2014年12月3日

翻訳「2014.11.13 UNSCEARのワイス氏と保田氏、甲状腺検査と他の健康調査結果を議論するために福島医大を訪問」by YuriHiranumaさん(2014.12.3)

まとめました。
5
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

Drs. Weiss & Yasuda from UNSCEAR visited FMU to discuss children's thyroid screening and other health survey results fmu.ac.jp/radiationhealt…

2014-12-03 15:36:21
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

2014年11月13日に、UNSCEARのワイス氏と保田氏が、子どもたちの甲状腺検査と他の健康調査結果を議論するために福島医大を訪問した。 fmu.ac.jp/radiationhealt…

2014-12-03 15:38:43
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

本文和訳:2014年11月13日に、UNSCEARのウォルフガング・ワイス氏と保田浩志氏が福島医大を訪問した。この非公式訪問は、福島医大から2−3kmの距離にある福島大学での前日のUNSCEARワークショップに続くものだった。

2014-12-03 15:40:02
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

(続)福島医大スタッフは、県民健康調査に関するいくつかのトピックに関して発言した。大戸教授と安村 教授による一般的な発言の後、石川氏により基本調査についての詳細が説明され、ノレット教授が甲状腺超音波検査プログラムのベースライン結果についてのパワーポイント発表を行った。

2014-12-03 15:43:54
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

(続)ワイス氏は、UNSCEARの将来の計画について話し、包括的で広範にアクセスできる報告書を2−3年ごとに世界発信する意図を持って、福島医大や他の機関によって査読付き科学誌に発表されるデータを公平に分析する意向を表明した。

2014-12-03 15:48:39
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

ノレット氏の甲状腺検査のベースラインに関するパワーポイント資料 fmu.ac.jp/radiationhealt… スライド19によると、40人が手術待ち、4人が非外科的観察中で、2人が追跡不可能? pic.twitter.com/rL6xijViZT

2014-12-03 15:52:21
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

11月12日に福島大学で開催されたUNSCEARワークショップのチラシ 「東京電力福島第一原子力発電所事故の 影響評価に必要な研究の課題」 fukushima-u.ac.jp/press/H26/pdf/…

2014-12-03 15:53:28
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

「国連科学委員会(UNSCEAR)とは、1955年に設置された、 科学分野の専門家で構成される国連の委員会です。2014年 4月、UNSCEARは、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射線被ばくとその影響について評価した内容をまと めた報告書を刊行しました。

2014-12-03 15:55:29
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

その報告書では、公衆や作業 者の被ばくと健康リスク、環境への影響についての推定結果と共に、評価の信頼性を高める必要性についても述べられています。本ワークショップでは、UNSCEARと福島大学の専門家との情報交換や議論を通して、今後重点をおくべき科学研究の課題をより明確にします。」

2014-12-03 15:55:56
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

UNSCEARの保田浩志氏とは、UNSCEAR事務局長クリック氏のプロジェクト・マネージャーで、放医研の方ですね。 researchmap.jp/read0002802/?l… gnssn.iaea.org/RTWS/modaria/S… at.linkedin.com/pub/hiroshi-ya…

2014-12-03 16:00:26
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

じゃあ、UNSCEARには、放医研からの情報がしっかり入ってるんでしょうねー。

2014-12-03 16:00:56

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?