まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

バジリカ建設

バジリカ建設の建築様式について解説します。
建築 バジリカ建設
1810view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
1
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の「バジリカ」は、ギリシア語で「王の列柱廊」を意味するバシリケーに由来するとされています。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設は、その他にバジリカ式、長堂式とも言います。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設は、身廊と側廊が列柱によって分けられているのも特徴です。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設とは、建築の平面形式のひとつで、中央の身廊の2辺ないしはそれ以上の辺を、側廊によって取り囲むものをいいます。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」は、数次にわたって大規模な修復や改築が行われてきましたが、随所に古代の建築物の痕跡をとどめている貴重な建造物であり、1980年に世界遺産に登録されています。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」は、ローマ司教としての教皇の司教座聖堂(カテドラル)であることから、「全カトリック教会の司教座聖堂」とも称されています。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」は、古代において「救世主大聖堂」と呼ばれ、ローマの多くの教会のランク付けの中で最上位に置かれ、信徒たちの敬意を集めました。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」は、バチカンの領域外にありますが、ラテラノ条約によってバチカンの特別な権利が認められているのです。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」は、ラテラノ宮殿が隣接しています。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」は、ラテラン教会、ラテラン大聖堂とも呼ばれています。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」は、イタリアのローマにあるカトリック教会の大聖堂です。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の教会堂「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」のアプス部分のモザイク画は、預言者モーゼと預言者エリヤに囲まれ、青い円形内に浮かぶ巨大な黄金の十字架があり、これを3匹の白い羊が画かれています。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の教会堂「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」の現存するモザイクは、アプスと勝利の門とよばれる壁面部分に限られています。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の教会堂「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」、円柱上部の風にそよぐアカンサスの柱頭は東ゴート王国のテオドリック王のモノグラムが刻まれたもので、プロコネソス産大理石が用いられました。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の教会堂「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」は、聖堂全体の幅が約30m、奥行きは約55mです。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の教会堂「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」は、身廊と側廊が12本の列柱によって仕切られており、その上の半円アーチが載る構造です。
バジリカ建設 @basilica0
サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂は、身廊とそれを囲む側廊から成る標準的な3廊式バジリカ建設の教会堂として建設されました。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の教会堂「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」は、現存する非常にすばらしい初期キリスト教建築ひとつです。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の教会堂「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」は、東ゴート王国の女王アマラスンタの命により、6世紀中期に建設されました。
バジリカ建設 @basilica0
バジリカ建設の教会堂「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」は、ビザンティン総督府として隆盛を誇った最盛期のラヴェンナを物語る遺構で、アプスにあるモザイク画が有名です。
バジリカ建設 @basilica0
現存する非常に美しいバジリカ建設の教会堂として知られている「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」は、イタリアのラヴェンナ近郊にあります。
バジリカ建設 @basilica0
世界四大バジリカ建設の一つ「サンタ・マリア・マジョーレ大聖堂」は、アヴィニョン捕囚からローマ教皇がローマに戻ったあと、ラテラノ大聖堂が荒れ果てていたため、一時的にサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂が教皇宮殿として用いられていた事もあります。
バジリカ建設 @basilica0
「サンタ・マリア・マジョーレ大聖堂」は、数回にわたる改修と1348年の地震に伴う崩壊の危機を乗り越え、ローマのバジリカ建設様式の聖堂では唯一原構造を残している貴重な建築物です。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ、「サンタ・マリア・マジョーレ大聖堂」は、古代キュベレ神の神殿があった場所に築かれました。
バジリカ建設 @basilica0
四大バジリカ建設の一つ、「サンタ・マリア・マジョーレ大聖堂」は、「偉大なる聖母マリアにささげられた聖堂」の意です。
残りを読む(43)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする