2010年2月16日

#manabiai_20100216

2010年2月16日、参議院議員会館で開催した「学校の人材リソースを活かす『学び合い』の授業」について、千葉大学の藤川先生による中継とその後の藤川先生・西川先生による教科書談義です。・・・概要はこちらをご覧ください。東京ライフ→http://bit.ly/a3yZPK
教育 学び合い 東京ライフ勉強会
kenpo_shibuya 2206view 1コメント
4
ログインして広告を非表示にする
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:32:33
    勉強会、始まりました。座席が足りなくなりつつあります。って、私が文字中継しちゃっていいかわかりませんが、適度にツイートします。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:33:19
    三長先生のプレゼン、開始。「教室の人材リソースをいかす『学び合い』の授業」です。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:35:24
    三長先生、意味不明授業を受けた経験はないか?と問いかけます。中学校、高校、大学と行くにつれ、先生の話がわからない授業が増えていく、とのこと。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:36:56
    よくできる人でも理解できないことが多い。教科書の半分以上が理解できない小学生は、55%(中央教育研究所調べ)。教師から見ると、感じている教師は13%。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:37:51
    教室の現場では逆の現実がある。授業で行うことをもう習っている子どもが46%(ベネッセ、2005)。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:39:55
    大都市圏では、すでに習っている子どもの率はもっと高い。子どもたちは、わからないふりをしてくれる。多くの教師が感じているが、なかなか言わない。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:41:12
    大人なら、わからないとき、どうするか。近くに詳しい人がいたら、教えてもらうだろう。職員室でも、パソコンの使い方や書類の書き方などを互いに教える。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:42:25
    わからなければ得意な人に教えてもらうということが、『学び合い』(カッコマナビアイと発音)のもとになっている。これが三長先生が『学び合い』に取り組んだ動機。(1年前から)
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:44:34
    自分の授業についてヒマな子どもがいるのではないか、『学び合い』の授業であれば動く、と言われた。腹が立ったので、その晩のうちにインターネットで検索し、西川純上越教育大教授のことを知った。手引き書という100ページもあるプリントを全部読んだ。批判するのでなくやってみようと思った。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:45:34
    その場で西川先生にメールを送り、明日から『学び合い』をやると伝えた。『学び合い』の考え方は3つ。学校観、教師観、子ども観から成る。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:46:02
    見方を変え、会社になぞらえる。会社観、上司観、部下観。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:47:47
    第一に、学校観。みんなで幸せをつくるところ。現実には、学校で不幸なことが起きていることを新聞で読む。自分、友だちだけでなく、池の中にいるヤゴの幸せ、ハイチの被災者…かもしれない。『学び合い』に出会う前からそう考えていた。会社も同じだろう。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:49:13
    友人が『日本でいちばん大切にしたい会社』という本を書いている。涙が出る。このことと同じだ。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:49:35
    第二に、教師観。教師がすべきことは、目標を示す、環境を整える、評価をするの三つ。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:50:58
    子どもたちは優秀なので、教師は邪魔をしないことが大切だ。先生が「教える」というのは入っていない。望ましい会社の上司も、目標を示し、環境を整え、評価をする。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:52:06
    第三に、子ども観。子どもを有能であると考える。よく教師は、「子どもに可能性がある」と言いながら、失敗をさせないように細かく指示を出している。目的意識を持てれば、子どもは自分たちで信じている。子どもが有能だとどこまで信じられるかによって、『学び合い』がどこまで成功するかが決まる。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:53:06
    社員が有能であると思ってくれる会社と、すべてマニュアル化する会社とは違う。信じてくれる会社であれば、社員は懸命に働くだろう。…能書きはここまでにする。実際の『学び合い』の風景を。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:54:41
    社会科、産業学習のビデオ。教師が課題を出している。子どもたちは、どこに行って学習するかを黒板に書く。コンピュータで作業をする子どもたち、本で調べる子どもたち、議論をする子どもたち。熱帯雨林を守るため、エビをとるな、という話らしい。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:55:58
    算数の授業のビデオ。帯グラフと円グラフ? 徐々に議論が始まる。全員ができたことを確認したら、席に戻る。最後に、教師が全員できたかどうかを確認し、拍手。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:57:08
    『学び合い』で最も重要なこと。それは、教師の語り。授業の最初に語る。みんなでみんなができるようになることが大切だと語る。見捨てられている友だちを、一人も見捨てるな、ということを繰り返し語っている。その上で、課題を出す。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 16:59:29
    課題を出すときに意識するのは、教師の語り、課題の説明は5分と決めている。次に15分、いちばん得意な子どもが課題を達成できる分量を出す。その後、子どもたちは教え合う。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 17:00:36
    課題達成のための自由を保障する。他のクラスに迷惑をかけなければ、どこに行ってもいい。見た目は「学級崩壊」に似ているが、これは「学級改革」! 子どもの話を聞いてもらえばわかる。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 17:02:22
    2400円のスニーカーの40%引きはいくら?という問題について、ある子は2000円のステーキ60%引きならいくらという問題をまず教えていた。なぜステーキか? 「だってこいつ、肉が好きだから」とのことでした。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 17:04:17
    直径1cm、2cm、3cm、4cm、5cmの円がある。円周は何倍に増えるか、という問題。本当に直径も、2倍、3倍…になるのか。ある子が、○がだめなら□でと言い、1辺が1cm、2cm…の正方形の周ならどうかと教えた。こういう教え方は、教師はなかなか思いつかない。脱帽。
  • 藤川大祐 @daisukef 2010-02-16 17:05:44
    教師は、必ずしも最善の教え手ではない。/チャイムが鳴っても教え続ける子どもがいる。最後の一人まで見捨てないということをわかってくれている。感涙。

コメント

  • Hiroi @hiroi_ 2010-02-17 01:15:40
    RT @daisukef: 質問:コミュニケーションの相手が限定されるのではないか。想定されていない教え方をすることはないのか。回答:学校で習っていない教え方をする子どももいる。たいていは教科書のやり方に戻らないといけないということになる。教科書がよくできていることがわかる。

カテゴリーからまとめを探す

「ジェンダー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする