【GID医療】ヨシノユギさんの裁判闘争について(メモ)

本人からのリプのアーカイブ。 ※2006年の出来事ですが、国内GID医療の在り方を問う意味では常に問題を投げかけていると言える一件です。この事件は、いわゆる「正規ルート」などと呼ばれる治療過程で起きました。多くのトランスジェンダーに知って欲しいです。
社会問題 SRS LGBT トランスジェンダー トランスセクシュアル GID 医療 性転換 性同一性障害
20573view 1コメント
12
リンク www.geocities.jp ヨシノ支援プロジェクト/大阪医大病院の人権侵害を許さない! 性同一性障害医療改善のための裁判闘争をご支援下さい カンパ/賛同人大募集中! 医療過誤と連携ミスを立証するための裁判をご支援下さい。

漫画版はこちら(おすすめです。判り易い。FLASHです)
http://www.geocities.jp/suku_domo/a12a2/manga.htm

こちらは裁判を傍聴してきたfont-daさんのブログ。かなり丁寧に裁判の様子を記述しています。
リンク はてなダイアリー ヨシノユギさん、勝利和解とのこと - キリンが逆立ちしたピアス 支援団体を通して、「性同一性障害医療訴訟」の和解が成立したとの報告を受けました。本日の午後、記者..
特に冒頭のリンク、証人尋問の傍聴記録はぜひ読んでおきたい内容です。
リンク はてなダイアリー 性同一性障害医療訴訟 証人尋問傍聴 - キリンが逆立ちしたピアス 京都地裁で行われた性同一性障害医療訴訟の傍聴に行ってきた。原告ヨシノユギは、2006年5月20日、大阪医..
リンク はてなダイアリー 性同一性障害医療訴訟 証人尋問傍聴(2) - キリンが逆立ちしたピアス 前回の尋問傍聴の記録はこちら。「性同一性障害医療訴訟 証人尋問傍聴」 http://d.hatena.ne.jp/font-d..
リンク はてなダイアリー 性同一性障害医療訴訟 証人尋問傍聴(3) - キリンが逆立ちしたピアス 前回、前々回の尋問傍聴の記録はこちら。「性同一性障害医療訴訟 証人尋問傍聴」 http://d.hatena.ne.j..
ヨシノさんからのリプ
少年ブレンダ @hibari_to_sora
ヨシノさんのはドレーン付けてるのかなあ…手術直後に本人は異変をを感じてる。資料を読んでも排液してるように見えない。一人の医師は研修で20例ほど、もう一人はやったことない。数人の未熟な医師の実験台にされてるようにしか読めないな…。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora 1、私の手術の結果は「左縫合部の全壊死(もちろん壊死しきった後に脱落)」「右縫合部の上部1/3壊死」です。右については再縫合し、左は裁判が終わった後、個人病院でとりあえず平な状態にしました(凸凹だったうえに、壊死によって酷い陥没があったため)。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora HPでもメディア取材でも丁寧に言ってきたのに、「よくある乳首の脱落を大げさに」と未だに思っている方がいます。裁判の鑑定医は、左側については「最低5回手術してどうにかなるかも、しかしいわゆる自然な外貌にするのは極めて困難」という見解でした。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora また鑑定医は「胸のサイズが大きくても成功している例」「ナベシャツなどの押さえつけで下垂があっても成功している例」の、術前後の写真を複数、証拠として提出しました。写真を提供して下さった方には感謝しています。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora 2、術前の段階で、執刀医に「経験豊富な医師を呼ばなくてよいのか」等、しつこく確認したのはHPでご覧になったと思います。基本的にリスクの説明はこちらから求めました。壊死後に医師は「怖がらせてはいけないと思って詳しい説明を避けた」と発言し、裁判で被告→
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora 病院が「一部説明義務違反」を認めた流れは御存じの通りです。ドレーンは一週間つけていました。右側の排液が術後2日目で減ったので当時説明を求めています。なお術前の同意内容には、ひきつれや傷跡の説明はありましたが、壊死の項目はありませんでした。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora 3、なぜ壊死したのかという争点では「原告が退院後に壊死を招くような生活をした」というのが被告の主張、「日常生活で壊死する危険があるなら始めから患部を固定すべきだし、術後一週間の写真で既に血流が悪いと判断できる」というのが鑑定医の見解でした。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora 鑑定医は証人尋問で「写真でも判るくらい糸の緊張がきつく、次第に縫合部が裂けてきた事からも、壊死は縫合の段階で決定づけられており、アフターケアや原告の生活とは関係ない」旨を証言し、被告は「写真で白く見えるのは虚血ではなく軟膏ではないか」と述べました。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora 4、他のジェンクリの報告が正しいなら、部分壊死すら100例中4,5例で、上皮化で治癒ということになっています。それを超える事態が1例目で起こり、被告病院も原因を特定できなかったのですから、そのまま続ける方が危険だという考えは変わっていません。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora これで終わりです。提訴自体を阻害したり、「乳頭が脱落しただけ」と思い込んだり、ごく一般的な外科医療のリスクに論点をすり替えたりという「先生方」の人格もよく判る経験となりました。何かありましたら、メッセ等でご連絡下さい。長々と失礼しました。
ヨシノユギ/吉野靫 @Yugi_Yoshino
@hibari_to_sora 元気からは割と遠いところにおります。しかし最近の話題の流れから、改めて知って頂きたい内容だと思いましたので、コメントしました。お役にたつようでしたら、RTしてください(あまりTwitterの使い方を判っておりません……)。

コメント

少年ブレンダ @hibari_to_sora 2014年12月19日
まとめを更新しました。font-daさんのブログを取り入れました。またW医師の件に関しては私の勘違いだったので外しました。