Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2014年1月29日

ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか

小宮友根さんのツイートをまとめました
41
KOMIYA Tomone @frroots

できあがってきましたー!/エリック・ブライシュ著(明戸隆浩・池田和弘・河村賢・小宮友根・鶴見太郎・山本武秀訳)『ヘイトスピーチ―表現の自由はどこまで認められるか』明石書店 http://t.co/UvoUoqHlwf http://t.co/JLFRDfoZHg

2014-01-28 21:19:41
拡大
KOMIYA Tomone @frroots

少し連投で宣伝ツイートします。訳者それぞれ、この本の翻訳に関わった想いはさまざまだと思いますが、私の個人的な考えは以下のとおりです。

2014-01-28 21:21:48
KOMIYA Tomone @frroots

この本のテーマは「表現の自由を守ることと、レイシズムに抗することのあいだでどうバランスを取るか」です。けれどこの本には、この問いに対する答えは書いてありません。

2014-01-28 21:22:08
KOMIYA Tomone @frroots

この本に書いてあるのは、ヘイトスピーチ規制に関するヨーロッパ諸国やアメリカの歴史と状況であり、それを通して伝えられるメッセージは、「どうバランスを取るか」は当該コミュニティの歴史的・社会的文脈を考慮に入れながら、コミュニティのメンバーが決める責任を負っている、というものです。

2014-01-28 21:22:51
KOMIYA Tomone @frroots

ヨーロッパ諸国はヘイトスピーチ規制に積極的ですが、この本ではその態度が、過去のファシズム(とりわけホロコーストの経験)への反省にもとづきつつ、しかし「すべり坂」を転がるのではない、ゆっくりとした歩みで獲得されてきたものであることが述べられています。

2014-01-28 21:23:26
KOMIYA Tomone @frroots

他方アメリカは「表現の自由」絶対主義のように思われがちですが、じつは表現規制に積極的だった歴史を持ち、現在のような「表現の自由」への深いコミットメントはむしろ、公民権運動の中で、差別に抗するために生まれてきた側面があることが述べられています。

2014-01-28 21:23:56
KOMIYA Tomone @frroots

ヨーロッパやアメリカのこうした事情は、私たちに対して――「答え」ではなく――いくつかの考察すべき点を教えてくれると思います。

2014-01-28 21:24:14
KOMIYA Tomone @frroots

ひとつには、ヨーロッパ的にヘイトスピーチ規制を考えるとき、そこでは特定の発言がなぜ、どのような意味で「悪い」のかという評価を下すことに対して、社会的・歴史的文脈が大きな役割を果たすということです。

2014-01-28 21:25:19
KOMIYA Tomone @frroots

たとえばナチスの経験を考慮に入れることは、ユダヤ人に対するヘイトスピーチの「悪さ」の評価に大きな重みを与えます。ホロコースト否定を法的に禁止することを正当化できるのは、その歴史的文脈の考慮なくしてはありえないでしょう。

2014-01-28 21:26:18
KOMIYA Tomone @frroots

日本の場合で言えば、在日コリアンへのヘイトスピーチの「悪さ」の重みをどう考えるかという問いにとって、植民地支配の歴史と歴史修正主義の問題を考慮に入れることは、きわめて重要な意味をもつはずです。

2014-01-28 21:26:54
KOMIYA Tomone @frroots

もうひとつは、アメリカ的に「表現の自由」を擁護するとしても、それはヘイトスピーチを放っておくことを意味しないということです。

2014-01-28 21:27:14
KOMIYA Tomone @frroots

公民権運動の中で「表現の自由」が反差別の闘いの道具として必要とされたように、差別に抗するために表現規制に抗するという選択もあります。したがって、規制に反対するならばむしろそのときにこそ、「いかに闘うのか」が強く問われることになるでしょう。

2014-01-28 21:27:42
KOMIYA Tomone @frroots

いずれにしても、日本の文脈の中でどうすべきかを議論し、決めてゆく責任が、この社会のメンバーである私たちにはあります。

2014-01-28 21:27:59
KOMIYA Tomone @frroots

しかもそれは、一度決めてしまえばそれで終わりではなく、継続的な議論を通じて「バランスを取る」ことを要求される問題です。決して一朝一夕に考えることはできないその問題について考えるための、最初の入口をこの本は提供してくれるのではないかと思います。

2014-01-28 21:28:17
KOMIYA Tomone @frroots

以上です。ご関心を持ってくださった方は、ぜひ本をお手にとってみてください!

2014-01-28 21:28:53

コメント

Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2014年1月29日
表現の規制を法制化させないためにもルールやマナーという概念を「我々が」共有して馬鹿発言を批判し、馬鹿を増やさないようにしないといけないのだけど…。残念ながらネットでは馬鹿の巣窟状態
0
spy @Sp2er1 2014年1月29日
声の大きさ煩わしさだけで有利に戦える無限リスポーン可能な世界だから仕方がない。ま、ヘイトならヘイト全てを切ってくれ。「あれは抗日云々、これは米帝への反抗云々」で分けられなけりゃおk
0