【備忘録】平等と信仰と民主主義的何か

私的メモログです。特に他意はございません。
sionsuzukaze 1106view 0コメント
9
ログインして広告を非表示にする
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 16:37:58
    唐突に伊藤整の言葉を。「心的習慣としての他者への愛のはたらきかけのない日本で、それが、愛という言葉で表現されるとき、そこには、殆ど間違いなしに虚偽が生まれる。(中略)実質上の性の束縛の強制を愛という言葉で現代の男女は考えているのだ。」続
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 16:43:08
    略「主我的なことが正義と同質化するという無信仰の怖れがいま世界に行き渡っている。人間は未来への怖れという強制のないところにおいて、良心的ではあり得ないのだ。」(略)「他者との組み合わせのみに善を見出し、孤独をゆるさぬ社会では、原子爆弾が作られ、人間の区別の撤廃という善の強制(続)
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 16:45:39
    の共産主義社会を産み出した。」(伊藤整「近代日本における「愛」の虚偽」/岩波文庫「近代日本人の発想の諸形式他四篇」より。伊藤のこの論考はキリスト教的倫理観や道徳価値規範に相当に前のめり(ただし全肯定ではない)なので額面通り受け取るのは危険ではあるが。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 16:48:49
    伊藤的にはキリスト教における原罪意識の深みとそれに比例する「愛」を齎し得る絶対者=神、という対置において、信仰無き「愛」は虚偽だ、と切って捨てているわけではあるが、基本系として人間個人の相互間の関係は秩序がある以上、「他者への愛」「他者への認識」がある、とする。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 16:51:32
    所謂孔子の「礼」による上下構築以外の水平関係を構築しようとする場合、キリスト教は超越的絶対者としての神をそこに規定し、その絶対者の規定が必然であるが故にマルクスに受け継がれた、とみてとったわけだ。平等の強制のための絶対的頂点の必要性であり必然性として。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 16:54:59
    「他者を自己と同様のものと考える個人尊重の考え方」は人間には本来為し得ないもので、そうであるからこそ「他者を自己と同じく愛せ」という強制を、その不可能命題に実現性を持たせる意味において、見出している。だから同論考ではトマス・アキナスにも言及されていたりもするのだが。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 16:57:55
    この不可能命題の超克というのは、何も私的な愛だ恋だの話ではなく、社会命題として、超越的絶対者をどこに置くのか、という審級の問題に帰着するわけだ。伊藤自身は態度保留で論考終わらせてるけど。他者は永遠に他者で、自己そのものではないが、同時に関係を構築する必然、という命題の大きさ故に。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:02:06
    伊藤の論考も最後にぶん投げて放り出しているのでどうかとは思うけど、まぁ安易容易に結論の出せる問題でもなし。あまりにもキリスト教理解が素朴に過ぎる嫌いはあるけど、常に達成されないが故に指向し続けるものとして善があり、善悪の規定や教理でなく指向、祈祷、願望の行為そのものに神が宿る。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:04:25
    「愛による人間の救済を可能にするのは、その善から脱落した時もなおその善への指向を抱きつづけることであり、そこに懺悔とか祈りという転換行為の設定によって、常住に立ち直りの機会が信者のために設けられている。」(同著)というのは、社会に必要な機能の一つとしては、その通りだと思う。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:06:06
    「悔い改めること、善の理想への同体化を願うことは、命令が不可能であるという前提において存在して、不可能であるが故に無限に繰り返される行為を呼び起す。」(同著)の指摘は、個人的には愛だなんだよりもまずもって、「何故民主主義なのか」において問われる命題なのではないか。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:08:23
    というようなことをつらつらと考えていた金子議員への勧告に対しての、民族問題ではない方向からの考察。同時にこれは欧州民主主義概念の移植という仮初を実態化するために必要なプロセスにおける、伊藤が言うところの「虚偽」を、見出す行為でもある。所謂「天皇」という存在だ。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:10:45
    「神」(=善)への回路としてシャーマニズム的(或は巫女習俗的)存在として、本来はもう少し「天皇」という存在を規定し直すべきなのかもしれないね。もちろんそれは現人神とか国家神道とかではなく、あくまで神と人とを繋ぐ回路であり、信仰心が乏しいとされる本邦において、より重要かもしれん。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:12:48
    その点において、教会と対置されるべき回路(懺悔の場、善から外れたものの善への再転換の場)が、あまりに少ないと、善への指向は途絶えるのではないか、というところが、「寛容の不寛容」を惹起する要因の一つかもしれん。教会があってさえそう成り得るのに、信仰無しにそれをやらねばならんのだし。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:15:54
    平場にもっとそういう回路を設け、或はそれこそそういう「場」を構築していかないと、普遍への接触は、社会を通じた回路としては機能不全に陥りかねない。「差別ということでの言論弾圧」みたいなねじ曲がったロジックが出てくるのは、そういった回路を持たないまま形式を運用するが故の鬼子かも。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:18:26
    本来、オンライン上のクローズドスペースとして、或は現実の社交の場として、そういうものが存在すれば良いのだろうが、なかなかそういう場は無い。討議が熟議となり昇華した先が善ではなく普遍でもないとしたら、民主主義は容易に逸脱するが、指向そのものに神が宿ることは行為の絶対化にもなる。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:20:16
    超越的存在=神を持たぬ故に、行為に善=神を宿らせようとすると、行為そのものが独善に陥り、結果善とは到底呼び難い得体の知れないものに転化していく。しかし、信仰もまた強制であり、教化とは同体化のプロセスでもある。土着信仰的存在の必要性は、恐らくその間隙に存在する(はず)
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:22:52
    個としては弱く、社会というのは顔のない集合概念であり、そこに生きていく時、伊藤はそこに愛の虚偽をキリスト教から見出したわけで、ではそちらに虚偽がないのかというとそういうわけでもなく、結果として個々人が土着的に持ち得る回路のそれぞれの演算結果の集合が長期的に善、以上ではないかも。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:24:16
    しかし、それでは結局個々に解脱でもしとれ、という話になってしまうので、仕方がないのでどうにかこうにか繕ったり最初から抜け殻だったものに魂を吹き込んでみたりもする。そうしないと、成立し得ないが、同時にそれを待たずに成立してしまっているから、どうしようもない。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:29:18
    まぁあれだ。自分はもう少し直感的に社会というやつを把握したいのだが、どうにもその才覚には恵まれていないようなので、どうにも迂遠で失敗を繰返すことでしか、その輪郭さえ捉えられないので、誰か才も人望もある人がやってくださいよ(ぁ とは言わずに努力します、なんだろうな、えぇ。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:33:46
    特定のどの宗教とか信仰とかではないのだけれども、何とは無しに信仰心がどのように芽生えるのか、というのは、ある意味では自己分析的に今更ながらに気付き始めているのかもしれないね。あんまり信仰とかの話しないけど、今回のこれは論考の是非は別に理路としては腑に落ちた。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:35:28
    以前某ワッキー氏(伏せてない)に失礼なことを言ってしまったことがあったのだけど(それも1年以上前だ)、それが通り一遍ではなく、大変に失礼な話であったことをようやく咀嚼できつつあるようなないような(信仰者から見れば寝言の類なのは承知してますが)。
  • 涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2014-09-22 17:37:44
    まぁアレな新興宗教に嵌らないだけの分別がついてはいるはずなので、そういう意味では頭で弾くのではなく心情で引っ掛からないようになってきた、のかもしれないが、ともあれそういうのに嵌らないだけ良しとしよう。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする