10周年のSPコンテンツ!
3
Takayuki Ogata @s15taka
セブシティ・サウス・バスターミナル pic.twitter.com/YNPCIN5t4I
拡大
Takayuki Ogata @s15taka
しかしこの時間帯に長距離バス出発ラッシュとは。夜行だか昼行だかわからん。
Takayuki Ogata @s15taka
トレド港でセレスライナーを見送る pic.twitter.com/P00cJhhIZc
拡大
Takayuki Ogata @s15taka
マクドナルドとジョリビーの二択。当然ジョリビー。 pic.twitter.com/UqHCv3G6oC
拡大
Takayuki Ogata @s15taka
タノン海峡を往復するフェリー pic.twitter.com/M8ymMSoybO
拡大
Takayuki Ogata @s15taka
カンラオン火山が霞んでみえる pic.twitter.com/58hba0cEZf
拡大
Takayuki Ogata @s15taka
サン・カルロス港(ネグロス島) pic.twitter.com/5J2Y1Jrg8i
拡大
Takayuki Ogata @s15taka
サン・カルロスのホテルを確保しフィールドワークの交渉 pic.twitter.com/0PUMg5q8SS
拡大
Takayuki Ogata @s15taka
ネグロス調査第1日。セブシティからトレドまでバス、トレドからサン・カルロスまでフェリーで移動。サン・カルロスにてあのカルスト地形の分布について聞いて回る。研究者はどの国からもまだ入っていないんじゃないかと思う。
Takayuki Ogata @s15taka
バスのチケット(国鉄時代に車掌が発行していた切符みたい)。バスには鋏を持った車掌が乗ってた。トレドまでの乗車率は8割くらいだったかな。サン・カルロス発は4時半と聞いていたが15分ほど早発してた。トレドまでの峠越え所要時間は約1時間半。 pic.twitter.com/0vblZl5j8a
拡大
Takayuki Ogata @s15taka
セレスライナーはエアコン車とノンエアコン車がある。今回はノンエアコン。サスペンションはハード、シートは前後が狭かったが、峠越えの道路は整備されてて乗り心地は上々。途中の集落でも何人か乗降してた。最終の行き先はどこかよくわからないがたぶんかなり遠くの街だろうと思う。@s15taka
Takayuki Ogata @s15taka
しかし、フィリピンの長距離バスは、普通の日本人ツーリストが求める乗り心地と利便さと安全性には程遠いだろうと思う。お薦めはできない。もちろんフィールドワークのプロならこれくらい乗れなきゃ駄目というレベルというか、ノープロブレム。とてもエキサイティングなバス旅でした。@s15taka
Takayuki Ogata @s15taka
明日のレンタカー値引き交渉。セブアノ語のショートメール。
Takayuki Ogata @s15taka
ネグロス島は、東側がセブアノ語、西側がイロンガ語。島も大きいし、カンラオン火山をはじめ地形的な障壁が大きいせいもあるのだろう。
Takayuki Ogata @s15taka
サン・カルロスは小さい町でタクシーはもちろんジプニーもない。トライシクルに何回か乗った。ショッピングモールはガイサノが1件のみで夜も早々に閉まる。さっきのアイスはホテル近くのサリサリストアにて。とても静かな田舎町という感じ。
Takayuki Ogata @s15taka
@s15taka スケールを入れ忘れてしまった。長さは50センチほど。
残りを読む(81)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする