリンピックには、2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場した。身長170cm、体重66kg。
http://ja.wikipedia.org/wiki/為末大
 
 

為末 大 @daijapan
おはようございます。今日は【日本的精神論】について
為末 大 @daijapan
大戦中の日本軍について言及した失敗の本質という本がある。インパール作戦の中で足りない食料は現地調達せよと指示が出たとあった。ある意味で、日本的精神論とは”足りないリソースを気持ちで補う”という事に尽きるのではないかと思う。
為末 大 @daijapan
競技をやっていると確かにこの精神が大きな事を成し遂げるという場面に出会う。精神が及ぼす影響は確かに大きい。けれどこれにあまりに強く影響された人は、全ての原因を精神力不足で片付けるようになってしまい、考える事が欠如していく。
為末 大 @daijapan
”我々は戦い勝たねばならないのだ”という結論から全てが始まり、目的に対し明らかに足りないリソースの差は、精神を統一し、皆一丸となって埋めようとする。例えどんな理由で敗れようとも、学びはいつも精神が足りなかったのだで済ます。
為末 大 @daijapan
一時期ブラック企業が問題になったけれど、内部は同じロジックだったのではないかと推測する。組織内で”やればできる”を浸透させれば思いっきり成長する人もいるだろうし、確かに効くと思う。ただ、自分をとことんまで追い込み壊れる犠牲者も一定数生む。
為末 大 @daijapan
もしかしたら他のやり方や、他の道、撤退という選択肢があるんじゃないか。その事に気づくと最後まで戦うという気概がそがれる。目的が達成されるか滅びるか。退路と選択肢を断つ事でたくさんの玉砕戦法が生まれ、その内の幾つかが目的を達成する。
為末 大 @daijapan
【終わり】気がついたらいた場所で最後まで砦を守り抜く事を美徳とする。失敗の本質にこうある。”戦術の失敗は戦闘で補う事ができず、戦略の失敗は戦術で補う事ができない”まずどの戦場を選ぶか。選べなければ戦略は無いと私は思う。
為末 大 @daijapan
”そう考えた方がいい”事と”そうである”事の区別がつかない人は、考える事が途中で止まってしまう

コメント

BUNTEN @bunten 2013年10月31日
精神力でなんとかなるなら俺も鬱のケなしに成功をもぎ取っているだろう。▼精神力が弱いとか足りないとかいう批判は受け入れるが、努力してないという批判は負荷。
マルンボーリ @tandaji 2013年11月3日
万全を期した上で最後に精神論を唱えるのは何ら問題ない、全く何も計画も準備も無いのに精神論のみで成功させようとする行為がダメ。指導者が無謀な精神論を振りかざした場合は問答無用で更迭するべき。
超破瓜@椰子教団広報 @super_haka 2017年7月28日
タイトルに@を入れるのは当人に取っても迷惑だよ?>MAROCKs
遮光昏人 @KREHITO 2017年7月28日
つうかどんだけ為末さん好きやねん
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする