0
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
今夜はroom103の今後について考えている事を連投していきます。やりたい事がしっかりと固まって作った場所という訳でもなく、隣の隣が空いてしばらく借りてがつかずかつ家賃が安かったので始めたそんな場所。飲食店をやりたい方とシェアするという最初の前提からキッチンを付けるという発想に。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
とは言え全くのノープランでもなく、レットエムインを始めて関わりができたいろいろな人達の存在、そんな人々の発表の場としていろいろなことが出来そうだ、という手応えみたいなものは感じつつ始めた場所でした。でもなんせこちとらギャラリー、イベントスペース運営なんて、全くの素人同然。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
いまだに手探りで、何をどうやったらいい物やら、少しずつ固めているプロセスの途中です。OYATSUYA SUN WORKSに使ってもらっているのは本当に有り難くシャッターが閉まっている日が劇的に少なくなっただけでもとりあえずの前進かと思ってます。とはいえ、まだまだ道の途中。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
基本的にはレットエムインと同じくチョイスしてセレクトした何かや誰かの展示だけに使用するというよりもっと色々な方に色々な使い方をして頂きたいというのが基本です。もちろんその色々な方には自分自身も入っています。キュレーターでも何でも無い、ただの古道具が運営するスペースとして。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
評価がまだ未知数の若い方、自分のペースで活動を続けている方、こちらが、おもしろい!と身を乗り出す様な事を企んでいる方。そんな方達と色々な事が出来たらと。様々な人達の「やりたい!」を実現できる場所になれたら、と基本的には思っています。もちろん必要であれば什器などでサポートしながら。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
できるだけハードルは下げつつ、でもいい空間を作るべく努力しながら。新しい表現と出会ったり、昔からある物に改めて向き合ったり。アートやプロダクトや音楽や映画やごはんやおやつ、そこも雑多に。自分の中で温めているいくつかの企画も、何とか形にしていきたいと思っています。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
とにかく、似た様なテイストの人達がいつも集まる様な、そんな場所にはあんまりしたくないのです。仲間内だけでつるむ事にはあまり興味が無い。価値観を共にする人と会うのはプライベートだけで十分。room103という場所を通して未知なる人達と出会うきっかけにしたいと思っています。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
レットエムインはきちんと商売を踏まえて、room103はもっと自由に。そんなイメージです。数年後にこの場所がどんな風になっているか、それは自分でもとても楽しみですし、それはゆっくりと、徐々に作り上げていくつもりです。そのためにも、レットエムインという土台はしっかりしておかないと。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
計画性が無いといえば無いのですが(笑)、計画通りに進む事にあんまり楽しみを見出せない性分なのかもしれません。始めての海外一人旅で計画を完璧に立て過ぎて、それをきちんとこなす事ばかりを考えて、旅そのものを楽しめなかった、20歳の頃のそんな体験がベースになってしまいました。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
その場その時での状況に応じて、来た波の大きさや向きによって進んで行く先を変えて行き、自分でも思いもよらなかった光景を見る。そんなイメージでここまで来て、これからもそうして行こうと思います。乗っている板さえしっかりしていれば大丈夫なんじゃないかと、楽観的に構えつつ。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
大体これで書きたい事は一通り書けた気がします。最後に。ちゃぶ台を思いっきりひっくり返すようでアレですが、とはいえ、僕は「言葉」はそんなに信用していません。ここで書いている事も。カッコつけてしまいがちですし自分を良く見せようとしがちです。求人の時などは特にそうなりがちだったりして。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
最終的に判断すべきは、行動であり、結果生まれ出る物だと思っています。ですので、実際にレットエムインという店、そこで扱っている物、原という人間、スタッフ、room103という場所、そこで行なわれている事、やっている人、それらを見て判断して頂くのが何よりかと思っています。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
なので、こういうあれこれを書き綴る事はしばらく控えます。今回は特別なケースなので、色々連投させてもらいました。基本的にはやっている事を見て頂ければ十分だと考えています。言葉のプロではなく、あくまでも古道具屋であり、イベントスペースの運営者ですから。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
というわけで、何夜もの連投にお付き合い頂きありがとうございました。これらをまとめてみますので、求人にご応募頂く際の参考にして頂ければと思います。正式な求人はブログの方で告知致します。もう少しお待ち下さいね。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする