10周年のSPコンテンツ!

ロボットや人工知能が人間の労働を奪っていくことについて

文明の発達によって機械化が進みロボットや人工知能が発展していくと、人間の労働が奪われていくという議論が最近増えてきています。そんな話題について、ひとつの意見。
経済 ロボット 労働 文明の発達 機械化 人工知能
32
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
この記事、人工知能やスマホや汎用ロボットなどについて一切考察してないんだが。 「ロボットが仕事を奪うって考え方、何かヘンだよね?」d-illust.com/robot/
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
記事「効率化して困るのはおかしい。農業を始め漁業や林業等の一次産業から製造業や建設業などの二次産業までもここ数十年の間で生産効率は劇的に上がっています。 しかしそれが原因で仕事にあぶれた人が続出したって歴史は聞いたことありません」って書いてあるけど、根拠は聞いたことがないから?
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
植物工場のフェアリーエンジェル従業員を植物工場野菜の「フェアリーエンジェル」が従業員の6割を削減。fukeiki.com/2009/09/fairly…
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
記事「効率化が進むと新たな仕事が産まれる。一次産業、二次産業が効率化され少ない人数で同じ量を生産することができるようになれば残った人は新たな仕事を生み出します」って書いてあるけど、仕事を失った人たち全員が新たな仕事を生み出せること前提にしてる。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
記事「例えば外食産業、娯楽施設、ファッション、ブランド等々・・・。一次産業、二次産業を効率化することにより余剰が生まれたため誕生しました」。これは正しいが、その時代に人工知能やコンピュータはほどんど進歩してない。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
昔大丈夫だったから、未来でも大丈夫だって考えているようだけど、俺たちが考えているのは1950年から急速に進歩を遂げ、自動化できる対象が増え続けてきた今の話をしているんだが。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
この記事はスマホのような汎用機について考察できていない。3Dプリンタのように、多くの物を作り出せる機械とか、色々な作業を行わせることができる汎用ロボットとか、たくさんのことができるスマホとか。このような汎用機の存在も考察する必要があると思う。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
記事「介護や看護を始め世の中には慢性的な人手不足が懸念されている業界が多数存在します。特に福祉の仕事は自動化することが難しく多くの人員が必要です。」って言っているが、介護ロボットだって今まさに進歩してきてる。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
記事「レジが自動化し人が要らなくなったということはつまり大幅な人件費の削減が期待出来ます。大幅な経費の削減に成功すれば大きな利益を生む、もしくは商品を安く提供することが可能になります。」その大幅な人件費削減を多くの分野で行っているから、仕事が奪われるんだが。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
それに商品を安く提供することが可能です。というのは、消費者としてのメリットだろう。一方、人間は労働者でもある。消費者としてメリットでも、労働者としてきつくなる。だって、「良いモノを安く、早く提供しなければならない」わけだから。そうじゃないとお金を出して買ってくれないんだから。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
で、消費するためにはお金が必要で、お金を稼ぐためには労働が必要。つまり順序は労働→消費だから、労働がきつくなった分、消費するのがきつくなっている。いったん、お金を手に入れた状態では楽に消費できるだろうけど、その前段階としてお金を得なければならない。そこがきつくなり続けていく。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
記事「極論ですがこれまで働かなければ食べていけなかった分自動化によって価格が下がり働かなくても食べていけるようになるというわけです。」情報の場合は溢れれば溢れるほど、平均価格が下がり続けて0円に収束するが、食料の場合は材料費がかかるわけで、結局、働かないと食べていけないじゃん。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
記事「無人化、自動化でロボットが食糧を生み出してくれれば食べていくだけの目的ならば人間は働く必要はないわけです」いやいや、そのロボットをたくさん保有して大量生産しているのは企業なわけで、結局、企業から買うという構図になる。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
じゃあ企業は人を雇うかってことになるけど、さっきこの記事を書いている人が言っていたように、人件費を削減していくわけで。人よりもロボットを買う方向へ進んでいく。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
実際に日本一の資産家、孫正義は「1日24時間働くロボットを8時間働く人間の“3人分”と考え、産業ロボットを3000万台導入すれば労働力は9000万人分に相当する」と言っているわけで、人よりもロボットを買う気満々じゃないか。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
そうなれば、人間の生産性とロボットの生産性の勝負になる。人間の生産性のほうが上回れば、人間を経営者は雇うようになる。でも科学技術が進歩すればするほど、この勝負はきつくなり続ける。まるで一昔前に将棋でコンピュータに負けることはありえない、と主張していた人たちが大勢いたように。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
「農業や製造業が機械で飛躍的に生産効率が上がった分、現在のような多様な職業が存在します」という意見の中には汎用化と自動化と大量生産化などを考慮に入れてない上に、人工知能のこともまったく無視している。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
「携帯電話の登場によって現在のスマートフォン、アプリ、LTE等の仕事があるわけです」一方、携帯電話の登場によって、固定電話の仕事がきつくなった。それだけならまだいいのだが、スマホでネットにつなげば大量の情報が溢れている状況で、情報の平均単価が下がり続けた。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
文字情報、音声情報、画像情報、動画情報というかなり幅の広い情報がほぼ無料化してしまっていて、作り手が食べていけていないのが現状。機械に仕事が奪われると主張している人たちの意見をもう少し分かりやすく言えば、「機械化が人の稼ぎの邪魔をしてしまっているかどうか」ということだ。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
正確には機械化は一部の富裕層の稼ぎの役には立っている。ただ、多くの人の稼ぎの邪魔をしてしまっている。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
記事「コンピュータやロボットに仕事を奪われることを危惧する話を耳にし、そんなわけないだろと思ったわけですが私と同じ考えの意見も多くあるようですね。 やはり私は間違っていないw」って、意味が分からない。あなたと同じ考えの人と違う考えの人、両方とも結構な数いるだろうよ、と思った。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
時々、見かける意見として「機械化されるのは単純労働だ!」というもの。でも機械化できる対象は、徐々に複雑労働まで可能になりつつある。つい最近では、人工知能が人間の口に合いそうな新しい料理を提案するということがあった。またお客さんの質問に対して、人工知能が質問に答えるということも。
小猫遊りょう(たかにゃし・りょう) @jaguring1
つまり機械化できるものは単純労働だ!と考えていると痛い目を見る。機械化できる「単純さ」が徐々になくなりつつあり、どんどん複雑な労働まで可能になりつつある。一部では結構複雑なことも人工知能が行えている。
ポン介 @ume_pon
ちゃんとロボットの所有者が生産物を分けてくれればね。『ロボットが変わりに仕事をすることで次の仕事が生まれる、たとえ生まれなくても生産性が落ちない限り飯が食えないなんて自体にはなりません』ロボットが仕事を奪うって考え方、何かヘンだよね? d-illust.com/robot/

その後、コメント欄への書き込みを元に、追加のつぶやきがありました。

残りを読む(55)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2014年7月27日
まあ、そう遠くない未来に東大入試に合格できるコンピュータができるらしいし、知的労働のほうもそろそろ人間のやることがなくなりそうだよね
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年7月27日
小松左京「カマガサキ2013」では、乞食の仕事までロボットに奪われる未来(今の僕たちには去年)が描かれていました。
mnianzinno @mnianzinno 2014年7月27日
ロボットに仕事取られたくないなら真剣に生産性の向上を考えて下さい。
@izanamu 2014年7月27日
究極的には「ロボットの所有者がどう分配するか?」に尽きるかと思いますが。現状の生体ロボットの所有者たちの目を覆う様な非道な振る舞いを見れば、今後の未来予想は難くないのが何とも言えない気持ちになります…。
ehoba @htGOIW 2014年7月27日
フレーム問題に関してブレイクスルーがない限り、知的労働へのAIの参入は困難だと思うけど、 そういう具体的な技術の話をせずに云々しても何の意味もないじゃないかな
ehoba @htGOIW 2014年7月27日
あと効率化を追い求めると不可避的に労働力過剰になって失業者が増すっていう問題を科学技術の問題に転嫁するのはいかがなものだろうか
ehoba @htGOIW 2014年7月27日
ロボットやAIが敵と思われやすいのは、企業や政府のような組織と違って個体認識がしやすいからに過ぎず、 経済政策の失敗の物言わぬスケープゴートにされている印象しかないのだけれど
@sbayasi 2014年7月27日
効率性の話はコストの話に直結し、コストの話は逆に言えば「割にあわない仕事にはリソース投入しない」って話になるので、最終的には一部を除き人類の多くは「割にあわない仕事」しか回ってこなくなるんじゃなかろうか。…てか今もそうな気がする。
七篠権兵衛 @senri_mushroom 2014年7月27日
後のネオ・ラッダイト運動である
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年7月27日
作業効率が上がる、それはいい。では作業効率が2倍になれば2倍生産するか、というとそうではない。なぜなら、多く作ってもそんなに売れないし、市場価値の低下を招いて利益が減るからだ。すると、効率が高まった分人を減らしてコストを圧縮するということになる。こうしてロボットによる効率化で仕事が奪われる。仕事が奪われるというのは、人がやっていた仕事をロボットが完全に代替するということだけを指すわけではない。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年7月27日
もちろん、ロボットのメンテナンスや製造販売といった仕事の需要は増えるかもしれない。が、今まで例えば食品の製造ラインに関わっていた人が、急にロボット技師になれるかといったら無理だよな。仕事の総量が仮に変わらなくても、駆逐される人は生まれる。
張三李四 @tyousanrisi 2014年7月27日
ラッダイト運動だなあ。最近に限らず仕事が社会や技術の発展によって駆逐されていくのはいまさらでしょ。江戸時代と同じ職業がどれだけあると? むしろもっと発展して人間が働かなくなっていいようにまでさっさと進化してほしいね。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年7月28日
この問題について考える時、需要面から考える人が少ないのはなぜなのかな?労働をロボット化したとしても、ロボットによって供給される商品やサービスを消費する人が必要になる。需要が無くなってしまえばそもそもロボット化する意味も無くなるのだ。
eternalwind @juns76 2014年7月28日
大学レベルでマクロ経済やってりゃどの教科書にも載ってる古典的な需給問題で、今更素人がいちいち考えても車輪の再発明にしか過ぎない無駄な問題。アホらしい。教科書読めよとしか言いようがない。 供給は必ず長期的には需要を生むというのが古典派で、需要不足が長期的にも自動的に均衡することはないと考えるのがケインジアン
前田敦司 @maeda 2014年7月28日
「労働塊の誤謬」という言葉を思い出しました.
ひろっぺ@検討中 @hiroppe3rd 2014年7月28日
ロボットが動くためのエネルギー生産という労働は必ず必要だと思われる。 究極、何もしないでもロボットが動いてロボットが生活の面倒を統べてみてくれるようになったら、それがベーシックインカムだね。
赤木智弘@真実の赤(白) @T_akagi 2014年7月28日
だからこそ「働かざるもの食うべからず」という考え方は時代遅れであり、働かない人に対しても分配を人道的に行えるシステムづくりが国として重要なのです。
赤木智弘@真実の赤(白) @T_akagi 2014年7月28日
「労働者の労働を確保するために、生産性の向上を放棄する」というのが、一番バカバカしい考え方なので。
成瀬京太郎 @yuugekisen 2014年7月28日
多くの印刷工がコピー機やプリンターの技術向上で職を失った。
neologcutter @neologcuter 2014年7月28日
マルクス主義者の考えでは「オートメーション化が進むと働かなくてもよくなる→やった!楽できるじゃん!」…のはずだったんだが。
ポン介 @ume_pon 2014年7月30日
まとめを更新しました。
@izanamu 2014年7月31日
この話の根幹は「ロボ1台=人間1人分」では無いと言う事。ロボ1台で百人~万人以上の仕事をこなし、コストは人間1人分以下。すると必ず「ロボ管理の仕事が~」と言う輩が出て来るが、それは「皆んなで国会議員になればOK」と言うくらいに馬鹿げた話。管理者は確かに必要だがその席は限られている。仮に努力して勉強し管理者資格を取ったとして、既に誰かが座ってるその席をどうやって奪うつもりなのか?
@izanamu 2014年7月31日
この馬鹿げた労働信仰価値観を突き詰めて行けば、その先には公園のゴミ拾いの臨時バイトに雇って貰うためにも国家資格が3つも4つも必要になる時代が到来するだろう。しかも日給3千円程度で。好い加減、「汝、土の民たれ」みたいな古代ギリシア詩人の様な牧歌的価値観を捨て去らないと、もはやどうにも先へは進めない時代へ来たのだと自覚するべき。
Eimi1003 @Eimi1003 2014年7月31日
あれほど「出生率が低くて、高齢社会で、労働力が減るのではないか」と危惧している人たちが、急に「ロボットや人工知能が仕事を奪う!」というのは、矛盾していると思いますよ。むしろ、本当に労働力が減るのならば、そこを効率よくロボットや人工知能を活用すればいいと思うんですよ。
ひろっぺ@検討中 @hiroppe3rd 2014年8月7日
貴方が生きるために食べる料理は 誰が作って 素材は誰が生産して その人達は死ぬまで無料でやってくれるボランティアなのか どうなのか 料理に限らず衣服もそう住居もそう。これらをすべてロボットが出来る様になる社会などどうせ遠い先だから 考えるだけ無駄。
ひろっぺ@検討中 @hiroppe3rd 2014年8月7日
ちなみに、20世紀ごろまでは奴隷をいわゆるロボットのように扱って良い暮らししている白人 というのはあったね。
ねぼ @nebonebo7 2014年8月14日
生産の問題もあるが、スマホの高機能化で固定電話・デジカメ・テレビ・ラジオ・CDプレイヤー・ビデオ・コミックといった需要その物が集積され全体総数で需要が減っているって事もある。
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2014年9月7日
ロボットの中の落ちこぼれ、だと、ルディ・ラッカーも描いてたな…>小松左京 何かルールチェンジを考えんとあかんねぇw
とくがわ @psymaris 2015年4月17日
機械が人間の能力をはるかに上回る中で、人間はどうするべきか… もう機械と融合して機械を上回るしかないんじゃなかろうか。
びたー @bittersweet256 2015年4月18日
機械+人間より、機械100%の方が性能が上になると思うんですがそれは・・・
びたー @bittersweet256 2015年4月18日
今は「労働しない奴は屑」みたいな社会の雰囲気で労働者を奴隷同然に働かせて経済を回してる状態。今現在はそれでなんとか誤魔化せるかも知れない。しかしこれからも機械のコスパは物凄い勢いで上がり続ける。労働者の99%以上は「奴隷としての価値すらない」となるだろうね。
消費しないピノキオ @pinokio_brother 2015年4月19日
機械で出来る仕事は全て機械でやればいい 問題はその時にお金のあり方がどうなっているかってこと これは本当に興味深い問題 仕事をしなくても、そこそこ食べていける世界がもし実現したら お金の価値はどう変化しているのか
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする