2013年12月11日

第47話「残された時間」の本咲き二度咲き感想まとめ

もう最終回直前となりましたがまとめました。 普段は天使の化身と言うか天使そのものと言うか魅力的すぎて悪魔じゃないのかと思われる襄さんが、人間らしい弱音を吐き出すところが何と言っても白眉であります。脚本3割、演者7割って感じですけどね。 それにしても、明治時代、今のように家電が何もない状況で佐久さんが老いた身であの広い家土地を管理し家事全般を一人でこなし覚馬さんの身の回りのことから外出の付き添い、乳児の平馬君のお世話までしたとは考えられないんですけど。その辺のことプロデューサーとか演出家とか時代考証の方とかどう思ってるの、ホントに。
0
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

第47話「残された時間」の感想。 冒頭。明治21年1月。憲法発布に向けて、草案を練る伊藤博文さん。葉巻片手にってのが無頼漢な感じで好きwそういえば伊豆だかどこだかでどんちゃん騒ぎしながらすごく大事な文章を練ってたのって何だっけ?不平等条約の改正案?憲法の下書き?#八重の桜

2013-11-30 15:42:16
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

そこへやって来る大隈さん。この時のカメラ位置が面白い。ただ部屋の奥からじゃなくて、装飾品の後ろからなので、部屋に入って来る大隈さんが、そのまま画面に映らない。ガラス越しになって歪んで見える瞬間があったりして、紆余曲折があったことを意識させているのかなと思ったり。#八重の桜

2013-11-30 15:49:00
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

欲を言えばその紆余曲折も見たかった気もするけど、会津人にはあまり関係ないから無理か。明治に入って、比較的スポットが当たっている山川家ですらエピソードをバッサリ切られてるからねえ。 #八重の桜

2013-11-30 15:52:54
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

形ばかりのあいさつをして伊藤さんの向かいに座る大隈さん。自分を一度追い落とした相手に呼び出されたらそりゃ警戒もするわ(だからその辺をナレーションで済まさずに場面入れたら良かったのに)。 ハッハッハと笑い飛ばす伊藤さん。用件は、大隈さんに外務大臣に就任のお願いである。#八重の桜

2013-11-30 15:57:05
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

憲法発布、不平等条約の改正とやらなければならないことが山ほどある。特に不平等条約の改正は急務であるから、大隈さんに引き受けてほしいと頼む伊藤さん。しかし「自分は政治の方向性が違う」と断る大隈さんに、日本のことを考えたら大したことじゃないと反論する伊藤さん。#八重の桜

2013-11-30 16:01:41
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

どう考えても「あんたしかおらん」と言われ、断りようがない大隈さん。晴れて就任が決定。 伊藤さんが、時がたつにつれ、ビジュアルの変化もさることながら、声や話すテンポが変わっているのがさすが。く~るくるなんて言ってた頃や捨松さんをガン見していた頃から重みが増している。#八重の桜

2013-11-30 16:07:22
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

こういう緊迫した政治劇、やる気があればできるんだから、もっと明治初期にぶっこめば良かったんじゃないかな。会津戦争以後、八重さんは旧会津藩士の娘で単身赴任の夫を持つ妻として貧しく辛いけれど時の流れからは遠い日々を送るはずが、覚馬さんの生存を知って再び近づくことになる。 #八重の桜

2013-11-30 16:14:19
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

京都は首都ではなくなったけれど、いわば国策で復興させなければならず、顧問の兄を手伝う形で八重さんは時の流れの浅瀬に片足を浸すくらいにはなる。それが、襄さんと知り合い結婚することで、再び腰まで、鬨には頭のてっぺんまで浸かるような日々を送ることになる。 #八重の桜

2013-11-30 16:18:53
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

明治に入ってから政治と八重さんとの距離は近づくのだから、府政の他に国政にももうちょっと力を入れても良かった気はするなあ。 明治の政治がどういうものかをもうちょっと詳しく描けば、襄さんが政治に介入される事態を拒もうとする試みの大変さが伝わったんじゃないかなあ。 #八重の桜

2013-11-30 16:25:52
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

京都。山本家。百面相をする八重さん。何これめちゃんこ可愛いんですけど(*^。^*) 座敷で、みねちゃんの忘れ形見である平馬君をあやす八重さんと久栄ちゃん。少し離れた場所で、その雰囲気を味わう覚馬さん。 八重さんが面白い顔を次々繰り出すも、生物としての恐怖が勝る平馬君。#八重の桜

2013-11-30 16:51:53
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

泣き出してしまう平馬君。奥から佐久さんがやって来て、平馬君を抱き上げる。瞬く間に泣き止む平馬君。八重さんがちょっと悔しそうに「おっか様があやすとすぐ泣き止む」と言う。 「子供が手がかからなくなるのに10年はかかる。老けこんではいられない」と張り切る佐久さん。 #八重の桜

2013-11-30 16:57:55
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

平馬君は山本家の養子となったとナレーションが入る。部屋の手前で平馬君をあやし続ける佐久さんと、立ち上がって一緒にあやす久栄ちゃん。 その様子を見ながら、久栄ちゃんが立ち直ったようだと喜ぶ八重さん。 いやあんつぁま、微笑んでる場合じゃないって。父として思うところないのか。#八重の桜

2013-11-30 17:07:19
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

新島家。この年の元旦に心臓発作を起こしたという襄さん。せっせとペンを走らせている。そこへ八重さんがやって来て心配して声をかける。襄さんのおでこがマジで可愛い。髭もマイナーチェンジされて、ちゃんと少しずつ年を重ねてますねえ。明治編に入って年齢不詳になった八重さんと違う。 #八重の桜

2013-11-30 17:11:04
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

襄さんの体を心配する八重さん。それでも「国会が始まる前に大学を設置しなければ」と自分の意志を語る襄さん。急き立てるように鳴り響く時計の針の音。 夜だからとか曇ってるからではなくて、二人の不安を反映して、家の中の色味が乏しいのかな。 #八重の桜

2013-11-30 17:14:57
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

OP。山本むつみさん回なんだな。まあそれすら最近疑ってますがね。 猪一郎は、徳富蘇峰にレベルアップした!(←違う) 槙村正直は、よみがえった!(←もっと違う) #八重の桜

2013-11-30 17:17:26
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

新島家。客間。テーブルに並べられた「国民之友」17号。徳富猪一郎改め蘇峰が社長である民友社が発刊する「国民之友」は、創刊以来購読者を増やし、発刊期間も年に数回から徐々に間隔が短くなって、短期間で17号まで出版した。 嬉しそうに冊子を手に取る襄さん。 #八重の桜

2013-11-30 17:27:36
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

とあるページの記事に目を止める襄さん。福沢諭吉さんと襄さんについて書かれた記事。自分のことが書かれていて、乙女のように照れまくる襄さんが、本当はもうオッサンと呼ばれてもいい年とかどんな神のいたずらor悪魔の罠ですか……。年を取っても可愛い天使……。 #八重の桜

2013-11-30 19:15:47
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

襄さんの横で記事を一字一句丁寧に読み上げる市原先生と、本から目を離さない(というか離せない)襄さんを見ている蘇峰さん……ってどんなプレイだ熊本バンド!!! 東の福沢、西の新島とキャッチコピーまで付けて、完全に「襄さんをプロデュース。」状態。 #八重の桜

2013-11-30 19:20:36
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

知識は福沢さん、精神的道徳は襄さんと二人は日本の教育に欠かせないと強調する記事に「福沢さんと並べられるなんて」と恐れ入る様子がまた可愛いです。自分の名前が一気に知られることにテレと不安を見せる襄さんと、「俺達の先生を日本一にしようぜ!」とばかりに張り切る熊本バンドw #八重の桜

2013-11-30 19:24:46
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

何はともあれ、名前が知られることによって大学設立の助けにはなろうということで、あちこちで講演がしやすくなると盛り上がる。それまでお茶の用意をしたり何なりと用事をしていて出たり入ったりしていた八重さんが、襄さんのひざ掛けを持ってきて「困ります」と止める。 #八重の桜

2013-11-30 19:29:37
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

襄さんは体調が戻らず、寒い季節にあちこち動き回るなんてとんでもない、といわれてようやく襄さんが天使じゃなくて病持ちの人間だったことを思い出す市原先生と蘇峰さん。「それじゃ募金集会も無理か」とボソッと呟く蘇峰さん。捨てられた子犬みたいに見えたのは私だけですか?#八重の桜

2013-11-30 19:34:38
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

あの言い方はあざといわ~。通天閣さんもあのテクを見習おうぜ(違)。取材を通じて蘇峰さんと知り合った大隈さんが大いに賛同し、東京で人を招いて襄さんに募金のための演説集会を開く計画があると打ち明ける。今や外務大臣となった大隈さんが後ろ盾であれば心強いと乗り気の市原先生。#八重の桜

2013-11-30 19:43:44
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

行きたいのはやまやまですが……と目だけで八重さんを示し、「私には大警視がついていて常に行動を見張られています」と市原先生と蘇峰さんに話す襄さんがいたずらっ子みたいで可愛い。はあ可愛い。「襄!」とたしなめられても懲りない襄さんの可愛さが爆発! #八重の桜

2013-11-30 19:48:07
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

明治21年6月。女学校。舎監室かな?片付けごとにいそしむ八重さんと久栄ちゃん。襄さんの募金旅行に一緒に行く八重さんが、家のことを久栄ちゃんに頼む。う~ん、資料とか伝記とか私は読んでないので分からないのだけど、新島家には住み込みでも通いでも使用人はいないのか?#八重の桜

2013-11-30 19:54:13
たけのこぽこぽこ @mayabashimusume

普段はいるけど、夫婦で出かける時には休暇を出すものなのか?久栄ちゃんも大変だなあ。 と思っていたら、「早く戻らないと、私もいなくなりますよ」とさらっと言う久栄ちゃん。「神戸の学校に行くことになりました」 えええええ。 #八重の桜

2013-11-30 19:58:54
残りを読む(91)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?