2014年6月21日

東京電力福島第一原発事故の教訓「日本に原発を扱う資格は無い」 コロラドさんのツイートまとめ(2014.6.21)

原発事故時の緊急避難の困難さ。 メルトダウンが起きている事が認識出来る重要性。 情報公開の重要性。
101
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

緊急避難と言っても、百人、千人なら大した準備なくともなんとかなるが、一万人になると田舎でも各段に難しくなる。

2014-06-21 03:20:48
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

これが、都市圏や大都市圏のように十万人単位、百万人単位となると、相当な事前準備、演習があってもまず無理。

2014-06-21 03:22:09
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

で、これが三千万人から四千万人という関東平野になると、この人数の避難は不可能と言って良い。まぁ、よくて未曾有な規模の難民化だね。

2014-06-21 03:23:30
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

これは、戦時中、学童の疎開を計画的に行っていたことからも行政府はある程度は理解していること。まぁ、日本のように市民の疎開や、実効性のある避難壕の建設を行わず、精神論で焼夷弾に素手で立ち向かわせるという気狂い沙汰を国家が行ったのだが。

2014-06-21 03:26:36
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

例えば、東海道新幹線は、定員が1323人だが、これに無理やり3千人乗せたとして、6分に1本走らせたとして、1時間で3万人。1日20時間で60万人。勿論、これだけ無理をすれば、確実に死人が発生する。

2014-06-21 03:30:01
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

この一本で3千万人を運びだすのに、50日。勿論、他の輸送手段もあるのだが、10日では運び出せない。 そもそも、移動の管理事態が不可能なので、せいぜい、交通管制を出来るか否か程度。 まぁ、数日で破綻をきたし、輸送能力は半減するだろう。

2014-06-21 03:32:57
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

原子力委員会が報告した、最悪想定では、福島第二、東海第二、東海村、大洗が破滅して関東に致死線量のプリュームを放出するので、関東平野の住民三千万人強は、その大部分が脱出できない。 要するに、急性被曝死が数百万人、事故死が数百万人だってあり得たということ。

2014-06-21 03:35:32
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

最悪想定では、住民保護どころか、国家そのものが崩壊したということ。 そして、これは運良く回避されたが、運が良くなければ回避できていなかった。

2014-06-21 03:37:07
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

まぁ、最悪想定は、日本の原子力行政・産業が招いた集中立地の決定的な欠陥であって、どうしようもない。

2014-06-21 03:38:58
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

さて、東海村、大洗は、震災のあと交通も通信手段も途絶して孤立してしまったわけだが、結果、電気なし、水道なし、食料なし、ガソリンなし、移動手段は自転車程度という最悪の状況が1週間ほど続いていた。 この状態に東海村周辺の数十万人が陥っていたのだが、この時、東海第二は危機に陥っていた。

2014-06-21 03:41:55
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

幸い、東海第二はわずかに生き残った多重防護第二層によって、辛うじて収束したが、仮に第二層が破れ、第三層に移行した時、数十万人から百万人の住民は、通信なし、水なし、食料なし、電気なし、ガソリンなし、道路鉄道崩壊という状況であった。 避難どころか、連絡すら出来ない状況だった。

2014-06-21 03:45:13
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

これは、15日の福島からの放射能プリュームの中で、原研職員を含む市民が水と食料を求めて街に列を作っていたことが実態を端的に示している。 この日、情報が全くなく、自転車で走り回っていた市民も多々いた。 勿論、ヘンテコ核種が体にいっぱいついたが、情報も水道も途絶していた。

2014-06-21 03:49:36
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

要するに、日本で一番、原子力災害への備えがあるはずだった東海村・大洗と水戸市などあっても、市民は一切保護されなかった。 そりゃ当たり前で、東海村、大洗では、非常用電源の燃料が枯渇してその調達で手一杯だった。 東海再処理工場の高レヴェル廃液は冷却が止まれば爆発するんだぜ。

2014-06-21 03:51:41
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

ウラルの核惨事(キシュテム事故)やハンフォードの地下タンクのことを調べれば、高レヴェル廃液の管理ができなくなった時の恐ろしさは容易にわかる。 この廃液、東海再処理工場には400t前後が耐蝕性ステンレスタンクに保管されている。 東海再処理工場の固化施設を強引動かすのはこれが理由

2014-06-21 03:55:02
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

脱線したが、実際に発生した放射能雲の二度の襲来に対しては、市民の避難という選択肢は取ることが出来なかった。また、不幸中の幸いで致死性のプリュームは来なかった。(1Fの格納容器の破損状況によってはあり得た。この場合、東海村は壊滅し、東海第二ほか核施設も壊滅した。)

2014-06-21 03:57:51
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

一方で、最低限度の対策として、市民に屋内退避を指示することは可能だったし、できることはそれしかなかった。なにしろ備えが全くなかった。 これでも、1Fの格納容器破損の状況が把握できなかった以上、死者がでる状況も予測し得た。 しかし、政府は情報統制と嘘の流布を行った。

2014-06-21 04:01:30
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

原子炉がメルトダウンを起こしたか否かというのは、原子力防災においては決定的な鍵となることで、一号炉爆発でメルトダウンが起きていたことは確実であり、否定しようがなかった。 2号炉3号炉についても隔離時冷却系の停止が直ちに炉心溶融を引き起こしており、このことは軽水炉ではイロハのイ。

2014-06-21 04:06:18
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

原子力防災の術を全く欠き、国民を見殺しにすることを決意した政府にとっては、メルトダウンは絶対に隠し通さねばならぬことであり、故に中村審議官は即座に更迭された。 メルトダウンは自明であるのに、学者が爆破弁だなどと嘘を強弁し続けたのはこれが理由。

2014-06-21 04:10:01
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

原子力に無知な学者が執拗にメルトダウンを否定し続けたのもこれと期を同一にしている。 極めて有害無益であり、反人類的・反人道的な行為がまかり通っていた。 中には、政府の依頼で行っていた人間も居り、破廉恥極まりないことだ。 無知では済まされない。

2014-06-21 04:12:54
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

東海村どころか、まさに核災害下にあった福島県にあっても、原子力防災への備えを怠った付けがまわり、保安院は逃亡し、放射能拡散予測情報もなにも使われなかった。 住民避難の術がないので、逐次、避難範囲を広げていったが、結局、範囲が広範になると何もできなくなったことが分かっている。

2014-06-21 04:16:58
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

結果、住民避難は混乱を極め、避難途中に死者が発生し、また、放射能プリュームの経路上に住民が避難し、留まり、国はそれを知りながら見殺しにした。 要するに日本では多重防護の第五層は全く存在していなかったし、今も存在していない。責任主体がない以上、存在しないのだ。

2014-06-21 04:19:33
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

多重防護の第五層が存在しない日本では、首都圏が放射能プリュームに覆われると、報道統制と官製デマ(嘘)が市民に提供され、精神論が蔓延った。 これは、昭和20年の日本と同一と言って良い。 メディアだけでなく嘘をつく学者が大いに加担したことにも共通性がある。

2014-06-21 04:24:54
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@nennpa あそこまで自明なことを言わないのは御用学者中の御用学者で、そうでないひとが居ないことが本来あり得ないですよ。 ご隠居が電気新聞で18日掲載の記事を執筆した程度ですね。明確に炉心溶融と述べていましたが、所詮は業界紙ですね。

2014-06-21 04:28:24
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@nennpa あれほどに自明かつ明確な事実を同調圧力でメルトダウンということすら出来ない民族には原子力を扱う資格は全く無いです。 ナチの言い方をあえて使えば、原子力劣等人種(ウンターメンシュ)ですよ。

2014-06-21 04:32:10
残りを読む(45)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?