10周年のSPコンテンツ!

「舛添氏、高齢層から圧倒的な支持 都知事選出口調査分析」の解説

●朝日新聞社が9日、都内180投票所で実施した出口調査(有効回答7466)によると、上位4候補の年代別の得票率はグラフのようになり、当選した舛添要一氏は年代が高くなるにつれて得票率が上がり、高齢層に圧倒的な強みを発揮した。 「原発ゼロ」を掲げた2候補のうち、宇都宮健児氏は各世代から偏りなく得票したが、細川護熙氏は20代、30代の得票率が極端に低かった。20年前に首相を辞め、政治活動から遠ざかったためか、若年層にとって存在感が薄かったようだ。  若年層で細川氏を上回ったのが田母神俊雄氏で、特に20代では24%の票を集めた。一方、60代は7%、70歳以上は6%と低率だった。戦争を知らない世代に浸透したのは、ネットを上手に活用したことが要因だろう。 続きを読む
東京都知事選挙 政治 朝日新聞社 世論調査 出口調査
13

 選挙結果を予測するため、投票所の出口で、投票した人に直接投票行動を尋ねて調べること。また、それに基づいて実際の得票数を推定すること。有権者の関心が集まる選挙の際に、テレビ局新聞社などによって行われる。開票が進んでいない段階での候補者の当選の見込み(当選確実、当確)を推定するための主要な材料のひとつであるとともに、投票行動を定量的に分析するためにも用いられる。

リンク Wikipedia 出口調査 出口調査(でぐちちょうさ)とは、選挙結果を予測するため、投票所の出口で、投票した人に直接投票行動を尋ねて調べること。また、それに基づいて実際の得票数を推定すること。有権者の関心が集まる選挙の際に、テレビ局、新聞社などによって行われる。開票が進んでいない段階での候補者の当選の見込み(当選確実、当確)を推定するための主要な材料のひとつであるとともに、投票行動を..
SUGAWARA, Taku @sugawarataku

政治学者。 ブログ:https://t.co/12lMsPw1E5 著書:『世論の曲解』(https://t.co/ldSOELUIMi)、『平成史【完全版】』(共著、https://t.co/QsCxNFuBNc)。 連絡先:sugawara_アットマークhttps://t.co/TL9jLWINQA

https://t.co/ViNjuL7WFg
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
舛添氏、高齢層から圧倒的な支持 都知事選出口調査分析 http://t.co/hZsnYDI1MX これを見て「若者の右傾化が」と叫ぶ人が多そうだが(続)
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
出口調査では棄権者が反映されないということや、期日前や締切直前のデータが微妙であることなどに注意する必要がある。そもそも、出口調査は世論調査ではないので、何らかの推論を得るのに十分なデータではないが。事後の世論調査を待ちたい(やるかどうか知らないけど)。
不惑記者 @o40kisha
出口調査は基本的には当を打つためのバックデータ。選挙のために行った世論調査が正しいかどうか、調査時から変化があるか否かを確認するためのものですからね。 RT @sugawarataku そもそも、出口調査は世論調査ではないので、何らかの推論を得るのに十分なデータではないが。
不惑記者 @o40kisha
(承前)なので、実際の当打ちも出口に各種の「バイアス」を掛け合わせて、世論調査との誤差を調べます。党派によっては期日前投票が多いところもありますし、候補によってはその候補に入れたと言いたがらない人もいる。どんなバイアスを掛けるかはまさに各社の社外秘。 @sugawarataku
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
いずれにしろ、「高齢層から圧倒的な支持」つまり若年層には舛添・自民党支持が広がっていないという解釈は正しいでしょう。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
ちなみに、出口調査で投票行動分析はできないという指摘は、昨年の世論調査協会研究大会シンポジウムで最も強調した点のひとつ。当然、「世論」も分析できない。
  • 日本世論調査協会[2013年度研究大会開催プログラム]
    開催日時 2013年(平成25年)11月8日(金)13:00~17:00
    2)シンポジウム
    15:10~16:50 「2012年総選挙~13年参院選:選挙調査報道の総括と課題」
    各社世論調査担当者
     朝日新聞社世論調査部     君島 浩
     共同通信社総合選挙センター  池田 健夫
     毎日新聞社世論調査室     大隈 慎吾
     読売新聞社世論調査部     寉田 知久
    問題提起   菅原 琢(東京大学)
    司会     谷口 哲一郎(世論総合研究所)
ワッキー提督 @admiral_wakky
田母神氏、供託金没収回避っぽいなあ。これは思いっきり読み違えた。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
一応ビッグ4扱いになりましたからね。忠実な支持層がある程度あれば、情勢調査である程度の位置に付けることが出来るので、メディアの取り扱いも安定する。ただその前から石原の支持などで「当選しないけど有力」という扱いでしたが。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
逆に言うと、石原の個人票(組織票)みたいなものはあまりなかったということですね。忠実な支持層とメディアカバレッジによる浮動票の一部という構成か。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
出口調査分析が投票行動や世論を読み間違えるというのは、たとえば「無党派層の●●%が××に投票」といっても、多数の支持政党なし層は、投票に行っていないという点を見過ごすということに端的に表れる。「20代のX%がYに投票」でも同じ。20代の多くは投票に行っていないのだから。
ワッキー提督 @admiral_wakky
@sugawarataku 参院選東京選挙区見てると、立ち上がれ日本・維新の会の候補が弱いのでそこまで票を集められないかと思いましたが、それよりメディアの扱いによる影響の方が重要だった感じですかね?
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
@admiral_wakky 参院東京選挙区との違いは、定数=有力候補の数の違いでしょう。定数1で有力候補が絞られている場合と、定数5の場合とでは、当選可能性が低くても前者のほうが得票率は高くなりそうです。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
さっきの話、本来は共産党などがすくうべき不満が極右候補に流れているということなら、その割合が少なくても、共産党などは危惧すべきでしょうね。シェア的には未投票層が多くとも、これも奪われる可能性があるわけですから。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
おっしゃるとおりではありますが、全体の投票率が上がっていないということは、20代の投票率が70%とかには RT @kirik 年代別投票率の推計が出るまでは語らんほうがいいジャンルじゃないですか
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
政治TLだとうわーとかぎゃーみたいなツイートが多数流れてくるわけですが、上位3人とってみれば、過去数回の選挙と比べてかなりまともな候補が出た良い選挙だったと感じますね。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
まあそれだったら選挙前にぽっと出ではなく、次は狙いを定めて年単位で活動して欲しいところですね。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
そうです。多くの選挙結果に不思議はないですね。事前の世論調査等から外れた結果はなかなか出ません。 RT @kirik その意味では、人間誰しも成人した直後に支持政党を決めるわけではないという当たり前の結論になりませんかね…
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
そもそも「候補」中心で回った点はよくなかったですね。これはあらゆる日本の選挙に言えるので、虚しい感じではありますが。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
新宿区は外国人の割合が10%を超えていると。有権者ではないが、確実に住人であり、税金も支払っている。
SUGAWARA, Taku @sugawarataku
どこもわりと綺麗に2:1:1だな。M+1人目の識別がつかず綺麗に票割れ。
残りを読む(96)

コメント

にゃあ @kirikami 2014年2月10日
まとめを更新しました。
にゃあ @kirikami 2014年2月11日
まとめを更新しました。
ChanceMaker @Singulith 2014年2月11日
mocomoco223氏とohnuki_tsuyoshi氏はまともな事を言ってるね。先入観だけのデタラメな分析をしてる人も、画像資料はありがとう。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする