編集可能

【復員世代】 戦後の繁栄の礎を負け取って築いたのは誰だったか? 【団塊世代】

我々の知る1945年を起点とした「戦後の繁栄」は、勝ち取られたものではなく、「負け取ったもの」ではなかったか。 実際に多くを失う手痛い経験をし、貴重な教訓を蓄積したのは、戦中戦前に生まれ育った復員世代ではなかったか。 高度成長期のエンジンであった団塊世代は、復員世代の手柄を横取りしてはいなかったか。 とかなんとかという話。
58

湯上がりゴゴゴです(・ω・)

加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

ひとっ風呂浴びてる間中、頭の中に「負け取った時代」「負け取った幸せ」というキーワードがぐるぐる浮かんで、「なんじゃい、負け取るって。当てはまるものとかあるんかい」とか自問自答してたんだけど、当てはまるものが思いついた。1945年を起点とする「戦後」がそれに当たる。たぶん。

2013-12-11 18:19:16
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

戦後というのは、団塊世代が「わしが育てた」とかいうのでもバブル世代が使い切ったとかでもなく、「戦争で苦い負けを経験した復員世代」が、「徹底的に負けた末に、自分達に勝った国に頭を下げ、真似て、学び取り盗み取り、どうにか自分達の身に付けて積み上げた時代」なのでわあるまいか、的な。

2013-12-11 18:20:59
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

そうと考えると、どう考えても「勝ち取った繁栄」とかではなくて、まして「敗戦で勝ち取った」というのもおかしい話なので、「負け取った繁栄」が正鵠を射ているような気がしてきた。

2013-12-11 18:22:16
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

団塊世代は確かに高度成長期のエンジンであったことは間違いないんだけど、高度成長期に集団就職した彼等に雇用を作ったのは、誰あらぬ「復員して頑張ってきた世代」であったわけで、アメリカ式の大量生産や技術革新に貪欲であったのは、「負け取った世代」だろ、と。

2013-12-11 18:23:39
はいん・まいやー @reisacker

@azukiglg 電子立国日本の自叙伝の半導体研究者は軍事力では負けたが、今度は技術力で勝つ!みたいな勢いだったみたいですな。通産省の研究会の同窓会で同期の桜うたってたしw

2013-12-11 18:23:59
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

なので、あの戦争で負けたけど、うち拉がれてしまわずに、泥水を啜ってその後の繁栄の礎にした「負けた世代が負け取った成果と繁栄」を、正しく認識して評価すべきなのではないか、みたいなことを考えていたらのぼせましたヽ(´∇`)ノ

2013-12-11 18:24:44
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

最初に考えてたのは、「負け取った成果」の話ではなくて、終戦を「誕生」として考えると、学生運動くらいの時代って「青春」で、高度成長期は「新社会人」で、バブルくらいが「ベテランから中堅・中年」で、バブル弾けた後の時代が「壮年」で、ここへ来て「老年」ていうのは、どの世代のことだろ、と

2013-12-11 18:26:49
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j

@reisacker @azukiglg まあ新幹線なんかは濃厚にそういう”物語”を持ってますわなあ。線路の用地は大東亜共栄圏での弾丸列車。戦闘機のエンジニアがとかいうのもあるし

2013-12-11 18:27:51
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

その分けだと「戦後直後に生を受け、日本の青春を自分の青春と重ね合わせられる」のは確かにベビーブーマーであって、「日本とは」みたいに戦後の歩みを自分の人生と重ねて語れるのは団塊世代で間違ってないけど、彼等が「青春だった頃」に牽引役だったのは、その上の世代だなー、て。

2013-12-11 18:28:16
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

戦後の都市復興計画なんかは、満州国建国で培った土木技術の集大成だとか言いますし QT @lm700j: @reisacker まあ新幹線なんかは濃厚にそういう”物語”を持ってますわなあ。線路の用地は大東亜共栄圏での弾丸列車。戦闘機のエンジニアがとかいうのもあるし

2013-12-11 18:29:00
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

で。 ここ最近、やたらと「維新維新」「龍馬龍馬」言うのが流行ってたんだけど、明治という時代もまた、維新(のちょっと前)を起点に、どっちかといえば若い世代が作った時代ではあったなあ、と。稚拙だったり強引だったり使命感に燃えたりやりすぎたりとか歴史書を紐解くとしばしば見かける。

2013-12-11 18:30:28
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

明治っていうのは、嘘でも「勝ち取った時代」(德川幕府から)だっただろな、と。戦後が「負け取った時代」であるのに対して、多分明治というのは絶大な自信をもって(若さ故もあって)進められた時代だったのではあるまいか。

2013-12-11 18:31:43
はいん・まいやー @reisacker

@azukiglg 元建設省官僚で、戦前は内務省から満州国に出向していた祖父によると、(完成はしなかったものの)満州での都市・道路計画が、戦後の日本のそれの雛形になったようですね。

2013-12-11 18:32:07
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

んで、戦後というのは「あー、負けた負けた!」からのスタート。「勝った!やった!」からスタートした明治のほうが、爽快感がある。故に、「負けた負けた」からの復興を知らない世代は、負けた世代が積み重ねた戦後を徳川幕府に準えて、倒して「勝った!やった!」からスタートしたがるのでわないか。

2013-12-11 18:32:58
石膏粉末P@BOOTHにて通販中 @sekkou_p

@azukiglg 丁度その時代が舞台の『坂の上の雲』のドラマ版は、第1話のサブタイトルが「少年の国」でしたね。

2013-12-11 18:33:08
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j

@azukiglg @reisacker http://t.co/0Q9frRW3FM 日本はアメリカには勝てない軍事産業や航空宇宙産業は限定されたリソースのみを投入して、民生品で勝利したというところも。

2013-12-11 18:33:54
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j

@azukiglg @reisacker 自動車の上級エンジニアの出身学科を見ると航空系のところの多いこと多いこと。自動車学科があまり存在しないことを考えると意味深な話ですわねえ

2013-12-11 18:34:32
はいん・まいやー @reisacker

@azukiglg 明治維新の原動力は列強への恐怖心だったように思いますね。「逃げ切れない」世代である中堅指導者世代が、その恐怖からしゃかりきになって改革した時代だったように。

2013-12-11 18:35:05
もするさ§( •̀ᴗ•́) @mosurusa_0806

@azukiglg そういう意味では、重要なのは復員世代と青年将校世代なのでは?と言う考えもございます。

2013-12-11 18:35:51
Gruner_Wind @Gruner_Wind

@azukiglg @lm700j @reisacker 「都市」じゃないけど佐久間ダムの建設においては、アメリカ式の安全管理体制をはじめて導入したとかって話もあるそうです。当時の日本では【管理】どころか、作業者がヘルメットさえかぶらないのが普通だったとか。

2013-12-11 18:41:42
残りを読む(15)

コメント

ワス @wsplus 2013年12月12日
朝鮮戦争による特需が最大の原因かと
0
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg 2013年12月12日
それは「金の出所」の話で、「金と人の使い方を学んだのは誰か?」の話をしておりまする。
0
s.j. @uo_kawa 2013年12月12日
やはり、池田勇人か!
0
ワス @wsplus 2013年12月12日
金なきゃ繁栄もしません。
0
neologcutter @neologcuter 2013年12月12日
何でも勝てばいいってもんじゃない。戦争に勝ってもロシアみたいに内政がボロボロになったらどうしようもないからな。
0
へたれパンダ @kokoron10 2013年12月12日
戦前の負けたと言えども最強のアメリカと戦えた世代の人間は優秀、戦後に学生運動でバカ騒ぎやっていた連中と違い文字通り命がけで国を復興させた世代の生きざまをもっと現代の我々は学ぶべきだと思います。
13
たちがみ @tachigamiSama 2013年12月12日
個人のイメージでしかないけど、一部の戦後生まれの方々は戦前戦中の人らを戦争をやらかした愚者や負け犬のごとく扱っていたような気がしている 「戦争を知らない子供たち」とかいう歌が何かやたらと誇らしげで癇に障るんだよね・・・
9
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg 2013年12月12日
金があっても使い途を学んでなければ活かせないってのは、バブル世代をみればわかる話でな。
8
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年12月13日
まあ人数比のせいかな...個人的には団塊の世代の~とか氷河期世代の~とかゆとり世代の~とか放言しまくってるのはマスコミばっかだと思ってる。普通に職場にいるし、尊敬と連帯感ないとやってけないだろうし。自分的にもそう。
0
なみへい @namihei_twit 2013年12月13日
「今、牽引するべきポジションに居る人達に、牽引力が無い、と感じること」や、「自分で何とかしようとする人と、誰かがなんとかしてくれるとしか思ってない人が居ること」についての、一つの解がここにあるのかなぁと思う。
4
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2013年12月13日
意志というのは、何もないところから沸いてくるものではない、ということかな。戦後の反映は単に平和だからもたらされたのではない。敗戦の悔しさ、反省、それらをバネにした、米国を見返してやるんだという意志が確実にあった。
2
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2013年12月13日
そうした世代が引退したあと、日本は何がなんでも繁栄してやるんだという総意としての意志をなくしたのかもしれない。国家の繁栄と個人の金儲けはかなり違う。もし日本がそうしたフェーズを再び乗り越えられるとしたら、それは国家繁栄の意志なき世代への反発心かもしれない。
2
なみへい @namihei_twit 2013年12月13日
あの頃の推進力が、一度打ちのめされた人々の内から絞り出された狂おしいほどのエネルギーに依るモノであり、「戦後の繁栄」とは「敗戦の産物」であったとするならば、『平然と「何でちゃんと引っ張らないんだよ、ちゃんと引っ張れよ」と文句を言って憚らない人が蔓延する現在の停滞感』とは、言うなれば『「戦後の繁栄」の産物』か。
4
はんぎうむ @hangium 2013年12月13日
明治維新は関西人からすれば勝ち取った歴史だけど、関東人からすれば負け取った歴史なんだけどなあ。。
8
加藤AZUKI@「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg 2013年12月13日
関西てか、西日本か。確かに東日本は「負け取られた」と言えるな。まあ、それ言っちゃうと家康の天下統一も厳密には西日本(家康は東海地方出身(^^;))の勝利というか、東日本の大名はほとんど負けてるからなあ(^^;)
1
なみへい @namihei_twit 2013年12月13日
(´-`).。oO(人に頭を下げられる人、下げられない人・・・)
0