茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第1149回「イルカ漁に、「私」は反対」

脳科学者・茂木健一郎さんの1月20日の連続ツイート本日は、今話題になっているあのニュースについて。
9
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第1149回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、今話題になっているあのニュースについて。

2014-01-20 06:46:45
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(1)アメリカのケネディ駐日大使(@CarolineKennedy)が、イルカの追い込み猟に反対するツイートをして、議論を呼んでいる。結論から言えば、私はケネディ大使と同じ意見である。しかし、そのプロセスには丁寧な議論が必要なので、今日の連続ツイートで取り上げたいと思う。

2014-01-20 06:48:24
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(2)まず、太地町のイルカ漁を描いた映画The Coveについては、以前も書いたように、その表現法、演出法に違和感がある。制作者たちは、漁師さんたちと対話し、説得すべきだった。最初からコミュニケーション不能と決めつけて、一方的に断罪する手口は、フェアではなかった。

2014-01-20 06:49:49
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(3)The coveにおいて、あたかも非道として描かれていた漁師さんたちは、いっしょに酒でも酌み交わして言葉を交わせば、家族を愛し、自然に対する畏敬の念を持つ素敵な方々だということを、制作者側は見いだしたろう。あのような形で映画を撮ることで、その機会は失われた。

2014-01-20 06:51:27
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(4)さて、今回のケネディ大使のツイートに対して、さまざまな反応が寄せられているが、私にとって基本的に理解できないのが、その多くが、「日本対アメリカ」とか、「キリスト教的世界観対日本」のような、ステレオタイプの観点に立っていること。実際には、「日本」だって一枚岩ではない。

2014-01-20 06:52:50
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(5)すでに述べたように、「私」はイルカの追い込み猟に反対だが、私と同じ意見の人を、周囲ですぐに何人も思い浮かべることができる。今回のケネディ大使の論に対して、あたかも自分が「日本」を代表するかのように、あるいは「日本」が単一でなければならないように論ずる人は迷惑だ。

2014-01-20 06:53:56
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(6)クジラ食についても、西洋出身で好んで食べる人はいる。例えば、作家のCWニコルさん。いっしょにハリハリ鍋を食べた。イルカの猟を巡る議論で、何かと西洋と日本の価値観の違いとか、日本に対する偏見があるとか持ち出す人たちは、全体主義的で気持ちが悪い。あくまでも主語は「私」だ。

2014-01-20 06:55:34
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(7)さて、ケネディ駐日大使のツイートに戻る。大使の真意は、英文のツイートの方が恐らく正確で、「drive hunt fisheries」に反対するとある。つまり、生きものを追い込んで、強い恐怖、苦痛を与えた上で殺す、という猟法に反対する、という趣意であって、私も賛成だ。

2014-01-20 06:57:50
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(8)一般論として、高い知性、自己意識を持った生命体を殺す猟法を避ける、というのは、キリスト教は関係なく、一つの科学的立場であって、それに反対する人は単に議論をねじ曲げているだけだと「私」は思う。無神論のBrights movementを進めるドーキンスも同じ考え方だろう。

2014-01-20 06:59:16
茂木健一郎 @kenichiromogi

いわ(9)結論。イルカ漁をめぐる日本側の反論は、「日本」を全体的に一つととらえることや、科学的立場からの議論を宗教的イデオロギーと混同する点など、「私」にとっては気持ちが悪い。「私」はイルカ漁に反対する。「日本」の中に、賛成する人がいることは驚かない。苦しむのは結局イルカだ。

2014-01-20 07:00:54
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第1149回「イルカ漁に、「私」は反対」

2014-01-20 07:01:25

コメント

Mook @HiroGome2 2014年1月20日
元の発言が「米国政府はイルカの追い込み漁に反対します」なんだから「日本対アメリカ」になるのは仕方ないだろう。「私」ではなく「USG」として「追い込み漁反対」を主張したケネディ駐日大使に対しては何も批判しないのに、反論に対しては「私」を主語にしていないと批判する矛盾。
11
I love cats. @YStwtr 2014年1月20日
牛は知性が低いから良いのか? その線引きは無理でしょ。スーパーで肉を買い, 自身の手を汚さない人の意見に思える。他者を殺して食うのは人間を含め従属栄養生物の宿命なんだから, 感謝して食べれば良いんじゃないの。
4
影夢櫻 @keinozi 2014年1月20日
>苦しむのは結局イルカだ。 ならば生きとし生ける在りと在らゆる生き物をな喰ひそ。
2
Shiro Kawai @anohana 2014年1月20日
肉牛などは実際「なるべく苦痛無く屠殺する」方法が研究され実用化されてるんで、「殺して食べること」自体の是非とその手法への批判の議論は分けるべきじゃないかな。手法はどうあれ結局殺すんだから人間の自己満足にすぎないという議論はできるだろうけれど。あと今回の大使の発言も文化の一方的な押し付けだとは思うけれど。
5
ネガ @negangan 2014年1月20日
>一般論として、高い知性、自己意識を持った生命体を殺す猟法を避ける、というのは、キリスト教は関係なく、一つの科学的立場: 実際はイルカもクジラが人間に匹敵する高い知能だという科学的根拠ってないらしいので…>http://luna.pos.to/whale/jpn_zat_intel.html
3