2014年5月7日

水野英子・丸山昭トークショウ感想ツイートまとめ

2014年5月6日に開催された“トキワ荘の紅一点”マンガ家・水野英子氏と名マンガ編集者・丸山昭氏のトークショウ。観覧された方の、感想ツイートまとめ。(※編集可能)
4

水野英子氏の告知

水野英子 @MizunoHideko

5月6日(祝)14:00~16:00 丸山昭さんとのトークショウ「トキワ荘がやってくる!」を開催します。トキワ荘での生な生活の話等めったに聞く事のできない会です。本やグッズのサイン会も行います。皆様どうぞおこし下さい!入場無料。 http://t.co/PBapciihpv

2014-05-05 00:42:42
拡大
水野英子 @MizunoHideko

地図はこちらです。 これは2月6日開催の予定でしたが大雪のため順延となったものです。 http://t.co/zG6ZBX0Kgv

2014-05-05 00:43:22
拡大

開催当日の模様

飯田耕一郎@うさ爺 @009usaya

丸山昭さんと水野英子先生のトークイベントなうであります。 http://t.co/yvCGT390x3

2014-05-06 14:59:52
拡大
亜人類補完機構対連合緑黄色軍対原子心馬 @demihumanleague

立川でトキワ荘の話を聞いてきたよ。語り部はマンガ家の水野英子さんとトキワ荘メンバー担当した編集者の丸山昭さん。

2014-05-07 01:52:28
亜人類補完機構対連合緑黄色軍対原子心馬 @demihumanleague

丸山「手塚さんにとって自分は初めて就いた年下の担当だったから可愛がられた」僕の宝物ですと二人で肩を組んだ写真を見せてくれました。

2014-05-07 01:55:10
亜人類補完機構対連合緑黄色軍対原子心馬 @demihumanleague

丸山「手塚さんは先月どこまで締め切りを延ばせたか覚えてるから性質が悪い」(笑)

2014-05-07 01:57:17
亜人類補完機構対連合緑黄色軍対原子心馬 @demihumanleague

丸山「手塚さんはマンガの神様、石森さんはマンガの王様と呼ばれてるけどピンとこない。手塚さんは子供っぽくてやんちゃ。石森さんは年下だけど大将」

2014-05-07 01:59:25
亜人類補完機構対連合緑黄色軍対原子心馬 @demihumanleague

丸山「森安なおやには何度も煮え湯を飲まされた。繰り返し約束を破られた。叙情的で繊細なマンガを描いたけど本人は繊細じゃない」

2014-05-07 02:00:51
ルイ @tundratiger

今日の丸山昭さんと水野英子先生のトークイベント、本当に面白かった。真っ先にお二人が主張されていたのは、トキワ荘が決してボロアパートではなかったということ。敷金3万円、礼金3千円、部屋代3千円、加えて権利金も。大通りに面していて周りに高い建物もなく日当たりは良かったとのこと。

2014-05-06 22:33:55
ルイ @tundratiger

トキワ荘、サラリーマン一家も住む標準的なアパートだったと仰っていたけど2階が男世帯の漫画家だらけだったから部屋が汚くなっていったと解釈しました(笑)。特にいろいろと買い込む石森章太郎先生の部屋が凄かったとのこと。あと共同トイレが汚くて目を開けてられない、とか。

2014-05-06 22:35:42
ルイ @tundratiger

講談社で手塚版だった丸山昭さん、手塚治虫を殴りたいと思った事も一度や二度ではなかったと言う。そんな手塚治虫を殴った編集者が秋田書店の壁村耐三。翌日辞表を用意していた彼に小学館の編集者が原稿を届ける。殴られても尚原稿を上げる手塚治虫。それを見て無言で辞表を破る壁村氏。

2014-05-06 22:37:44
ルイ @tundratiger

後に手塚治虫が売れなくなってきた時、チャンピオンの壁村耐三編集長が手をさしのべて連載にまでもっていった作品が『ブラックジャック』なのは有名な話だけどその数日後に講談社の宮原照夫が依頼して少年マガジンで連載開始したのが『三つ目がとおる』。

2014-05-06 22:38:58
ルイ @tundratiger

「もう2,3日早ければブラックジャックも講談社に……(笑)」と丸山さんが仰っていたのが印象的でした。

2014-05-06 22:39:08
ルイ @tundratiger

丸山昭さんと水野英子さんのトークイベント、質疑応答で森安なおや氏について伺おうか悩んでいたら別の方が訊いて下さった。和気藹々とトキワ荘時代の話をして下さっていたお二人が(水野先生含め)森安なおやの話題になった途端口調がいきなり厳しくなったのが少し怖かった。

2014-05-06 22:42:00
ルイ @tundratiger

丸山昭さんは森安なおやについて「トキワ荘たった一人の落ちこぼれ」「彼には二度三度煮え湯を飲まされた、でも彼は繊細な実にいい漫画を描いていた」「落とすと思って代わりは用意していた」と、水野英子さんも「一作ちゃんとおしまいまで描く力がなければ漫画家にはなれない」と断じていた。

2014-05-06 22:43:50
ルイ @tundratiger

森安なおや氏に関しては『烏城物語』しか著作を拝読してないのだけど、あれだけ繊細な作品を描けながら人間的な弱さで仕事を完遂できなかった事を、過去に仕事を頼みながらも何度も逃げられた丸山さんの気持ちは少しわかるような気がしました、歯がゆかったのだと思います。

2014-05-06 22:44:52
ルイ @tundratiger

質疑応答で漫画家を目指すという少年に、漫画家として必要なものに体力を挙げる丸山さんと水野さん。しかし連日の徹夜を強いる習慣を継承させてしまった点はむしろ負の遺産のような気もします、手塚治虫や石森章太郎、藤子・F・不二雄を早死にさせた事を思うと。

2014-05-06 23:17:31
ルイ @tundratiger

森安なおやがあの頃ほど厳しい時代でなければ生き残れたのか?は少しシミュレーションしてみたいです。コミックビームあたりで意外と佳作を生んでそう。

2014-05-06 23:18:48
ルイ @tundratiger

トイレは仕方ない、食事はなるべく、睡眠は絶対ダメという環境ゆえに当時花が咲かなかった漫画家も多数いたと思うのだけど、あの時代の悪書追放運動の時代に漫画を描くタフさみたいなものも必要だったとも思う。

2014-05-06 23:21:08
ルイ @tundratiger

今日のトークイベントで水野英子さんが「トキワ荘にライバルはいなかった、仲間しかいなかった」「悪書追放運動の時代、漫画について語る相手もいなかった」「実際、自分が上京後漫画家になった事を最近知った下関に知人もいると思う」という話は苛烈な時代を知るのに十分な話だった。

2014-05-06 23:22:48
残りを読む(57)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?