10周年のSPコンテンツ!
6
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
昔々、あるところに、ごんと呼ばれた狐がおりました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは、人間と仲良くなりたいと思っていました。しかし、人間は狐であるごんを、畑を荒らす、家畜を襲うなどの理由で、大層嫌っていました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは悩みました。人間と仲良くなるためにはどうしたらよいだろうか?そこで、友達だったかちかち山に住む狸に、相談することにしたのです。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
すると狸は言いました。「それならば、僕が人間を襲おう。そこで、ごんが助けに入るといい。そうすれば人間は、ごんをいい狐だと気づくはずだ。」
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは言いました。「それでは、狸が悪者になってしまう。」すると狸は「大丈夫だ。僕は、友達である君を助けたいんだ。」そう言って、笑いました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは、狸の作戦に乗ることにしました。狸が人を襲い、ごんが助けるという算段です。 狸は、山の麓に住む、老夫婦に、少しだけ怪我をしてもらおうと思いましました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
狸は、怪我を負ったふりをして、お婆さんに助けてもらい、家に入り込みました。そこで、背後から襲いかかったのです。 するとどうでしょう、お婆さんは倒れたまま、動かなくなってしまいました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
狸は、人間とは違う動物でした。力加減がわからなかったのです。狸は焦り、優しいお婆さんを襲った事実が恐ろしくなり、逃げ出してしまいました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは、その一部始終を見ていました。そして、ごんも狸と同じように、ひどく焦りました。 そして、自分に出来ることを精一杯考え、せめて、お婆さんを元気づけられるような食べ物を届けようと思ったのです。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
そうだ、あそこの川には、大きなうなぎがいたはずだ。そう思い、ごんは川へ走りました。 すると、ちょうどよく、うなぎを取るための罠が仕掛けられているではありませんか。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは、罠を仕掛けた人間に悪く思いながらも、お婆さんのため、狸のために、うなぎを拝借することにしました。 しかし、罠は人間のものです。ごんは、狐でした。上手にとることができず、間違えてうなぎを逃がしてしまいました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ガサガサと、茂みをかき分ける音が聞こえます。きっと、罠を仕掛けた人間のものだ。ごんはすぐにわかりました。 どうしようもできず、ごんは、狸と同じように逃げ出してしまいました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
巣へ帰り、眠り、起きたごんは、今度こそと、昨日とは違う川へ出かけました。 同じ川へ行っては、あの罠を仕掛けた人間と、であってしまうと思ったからです。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
狸のことも気になっていたからか、かちかち山に近い方の川にいくことにしました。 すると、川下りをしている舟が二つ見えました。人間かと思い、咄嗟に隠れて見守ると、なんと、友達の狸と、見知らぬ兎ではありませんか。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは、声を掛けることもできず、ただ舟を追いかけることにしました。 少し走った頃でしょうか、狸が乗っている方の舟が、だんだん沈みはじめました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは、焦りました。倒れているお婆さんを、後悔に染まった狸の顔を、遠目で見たときよりも、いっそう焦りました。 兎が言いました。「たいへんだ、これに掴まって!」
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
がんがんと、狸を叩きつける音が辺りに響きます。兎は、狸を助ける気など、これっぽっちもなかったのです。 舟を漕ぐ木の棒が、狸を冷たい水の中へと押しやりました。 そして、ついに狸は、浮かんできませんでした。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんは、無表情のまま水面を見つめる兎と、しんと静まり返った辺りが、ひどく恐ろしく感じました。 どうしようもできず、何度目かもわからないまま、ごんは、また逃げ出してしまったのです。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
その日は、夢を見ました。ごんも、狸も、人間とともに仲良く暮らしている夢です。 とても幸せな夢でした。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
はっと目が覚めて、ひとりきりの、いつもの寝床です。 狸が浮かんでこなかった、あの川と同じような静寂でした。 たまらず、ごんは飛び出しました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
思いっきり、どこまでも行くつもりで、必死に走りました。 今までの記憶を振り払うように、必死に走りました。 どこからか、沢山の人の足音が聞こえました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
なんだろうと思い、茂みの中から、道を見下ろします。たくさんの人間が、真っ黒な服に身を包み、ゆらゆらと歩いていました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
行列は一つではありませんでした。前と後ろに一つずつ、別の列がありました。そして、後ろの列には、あの兎が、泣きながら混じっていました。
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
「どうして、お婆さんが、死ななくてはならないんだ。」 兎が、嗚咽混じりにつぶやいたのを、ごんは聞き逃しませんでした。 同じように、前の列の青年も、つぶやきます。「せめて、おかっさんに、うなぎを食わせてやりたかったのに。」
▹◃ℕ𝕒𝕓𝕒𝕜𝕠▹◃ @nabanaba47
ごんはそのとき、自分と狸が何をし、どう思われているのか、すべて理解しました。
残りを読む(17)

コメント

のい蜜藤10コ57a/HHH魔法少女燭へしアンソロ発行します @el_candygaly 2014年10月12日
全部おはなし知ってるのに泣いた。哀しいだけじゃなくて救いがある話になって良かったぁ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする