NHKスペシャル 「"認知症800万人"時代 母と息子 3000日の介護記録」

●2013年11月23日(土) 午後9時00分~10時13分 今年、厚労省の研究班は認知症高齢者が推定462万人、予備軍を含めると800万人に上ると発表した。そうした中、国は今年度から新たな認知症施策の5か年計画「オレンジプラン」をスタート。認知症の人を施設ではなく住み慣れた自宅などで介護する「在宅型」へと大きく舵を切ろうとしている。 もしも、認知症の家族を家で介護することになったら、それをどう支えていくのか。それを考える上で画期的な映像記録がある。記録したのは、元NHKディレクターの相田洋(77)。母親の認知症発見から最期を看取るまで、在宅介護の一部始終を3000日にわたり撮影し続けた。市井の家族が介護に格闘する日々をつぶさに捉えた映像は、これまでにない貴重な資料として専門家からも高く評価されている。 続きを読む
医療 健康 介護 NHKスペシャル 認知症 相田洋
10
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
相田さん「母親が料理を嫌がるようになった」これが認知しようかと疑ったサイン http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
別居している母親のために、料理を製氷皿に入れて冷凍庫に入れる さらに、おなかがすいた時に読むメモを貼る。メモに書かれた動作ができるか実際に行動を見て確認する。 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
カナダの開度施設が導入したテレビ電話を導入 電話で指示をしながら実際の行動を確認 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
ここでも居宅療養管理指導をする薬剤師は紹介されないのか まあ訪問歯科や訪問リハや訪問入浴も紹介されてないけど http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
認知症の患者さんは自分が物を覚えられなくなっていること、機能が落ちてきていることを認識している http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
自分で立てなくなったら、介護者が支えるのは困難 相田さん「まるで砂袋を持つかのよう」 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
認知症の初期から支援する活動が始まっている。ご本人から直接聞き取る まだ自分である程度話すことが出来る時点から開始する http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
一番大切なのは、認知症の患者さんご本人がどのような人生を歩んでいきたいかを聞き取ること  聞き取った事柄をチームで共有 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
相田さんは結局母親が住む家に同居した 以降、母親が軽口を言うようになった http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
認知症は「完全ぼけ」「まだらぼけ」「まだら正気」「完全正気」の間を行ったり来たりする、と相田さん談 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
帯状疱疹後神経痛 痛みの記憶で更に痛みがです http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
相田さん「こんなに高齢社会になると、どこの部分が先に悪くなるかだね。うちのおふくろは内臓は丈夫だけど頭が先にわるくなっちゃった」 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
母親の排便が困難になり、漏らしてしまって処理することを相田さんはゴールデンフェスティバルと呼んだ http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
ご家族の負担が軽くなるように、排便の時間を調整するアプローチを専門家は行う。薬だけでなく、食べ物の内容でもと訪問看護師の方談 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
相田さん「自分の愛している母だけど、(認知症の介護で)いい加減にしてくれと思うことは何度もある」 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
新田先生「相田さんの介護は陽気な介護。普通は陰湿な介護になり、どっかに行ってしまう」 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
小規模多機能型居宅介護 現在は居宅で介護している人の3%しか利用していない 採算が取れない施設が多い 国は3倍にしようと考えている http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
誤嚥性肺炎を起こして入院した酒の医師は言った「ご自宅で看取るならば、何があっても『何もしない』覚悟が必要ですよ」 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
相田さん「母は人がどのように死んでいくか教えてくれた。母親がくれた最高のプレゼントだった。」 http://t.co/oHHj2AHYin #nhk
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
排泄問題は高齢者介護の主要な問題だと思うんだ
みやQ(徒歩ゲーマー) @miyaq55
帯状疱疹の治療において 抗ウイルス剤の外用剤と内服剤の併用は保険適応されていません

 皮疹への外用としては抗ウイルス外用薬は通常使用しません。その理由として、抗ウイルス薬の全身投与を行った場合に抗ウイルス外用薬を併用する有用性が示されていないため、保険でも内服と外用の併用は認められていないからです(つまり、全身投与のほうが効果が強いため、外用は必要ないということです)。その代わり、非ステロイド性抗炎症外用剤や抗菌剤含有外用剤がよく使用されます。抗ウイルス薬の全身投与は基本的には7日間で終了し、以後は症状にあわせて鎮痛剤を調節したり、皮膚症状の経過を診ていきます。皮膚症状については1カ月以内に治癒することがほとんどです。
 ここで、痛みが1カ月くらいで気にならない程度に軽快すれば問題ないのですが、それ以上続く場合や、1カ月以内でも痛みが非常に強い場合にはPHNへの移行の可能性が高いと考え、神経の損傷による神経痛に対する治療も開始します。

リンク 日経トレンディネット 今や3人に1人発症、痛みは一生の可能性も!? 帯状疱疹とは 社会保険中央総合病院 皮膚科 松田芳和先生による「男の皮膚トラブル」シリーズ6回目は、近年よく話題になる「帯状疱疹」について。一生で3人に1人が発症するとまで言われる帯状疱疹は、どんな症状が出て、どんな治療法があるのでしょうか?5ページ
残りを読む(21)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする