編集可能

[MM読了] 残酷な世界で生き延びるただひとつの方法 by 岸 浩太郎

岸 浩太郎さんが、 残酷な世界で生き延びるただひとつの方法 という本を読んでの呟き http://bit.ly/aYsXTm 続きを読む
0
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

小学生がいじめで自ら生命を絶つかたわらで、「品格」を説く老人たちは日本国の莫大な借金に怯え、年金を払えと大合唱している。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-17 14:30:06
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

集団への同化と集団内での分化によって形成された性格は、思春期までには安定し、それ以降は生涯変わらない。ぼくたちは長い進化の歴史の中で、いったん獲得した性格を死ぬまで持ち続けるよう最適化されている。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-17 14:48:17
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

市場のグローバル化と労働のマクドナルド化は押し止めようのない巨大な潮流で、高度化した資本主義社会では、いずれは仕事の大半がマックジョブになるだろう。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-17 15:17:24
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

わたしが変われば、たしかに世界は変わる。だが残念なことに、わたしはそう簡単には変われないのだ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-17 15:39:52
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

ROOKIESからNANAまで、ぼくたちのまわりには相変わらず友情をテーマにした物語があふれている。なくしてしまったものほど、貴重なものはない。ぼくたちが友情に感動するのは、それが現代のお伽噺だからだ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-17 15:46:25
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

このようにして、人類史上はじめて「友達のいない世界」が出現した。ぼくたちは、愛情空間がダイレクトに貨幣空間(市場)と向かい合う新しい世界に生きている。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 08:49:24
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

ぼくたちは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 09:42:41
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

高度成長期のサラリーマンは、昇給や昇進、退職金や企業年金、接待交際費や福利厚生などのフリンジベネフィット(現物支給)によって、大嫌いな仕事になんとか耐えていた。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 09:54:43
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

ところが「失われた二〇」年でそうしたポジティブな側面があらかた失われてしまうと、後には絶望だけしか残らない。このグロテスクな現実こそが、日本的経営の純化した姿なのだ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 09:56:00
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

米国型の人事制度は地位や職階で業務の分担が決まるから、競争のルールがはっきりしている。頂点を目指すのも、競争から降りるのも本人の自由だ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:00:43
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

それに対して上司や部下や同僚たちの評判を獲得しなければ出世できない日本型の人事制度は、はるかに過酷な競争を社員に強いる。この仕組があるからこそ、日本人はエコノミック・アニマルと呼ばれるほど必死で働いたのだ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:01:53
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

ムラ社会的な日本企業では、常にまわりの目を気にしながら曖昧な基準で競争し、大きな成果をあげても金銭的な報酬で報われることはない。会社を辞めると再就職の道は閉ざされるから、過酷なノルマと重圧にひたすら耐えるしかない。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:03:52
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

「社畜」化は、日本的経営にもともと組み込まれたメカニズムなのだ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:04:40
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

いまや既得権益に守られているはずの中高年サラリーマンが、過労死や自殺で次々と生命を失っていく。この悲惨な現実を前にして、こころある人たちは声をからして市場原理主義を非難し、古きよき雇用制度を守ろうとする。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:06:12
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

しかし、皮肉なことに、それによってますます自殺者を増えていく。彼らの絶望は、時代に適応できなくなった日本的経営そのものからもたらされているのだ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:07:16
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

幸福になるためにはお金が必要だけど、お金は幸福をむしばんでしまう。マサイ族と違って、高度資本主義に生きるぼくたちは茫漠とした貨幣空間を漂っている。だとしたらぼくたちの世界から、幸福は永遠に失われてしまうのだろうか。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:14:25
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

幸福の絶対基準なんてものはなく、愛情空間や友情空間の構成は一人ひとり異なっている。それは遺伝や子供時代の環境で決まる。運命としかいいようのないものだ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:26:34
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

高度化した資本主義社会では、論理・数学的知能や言語的知能など特殊な能力が発達した人だけが成功できる。こうした知能は遺伝的で、意識的に"開発"することはできない。すなわち、やってもできない。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:28:03
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

金銭的に成功したからといって幸福になれるとは限らない。ヒトの遺伝子は、金銭の多寡によって幸福感が決まるようにプログラムされているわけではないからだ。ひとが幸福を感じるのは、愛情空間や友情空間でみんなから認知されたときだけだ http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:30:46
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

グローバルな能力主義の世界では、マックジョブが嫌なら好きを仕事にするしかない。とはいえ、好きなことで大金を稼げるのはビジネス能力に恵まれたごく一部のひとたちだけだ。これはものすごく不公平なことだけど、しかたのないことである http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:33:20
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

それでも能力があろうがなかろうが、誰でも好きなことで評判を獲得することはできる。だとしたら必要なのは、その評判を収入につなげるちょっとした工夫だ。 http://bit.ly/aYsXTm #inbook

2010-10-24 10:34:25
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

[MM読了] 残酷な世界で生き延びるただひとつの方法 http://bit.ly/ce42vP

2010-10-24 10:41:49

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?