伊豆湯ヶ島の大地と井上靖

火山がつくった奥伊豆の風景。ブラタモリ伊豆関連のツイートを追加
自然 湯ヶ島温泉 伊豆半島 奥伊豆 浜松 井上靖 ジオパーク
6
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
東京ラスク伊豆ファクトリーもジオガシ、いやジオラスクつくってほしい。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
まだ発売日が確定しないけど宣伝しちゃいます。伊豆の風景を読み解く地質図 第5弾「火山がつくった奥伊豆の風景 伊豆半島のジオマップ5」(消費増税にもかかわらず定価据え置き!)http://t.co/pR0YYhwaaC
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
これで博士論文の地質図分がすべて完成ヽ(´ー`)ノ
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
今回の調査で個人的にもっとも感動したのは、湯ヶ島温泉の真ん中にある熊野山台地の正体がわかったこと。本谷川に沿ってここまで天城山の溶岩が流れてきていた。その後の浸食で孤立した台地として残った。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
ちなみに熊野山台地のてっぺんには井上靖のお墓がある。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
井上靖が湯ヶ島尋常小学校(現在の湯ヶ島小学校だが昨年3月で天城小学校に統合され廃校)に在学したことは有名だが、その後の彼の細かな動向があまり知られていないので紹介しておく。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
井上靖は1920年2月に湯ヶ島尋常高等小学校から浜松尋常高等小学校(現・浜松市立元城小学校)の第6学年に転入した。映画「わが母の記」の冒頭の雨のシーンは短くてよくわからんが、浜松に到着したときの場面ではなかろうか。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
続)ところが、彼は翌月の旧制浜松中学校(現・浜松北高校)の入試に失敗したため、再起を期して1920年4月に浜松師範学校附属小学校高等科(現・静岡大学教育学部附属浜松小学校)に入学し、1年間をそこで過ごした後、1921年4月にみごとに浜松中学校に合格する。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
続)その1年後の1922年4月に彼は旧制沼津中学校(現・沼津東高校)の第2学年に転入する。こうした複雑な経歴のためか、彼が浜松師範学校附属小学校高等科(現・静岡大学教育学部附属浜松小学校)に1年間在学したという事実は、色々なところに書かれた彼の経歴から抜け落ちているそうである。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
続)井上靖が浜松で暮らした約1年間は、彼の人生の中で父母弟妹と暮らした数少ない期間であり、両親に対する思い出が形成された時期でもあったらしい。以上、参考:「附属浜松小学校が保管する二つの石碑が物語る歴史的エピソード」(山﨑保寿,2012,静岡大学教育学部研究報告,62号)
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
PDFがあった。附属浜松小学校が保管する二つの石碑が物語る歴史的エピソード(山﨑保寿,2012,静岡大学教育学部研究報告,62号)http://t.co/3GszZjDmCE
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
旧湯ヶ島小学校の校舎はまだ伊豆の湯ヶ島温泉街に残っていて、中には井上靖資料室(閲覧には事前予約が必要)がある。校庭には有名な「地球上で一番清らかな広場」の石碑がある。http://t.co/oY9pTJG5iY
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
湯ヶ島の大地を調査しながら、初めて意識して湯ヶ島小学校や井上靖のお墓を訪れた。お墓の立つ熊野山の成り立ちを初めて明らかにできた。それらの成果をまとめて湯ヶ島温泉をふくむ地質図を刊行することには感慨深いものがある。http://t.co/pR0YYhwaaC
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
旧湯ヶ島小学校校庭に建つ「地球上で一番清らかな広場」の石碑 http://t.co/3eg968lQXD
拡大
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
湯ヶ島温泉街の熊野山台地にある井上靖のお墓 http://t.co/iurDFQ2Pts
拡大
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
湯ヶ島温泉の熊野山台地から天城山方面をのぞむ。左の丸い山が丸山、右の富士山型の山が鉢窪山、ともに伊豆東部火山群のスコリア丘(1万7000年前) http://t.co/w0igncOYl6
拡大
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
湯ヶ島温泉の熊野山台地の平坦面は天城山の溶岩が土台となっている。板状節理が発達する安山岩溶岩流。その下には厚い土石流堆積物がある。 http://t.co/2Ihn4OjkZY
拡大
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
中心にある平たい丘が熊野山台地。周囲の町並みが湯ヶ島温泉街。地理院地図より。http://t.co/uzsWLbUvST
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
「火山がつくった奥伊豆の風景」には井上靖だけでなく三島由紀夫など他の文学作品ネタや、ワサビ田と地質・湧水の関係なども取り上げられています。ジオだけではない、人とジオの関係を語るジオパークマップをめざしました。http://t.co/pR0YYhwaaC
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
西伊豆の奥地にある巨大地すべりとせき止め湖の跡、天城の八丁池が活断層でつくられたことなども紹介しました。http://t.co/pR0YYhwaaC
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
集落の津波移転伝承にからんだ謎の「下り宮」小下田三嶋神社、安良里の波切不動尊などの情報も満載です。乞うご期待。http://t.co/pR0YYhwaaC
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
富士山望む園地整備 湯ケ島地区地域づくり協- 伊豆新聞 izu-np.co.jp/nakaizu/news/2…
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
湯ヶ島温泉街に囲まれた小さな丘・熊野山は、土石流堆積物とそれをおおう天城山起源の安山岩溶岩からできている。溶岩流上の平坦面が霊園となり、そこに井上靖の墓がある。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase
D論で歩いたころは単なる高位段丘だと思ってた。さいきん調査して溶岩流の存在を確認した。この溶岩は天城火山の分布の飛び地だが、同じような飛び地が鉢窪山の北東斜面や、湯ヶ島温泉の南東の山腹にもあり、かつて天城山の溶岩が本谷川を流れ下って湯ヶ島温泉付近に達していたことがわかった。
残りを読む(15)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする