122
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
レコードの音って懐古趣味的にとらえてる人もいるかもしれないけど、ちゃんとしたシステムで再生するとびっくりしますよ。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
昔はレコードのカッティングは立ち会いが普通で必ず行ってました。音決め(今のマスタリング)していざラッカーにカット。それをそのまま試聴室に持っていって再生。音の良さにびっくりしたものです。製品はそこから何度か型どりするので落ちていきますけど。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
レコード時代はスタジオで曲間決めまでしてカッティングに持ち込みでした。どうやって曲間決めるかと言うと実際にマスターテープ切って曲順ごとに繋いでいきます((((;゚Д゚))))
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
曲間なので何回か聴いてやっぱもう少し長くしようとかなります。そうすると先ほど切ったテープをまた戻してその先でまた切ります。スプライシングテープが続くのでシマウマのように。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
たった一本しかないマスターテープを切ったり戻したりする作業はアシスタントとしてかなりやりたくない仕事の一つでした。たまにフェードアウトの途中で次の曲をカットインさせるなんて時は曲中で切るので超緊張。それをまた戻すときは更に緊張。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
一番めんどくさいのは曲間をクロスさせる時。これはテレコが三台必要になります。二台のテレコでマスターを再生してクロスさせて三台目のテレコに録ります。(クロスのタイミングはアシスタントの再生ボタンを押すタイミング次第です。何度もやります)そしてクロスした部分だけを元にはさみます。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
こうやって書いているだけでも緊張を思い出します。ああいやだ。(笑)
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
そうやってA面とB面分のマスターが出来上がります。その二本を持ってカッティングセンターへ。カッティングエンジニアは曲ごとに音質、音量を調整します。EQやコンプも。さて音が決まったらいざカッティングですが片面分、20数分をノンストップで一度にカットしていきます。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
一曲目と二曲目のセッティングは違います。それを曲間で切り替えるのですが普通なら当然間に合いません。なのでカッティングではEQなどが2セットあります。一曲目カット中にもう一台のEQをセット。曲間で切り替えます。二曲目に突入したらまた同じことを。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
そうやって緊張の20数分間が。気を配るのはそこだけじゃありません。うまくカット出来ているかが一番ですからそこにも最大の配慮を。大きい音がくる時は溝間のピッチを前もって大きくとります。大きくふれて前の溝に干渉してしまってはいけません。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
カッティング中に大きい音がくるのをどう事前に察知するか、です。これはテレコに再生ヘッドを二つ付ける事で解決します。最初のヘッドの再生音がカッティングマシンの溝ピッチをコントロール。二個目のヘッドの再生音が実際カットする音になります。そういうテレコを皆使います。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
そうやって両面分カットして、粋なカッティングエンジニアなら鉄針で盤にサインしておしまい。洋盤の内側を見るとサインが入ってるものがあります。見つけてみてください。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
アナログのカットは内側つまり盤の最後が一番難しい。カーブきついので。音量あまり入れられない。でもどうしても最後の曲は盛り上がる曲が多い。最後の曲だけレベル下げるわけにいきません。そこまで見越して全体の曲のレベルを決めます。逆に言うと最後の曲が地味ならレベル上げられる。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
今出てるアナログ盤はほとんどマスターがデジタルじゃないかな。テープからカットってあるのかな。先ほど書いたようにかなりリスキーな編集をしないといけないし。それを出来るアシスタントはもういないと思いますし。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
DAFT PUNKのこの前のやつはマスターがアナログテープです。ただそれから直接カットしているかは分からない。テープからCD用や配信用のマスターを作って、それをカットしている可能性の方が高い。あれのマスタリングエンジニアは御大ボブラディック。御歳69歳。グラミーとりましたね。
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
これがカッティング用の再生ヘッド。左側のが溝ピッチコントロール用のヘッド。右側のが実際の再生音用。 http://t.co/SELQvu94DS
 拡大
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
これがテープの巻き方。二つのヘッドの間隔は固定なのでテープスピードやレコードの回転数によってテープが二つのヘッドを通過する時間を同じにするようコントロールします。 http://t.co/izPAq6Y7eX
 拡大
渡辺省二郎 @shojirowatanabe
こうやって隅々まで気を使ってレコードをカットしたりCDマスタリングしたりしている身としては、圧縮して劣化させた音を売ったりかつほとんどの人がそれしか聴いていないというのはやるせないものです。

コメント

ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2014年4月18日
もっと云うなら、A/D変換時を含めた量子化作業中にも抜け落ちる音声周波数が存在するので、実際はデジタル化した音声にはアナログ音声を超える事は到底無理なんですよね。フーリエ変換を実際にプログラム解析した事あるから判ります。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2014年4月18日
最近USB接続可能なアナログプレイヤも出回り、一部の人にはアナログレコードの良さは伝わってるのでしょうけど、実際の所、アナログレコードの最大の欠点は"可搬性"。CD等の光学媒体にその点は劣ります。レーザーディスク系は除きますが。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2014年4月18日
CD等の光学媒体はその大きさ故に可搬性、収納性に優れています。アナログレコードはこの点が弱いですね。天は二物を与えず…でしょうか?ある意味"煮ても焼いても食えない"と思われがちですが。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2014年4月18日
今、光学ディスク並みの情報密度でアナログレコードって作れるのでしょうか?溝の深さや溝同士の間隔のと云った大きな技術的問題が山積していそうです。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2014年4月18日
アナログデータのデジタル化って、結局は量子化の際に無視されるデータが出るんで、アナログの本来の質から云うとそれは遠く及ばないものです。MP3なんてその典型的な駄目例。あれは一番良い所を敢えて省き過ぎている。深味も味もあったもんじゃない。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2014年4月18日
あともう一つぶっちゃけると、音声データの生データはとんでもなくでかい。だから"圧縮"するけど、MP3は"不可逆圧縮"だから、元データには遠く及ばない。それも当たり前。可逆圧縮ならそれを克服する事が可能なのだ。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2014年4月18日
その点で考えると、マイクロカセットと云うアナログカセットテープがあるが、あれは凄い。実際あれだけで確か最高120分(2時間)入れられるんだから、音声データで何GBになるんだろう?確かにマイクロSDカードに入り切るな。圧縮したらの話だが。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2014年4月18日
実際、DAT等のストリーミングテープって物凄い容量入るんだけど、それは余り知られていない。アナログ生データが相当のでかさだと云う事は知られているけど。色んな意味で実に勿体無い。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2014年4月18日
確かに「理論上は」アナログの方が情報量多いんだろうが、その違いが出るレベルで記録、再生しようとすると非現実的なコストがかかるんで、あんま無分別なアナログ信奉は信用してない。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2014年4月18日
とりあえず関東の電気はノイズが乗りやすいので関西電力の電気で聞けw
PKA @PKAnzug 2014年4月18日
いい音が一般人に届いてない原因って記憶媒体ではないと思うんですよ。CDの頃と比較したらまーあり得ないくらい記憶媒体は大容量化してるわけで。録音されたいい音に触れる機会がないから「録音の音質なんてこんなもの」と諦められていること、いい再生装置は天井なしで高いから「自分には無理」と敬遠されていること、オーディオの世界にオカルトが蔓延ってるのが有名で「音がいい」という言説が信用されにくいこと、あたりが相乗効果と悪循環を生んだ末が現状なんじゃないかなと思います。
きゃっつ(Kats)⊿4/7日向坂大阪個別 @grayengineer 2014年4月18日
ここに書かれているような作業は、デジタルデータで計算機を使えばより早くより正確により意図に近い形でできるようになるわけで、その利点が大きいからみんなデジタルに移行したんだと思ってる
SiCIPM @SiCIPM 2014年4月18日
個人的に逆にデジタルも不当な評価を受けていると思いますけどね。デジタル=CDと言う認識が多いですが、CDなんてもう30年前の技術なんですよ。そのCDレベルでもフルに性能を発揮できていないソフトなんてたくさんありますし、マスタリングの良し悪しで音質はガラッと変わります。更に今は192kHz24bitのハイレゾもあるわけです。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2014年4月18日
あ、でも、やっぱり128kbpsのMP3の音はクソだと思いますw
WicKid @wickid101 2014年4月18日
生演奏を聞いたら、心臓マヒで死ぬと思います
言葉使い @tennteke 2014年4月18日
SPレコードも、なかなか。
あおまきしゅにん @aomakipaper 2014年4月18日
アナログレコードをきちんと再生するシステム構築しようと思ったら、デジタルの高音質の方が金額的には安くて整えられるんじゃないかなぁ
なちゃ @nachakey 2014年4月18日
なぜかアナログでは劣化を無視する事が多いんだよね。 デジタルでは量子化で必ず劣化が起きるから云々てよく言われるけど、なぜかアナログでは録再の劣化を無視したりする。 アナログでは制約がないとか言いながら、いやそれどう見ても物理的な限界超えてるからってのをちょくちょく見かける。
西村誠一 @khb02323 2014年4月18日
最高の機材を最高の人間が最高の条件で最高に慎重に扱うならその通りかもしれないけど、一般の機材を一般人が使うとアナログレコード聞いててプチプチ音がしたり、針飛びが起こったり、カセットテープに至ってはシューとかいう感じのノイズなしには聞けなかった時代を知ってる人間としては、「嘘ではないのかもしれないけど、とても現実的な話とは思えない」ですね・・・「ちゃんとしたシステム」って何百万円かかるんですか?
西村誠一 @khb02323 2014年4月18日
「アナログ機材」を使った際の「誰にでもわかる明らかなノイズ、使いづらさ」が「起きない状況」を前提とした上で、「その状況においては原理的にデジタルだと音質が劣化してしまうのが、アナログだと劣化が起きないから音質が良いんだ」みたいな話はレコードプレーヤーからCDに変わる時代にも散々見かけましたけど、普通に使う分にはデジタルの「安定して普通に音が良い」メリットの方がアナログの「大抵何がしかの聞くに堪えない大きなノイズが混じる音」より遥かにましだと思いますけどね
西村誠一 @khb02323 2014年4月18日
そうでなければアナログ機器が事実上絶滅とかしないと思うんですよ・・・金と暇と根気がある「趣味人」がお金と時間をふんだんにかけて聞く「趣味の世界」でいいんじゃないですかね?アナログは・・・と、思います
西村誠一 @khb02323 2014年4月18日
別件ですが、今日たまたまTLで見かけた(ドラゴンボールの)「DVD版は本放送より音が悪い」http://www.worlddbz.net76.net/dbkaudio.htm という話などもあります。アナログ機材の扱いずらさの結果、オリジナルを長期間保存できなかった結果(廃棄せざるを得なかった結果)オリジナルの音源そのものが失われてしまう不幸なども見かけた際に、「アナログの高音質」を誇られても手放しで評価はしずらいですね
只野こま @zaklo0177 2014年4月19日
ハイレゾが普及すれば優秀録音版リストなど作らなくても良くなるかと思いきや、録音の良いハイレゾ音源リストを作ろう。(笑)と言う声が挙がっている現実をエンジニアさん達は知っているのかな。
magius@MLPS @magius776 2014年4月19日
機材に金を払ったやつがよく言う話だな。とりあえず聞く耳にも気を遣えと返すんだが
山下238 @Yamashita238 2014年4月19日
高校時代に物理の先生に教わった話なんだが、「計測機器の精度が1桁あがると値段が10倍になる」 オーディオ機器とやらにも同じ法則があてはまるんじゃないだろうか。
なちゃ @nachakey 2014年4月19日
レーザーディスクってアナログだよね(ボソ)
なちゃ @nachakey 2014年4月19日
あ、音声部分はデジタルだったっけか…?
I love cats. @YStwtr 2014年4月19日
テレコ3台によるクロスが編集過程として問題ないのですからテレコ2台によるマスターの複製も同条件であり, マスターテープをどんどん複製して売るのが最強。8トラックやカセットでミュージックテープの量産技術は鍛えましたし。でも販売した高品質テープが簡単に複製できるとマズイので色々な理由で非互換性を仕込みエンドユーザーには使えないようになっています。
I love cats. @YStwtr 2014年4月19日
現代のハードディスクやLTO(リニアテープオープン)は磁区の熱揺らぎと戦い強力なエラー訂正を入れるところまで進歩しています。アナログの方が情報を入れられるなんてどれだけ昔のテクノロジーなんでしょ。
I love cats. @YStwtr 2014年4月19日
それ以前に発言者の「情報量」の概念がこういうのとは違うかも。→ Wikipedia 情報量 http://ja.wikipedia.org/wiki/情報量
山北篤 @Gheser 2014年4月19日
アナログテレコのアナアナコピーによる音の劣化、アナログテープの時間経過による磁気劣化などを考えると、音源をアナログで保存している限り、いずれはデジタルより音が悪くなることは自明なんだけど。
魔太郎 @86stars 2014年4月19日
アナログマスターをスタジオ環境できけばそりゃとんでもなく良い音なんだろうなあ。聴いてみたいけどその環境にするのに何桁のお金かかるんだろうか。取り扱いは確実にデータの方が楽だし。
フィリス_カダス @data_san 2014年4月19日
お金よりも手間暇かけて丁寧に調整したシステムでレコードをかけると確かにびっくりする。音がいいのは明らかにデジタルなんだけど、聴くのはレコードばかりになってしまうのが何故かを知りたい。
MintUdon @MintUdon1 2014年4月20日
「手織で作られたお着物でございますのよ」「キロ100万の手もみ茶が至高!あとはクソ」みたいな話
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2014年4月20日
確かにアナログのほうが突き詰めれば高音質だし、いいたい事は分かるが。一般市民が買えるくらいの音響機器のレベルだと明らかにデジタルの方が音がいいし。利便性も上だから仕方ないよ。  記録はアナログでCDみたいに頭出しできるメディアとか出ればいいよな!LD「…。」
ほそい ともゆき @hosoi_to 2014年4月20日
「僕は『音』を聴きたいのではなく『曲』を聴いているのです」とか「カーラジオで聴くような気楽さがいい」とか生意気にも私はときどき呟き、そして、かなり劣悪な再生環境で聴いているのですが、それでも、こうしたプロの作り手が手を抜いてないからこそ「圧縮して劣化させた音」になったとしても"響いてくるもの"があると大した根拠もなく信じていたりもします。
齊藤明紀 @a_saitoh 2014年4月20日
気に入った曲を100回くらいリピートして聞いたらすり減っちゃうし、普通の家庭環境ではホコリによりパチパチ音は防げないし、レコードがCDに負け去ったのは当然。
いくた♥️なお/次はレイフレ20 @ikutana 2014年4月20日
そういえば、LDなんかはアナログ記録なので、光メディアだとアナログ記録が出来ないというのは嘘なんだけど、アナログな光音声メディアができなかったのは、それ以上のメリットがデジタルにあったということなんだろうね。
いくた♥️なお/次はレイフレ20 @ikutana 2014年4月20日
多分、音質っていうのは「果てしなく高みを望むもの」ではなく「ある程度の水準を満たすべきもの」なんだろうね。その水準の取り方はひとによって違うと思うけど。 自分は、MP3 128kbpsは聞き比べればPCMからの劣化はわかるけど、普段曲を聞くには充分な音質だと思ってます。音を聞いてるんじゃなくて曲を聞いてるんだし。
ToTo @toto_6w 2014年4月20日
初めてCD聞いた時の簡単にしかもクリアな音が聞ける感動は忘れられない(・∀・)
nekosencho @Neko_Sencho 2014年4月21日
レコードにはレコードの味があるのもわかるんだけど、お手軽価格帯でくらべると音がいいのはダントツにデジタルだからねえ……って書いてて、なんか今カセットテープがブームだって記事を思い出したw http://nikkan-spa.jp/623613
たくろうゲートウェイ @takurou7 2014年4月21日
ひねくれたレスが多い・・・
重-オモ- @__oMo__ 2014年4月21日
めったな事では手の届かない超ハイクオリティ音質の音楽より、手軽に手に入るそこそこの音質の音楽がたくさんないと、音楽を聞こうって人自体増えないんじゃない?
重-オモ- @__oMo__ 2014年4月21日
どうせならハイクオリティ音質の音楽が手軽な値段で気軽に手に入るような方向に進めるか、ハイクオリティ音質の音楽を耳にする機会を増やすかしたらいい。大勢の人が「こんな音質の音楽じゃ耐えられない!もっといい音楽をくれえ!」ってなるような
マガミ@「南洋通商」日 西“も”-19bでした @ryuya_magami 2014年4月23日
消費者が結局(そこまでは)「求めていない」状態。CDですら(マスタリングが適切として)一定以上の環境が整えられると評価が変わると思う。ただ、そこへ至るコストはLDだろうがCDだろうが一般層には高嶺の花過ぎる訳でして。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2014年4月23日
レコードは内側と外側でアレなので、溝を曲の数だけ切ってるものもあったな。 当然再生時にはどの曲がかかるかわからないんだけど。
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2016年2月27日
レコードって行儀良くして聞かなきゃいけなかったんだよな。針が飛ぶから。※ウチのステレオセットの置いてあった部屋の床がやわだっただけかもしれない
araburuedamame @rpdtukool 2016年2月27日
システムの何処かにボトルネックあったら音の質はそこを上限としちゃうわけで。大多数のユーザーの環境を大幅に上回る音源こさえても余り意味なさそう。現状、スマホでイヤホン・ヘッドホン使用してるユーザーに最適化するのが現実的だと思うけれど。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする