まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

トンデモの見分け方

あらゆる分野でのトンデモの見分けに役立つ発言をまとめました。
産経 幸福の科学 トンデモ
2666view 3コメント
2
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
日本政府がポツダム宣言の受諾を決定した1945年8月14日から69年目の同日、産経新聞に掲載された全面広告。一宗教団体指導者が、著名な人物の「霊に語らせる」という形式をとりつつ、実質は己の政治的主張を腹話術で語らせるシリーズの最新刊。 pic.twitter.com/BfMsH0q0bu
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)この宗教団体指導者が執筆の対象とする著名な人物の中には存命の人もいるが、ほとんどは故人で、内容に反論する機会が無い。己の政治的主張を著名な人物「の霊」に語らせる「形式」に惑わされて、著名な人物の人格権毀損や恣意的な思想・意志の歪曲という実質の犯罪的側面が見過ごされている。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)本の内容に驚きは無いが、こんな架空の文言で恣意的に歴史を語る政治宣伝本を「上智大学名誉教授が推薦」というのは、改めてすごいと思う。「日本会議」代表委員加瀬氏の「じつに痛快だ」という言葉が、この種の本が売れる理由を物語っている。 pic.twitter.com/y2x5Mkoko2
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「著者が己の政治的主張に偽の正当性を付与するために、著名な人物の知名度を利用する」という詐欺的あるいは歴史捏造的な実質を見ずに「著名な人物『の霊』が著者だけに独占的に語る真実」という「形式」を許容し、この種の出版物を野放しにしている現状は、憎悪を煽る本の隆盛と併せて異様だと思う。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
本屋の店頭では「歴史解説本/雑誌」と「歴史解説の体裁をとった政治宣伝本/雑誌」の二種が区別されることなく入り交じって売られているが、両者を見分ける方法はいくつかある。前者は事実を提示して読者に結論を委ねるが、後者は国や民族単位で人間を敵と味方に分け、味方を礼賛し敵への憎悪を煽る。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)威圧的・恫喝的・攻撃的な言葉を多用したり、自説と違う歴史認識に「何々史観」とレッテルを貼って全否定するような乱暴な論法を使っているかどうかも、両者を区別する材料になる。「歴史解説本/雑誌」の著者は、自説と異なる認識を説明するのに「バカ」「洗脳」といった語彙はまず使わない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)「自虐」「反日」「嘘だらけ」「バカ」「洗脳」等、読み手の攻撃的な感情を激しく刺激する乱暴な語彙を意図的に用いて書かれる「歴史解説の体裁をとった政治宣伝本/雑誌」は、特定の国や集団に対する攻撃的な感情を持て余した読者に熱烈に支持される。その種の攻撃性の正当化に奉仕している。

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年8月17日
そこまで力説しなくても、著者名でわかります。
ゆり @mesikuwanuinu 2014年8月20日
問題は著者だけではない。推薦している連中も。
JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2015年1月2日
この内容は「著者名で判断できない、また推薦者も特にいない」無名な書籍には使えそうです。また、Web上の論説には使えないでしょうか?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする