キリスト教は労働を否定している?

「キリスト教は労働を神の罰と捉えている」「キリスト教は労働を否定している」とはなぜか頻繁に聞く言葉なのですが、果たしてそうなのでしょうか? 聖書における労働についての箇所4種を基に考えます。 ○ 人は耕す(働く)者として神から創られた(創世記2:15 ※楽園追放前) ○ 労働に今この世においては苦しみが伴うようになっている(創世記3:17) ○ 働く事は奨励されている(箴言10:4、1続きを読む「キリスト教は労働を神の罰と捉えている」「キリスト教は労働を否定している」とはなぜか頻繁に聞く言葉なのですが、果たしてそうなのでしょうか? 聖書における労働についての箇所4種を基に考えます。 ○ 人は耕す(働く)者として神から創られた(創世記2:15 ※楽園追放前) ○ 労働に今この世においては苦しみが伴うようになっている(創世記3:17) ○ 働く事は奨励されている(箴言10:4、12:9、12:24、12:27、13:4、21:25/ テサロニケ人への第一の手紙 4:11/ コロサイ人への手紙 3:23) ○ 不当に賃金を支払わないといった雇用者の悪い行為を糾弾(ヤコブの手紙 5:4)
箴言 日本人の脳内キリスト教 創世記 労働 キリスト教 宗教音痴 聖書 正教会 誤解 新約
suzutuki1980 12970view 6コメント
19
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「総合」に関連するカテゴリー