『甲状腺がん』、関連報道まとめ

仮置き、ひとまず、また、すごいボリュームになってきたので、まとめておくことに・・ 随時追加していきますから、最新の情報が上・先頭に表示されるように、逆順表示としておきます・・ 最後・最古には、2013年6月頃までの、関連まとめを収録、ちょうど1年間分くらいが中抜けしてる、ということになりそうです・・
20
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

④ 尾松氏「現時点でデータは少ないが、チェルノブイリ後の10代での増え方などは違いより類似が目立つ」 「先例となる被災国の知見をゆがめて伝えることで、教訓を生かせなくなるのではないか」との懸念を表明した。 (2011年発表「ロシア政府報告書」)

2016-09-19 05:45:44
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

③「尾松氏は、報告書の内容が、県側の説明と「大きく食い違う」と ・事故翌年から著しく増え(年平均1・7倍) ・4~5年後にさらに大幅に増加 ・事故時5歳以下に急増するのは事故約10年後で彼らが10代半ばになって以降 ・被曝推計の最高値比較では大差があるが、低線量被災地でも増加

2016-09-19 05:43:12
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

②「その論拠として、チェルノブイリ事故後に甲状腺がんが多発したのは ・事故から5年後 ・5歳以下であるのに対し、福島では①がん発見が1~4年で早い②事故当時5歳以下の発見がない③被曝線量がはるかに少ない  ――などとしてきた。

2016-09-19 05:38:51
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

①「ロシア政府報告書」を取り上げ、県や県立医大が県内の小児甲状腺がんの「多発」について原発事故の影響を否定する論拠にした「チェルノブイリ後の事実」とは異なる事実が報告されている、と指摘した。 ・「数十倍のオーダーで多い甲状腺がんが発見されている」「放射線の影響とは考えにくい」

2016-09-19 05:37:13
リンク 朝日新聞デジタル 福島)甲状腺がんの県見解、ロ報告書と矛盾 尾松氏講演:朝日新聞デジタル チェルノブイリ原発事故から30年の26日を前に、「避難の権利」を明記したチェルノブイリ法を日本に初めて体系的に紹介したロシア研究者の尾松亮氏がこのほど、東京都内で講演した。「ロシア政府報告書」を取り…
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

福島)甲状腺がんの県見解、ロ報告書と矛盾 尾松氏講演 asahi.com/articles/ASJ4H… 「避難の権利」を明記したチェルノブイリ法を日本に初めて体系的に紹介したロシア研究者の尾松亮氏がこのほど東京都内で講演 4/18 pic.twitter.com/gZzoX978nk

2016-09-19 05:35:48
拡大
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

②「健康調査では昨年末までに、事故当時18歳以下だった166人が甲状腺がんやその疑いと診断され、同3月末までに97人が手術を受けている。  検討委は先月公表した中間まとめで「将来的に診断されたり、死に結びついたりすることがないがん」を多数診断している可能性があると指摘している。

2016-09-19 05:31:33
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

①「要請書は「中間まとめに従えば、不要な手術により摘出された可能性がある。大変なショックと不安を抱えている」と指摘。  本来不要な手術は何例あったのかの説明▽医療過誤に詳しい専門家を含む第三者機関の設置−−などを求めている。  検討委に実態解明を求めるのは初めて。

2016-09-19 05:31:06
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

甲状腺がん:「手術の実態解明を」…福島・家族会が要請 mainichi.jp/articles/20160…  9家族でつくる「311甲状腺がん家族の会」は12日、患者に実施された手術の実態解明を求める要請書を、健康調査検討委員会の星北斗座長に提出したことを明らかにした。 4/12

2016-09-19 05:29:57
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

㉒「最後に川向さんはこう訴えた。 「甲状腺がんは、予後がいいから大丈夫、なんていう専門家もいますが、急にしこりが大きくなったり、すでに肺転移や再発をしたりしている子もいる。  盲腸じゃないんですよ、がんなんです。私たちは日々、転移や再発を心配しながら生活しているんです」

2016-09-19 05:19:29
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

㉑「早くから福島県での甲状腺がん多発を警告していた前出の津田氏は、「過去の公害問題などでくり返されて来た過ちを、再び堂々とくり返そうとしている。犯罪的だ」と述べた。 「すでに議論をしている時期はすぎた」として、医療体制の整備や、県民へのリスク喚起など対策を急ぐべきだと語る。

2016-09-19 05:18:46
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑳「こうした現状を、福島県はどう見ているのか。担当者に問い合わせたところ 「県としては、検査を受けたい人が受けられるように案内していく。検査を受けていない人が、万が一、予後の悪い甲状腺がんになった場合は、自覚症状が出るハズ。それから受診したらいいのでは」と、無責任な回答だった。

2016-09-19 05:17:58
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑲「家族の会」の世話人を務める武本泰さんは、「過剰診断説が声高に叫ばれたら、検査を受けないほうがよい思う県民が増える。そのせいで、重篤な症状に陥る患者が出てきた場合、福島県や医大は訴えられる可能性もあるのでは」と危惧する。  最近では検査の受診率が低下しているのだ。

2016-09-19 05:17:27
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑱「家族の会」「ほんとうに不必要な手術が行われていたのなら、許されない」  施行されている手術のうち、何例が必要のない手術だったのか明らかにすることや、医療過誤に詳しい専門家を集めた第三者検証機関を大至急設置し、手術の検証を行うことなどを求める要望書を、検討委員会に提出した。

2016-09-19 05:16:49
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑰「手術を行っている鈴木眞一教授に尋ねてみたところ、「手術は、診療ガイドラインに沿って行っています。手術をせずに経過観察をしていたらどうなっていたかを知る術はありません」という趣旨の回答が文書で寄せられた。  だが、実際に、手術を受けた子どもや保護者は、心中穏やかではない。

2016-09-19 05:16:04
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑯「中間取りまとめでは、「放射線の影響で多発しているとは考えにくい」と結論  理由として、あげている主なものが…”過剰診断”  この説明に従えば、これまで手術を受けた116人の子どもたちの中には、「しなくてよい手術を受けた子どもが含まれている可能性がある」ということになる。

2016-09-19 05:15:25
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑮「それ以来、次男の隆くんは、「がんになったのは、お母さんのせいだ。放射能の話はするな」と  夫からも、「騒いだって、切ってしまった息子の甲状腺は戻ってこねえ。放射能のせいでがんになったのなら、うちだけじゃなくて、ほかの子もなるはずだ。隆が、がんになったのは、体質だっぺ」と

2016-09-19 05:12:50
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑭「しかし、いままで医師からきちんとした説明はない。それどころか、川向さんが主治医に「どうして、うちの子は甲状腺がんになったのでしょうか。やっぱり、放射能の影響なんでしょうか」と尋ねたら、主治医は、頭ごなしに、こう言った。 「そんなのは前々からあったんだ!」

2016-09-19 05:11:14
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑬「病院の対応が後手にまわり、患者がおきざりにされている現実があった。 「原発事故の影響で甲状腺がんになるかもしれないと言われ、実際に受けた検査でがんが見つかったんです。それが放射能のせいかどうか、知りたいのは当たり前です」と、前出の川向さんは言う。

2016-09-19 05:10:31
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑫「その間、母親も子どもも、「がんだったら、どうしよう」と、不安な日々を過ごした。結果は、がん。リンパ節にも転移が見られた。 「検査を待たされている間に、もっと進行していたら、と思うと、今考えてもおそろしい」と、母親は振り返る。

2016-09-19 05:09:31
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑪「病院に行くと、医師から、「うちでは診られません。県立医大に行ってください。これからずっと医大で診てもらうようになるんだから、個人の病院で検査することはできないんです」と言って帰されたという。  結局、県立医大で二次検査を受けられたのは、B判定の通知が送られてから約半年後。

2016-09-19 05:09:11
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑩「別の母親は、子どもが県で受けた甲状腺検査でB判定の通知が送られてきたので、県立医大に「二次検査はいつ受けられますか?」と問い合わせたが、「いつできるかわからない」と 「早く二次検査を受けて安心したい」と思った母親は、県内の別の医療機関で検査の予約をとり、子どもを連れて行く

2016-09-19 05:08:04
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑨「原発事故による被ばくの影響を調べるために、すべての検査データを県立医大に集約しようとしているためマンパワーが不足  さらに、県が実施している検査の枠組みから外れると、受診しづらいという事情があるのだ。実際に、患者が一般の病院を受診しようとしても、拒否されるケースがあった。

2016-09-19 05:06:31
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑧「通常は行われるエコー画像を見せての詳しい病状の説明もなく、次の検査の予約をとっておきます、と告げられ、10分ほどで終了。 「病院の廊下は、二次検査を受けるために来た子どもたちでいっぱいでした。告知がわずか10分で終わってしまうのも、人手が足りないからでしょう」(川向さん)

2016-09-19 05:05:42
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac

⑦「子どもが県立医大で治療を受けている手前、表立って批判しづらいという事情もある。 「子どもを人質にとられているようなものだ」と話してくれた患者の母親もいた。 「画面やエコー画像を眺めて『う―ん』とうなっていたんですが、いきなり「乳頭がんですね、手術しましょう」と…(川向さん

2016-09-19 05:04:47
残りを読む(1152)

コメント

パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2014年12月19日
欠落していた情報を補充・追加して、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2014年12月20日
中間とりまとめ関連報道と、長瀧座長のぶら下がり会見詳報、などを追加して、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2014年12月23日
中間とりまとめで、まさのさんブログ、環境省の概算要求で、白石さんの読み解き、などを追加して、まとめを更新しました。パブコメも始まりました~
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2014年12月24日
「2巡目でさらに4人甲状腺がん「疑い」増加」、共同電全文とNHK福島版、などを追加して、まとめを更新しました。会合は明日です~
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2014年12月27日
第17回県民健康調査検討委員会、アワプラさんの記事が出揃ったところで、まとめを更新しました。ん、朝日は? ○岩記者はダンマリ (T ^ T)?
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2015年1月12日
年末年始のNスペ、産経・読売、朝日福島・福島民報など、関連まとめとともに情報を追加して、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2015年2月12日
2月12日第18回県民健康調査検討会の速報まで、情報を追加して、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2015年3月12日
第18回KKから、月刊宝島シリーズの第5回まで、情報を追加して、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2015年5月19日
第6回甲状腺検査評価部会、第19回県民健康調査検討会、ここまでの情報を追加して、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2015年8月31日
北茨城市で小児甲状腺がん、1巡目で3名、ここまでの情報を追加して、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2016年1月7日
「県民健康調査」20回・21回、津田教授が論文発表、記者会見、など、ここまでの情報を追加して、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2016年3月13日
第22回「県民健康調査」、中間とりまとめへ、報ステ特集「原発事故とは関係ないのか」、「311甲状腺家族の会」結成、など、まとめを更新しました。
0
パグさん♪ (非常事態宣言継続中🌴) @fvjmac 2016年9月19日
チェルノブイリ調査報告書、検査縮小へ?、「福島原発事故と小児甲状腺がん」、検査継続意見相次ぐ、「見捨てられた甲状腺がん患者の怒り」、ロシア政府報告書は県の見解と矛盾、など、まとめを更新しました。
0