10周年のSPコンテンツ!
14
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
環境省なう。@freepetsjpの依頼で中央環境審議会動物愛護部会「動物愛護管理のあり方検討小委員会」(第4回)のレポートをしに来ました。16時開始です。 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
今日の議事内容は「動物取扱業(ペットショップ)の適正化について」。具体的にはペットの深夜販売や移動販売、インターネット販売について議論が行われる予定です。 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
この審議会の委員は下記の通り。林良博座長(東京農業大学農学部教授)、青木人志さん(一橋大学大学院法学研究科教授)、磯部力さん(國學院大學法科大学院教授)、臼井玲子さん(日本愛玩動物協会理事)、太田勝典さん(全国ペット協会副会長) #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
斉藤富士雄さん(長野県動物愛護センター所長)、永村武美さん(ジャパンケネルクラブ理事長)、井本史夫さん(横浜市獣医師会理事)、打越綾子さん(成城大学法学部准教授)、浦野徹さん(熊本大学生命資源研究支援センター長教授)、小方宗次さん(ヤマザキ学園大学准教授) #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
加隈良枝さん(帝京科学大学生命環境学部講師)、渋谷寛さん(弁護士・ペット法学会事務局次長)、野上ふさ子さん(NPO法人地球生物会議(ALIVE))、水越美奈さん(日本獣医生命科学大学獣医学部講師)、山口千津子さん(日本動物福祉協会獣医師調査員) #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
山崎恵子さん(ペット研究会「互」主宰)、渡辺眞子さん(作家)の18名。4名が欠席。 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
資源局総務課長田中さんから挨拶。「前回、前々回で動物愛護団体とペット業界からヒアリングをした。それを受けた上で科学的知見を集め、検討にあたっての課題や論点の提示をさせてもらいたいと思ってる。委員の皆様から忌憚のない意見をたまわりたい」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
林「本日の議題は深夜販売、移動販売、インターネット販売・オークション市場について。明日は幼齢動物の販売日齢、繁殖制限措置について話します」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
事務局より深夜販売についての説明「現状はペットの深夜の販売規制はない。主な論点はそもそも規制の必要性はあるか。深夜販売について店そのものの深夜販売規制とするのか、もしくは深夜に生体展示することだけ規制するのか。規制の対象動物はペット全体か犬猫に限定するか」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
事務局「規制する場合具体的数値はどうするか。夜何時までが適当なのか。朝は何時からか。一日の総展示時間や展示中の休息時間は必要か。そもそも法律で規制するのか、施行規則や細目で規制するのかガイドラインにするか。施行まで経過措置は必要か。その場合の期間はどうか」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
事務局「動物愛護団体の意見としては、深夜販売は禁止(夜8時以降の生体展示は禁止など)。販売時間は成熟個体は一日8時間までで、途中に休息時間を設ける。幼齢個体はさらに配慮必要」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
事務局「ペット業界団体などの意見は深夜販売は禁止。ただし、深夜販売は業界から夜8時以降の販売を行わないとする指導が行われている。当面はこの自主規制に任せるべき。また、深夜販売は店舗販売に比べて犬猫生体にとって悪い影響が出るという認識はない」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
太田勝典(全国ペット協会副会長)「(六本木や歌舞伎町の)深夜販売しているペットショップがあることで我々も迷惑している。ぜひ深夜販売は規制してもらいたい」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
水越美奈(日本獣医生命科学大学獣医学部講師)「私も深夜販売は禁止すべきという意見。ヒアリングの際に死亡率の話が出てきた。ハルズコーポレーションにヒアリングしたときに六本木店では死亡率が8%。愛媛の松山では11%という非常に高い比率の数字が出てきた」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
水越「深夜販売だけに原因があるわけではないかもしれないが、こうした数値は十分考えられるべきだろう。また、夜8時以降は生体展示を禁止という意見に賛成です」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
青木人志(一橋大学大学院法学研究科教授)「今までの委員の方々は販売の禁止ということをおっしゃったが、販売にはいろいろな形がある。法律的観点から考えれば、どの行為を規制対象にするのか細かく議論する必要があるのでは」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
林座長「私の理解では販売禁止というのは、生体展示の規制というイメージだが……。展示販売とするならきちんと定義をした方がいいかもしれない。具体的時間なども含めて意見が欲しい」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
渋谷寛(弁護士・ペット法学会事務局次長)「先ほど事務局の動物愛護管理法21条には罰則があるというような説明があったが、私の理解では罰則はないと思っていたのだが」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
渋谷「時間制限をするなら動物愛護法の中に独立の罰則規定を設けるなどしないと実質的な取り締まりはできないのではないかと思う」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
山口千津子(日本動物福祉協会獣医師調査員)「私も生体展示の深夜販売には反対。ペットを飼おうと思っている人で深夜に繁華街を歩いてペットを見てその場で買ったりするだろうか。すべての人がそうだとは言わないが、そういう危険性もある」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
山口「規制については、自治体が適用できる規定を法律の中に設けてもらいたい」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
井本史夫(横浜市獣医師会理事)「成熟個体の一日8時間という話は犬猫に限定するかしないかで話は変わってくる。できる限りそこを明らかにして議論をした方がいいでしょう」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
加隈良枝(帝京科学大学生命環境学部講師)「今回の検討にあたって検討されるための科学的知見はかなり少ないというのが正直な印象。ある程度の規制は必要だと思うが、お酒を飲んだ何となくぱっと買ってしまうようなことを重視した方がいいのでは。今はデータが少なさ過ぎる」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
井本「犬猫は十分な睡眠を必要とするのはよく知られている。データとしては少ないが犬猫については十分な根拠になるのでは」 #freepetsjp
津田大介(あいちトリエンナーレ2019は10/14まで開催) @tsuda
打越「犬猫だけに限定せず、ほ乳類ぐらいまでは入れていいのでは。ペットを飼うというのは大きな金がかかり、重要な契約。重要な契約をするときに深夜しかできないというのは、飼うときの動ける時間帯も深夜になるのでは。その観点からも深夜に販売するのはいかがなものか」 #freepetsjp
残りを読む(50)

コメント

ONE LOVEプロジェクト @ONE_LOVE_office 2010年10月19日
お隣に座っておりましたONE BRAND(ONE LOVE事務局)の松原です。@ONE_LOVE_office こういう形で実況中継されていたのですね。傍聴できないときは、また覗かせていただきます!
吉村栄一 @E_Yoshimura 2010年10月19日
津田さん、ありがとうございました。次回日程、詰めましょう!
Ken-ichi Nishi / 西健一 @Route24 2010年10月20日
お疲れ様でした。 ありがとうございました!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする