アリは人工甘味料に集まるか?

まとめました。
嗅覚 人工甘味料 アスパルテーム アリ 味覚 昆虫
82
非一般ニュース @ippan0826
アリが多く家に入ってくるフロリダ州では、たくさんの人々がアスパルテームでアリを退治している。ゴキブリなども一緒に殺せる。虫が多いフロリダでは殺虫剤としてアスパルテームが欠かせない。アスパルテームの入った水を飲んで死んだアリとゴキブリ pic.twitter.com/HOFmKRUSFP
拡大
・冷蔵庫の主・@熊とオオヤマネと7億円 @morefrigerator
↓RT)キシリトールで低血糖起こしてぶっ倒れるのとはまた別の理屈なんかにょぉ?
@meguru_
@morefrigerator 人工甘味料にアリは群がらないと思う…
・冷蔵庫の主・@熊とオオヤマネと7億円 @morefrigerator
@meguru_ ハッッΣ(・□・;) 蟻さんからしたらヤバい匂いのする薬品だったりするんでしょうかね? 誘引に砂糖や蜂蜜使ってるのかな。
木登りヤギ@また夢を見て そしてまた忘れて @kinoboriyagi
@morefrigerator @meguru_ ヤバい匂いがする、というより、美味しそうな匂いがしないんじゃないかな。昆虫も甘味料を甘く感じるんだろうか。
@meguru_
@kinoboriyagi 実験では人工甘味料には群がらないとようです。感覚器官が違いすぎますからなんともですけど。アスパルテームのメタノールと絡めたいんでしょうかね。 @morefrigerator
ひかりはなおと @hikarihanaoto
@meguru_ @kinoboriyagi @morefrigerator 甘さとは違いますが、部屋の芳香消臭剤で、蜂がやって来ました。因みに、桃の香り。香りは、人工的に合成しても、天然を再現しているため⁈
木登りヤギ@また夢を見て そしてまた忘れて @kinoboriyagi
@hikarihanaoto @meguru_ @morefrigerator 天然の桃の香りの主成分を人工的に再現しているので、香りについては「同じもの」です。蜂が香りに寄ってくるのは不思議じゃないです。一方天然の糖に対してアスパルテームは「似ているけど違う」ものですね。
@meguru_
@hikarihanaoto アリは味覚、嗅覚のいずれを利用しているんですかね? @kinoboriyagi @morefrigerator
木登りヤギ@また夢を見て そしてまた忘れて @kinoboriyagi
@meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator 調べずにいいますが、前足や触覚に化学物質検知器がついてて、「足先で舐める」感じかな。
@meguru_
ちなみに所さんの目がテンで、人工甘味料とアリの実験をしたみたいです。[ ntv.co.jp/megaten/librar… ] @hikarihanaoto @kinoboriyagi @morefrigerator
@meguru_
@kinoboriyagi 昆虫と人間の味覚(嗅覚)の違いっておもしろそう! @hikarihanaoto @morefrigerator
木登りヤギ@また夢を見て そしてまた忘れて @kinoboriyagi
@meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator おおー面白い! アリの化学物質検知器は、ホモサピエンスの味覚とは違うとか、もっと厳密だったりするのかもしれないですね。脊椎動物と昆虫で違うのか、他の生物はどうなのか。うわー気になる!
@meguru_
@kinoboriyagi 人工甘味料(ネットでは天然由来の人工甘味料にはアリが寄るとの情報あり)と砂糖はアリにとってどう違うのか、問題提起しやすいと思います。結果的に食べ物じゃないと判断した過程が知りたい。 @hikarihanaoto @morefrigerator
木登りヤギ@また夢を見て そしてまた忘れて @kinoboriyagi
@meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator 最初にちょろっとgoogle scholarで探して見たんですが、それらしい論文は引っかかりませんでした。昆虫の研究者で知っていそうな人に聞いてみたいです。
蟲喰ロトワ(むしくろとわ)プロ蟲ソムリエ/ラオス在住/次回帰国3月6日 @Mushi_Kurotowa
@kinoboriyagi @meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator ショウジョウバエでやってました。候補遺伝子は7つで、トレハロース、ショ糖、ブドウ糖にそれぞれ高い感度をもつ3つが同定されたかと。ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/P…
蟲喰ロトワ(むしくろとわ)プロ蟲ソムリエ/ラオス在住/次回帰国3月6日 @Mushi_Kurotowa
@kinoboriyagi @meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator 膜受容体は結晶化しにくく発現量が少ないのでどうしても遺伝学的アプローチのしやすいハエが先行しています。立体構造同定もまだなので、人工甘味料との相性も行動実験レベルです。
・冷蔵庫の主・@熊とオオヤマネと7億円 @morefrigerator
味覚の違いでぱっと思い浮かぶのは、鳥ちゃんがとんがらしをんまそうにmgmgしてる姿だな。 あれは「辛い」がわからないんだっけか。
木登りヤギ@また夢を見て そしてまた忘れて @kinoboriyagi
@Mushi_Kurotowa @meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator ありがとうございます。気になっていた部分がクリアになりました。膜受容体をどうやって増やして集めて結晶化させて、構造決定を行うのか想像もつかないけど、ものすごく大変そう。
蟲喰ロトワ(むしくろとわ)プロ蟲ソムリエ/ラオス在住/次回帰国3月6日 @Mushi_Kurotowa
@kinoboriyagi @meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator ヒトのアドレナリン受容体は2007年なので、近いうちでしょうが…タンパク屋さんの技術革新は恐ろしいばかりです。leading.lifesciencedb.jp/2-e003/
木登りヤギ@また夢を見て そしてまた忘れて @kinoboriyagi
細胞膜の外から中へ情報が、あるいは物質が伝わるってつくづくすごいと思う。生き物すごいなあ。そのすごさの一端を感じられるのが、楽しくて楽しくてやめられない。
木登りヤギ@また夢を見て そしてまた忘れて @kinoboriyagi
@Mushi_Kurotowa @meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator あっ、あとアリやその他昆虫の化学物質検知ってどこでやってるんですか? 
蟲喰ロトワ(むしくろとわ)プロ蟲ソムリエ/ラオス在住/次回帰国3月6日 @Mushi_Kurotowa
@kinoboriyagi @meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator 昆虫の嗅受容体は東大の東原先生が「イオンチャネル型」と発表したが2012年なので、アリも不確かですがまだだと思います。神経応答と臭いとの対応をは調べられているかと。
蟲喰ロトワ(むしくろとわ)プロ蟲ソムリエ/ラオス在住/次回帰国3月6日 @Mushi_Kurotowa
@kinoboriyagi @meguru_ @hikarihanaoto @morefrigerator 遺伝学的手法の応用は蚊でようやく始まりました。アリは継代に時間がかかり、化学感覚が生死に関わるので、他のアプローチが必要かも。cell.com/abstract/S0092…
@meguru_
@Mushi_Kurotowa すばらしい!ある意味、時代の最先端なのですね。同じ脊椎動物でも味覚に違いがあるそうですが、昆虫についての興味はつきません。 @kinoboriyagi @hikarihanaoto @morefrigerator
残りを読む(16)

コメント

barubaru @barubaru14 2014年7月27日
昔から定期的に出回っている話のようですね。アスパルテームは毒性を何十年もかけて鵜の目鷹の目で調べられ続けているのに今だこんな無理筋な話しかでてこないんですから、相当安全なんでしょうね。
@izanamu 2014年7月28日
このまとめでの一番は「チョコには蟻が来ない」と言う衝撃の実験結果!
kghdt @kghdt 2014年7月28日
例によって放射脳クラスタが蟻のように群がっていて笑う。写真みたいになってくれるとありがたいんですがね。
Simon_Sin @Simon_Sin 2014年7月28日
鳥ちゃんがトウガラシをパクパク食ってるのは「哺乳類には辛いけど鳥には辛くない」って物質を出すことに成功してるからなんやでー。哺乳類に食われるより鳥に食われたほうが広範囲に種をばら撒ける(ウンコによって)ので生存に有利だから。
かかし🐾れいわ新選組支持🐾まずは消費税ゼロから日本の内需景気回復 @hatake_kakasi 2014年7月28日
>放射脳ガー どこに放射性物質の話があるのかわからん。あと結局人工甘味料の種類によってはアリが集まるの?アリがチョコに集まらないというのは本当か?
長介 @chousuke 2014年7月28日
不勉強でよく知らなかったんですが、アスパルテームというのは、陰謀論者や「買ってはいけない」系の自然食品崇拝者が、それこそアリのように群がってあやしい情報をまき散らすターゲットになってたんですね。ググるとトップページに凄いサイトがいくつも出てくるという・・・。勉強になりました。
木登りヤギ@空間のおひたし @kinoboriyagi 2014年7月28日
hatake_kakasi 天然に存在する糖を人工的に合成したもの(少なくともトレハロース)には集まる。天然に存在しない甘味料(少なくともアスパルテーム)には集まらない可能性がある、が今のところの私の結論ですね。ちゃんと知ろうと思ったらもっと厳密な実験が必要です。行動実験の論文なら、google schalorで探せばあるかも知れません。
木登りヤギ@空間のおひたし @kinoboriyagi 2014年7月28日
チョコレートに集まるかどうかについても、もっと実験してみたいですね。チョコレートの種類を変える(スイート、ミルク、いちご、カカオ60%)、状態を変える(固体、溶かす)、ココアを水・ミルク・砂糖水・アリを誘引する香料などで濃度を変えて希釈したもの。カカオが忌避剤なんじゃないかなーと個人的には思います。苦いし。
neologcutter @neologcuter 2014年7月28日
アスパルテームでアリが死ぬから有害と言うのなら、水道水も金魚が死ぬので有害…?
寿命 @hisa_ino 2014年7月29日
たいていの人の人工甘味料を嫌う理由は別に有害だからじゃなくて、単に「不味いから」だとおもうが。なんで開発者は味を改善しようとしないんだろう。いや、してるのかもしれんが。とりあえず、現状では、体によかろうが悪かろうが人工甘味料を選択する可能性はゼロ。もし砂糖より美味しければ、どんなに体に悪かろうが人工甘味料選ぶよ。
長門信濃 @NagatoShinano 2014年7月29日
「所さんの目がテン!」が偉大な科学番組だと言うことは解った。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする