高木先生がデタラメな個人情報論にお怒りです

「総統閣下シリーズ」にしたいほど高木先生がお怒りですので,8月31日でツィッターを卒業なさるクロサカさんに謹んで贈呈したいと思います。 お怒り対象の元記事: 「パーソナルデータ利活用に関する制度改正大綱」の主要論点 http://wirelesswire.jp/Inside_Out/201407011700.html
エンタープライズ クロサカタツヤ 高木浩光
89
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
「この記事をふぁぼる」云々というけど、私のfavの使い方は、 後で晒す(RTする):90% 後で吊るす:8% 後で読む:2% おつあり:0.1% 気に入った:0.01% くらいなんだけど。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
twitter.com/tekusuke/statu… 「この記事をふぁぼる高木さん」というのは、これのことと思われるが、これは「後で吊る」すためにfavしていたもので、なぜすぐに吊るさなかったかというと、… pic.twitter.com/wdCnUTWFac
拡大
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
…というと、「まーたクロサカがおかしなこと書いてますぜー」とパーソナルデータ界隈の人に言ったところ、「まあそっとしておけ」と言われたので、たしかに精神状態不安定のようだし、やめとくか、とは思ったのだった。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
だいたい、「気に入った」ことを world-readable なとこに記録するわけないじゃない。
瓢箪庵提督@ 横須賀鎮守府 @awapie
@HiromitsuTakagi クロサカ氏の大綱についての記事の最大の問題点は準個人情報の件。大綱に含まれてないのは破棄された概念だから 。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
私にとってfavは、RTの順番を調整するためのスタックにすぎない。ところが、数百個しか見えない仕様になっているので、1か月くらい前のが参照できなくて困る。そこで favolog を使う。)あと、favした時刻順に閲覧できると便利なのだが。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
あと、目に入ったツイートがどういう文脈で出たものかを調べにその人のTLを見に行くときの一時的な印としてfavするときもある。その場合は数分でunfavされる。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
さて、その記事のどこがおかしかったか。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
既にツッコミが入っていた。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
出鱈目wirelesswire.jp/Inside_Out/201…「事務局はこの〈準個人情報〉を、識別非特定情報をできるだけ使うための手段として、推進したかったようだ。提案段階では、現行法にある本人同意や通知などを求める義務を課さずに、これらの情報を利活用できるようにしたい、との意向が示された」
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
「できるだけ使うための手段」は個人特定性低減データの方。準個人情報は、現行法で全く保護対象外のところを保護対象として加えようという領域。 「事務局はこの〈準個人情報〉を、識別非特定情報をできるだけ使うための手段として、推進したかった」などとは、出鱈目も甚だしい。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
「提案段階では、現行法にある本人同意や通知などを求める義務を課さずに、これらの情報を利活用できるようにしたい、との意向が示された。」というのは、例の表で「義務なし」とあるのを見て、勝手に理由付けしているのだろうが、これは、… pic.twitter.com/sFIyQlLXIv
拡大
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
…「本人を特定しないため義務なし」とあるように、準個人情報は個人情報でないから「本人」が観念し得ず、通知や同意やオプトアウトの手段が不可能だから「義務なし」と決めたにすぎないのであって、「活用できるようにしたいとの意向」とか関係ない。このことは第三者提供の義務に端的に現れている。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
「しかしながら、先般まとまったパーソナルデータ大綱の中では、〈準個人情報〉は一切触れられていない。現行法の個人情報との峻別が困難であることや、(略)された結果、この概念自体は大綱には取り込まれなかったのだ。」 そんな理由じゃ全くない。個人情報との峻別は自明。誰も問題にしてない。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
「SUICAのデータ外販のインシデントの分析を受けて、そもそも〈準個人情報〉に関しても取扱いを慎重にすべきであることといった指摘や懸念が明に暗に示された結果、この概念自体は大綱には取り込まれなかったのだ。」 Suica事案を受けたのは個人特定性低減データの方。丸でわかってない。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
Suica事案にからめて「準個人情報に関しても取扱いを慎重にすべき」という間違った理解が出てくるのは、照合による識別を提供先基準で考えているからだろう。そのレベルからして議論に追いつけていない。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
そんなレベルの理解でありながら、「ちなみに、この〈準個人情報〉が大綱に取り込まれなかったことについては、賛否両論があるだろう。ただ、私見としては、妥当な決着だと考えている。」などと、したり顔で言う。妥当な理由がまったく出鱈目
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
低減データについても、「データ加工処置を必要に応じて施すことで、より柔軟にデータを使えるようにしよう、というものである。」これまた出鱈目。本人同意のない第三者提供を受領者側に法的義務付けをして認めるものなのだから、「より柔軟に」どころか、禁止されているものを可とするための検討。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
しかもそれを指して、「この概念が明示されたことで、識別非特定データの利活用という「総論」においては、基本的に前進だといえる。」とか、もうワケワカメ。個人特定性低減データに加工(半生を除く)すれば、識別非特定情報ですらなくなる(非識別非特定情報になる)のに、何を言ってんだオマエは。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
クロサカ氏の記事を捨て置けないのは、ジャーナリスト風の体裁をとっていて、読者にはそのように見えること、しかも、度々、自分が関係者であることをアピールしながら、自説が根拠あるものであることを匂わして、読者を信じさせようとするスタイルになっているところに問題がある。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
正規の記者による記事は、媒体が編集責任を負っていることもあって、一定の作法を保って記事が書かれる。取材に基づく記述は何らかの形でソースの存在が示されるし、取材に基づく客観的な記述と、記者独自の見解を混ぜたりはしない。クロサカ氏の媒体記事は基本的なライティングの作法がなっていない。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
ソースも怪しい単なる思い込みをこれだけ書き散らしてきておいて、今回のSNSは終わったウ云々でもまた、「ソースを出せとかいう奴は無知で可哀想」とか言ってたな。ソースは… あ、全消ししやがったか。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
「3)ソース出せ →無知で気の毒」 だったね。 pic.twitter.com/8XP8HCKnMx
拡大
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
twitter.com/hiromitsutakag… で、「まあそっとしておけ」と言われたのは、人材の限られているパーソナルデータ界で戦力を失ってはいかんという趣旨なんだけども、これだけ出鱈目な解説書いてても、誰も間違いを指摘してくれなくなっていることに危機感を持った方がいいよ。
Hiromitsu Takagi @HiromitsuTakagi
リンク先を消されたので、文脈確認用に貼っとく。 pic.twitter.com/8PccMVhOjr
拡大
残りを読む(23)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?