編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

中退・引きこもりの子供が選ぶ〜留学というひとつの選択☆

息子の経験を通して、学校を中退してしまったり、引きこもりになってしまった子供達に、「留学」というひとつの選択肢もあるよ…という情報提供の意味をこめてまとめてみました(๑❛ᴗ❛๑)
教育
1665view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
1
nanairokinue @nanairokinue
今日は、情報提供を含め〜久しぶりに息子の留学について連ツイします☆留学に至るまでの話はコチラを⇒http://t.co/eUofyDlCaZ☆息子が留学でお世話になったのは〜不登校・中退からの再起〜を謳っている☆WSOセンター☆http://t.co/s7yeLJAjJF です。
nanairokinue @nanairokinue
ココは他社に比べ料金が数段安く、不登校や中退してる子供を扱うため、今時いないような熱〜い志を持ったスタッフの方々が親身になってくださるのです。そして試験もなく受け入れの間口が広い。息子は不登校ではなかったけど…個性が強く学校で上手く泳げなかった点では同じようなものだったと思います
nanairokinue @nanairokinue
だから、不登校じゃない子供達も多く利用しています。会社を興した現会長の息子さんが、実際不登校になり大変苦しい経験をされたことで生まれたセンターなのです。日本で、学校に行けず引きこもっている子供も…親元を離れ異国の地で暮らすと「辛い苦しい…帰りたい」と弱音を吐いてくるけど…実際、
nanairokinue @nanairokinue
日々は毎日過ぎていく訳で…言葉も通じないし、愚痴を言ってられなくなるくらい生きることに必死になるらしく、気がつけば…家に引きこもり昼夜逆転生活をしていた子供が、規則正しいサイクルに戻ってたことも。家に引きこもって甘えていた生活とは別世界に放り出されたとう感じかな。息子の留学先にも
nanairokinue @nanairokinue
不登校児や色んな事情を抱えてる子供達がいた。最初の一年は、我が子も含め…皆んなが四苦八苦して大変な想いをする。二年目は、新しくやってきた子を励ましたり面倒みたりするようになり、三年目には、共に苦しみや辛さを乗り越えた友達との仲間意識が育ち、それぞれ逞しくなっていた。一番印象に
nanairokinue @nanairokinue
残っているのは、複雑な家庭の事情で…リストカットを繰り返してた女の子が、3年経った頃にはすっかり普通の女性になっていたこと。今では、息子の大切な仲間となっている。留学ってホントに厳しくて辛い…いわば荒修行のようなものなのかもしれないけど、その荒修行で救われる子供達をたくさん見た。
nanairokinue @nanairokinue
息子も留学という荒修行で救われて今があると思っています。私は、ただ案に留学を薦めているのではなくて、不登校や中退して苦しんでる子供達と悩んでいる親に、再生する場のひとつの情報として提供しています。人から聞いた話ではなく、私自身とても苦しんだ実体験からのお話しなので、少しは説得力
nanairokinue @nanairokinue
あるかな。費用の面も大変だけど、区の補助制度を利用して借りたり…とりあえず一年目の料金だけなんとかして、その後は自転車操業でなんとか乗り切ったから、やろうと思えばなんとかなるものです。不登校や中退の子供がいらっしゃる方、もうダメだなんて思わずにこの道も考えてみて下さいね。
nanairokinue @nanairokinue
暗闇の中にいるように感じても、探せば道は幾重にもあるということを忘れないで。そして、不登校・中退児だと外野がアレコレうるさいこと言うけど…親だけは子供をダメだとか思わず信じてあげて欲しいです。これから続く長〜い人生の中の、ひとつのつまずき。起き上がるのを手伝い見守ってあげましょね
nanairokinue @nanairokinue
ついでに言うと…子供は親から「お前はダメだ!」とか言われるのが何よりショックです。親に信じてもらえないこともすごくショックです。私自身、ずっとそういう環境で育ってきて、そのトラウマから抜け出すのにすごく苦労したから、息子には絶対同じ事を言わないようにしました〜。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする