編集可能

やっぱり“日本は米国に比べ労働生産性劣ってるので改善すべき”という通説は間違い

青木文鷹氏の連ツイまとめました。 14:05改題しました。(旧題・日本の労働生産性についての考察)
182
青木文鷹 @FumiHawk

最近の思案のテーマは「労働生産性」なんだが、よく言われるのと逆で「やっぱり“日本は米国に比べ労働生産性劣ってるので改善すべき”という通説は間違い」だなあと。というか社会構造として当たり前の話だったことに気付いたので、覚書のつもりで連投。「いまさら_」とか言わないでね(^^;[続]

2014-09-22 13:02:38
労働生産性の基本と各国の労働生産性ランク
青木文鷹 @FumiHawk

労働生産性は「付加価値÷従業員数」で、従業員一人当りの付加価値額を示してる“事になっている”。重要なのは労働生産性はあくまで平均で「質」は考慮されない点。付加価値倍になる場合も、従業員数半分になる場合も、1割の従業員の給与だけが11倍になる場合も等しく労働生産性は2倍になる[続]

2014-09-22 13:07:49
青木文鷹 @FumiHawk

2011年日本の労働生産性は73374ドルでOECD加盟34カ国中第19位。1位はルクセンブルグ126121ドル、2位ノルウェー120456ドル、米国は3位で106170ドル。20位ギリシャ73291ドル、23位韓国62119ドル、OECD平均79435ドル。日本は平均以下[続]

2014-09-22 13:09:02
米国の個人破産事情
青木文鷹 @FumiHawk

ところで、2013年米国の個人破産件数は約99万件。リーマンショック以後の低金利もあり若干減少傾向。同年の日本の破産件数は約8万件。この時点ですでに件数で10倍以上の開きがある。人口10万人当りの破産件数は、米国約315件、日本約64件で、人口考慮しても5倍近い開きがある。[続]

2014-09-22 13:10:15
青木文鷹 @FumiHawk

さらにこの件数にはちょっとした秘密がある。実は日米とも2005年破産法改正している。ただし、米国はより厳しく、日本はより活用しやすく変更した。米の変更は、取り立て自動的停止が認められない場合の設定、申し立て前の条件が緩い州への転居も禁止、非免責債権範囲拡大等々、かなり厳しい[続]

2014-09-22 13:11:22
青木文鷹 @FumiHawk

2005年は改正前の駆け込み破産があるので、その前年の米国破産件数は約156万件、人口10万人当りの破産件数は498件もあった。米国の労働生産性は世界3位、日本の1.5倍弱にもかかわらず、日本の5~7倍にのぼる個人破産、これどういう風に説明したらいいかというのが疑問の発端。[続]

2014-09-22 13:12:19
労働生産性が高いのに個人破産が多いと言うことは…
青木文鷹 @FumiHawk

日本の5割増しの労働生産性を誇る米国で、日本の5~7倍の破産が発生しているのを見て、労働生産性を上げるという事がどういう事かを考え始めたら、結局「先進国に於いて、労働生産性は産業構造と社会の所得構成に左右され、国レベルではなんの役にも立たない指標」という結論に至ったわけ。[続]

2014-09-22 13:13:07
青木文鷹 @FumiHawk

既に述べたとおり、労働生産性は「付加価値÷従業員数」で表されるから、付加価値が倍になる場合も、従業員数が半分になる場合も、等しく労働生産性は2倍になる。言い替えれば「付加価値の高い業種中心の産業構造では高くなる」訳で、産業構造が製造業中心の日本にとっては基本的に不利。[続]

2014-09-22 13:14:01
青木文鷹 @FumiHawk

付加価値の高い業種、つまり少人数でがっぽり稼げる業種の代表は金融や保険、IT産業。一方、付加価値を上げにくい業種は国際的な価格競争にさらされている製造業などで、雇用を多く産み出す企業が多い。ルクセンブルグの労働生産性が抜きん出て高いのは「金融等高付加価値産業+少人数」だから[続]

2014-09-22 13:15:50
“平均”とは凸凹をならした結果でして_
青木文鷹 @FumiHawk

そしてもうひとつ、米国の「労働生産性が高いのに破産が多い」問題では“平均”が重要な要素になってる。米国のホワイトカラーの給料は高い。金融等には数億ドル貰っている人とかもいる。同時に最低賃金以下で働く接客業とかも当たり前に多くいる。大金持ちも少ないが貧乏人も少ない日本とは逆。[続]

2014-09-22 13:17:05
青木文鷹 @FumiHawk

米国の労働生産性が高いのに破産が多い事実を矛盾無く説明すると「極めて労働生産性が高い少数が、労働生産性の低い多数の分を埋めて、平均値として“実体社会の実感以上に労働生産性を押し上げている”」となる。まあ当然と言えば当然の結論なんだが、米国の所得格差が如何に激しいものか分る。[続]

2014-09-22 13:18:57
労働生産性で国家レベルの経済は語れない
青木文鷹 @FumiHawk

労働生産性が指標として無意味といっている訳じゃない。各企業の状況表す指標としては意味あるものだし、同一母体の時系列変化を追えば、とても有効な指標と言える。ただ労働生産性を国家レベルの経済話で使うにはあまりにも“おおざっぱ”過ぎる指標で、他と組み合わせないと“質”が分らない。[続]

2014-09-22 13:20:06
青木文鷹 @FumiHawk

そうそう、公共事業等で政府支出増やしGDPあげても労働生産性あがるので、その意味でも労働生産性を単体で語るのは結構危険すぎる。ということで、日本は労働生産性低い云々言って労働者の負担増やすくらいなら、サービス残業撲滅して残業代きっちり払わせた方が日本のためになりますよ、と。[終]

2014-09-22 13:21:44
以下補足*
青木文鷹 @FumiHawk

あ、ちょっとツッコミ有りそうな点を補足。米国の破産原因の6割が医療費といわれてるが、それを考慮しても10人当りの米国の個人破産は日本の倍。あと、失業率が高くて労働生産性が高いことは普通にある。これは「労働生産性=付加価値/就労者数」なので、失業者は数に入らないため。

2014-09-22 13:38:04
青木文鷹 @FumiHawk

(自己レス)10人当りじゃない十万人当りだwww→ RT @FumiHawk: あ、ちょっとツッコミ有りそうな点を補足。米国の破産原因の6割が医療費といわれてるが、それを考慮しても10人当りの米国の個人破産は日本の倍。あと、失業率が高くて労働生産性が高いことは普通にある。(略)

2014-09-22 13:49:20
青木文鷹 @FumiHawk

補足その2:労働生産性の“付加価値”って、サービス等の質とは関係無いのがなんとも。仮にメイドさんの店が2店舗あったとして、店1は「凄く丁寧な接客で珈琲一杯5百円で長居出来てしまう」、店2は「味最悪サービス適当一杯5千円だがぱふぱふ付き」なら、店2の方が労働生産性は極めて高くなるw

2014-09-22 13:46:03
青木文鷹 @FumiHawk

たとえば「○○社は、同業である米国の××社に比べて労働生産性が劣っているから改善すべき」というのは至極真っ当で、労働生産性の本来の使い方。これを多種多様な業種の集合体で、しかも人口や失業等まったく異なる国情を抱えた国々の経済を語る時に持ち出すから、なんだかおかしな事になる訳でね_

2014-09-22 14:07:29

コメント

青木文鷹 @FumiHawk 2014年9月22日
せっかく編集可能になってるので、見出しを付けて読みやすくなるようにまとめを更新させて頂きましたm(_ _)m
2
cafe氷 @plz_sebi 2014年9月22日
日本の産業構造が製造業中心というのは昔の話で、現状2割割ってます。ちょっと古い数字ですが…。http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo10/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2010/12/15/1299347_3.pdf
5
cafe氷 @plz_sebi 2014年9月22日
また、産業別の労働生産性の名目額は以下のP10参照。 http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/wg1/0320/shiryou_02.pdf これらを見比べると、比較的労働生産性の高かったセクターから低いセクターに労働者が移っていることが分かります。
1
cafe氷 @plz_sebi 2014年9月22日
あと、アメリカの労働生産性の高さは、倒産よりはむしろ失業率を見た方が分かりやすいかも。要するに労働保護が薄い分、労働生産性を上げやすいんですな。 http://ww1.tiki.ne.jp/~happy-n/sub202.html
5
cafe氷 @plz_sebi 2014年9月22日
あとは概ねご説に賛成なのですが、もうひとつ視点を。よく言われるのが分母の総労働投入量ですが、むしろ分子の総付加価値額に注目したい。コレ、ざっくり言うと粗利が一番大きいパラメータです。すなわち分子の低さ=粗利の取れてなさ、です。これには2つ原因があって、1つは既存市場環が供給過多であること、もう1つは粗利率の高い新規市場を作れていないこと。
2
cafe氷 @plz_sebi 2014年9月22日
まあ、産業構造や労働法制の違う国同士の労働生産性は一概には比較できない、という点はその通りとして、それでも色々改善の余地(供給過多の解消=淘汰の促進と新規市場の創出)はあるよなぁと。以上、連コメ失礼しました。
2
庵野吽 @anknoun1 2014年9月22日
勉強不足もいいところ。日本の労働生産性の足を引っ張っているのはサービス業。サービス業の労働生産性は簡単に言うと売上高総利益(粗利益)÷従業員数。サービス産業の粗利はブランディング等の価格戦略、出店戦略で決まり、ここを決定するのは経営陣の仕事。即ち、労働生産性の低さは経営陣がマヌケだから。
4
庵野吽 @anknoun1 2014年9月22日
「日本は米国に比べ労働生産性劣ってるので改善すべき」って言ってるのは、電波経済学者のノビーくらいじゃね?彼は簿記を理解出来ていない模様。なお、日本の製造業の労働生産性は比較的高いが、電機がやばい。ま、Appleとsony、松下を見ればさもありなん。
1
庵野吽 @anknoun1 2014年9月22日
労働生産性は労働者の「働き方が〜」ではなく経営陣の「働かせ方が」悪いということ。「労働生産性が悪いから従業員のクビを切りやすくしろ」と言っているバカには注意されたし。
4
ひさし@休眠中 @hisashi_bin 2014年9月22日
事実として日米を比較したときGDPに占める製造業の割合は日本のほうがアメリカより高い。ソース①:「2012年度国民経済計算」より「(3) 経済活動別国内総生産」http://urx.nu/ccTE ソース②:「米BEA」より(GDP)-by-Industry Data http://www.bea.gov/industry/gdpbyind_data.htm
0
ひさし@休眠中 @hisashi_bin 2014年9月22日
国レベルでみればサービス・金融業が多いほうが製造業が多いよりも労働生産性が高く、産業構造比が生産性に与える影響、それだけ。
1
ほり さん ☀︎ @wdj0504 2014年9月22日
労働生産性って国別で比較する意味が分からないんですが、企業別で比較すべきものじゃないの?
4
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2014年9月22日
どこの調査だったか忘れたけど、日本では職位レベルごとに見ると中間管理職が一番生産性が悪く、かつ、無駄に数が多い、という結果が出てたよ
2
barubaru @barubaru14 2014年9月22日
付加価値総額=GDPと言うことは国の労働生産性は勤労者一人当たりGDPなんですかねえ。
0
tarosuke @tarosukenet 2014年9月22日
うぁw 労働生産性には失業者や無業者の分は入ってねーよw それに質質言ってるけど質が付加価値に反映されないとでも思ってんのだろうか。さらに言えば業種ごとの生産性はコントロールできるのでコントロールした上で比較しない限りそれを理由にして何か語ることはできないなー。
0
まる @yas_mal 2014年9月22日
「何のためにその指標を見るのか」という目的の観点を抜きに、指標単体で良し悪しを語るのはおかしい。「『最大多数の最大幸福』という目的に対して、労働生産性を指標にするのはそぐわない」なら完全に同意。でも、「なんでも良いから、とにかくGDPを上げたい」という観点もありえて、それなら労働生産性を見るのが正しい。
1
まる @yas_mal 2014年9月22日
「目的と指標のマッチング」という観点が抜けてる人は意外に多い気がする。マグニチュードか震度か。営業利益か純利益か。ストックかフローか。ピーク電力か年間総発電量か。打率か本塁打数か打点か。…無意識にちゃんと使い分けてたり、そこで議論に混乱をきたしていたり。
0
日本茶 @nihoncha 2014年9月23日
日米の産業別データによる労働生産性の国際比較分析(PDF) http://www.eco.nihon-u.ac.jp/center/economic/publication/journal/pdf/41/41-3-4.pdf "日本の電気機械と輸送用機械産業において,90年代前半までには米国より労働生産性が高いことを除けば,すべての産業において米国と比べて低い."
0
クーエミール @toakiyukiyo 2014年9月23日
労働時間も実は日本とアメリカは1人あたりで変わりないんだが、そこで必ず言われるのはサービス残業の存在。たしかに日本では多いが、一昔前に比べれば相当減っている(業界によっては実感がない)し、逆に米国でも意外にもそれなりのサービス残業はある。また、サービス残業が増えれば見かけの生産性は増えるはずだが、日本はとにかく低い。また、日本の失業率の低さが生産性に響いているだけで治安の良さなどに起因するから逆にいいんだという話もある。
1
クーエミール @toakiyukiyo 2014年9月23日
たしかにこの指標は純粋な一人あたり生産性を見るのにはちょっと難しい。ぼくはアメリカが現代最強の国家でありその生産性は過小評価すべきでないと思っている。だからこそ指標の適不適の議論で生産性の議論がうっちゃられるのは本末転倒だ。
0
クーエミール @toakiyukiyo 2014年9月23日
アメリカを超格差社会と嘲笑したり、ルクセンブルクを小さいからだけで片付けることてしまうことが生産性の指標としての信頼性の低さから来るのだとしたら悲しいことだ。それらの国から学ぶことはいくらでもあるし、日本っていい国だよねが生産性のない安易な逃げ口上になってほしくない。
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
grayengineer 年功序列のネガティブな面ですね。端的に言って管理職の人数が平社員に比べて充分に少なくないと、管理職が効率よく働けるわけがない。しかし年齢が高い従業員に管理職相当の給料を支払わねば彼らは家族を養っていけない。企業が社会保障の一端を担う日本ならではの問題です。
1
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
日本が労働生産性を上げるの簡単で、簡単にクビにできるような法制度にすればいい。日本の経営者は皆、「生産に寄与していない無駄な社員がいる」ことは充分承知していて、もし国が労働者保護をやめれば彼らは即座にリストラを進めるでしょう。それによって労働生産性はおそらくかなり上がるはずです。
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
「日本っていい国だよね」と言うとき、「資本家にとっていい国だよね」にするのか、「労働者にとっていい国だよね」にするのかで多分方向性はかなり違うと思われる。今の政府は、どちらかというと、現状より若干「資本家にとっていい国」にしたいのかもしれないが、さてどうかな。
1
teruoharuo @teruoharuo 2014年9月23日
生産性は投入量に対して産出量がどれだけ増えたかという指標で経済で言われる場合の産出量は金額ベースの話にそりゃなっちゃうっすね。 サービスの質を上げると投入量を増やすことになるので産出量が投入量比率よりも上がらなければ生産性は下がるわな。 質が良いのに~というのは消費者が求めてるサービスなのかどうかっていう面もあってゴテゴテ機能過剰の家電製品に対する評価にも似てる
4
teruoharuo @teruoharuo 2014年9月23日
ただ、生産性指標は景気の 変動にも左右されるし単純に国際比較できるような指標ではないのは確かっすわな。 ルクセンブルクが異様に高いのは外国人労働者が多いのに労働人口には反映されずに割ってるっていう統計上の問題もあるっすね
1
teruoharuo @teruoharuo 2014年9月23日
投入量と産出量の比率の話って考えれば、投入量(努力)の割りに産出量(実り)が少ないっていう日本に住んでる人の実感とあってるんじゃないっすかね。生産性を上げるというのはいかに最小の労力・コストで最大の効果や結果が得られるかっすからね。労働者をしばく場合は労働生産性は下がって資本生産性があがるんじゃないっすかね
2
せれあん(17歳) @Cellea17 2014年9月23日
単純に「長時間頑張って仕事してる人は偉い、とっとと仕事を終わらせて残業してる周囲より早く帰る人は協調性がない」みたいな勘違いした指標で人事評価する上司がのさばってるのが日本の労働生産性を下げてる原因だと思うんですけどね。もちろんそれだけじゃないにせよ。
5
庵野吽 @anknoun1 2014年9月23日
日米の労働生産性の差は簡単に言うと、ドトールとスタバの差なんだよ。同じ質の従業員で同じ質のコーヒーだとしても1杯の値段は全然違う。それは労働者のせいではなく、経営者の力量のせいなんだよ。
4
庵野吽 @anknoun1 2014年9月23日
だから「“日本は米国に比べ労働生産性劣ってるので改善すべき”という通説」は間違いじゃないが、テコ入れすべきは経営者の質であって、労働者のクビ切りやすくすることじゃないんだよ。
7
barubaru @barubaru14 2014年9月23日
GDP÷勤労者数なんでしょうから残業時間とか長時間労働とか関係ないと思うんですがどうか。ま、アメリカの「質の高い」経営者ならガンガン使えない人切って分母を減らすでしょうね。外資系とかそんな感じだし。
1
kumonopanya @kumonopanya 2014年9月23日
孫正義がもっと増えればいいというわけか。アリババの件を見てもそうだが、先見の明は凄い、それとも◯◯だから? 日本がダメなのはホリエモンを潰してしまう風土だからか。(ホリエモン個人の好き嫌いは別)
0
kumonopanya @kumonopanya 2014年9月23日
労働者を首にできないようにするのは間違いと書いている人がいるが、そうやって労働者を守るから経営陣も首にできない。新しく生まれ変わることが出来ない。経営者にとって労働者は盾なんだな。
0
写楽斎 @shyarakusai 2014年9月23日
コメントも含めて勉強になった。
1
bn2 @bn2islander 2014年9月23日
なるほどなるほど、確かに製造業の生産性も含めて考えなければならないなと思って検索したら絶望した http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2013/2013honbun/i1130000.html
0
きょくせん @kyokusen 2014年9月23日
国家全体を比較する為の指標じゃあないっていう話だと理解してるんだけど、コメント欄がそういう話になってないような気がするのは何故だろう?
0
Zetton @zetton_zetton 2014年9月23日
産業別生産性と、生産性の統計処理に標準偏差を出すというのをやるとこの考察、よりコンパクトに出来た気がする
2
cafe氷 @plz_sebi 2014年9月23日
Zetton氏が良いことを言ってますな。分散見たいっすなー。
0
Zetton @zetton_zetton 2014年9月23日
補足:標準偏差が意味あるのは正規分布している時。さっき書いて思ってたのは、アメリカって生産性の頻度分布みるとすごい高いところに別に山があるんじゃないのかな?と思ったりして。多分日本はきれいに正規分布。だけど欧米って正規分布しないんじゃないか?右側の山の人が平均値をひっぱりあげているという構図だったりしないかな?と思ってるのです。この場合正規分布している方に対して「平均を上げろ」というのは結構無理な要求だったりして(相手も「普通の人達側の山」の平均値は結構低いわけでいわばオアイコだから)
1
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
anknoun1 だとすると労働生産性以外の指標を使った方が議論がしやすいでしょうね。「労働生産性を向上させなければならない」という目標を掲げるなら、取り得る手段は経営者の質の改善に限定され得ませんから。おそらくイノベーションにかかわる指標が必要でしょう。
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
zetton_zetton 使うとすれば、平均値より中間値の方がいいかもしれませんね。
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
ある国の各業界について人数あたりの付加価値を算出する。付加価値が低い業界の順に、その業界が雇用する人数を足し合わせていき、合計がその国の全労働者数の半分に達したとき、最後に付け加えた業界の人数あたりの付加価値を、その国の「中間値的労働生産性」と定義する。業界を企業に置き換えても可。もちろん個人に置き換えても可だが算出は困難を極めるだろう。
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
「中間値的労働生産性」によって、「一部の業界が平均を引き上げている」という批判に対応できる。
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
たくさんクビにした方が生産性が上がる、という批判に対応するためには、失業者を含めた統計の方がフェアかもしれないな。たとえば「GDP/労働者数」ではなく「GDP/(労働者数+失業者数)」にするとか。
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年9月23日
上記二つを含めると以下のような指標ができる。基本的には上記「中間値的労働生産性」と同じように計算する。但し、労働者数→労働者数+失業者数とする。また「失業者全体」を生産性ゼロの一業界とカウントする。あとは同じ。
0
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977 2014年9月25日
労働生産性って個々の企業が利益額を上げるためには重要だけれど、国単位ではほぼ考える必要はないでしょう。各産業で労働者不足が問題になっているって言うのなら別だけど。
0
name @unagi_anago 2014年9月26日
anknoun1 というか、日本のサービス業の生産性が低いのは、「何でも無料で提供してしまう」に尽きると思うけど。本来、対価を取るべきところを、消費者の要求に過剰なまでに迎合して、無料にしてしまい、その無料部分で企業は競争してしまってる。サービスは商品と同じく、対価を得て提供すべきもの。
3