『鵺は夜に鳴く 淫獄の檻』感想まとめ

3月25に発売された拙著『鵺は夜に鳴く 淫獄の檻』の感想をまとめました。 気になられましたら、無料で読める予告編もありますので、チェック宜しくお願いします。 http://umetarou.sakura.ne.jp/18/nue.html
エロマンガ エロ 近親相姦 マンガ 感想
umetarou_y 5630view 4コメント
6
ログインして広告を非表示にする
  • 東雲あずみ @azumi_s 2014-03-22 22:13:54
    山咲梅太郎先生新刊「鵺は夜に鳴く-淫獄の檻-」読了。商業系では近年稀にみる特濃の近親相姦もの。読み終わってしばし家系図とにらめっこしてしまった…。
  • 東雲あずみ @azumi_s 2014-03-23 01:10:58
    『鵺は夜に鳴く-淫獄の檻- (XOコミック)』:山咲梅太郎のかんそーぶん-東雲さんの崩壊日記改 http://t.co/OLxftu9dMj @azumi_sさんから
  • ふたつの時代を舞台にして繰り広げられる血縁関係のあるものたち同士の 交わりの中で、次第に明かになっていく「真実」はまさに圧巻。 狂った因習が生み出した狂気の行き着く先はエロ漫画ながらに サスペンスじみていてゾクゾクさせられました。
    〔……〕
    エロシーンはどれも濃厚。 たっぷりの汁気と、粘膜と粘膜を擦りつけあいながら、 孕ませ上等の近親中出し満載で満足度高いです。3Pシーンも複数用意されているのも○。
    〔……〕
    エロ漫画的な近親相姦では概ね無視される、 近親交配による影響なども物語の中に織り込むなど 確かに「近親エロ漫画の(ある意味)極北」と作者自ら語るのも判るなぁと。 瀬戸内の小島で繰り広げられる仄暗く淫靡な血族の物語… 是非手に取ってみてください。近親相姦スキーなら読まなきゃ損です。

  • まんが王@アダルト部門 @mangaoh_clbadlt 2014-03-24 21:25:53
    【新刊・特典】近親婚を重ねて純血を保ってきた一族の呪われた真相が徐々に明かされてゆく重厚な物語と、古き因習と愛情の狭間で揺れる主人公達が織り成す孕ませエロスは必見!山咲梅太郎先生の最新単行本「鵺は夜に鳴く 淫獄の檻」3/25発売です!http://t.co/EOhRLsKNjA
  • 横溝正史先生が晩年に発表した長編小説「悪霊島」の『あの島には恐ろしい悪霊が取り憑いている…腰と腰がくっついた双子…鵺の鳴く夜は気をつけろ……』と云う有名な一文を下敷きに、伝承として伝わる“鵺”の姿とキマイラ生物としての“鵺”の姿とを絡めて淫靡な近親相姦の世界と その功罪とを描き出した、唯一無二の重厚なストーリーと構成力は必見の一言!
    〔……〕
    縁者と主人公とが身体を重ねる度に、近親姦を重ねて来た一族の、血に呪われた“本当の”家系図が徐々に明かされてゆく恐怖と、その“呪い”を断ち切る為に足掻けば足掻く程、呪いの鎖が主人公の全身を締め付けてゆく絶望感、そして、子宮の奥に注がれた主人公の精子の温もりを感じながら恍惚と幸福の表情を浮かべるヒロイン達と交わす、愛液垂れ流しの汁だくセックスシーンから得られる劣情感とが交じり合った、濃密濃厚極まりない近親相姦の宴が読者の脳髄に強烈な印象を残す、属性持ち必見必読のオススメ単行本

  • 山咲梅太郎 @umetarou_y 2014-03-24 23:44:03
    ありがとうございます~リンク先の丁寧なコメントも<(_ _)> RT @mangaoh_clbadlt 一族の呪われた真相が徐々に明かされてゆく重厚な物語と、古き因習と愛情の狭間で揺れる主人公達が織り成す孕ませエロスは必見! https://t.co/FQTO4NA1dQ
  • まんが王@アダルト部門 @mangaoh_clbadlt 2014-03-24 23:53:39
    @umetarou_y いえいえ、こちらこそ拙い文章で作品の魅力を伝え切れたかどうか・・・。成年コミックでここまで痺れる内容の作品に出会えたのは久しぶりでした。一言で云えば、無茶苦茶面白かったです!
  • gosplan @gosplan1019 2014-03-25 02:21:00
    山咲梅太郎「鵺は夜に鳴く 淫獄の檻」読了。エロ漫画感想 http://t.co/QoL4QWwLNd
  • いとこ姉妹に叔母や実母、そして知らぬこととはいえ○○○までも主人公がその手に抱くこととなる、まさにこれオールジャンル制覇の近親相姦見本市。幼女から熟女まで、つるぺたから爆乳までとボディタイプも多彩で、女性器までも1人1人ていねいに違えられた鬼気迫る描写には脱帽だ。
    〔……〕
    横溝正史「悪霊島」をはじめ、巻末の参考文献に挙げられたいくつもの小説/漫画/論文をライトモティーフとして取りこみながら織りなされる物語は山咲梅太郎の得意とするディープな近親相姦の集大成。あとがきで「「近親エロマンガ史に名を残す!!」ぐらいの気合いを入れた」と述べているとおりの暗黒大作に仕上がっている。前半部で周到に振りまかれた伏線が最終盤になって一気に回収されてゆく達者な構成はさすがこの道ひと筋の大ヴェテラン。とりわけ過去回想でひと世代前の人々が成した行為をその子らがいま・ここでトレースする光景を描くことで因果の反復を示唆する描写にはゾッとさせられる。
    〔……〕
    現代日本の法律では許されないほどに近すぎる親族関係のみでなされる危険なインブリードの数々に戦慄しつつガッツリ息子をしごける会心の1冊。

  • gosplan @gosplan1019 2014-03-25 02:26:02
    和風伝奇めいた舞台設定を背景に呪われた血の連鎖をキュートなタッチとえげつない性器描写とともにくり広げる作者渾身のインセストタブー満漢全席。イトコから叔母に母親と禁忌を犯しながらドプドプ孕ませのヤバすぎるインブリード全開に戦慄しつつ股間を酷使しまくれる逸品だ。>山咲梅太郎先生
  • 黒史 @kurosi_muso 2014-03-25 23:58:10
    #鵺は夜に鳴く が届いた!えらく込み入った話が入るので、家系図と照らし合わせながら読んでいるなう。
  • 黒史 @kurosi_muso 2014-03-26 00:01:26
    久々に山咲梅太郎氏の近親物が見られて本当に良かった。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:36:37
    鵺は夜に鳴く 淫獄の檻/山咲梅太郎 読了。サイズものではないが、ずっと気になっていた作品だったので。全体的に暗い作品だが、それもただ暗いだけではなく淫靡な湿度を伴った暗さだ。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:37:46
    その暗さは陰鬱と表現するよりも、背徳の帯びる暗さがしっくりくるだろう。それは「近親相姦」という響きが持つ、その背後に静かに流れている仄暗い後ろめたさやドロドロとした血縁の暗血色を思わせる暗さであり、むしろそれが自然と感じられるほどに作品の世界観と共鳴する。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:38:36
    そしてそのこと自体が近親相姦ものの成人誌としての完成度を否が応にも高めている稀有な作品だ。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:39:43
    半透明な主人公は読者の視点を移入を認める隙はあるものの飽くまでもトリックスターとしての役割を崩さず、主人公が一般人と異常者との境界を彷徨うことで読み手の感覚を失わせる。血縁による多重構造を帯びた作風が拍車をかけ、読者は題名通りの淫獄の檻に囚われる。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:41:02
    私はこの作品を一回読んだとき、なんとなくこの作品の読み方に気付いた。二回目で「トラツグミ」の意味を理解し、三回目で血縁関係を踏まえて登場人物の心情が理解できるようになった。そして四回目に読んだとき、すべてが分からなくなった。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:42:09
    開示される情報とマスクされた情報の匙加減が絶妙で、読み込めば読み込むほどそれに応える深さを持った作品だった。これほどまでに深い作品に出会ったのはホントに久しぶり。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:43:14
    単にエロマンガとしてみても近親相姦のフルコースである。それも近親相姦という素材の味を様々な角度から楽しめるように贅を尽くされたシェフ渾身のフルコースであり、これほどまでにこの世界が深いものかと唸るほど。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:44:45
    対象も従姉妹(?)・実母(?)・○○・○○と豊富であり、それぞれの見せ方も実に凝っている。加えてシチュエーションや骨格・肉付きなど細部に至るまで、作者のこだわりが見て取れる逸品。
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:46:58
    ネタバレにならない範囲で言えば、数々の3Pのシーンが良かった。近親×3Pという制約のなかでも、これだけのシチュエーションがあるものかと。特につぐみさん関係のシーンは、なんというか、その、何かに目覚めるような…ああ…
  • ツナ_ヤマネ @waratuna 2014-03-29 22:49:17
    間違いなく近親相姦ものの歴史に名を残す作品だろう。近親相姦という題材を最もよく見せる見せ方を理解した上で、それを見事なまでに調理した作品。掛け値なしにオススメ。

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「ライトノベル」に関連するカテゴリー