屋代聡氏による”指示はDo word(s)”解説ツイートまとめ

2014年3月11日の、屋代聡氏による解説ツイートをまとめました。
11
はじめに、屋代氏ご本人による紹介文です
屋代 聡 @yashirosatoru
「屋代聡氏による”指示はDo word(s)”解説ツイートまとめ 」http://t.co/rPxCtuT3Jr  3・11に呟いたものです。記憶の風化に抗うためには、Don't forget ではなく、Rememberと繰り返し言わねばならないと思っています。
ではお読みください
屋代 聡 @yashirosatoru
コーチングの理論で言われることの1つに、"指示はDo word(s)"というのがあります。これはスポーツだけでなく、学問においてもあてはまるので、普段心がけていることの1つです。
屋代 聡 @yashirosatoru
監督やコーチといった指導者が選手に指示を出す時、「~するな!」と言っても、選手はそのミスをしがちであり、逆に「××しろ!」というと、選手はミスをしにくいというものです。
屋代 聡 @yashirosatoru
野球でたとえると、「あいつのフォークボールはすごいから、低めは振るな、手を出すな!」 という監督の指示は、ダメです。選手は”あいつのフォークはすごい、低めはダメ、低めはダメ”と低めばかり意識しますから、甘いボールを見逃して焦り、低めにボールが来たら振ってしまうんです。
屋代 聡 @yashirosatoru
では先の監督は何と言うべきだったのでしょう?
屋代 聡 @yashirosatoru
監督はこう言うべきでした。「あいつのフォークボールはすごいが、高めはそれほどでもない。高目だけ狙え、高めだけ打て!」 「低めは打つな!」と「高めだけ打て!」 指示は同じですが、どちらの方がポジティヴに行動できるか、実現できるかは明らかですね。
屋代 聡 @yashirosatoru
だから僕は学生に「遊ぶなよ」とは言いません。遊んだらよろしい笑。 常に言うのは、「勉強しなさい、本を読みなさい」。
屋代 聡 @yashirosatoru
そして、もう1つ言いたい。
屋代 聡 @yashirosatoru
「あの日を忘れるな!」というメッセージはもちろん理解できるのですが、その「~するな」という言い方に風化作用が入りこんでいないでしょうか。
屋代 聡 @yashirosatoru
たしかに未曾有の惨事でした。未だつらい記憶もたくさんあります。 それでも災害・事故を教訓とすべきなら、風化に抗うためにー「忘れるな」ではなくー、こう言わねばならないと思います。 「3・11を思い出そう。」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする