「アナと雪の女王」LetItGoの歌詞について

大ヒット中の「アナと雪の女王」ですが、印象深いLetItGoのシーン。解放感にあふれすぎていて違和感を感じた方はいませんか?ここでは英語と日本語訳に焦点をあて、その表現の違いを説明してみました。
TOGO_Masanaga 24847view 6コメント
30
ログインして広告を非表示にする
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:40:02
    ①「アナと雪の女王」で僕がひっかかるのは、やはりLetItGoのシーンが盛り上がりすぎるということ。本来なら魔法に呑み込まれて闇に堕ちるように描かれなければいけないと思うけど、ものすごく自由で解放感があって、もうこれでエリサの話は終わりでいいんじゃないかとすら思います。
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:40:21
    ②LetItGoの日本語歌詞を読めば、闇に堕ちる感じは全くなく、本当に自由で解放された感じがするのは分かると思う。引用しますが「戸惑い傷つき誰にも打ち明けずに悩んでた それももうやめよう ありのままの姿見せるのよありのままの自分になるの」まるで自分探しのゆるふわ女子みたいじゃん。
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:40:33
    ③LetItGoの歌詞をさらに続けますよ。「これでいいの自分を好きになってこれでいいの自分を信じて」どうですこれ。確かにこの時エリサは自分の魔法が及ぶ範囲は自分の周囲だけで、国中が雪と氷に包まれるとは想像もしてなかった。にしてもこれだけあっけらかんと喜びを歌っていいものなのか。
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:40:44
    ④しかもこのLetItGo、なんと全てが解決したあとのエンディングにも流れます。おかしいでしょそれ?魔法の闇に堕ちるシーンがエンディング?あれれ?と思っていたのでした。英語の歌詞を見るまでは。英語では実はもう少し捨て鉢でやぶれかぶれな面があるんですね。
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:40:59
    ⑤例えば日本語で「世界に一人の私」という部分は、A KINGDOM OF ISOLATION AND IT LOOKS LIKE I'M THE QUEENです。直訳すれば「わたしは孤独の王国の女王」。日本語の何気ない説明とは違い、かなりやけっぱちな意味が伝わってきませんか?
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:41:46
    ⑥DON'T LET THEM KNOW.WELL, NOW THEY KNOWも「魔法を隠してきたけどもう分かったよね」とちょいと復讐心。I DONT CAREは「かまうもんか」だしLET THE STORM RAGE ONは「嵐よ怒れ」。「何も怖くない風よふけ」は軽すぎ。
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:42:01
    ⑦最高にやけっぱち感があるのは「少しも寒くないわ」。THE COLD NEVER BOTHERED ME ANYWAYですがBOTHERは悩ませるという意味で、感覚の話ではなく「寒さ(という魔法)」はもう私を悩ませない、ぐらい。さらに最後のANYWAY。分かりますよね。
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:42:11
    ⑧別に日本語版をけなしている訳ではありません。単独の歌として見た場合は、高揚感は半端じゃないし素晴らしいと思います。ただ、物語の文脈の中では変だなと感じちゃう。最後、エリサは歌い終わってニヤっとしますが、あの表情は日本語版の歌詞からは意味が分かりません。
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-23 14:42:22
    ⑨ただエンディングに関していえば、物語が完結して別の意味に取れる、全て理解した上で「少しも寒くないわ」なのだ、という意見も見ました。こうだとすると日本語版歌詞の方がよりエンディングにふさわしいかも。言語により印象ってずいぶん変わりますね。
  • 大山 顕 @sohsai 2014-04-30 16:17:58
    @TOGO_Masanaga Let it go の吹き替え日本語訳は口の形に合わせるのが最優先でニュアンスが後回しになってしまったんでしょうね。 https://t.co/d8gZSh5nL7 これを両立するのはかなり難しいと思うので、ぼくとしては訳者に同情しました。
  • 大山 顕 @sohsai 2014-04-02 22:48:05
    『アナと雪の女王』の吹き替え歌詞がすごかった http://t.co/MhaEey2FYs 口の形に合うように日本語訳してるのな!すごい。もしかしたらそのうち各国語翻訳のために口の動きのデータはローカライズできる形で納品されたりするんじゃないか。ディズニーならやりそう。
     拡大
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-30 16:33:16
    アナと雪の女王の口の動き。 「キャラクターの口の動きに訳詞を合わせるという作業も加わる」http://t.co/c6KVrl9NBN 「音節を識別し、それに合わせて3DCGモデルの口周りの筋肉の動きを自動生成してくれる技術」http://t.co/9tL12qjdCt どっちだ?
  • 大山 顕 @sohsai 2014-04-30 16:35:40
    @TOGO_Masanaga いやこれ英語版と日本語版見比べればすぐ分かります。口の動き全く同じです。
  • 大山 顕 @sohsai 2014-04-30 16:37:30
    @TOGO_Masanaga もとのガジェット通信の記事には最後に「まちがってました」って訂正入ってます。 http://t.co/l4iR9zCqyh
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-30 16:39:46
    まとめます。「リップシンク」なる技術はあるにはあるが、「アナと雪の女王」には使われておらず、英語版と日本語版は口の動きは全く同じ。その上で日本語版では、その口の動きで不自然ではないように日本語訳しなければいけなかった。というのが結論です。大山さん、ありがとう。
  • 東郷正永 @TOGO_Masanaga 2014-04-30 16:40:00
    なのでここ数ツイート書き散らかしたものは全て誤りです。申し訳ない。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ネタ」に関連するカテゴリー