SR600富士をボトムズの予告風につぶやいてみる。

HORIGON69さんが2013年9月5日〜6日に走ったSR600富士でつぶやいていたボトムズの予告風つぶやきをまとめてみました。
13
HORITOMO @HORIGON69

タイムスタンプをボトムズの予告風につぶやいてみる。

2013-09-05 00:14:40
HORITOMO @HORIGON69

普段は誰かが同じ道を走ってる心強さがあるけど今日はそれがない。今日のはじまりは雷のダンス。

2013-09-05 01:52:32
HORITOMO @HORIGON69

02:09予告 2009年に600km累積標高10000m以上の山岳パーマネントができてから4年。AJでも今年から開催がはじまり3つのコースが提示された。東京は八王子、高尾駅の闇の中で物語ははじまった。「SR600fuji」お楽しみに。

2013-09-05 02:10:46
HORITOMO @HORIGON69

04:35第一話山伏峠 家族の手を逃れたオレを待っていたのは地獄だった。仮眠後にとりついた期待と倦怠。A埼玉が生み出したSR600fuji。虚栄と野心、疲労と失意とをコンクリートミキサーにかけてぶちまけたここは埼玉県道53号。次回「めがね橋」40時間後もオレと地獄につきあっても

2013-09-05 04:41:58
HORITOMO @HORIGON69

08:53第二話めがね橋 引く者と引かれる者、それを傍観する者。脚を持たぬ者は生きてゆかれぬ中山道。難物が散財するここは碓氷の峠。国鉄が産み落とした碓氷第三橋梁。オレの躰に染み付いた汗の臭いに惹かれて危険な奴らが集まってくる。次回「渋峠」オレが飲む軽井沢のコーヒーは苦い。

2013-09-05 09:00:54
HORITOMO @HORIGON69

15:10第三話渋峠 禍々しきキューシートを贈られた出走者。進み続ける誇りを雨具に包んだランドヌールのここは墓場。カリギュラたちの欲望にさらされ渋峠の下りに引き出される。気力の尽きかけたランドヌールが己の生存をかけて降下する。次回「やまのうち」後ろの車からオレに熱い視線が突き刺

2013-09-05 15:21:18
HORITOMO @HORIGON69

04:04第四話やまのうち 最も危険な罠、それはハンガーノック。たくまずして仕掛けられた体内の闇に眠る殺し屋。それは突然に目を覚まし、偽りの平穏を打ち破る。湯田中は温泉の町。そこかしこでDNFという不発弾が目を覚ます。次回「菅平」眠気も巨大な不発弾。自爆、誘爆、御用心。

2013-09-05 16:11:48
HORITOMO @HORIGON69

23:11第五話菅平 ランドヌールの運命を司るのは神か偶然か。それは時の回廊を巡る永遠の謎掛け。だがオレの運命を変えたのは激坂と呼ばれたあの勾配。大笹街道の闇の中で走り抜けた戦慄が今,上田の町に蘇る。次回「信濃国分寺」眠気の幻覚の中から美女が微笑む。

2013-09-05 23:25:30
HORITOMO @HORIGON69

0:43第六話信濃国分寺 上田の街の灯りに見え隠れする重要文化財。どうやら暗闇の謎の根は深く重い。ランドヌールの運命は神が遊ぶ双六だとしても上がりまでは一天地六の賽の目次第。鬼と出るか蛇と出るか、謎に挑む闇中横断。次回「美ヶ原」オレ、敢えて火中の栗を拾うか。

2013-09-06 00:54:42
HORITOMO @HORIGON69

04:16第七話美ヶ原 ランドヌーズはメフィストフェレスに心を売って明日を得た。ランドヌールは三人の魔女の予言にのって地獄に落ちた。オレは同行者に己の運命を占う。ここ美ヶ原で今日を買うのに必要なのはカロリーと少々の危険。次回「女の神展望台」ビーナスラインには死の臭い。

2013-09-06 04:24:55
HORITOMO @HORIGON69

07:23第八話女の神展望台 一昨日の夜、温泉施設で仮眠していた。昨日の昼、命を糧に硫黄漂う道を登っていた。今日の朝、ちゃちな信義とちっぽけな目標が峠の道に汗を蒔く。SR600はACPが作ったパンドラの箱。日本にも既に3コースある。次回「麦草峠」明日?そんな先の事はわからない。

2013-09-06 07:26:44
HORITOMO @HORIGON69

第九話麦草峠 不意の雨で濡れた肩。ランドヌールと人の言う。メルヘン街道にDNFの亡霊が甦る。八ヶ岳の麓、長野の大地に鉄道最高地点と謳われた単線踏切。情け無用、説明不要の勾配標。この場所1,345m。最も高所のシングルトラックレールロード。次回「野辺山」オレ、危険を避けるが本能。

2013-09-06 09:38:52
HORITOMO @HORIGON69

11:25第十話野辺山 鉄の自転車が走る。曲がる。吼える。クランクは唸りホイールが回る。鉄のフォークが秘密の扉をこじ開ける。下りの向こうに待ち受ける揺らめく影は何だ。いま解き明かされるオーガナイザーの謀略。いまその正体を見せるコースの謎。次回「芦川」オレ、駅名標を撃て。

2013-09-06 11:27:03
HORITOMO @HORIGON69

13:51第十一話芦川 ACPとA埼玉、オーガナイザーとランドヌール。縺れた糸を縫って神の手になる運命のシャトルが飛び交う。山中湖まで織りなされる神の企てた模様は何。GPSに描かれた壮大なドラマ。その時オレは叫んだ。まだ登るのか!と。次回「長池親水公園」いよいよキャスティング完

2013-09-06 13:52:48
HORITOMO @HORIGON69

17:04第十二話長池親水公園 降り注ぐ日の光、絡み付く疲労。世界遺産に指定された富士山を臨む。ひたすら圧倒的なパワーが蹂躙し尽くす。ささやかな望み、芽生えた安堵、健気な野心老いも若きも、男も女も、昨日も明日も飲み込んで走る。音を立て湖面が揺れる。次回「高尾」山伏が不死鳥の如く

2013-09-06 17:04:45
HORITOMO @HORIGON69

19:39第十三話高尾 何もかもが疲労の中に沈んだ。微笑みかけた回復も,芽生えかけた充足も、完走も、そして、あらゆる峠も同じだ。全てが振り出しにもどった。ランドヌールは死んだ魂を疲れた体に包んで戻るべき場所へ向かった。次回「認定手続き」ランドヌールは誰も夢を見られない。

2013-09-06 19:43:37
HORITOMO @HORIGON69

という訳で600キロ11,000メートルの旅はおわりました。つかれました。

2013-09-06 19:56:34
HORITOMO @HORIGON69

@kurosawahisashi すいませんでした。突然何がおこったかとおもいましたかね?ちょっと変わったレポートも面白いかなと。

2013-09-06 23:07:24

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?