10周年のSPコンテンツ!
61
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o
Togetter見ても都条例関連のまとめが多いけど、ちょっとだけ気になることがある。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o
「漫画に影響受けるような教育をしてる親が悪い」的なことを言ってる人がちらほらいるのがもにょっとする。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o
ああ、やっぱり「社会で子育て」なんて無理なんだなあ、という再認識。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o
もう一つは子供に影響を与えないような薄っぺらな作品を送り出してるの?という疑問。いや、影響バンバン与えてくれるような作品描いてくださいよ。それを期待してこっちは親子で漫画読んでるんですぜ?
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o
いい作品は性描写があろうと暴力シーンがあろうが、子供の胸にきちんと響く。だから私はそういうシーンがあっても子供に読ませる。わからなかったら大人に聞けばいい。そして大人が答えてあげたらいい。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o
その手間を大人が惜しむのであれば、何らかの対応が必要だと思う。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o
その対応を賛成派も反対派も本気で考えて欲しいんだけどなあ…。そうしないとどこまでいっても双方が歩み寄ることなんてできやしない。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o
条例の趣旨に沿った議論があまりなされてないのが気になる母であった。

コメント

宗田威@Peace党 @soudai3 2010年12月15日
>その手間を大人が惜しむのであれば、何らかの対応が必要だと思う。 循環論法になるが、その手間を惜しむ親が悪い、というのが散見される意見なのでは?
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月15日
@soudai3 おっしゃるとおりです。でもその「手間」は親だけでなく、社会全体が担うべきだというのが私の考えです。何故なら、親の価値観だけで育てられた子供はロクな大人にならないから。
古道京紗 @schwarzewald 2010年12月15日
まあ確かに「教育できない親が悪い」みたいな事だけ言う人は無責任だよねと。「親が責任もって教えろ」という意見が出る際にはどうも他人事臭がぬぐえないというか、当事者として出る言葉じゃないというか。
古道京紗 @schwarzewald 2010年12月15日
教えてやるのは「親」じゃなくてもいいわけだ。理想を言えば子ども自らが、自力で調べて自分で考えられるようになるのが一番いい。でもそれにしたって、まず最初に調べ方と考え方を教えてくれる大人が居た方がいい。その大人として一番近いところにいるのがまず親なんじゃないかなと。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月15日
@schwarzewald 身近にいる親が一番影響力を持ってるし、教えるべき。しかし親のスキルだってそれぞれで、力が足りない人だっているわけです。それを「お前が悪い」と言い放って放置するのはどうなのか。昔なら近所のおじさんおばさんが補助的役割を果たしていたんですが、今はそういう存在が失われつつありますから、代わりになるものを子供の為に用意してやる必要があるかと。
sabonya @emanon34 2010年12月15日
*悪*影響受けるようなら~という意見ならわからないでもない。社会で子育て重要と思いますし、わずかながら実践しているつもりではありますが、良くも悪くも親(保護者)の影響力と法的権利義務は子供に対して絶大だし、そうあるべきです。親*だけ*が悪い、だったら確定的に社会で子育てなんて無理ってなっちゃいますけど、そこはあえて浅読みして社会で子育てしていきたいです。
あまの めぐみ @meguamano 2010年12月15日
昔は、近所の大人が悪いことをした子供をしかっていたのですが、今では注意するだけで「事案」と犯罪者のごとく言われる。条例が行き着く先はこんな隣組で足を引っ張り合う世界な気がします。
YAMBSA @yambsa 2010年12月15日
世間は「親」に何を期待してるんでしょうね。親の望み通り子供が育つなら、何の苦労も無いわいな。ちなみに、僕は息子たちには薄っぺらいモノやくだらねーモノをいっぱい教えてあげたいですね。エロ本もいいけど、ちゃんとオカンに見つからないようにな、としか思わない。しょーもないコトにゲラゲラ笑って、エッチなモノみてオッキオッキすんのは当たり前でしょ?
YAMBSA @yambsa 2010年12月15日
暴力シーンの解説なんて親に頼んだ事も無いし。昔からサスペンスドラマなんて暴力やレイプ表現のオンパレードで人もいっぱい死んでた。そんなもん世の中にあふれてる。ケンカも暴力も学校に普通に存在してる。漫画はマンガ。子供が勝手に解釈するよ。
宮藤まぴろ@ラブレプリカ発売中 @kudo_mapiro 2010年12月15日
アニメ、マンガ、ゲームは低学年の子供が能動的にメッセージを受け取るというとても力のある貴重なメディアだということを、反対派よりも規制派のほうが認めているんだよなあ。悲しいことに。
宮藤まぴろ@ラブレプリカ発売中 @kudo_mapiro 2010年12月15日
子供の教育を学校に丸投げする親もいるわけで、今回の条例改正は親が子供に、他人に対するまっとうな愛情を教えることすら他人任せにする最初の一歩のような気がしてならない。うちの娘はちゃんと教育しますけどね。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月15日
念のためですが、私は規制には反対です。私自身、親のチェックなしに様々な小説を読んできました。エログロ描写を読んだからと言って犯罪者にもなってません。でも子供の受け止め方もそれぞれですし、大人の配慮は必要かなと。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月15日
もう一つ、親、特に母親は常に厳しい世間の目に晒されているので「悪影響のあるものは排除したい」という心理が働く人がいても不思議じゃありません。私はそうは思いませんが、そう思う人がいるのは理解はできます。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月15日
実際、夫の実家に行くと子供の手の届くところにカッターやはさみが置いてある、けしからん!と激怒する母親っているんですよ。私はなんか違うだろうと思うんですが、PTA団体の言ってることは、これと似たようなものだと思います。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月15日
子供がなにかやらかしたら、全責任を親が背負わなきゃならないんですよね…。
こーの @_kohno_ 2010年12月15日
事の本質はエログロ漫画ではなく、公が創作物に対して倫理的に良悪を決めると言う事。
宗田威@Peace党 @soudai3 2010年12月15日
まぁ、母親は子供がいくつになろうと「いかがわしい本」を子供が読むことに良い顔はしないでしょう。あんまり自由にさせすぎて都知事みたいな大人になったら困るし。ただ、何を大目に見るか、は個々人の責任でしょうね。確かに今の世の中を見ていると馬鹿親の子供が駄目になって格差が固定化する懸念はあるが、それを避ける手法が表現規制であるとはとても思えない。
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2010年12月15日
"そうしないとどこまでいっても双方が歩み寄ることなんてできやしない。"たぶん無理ですそんなの(これは思想というか宗教の問題のようですから……できるという人はブッシュとビン=ラディンを握手させて欲しい
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月15日
@_kohno_ だから規制には反対なのです。でも何故こんな条例が出てきたのか。それを把握しなければ「子供の為」という錦の御旗の元に反対派は打ち倒されるだけです。
ぴかっ太 @Pikatta 2010年12月15日
今回の条例は子供を守るためとか言いながら、それが二の次以降、はるか後ろ、地平線の向こうになっちゃってるからなぁ。
ぴかっ太 @Pikatta 2010年12月15日
今回の条例は子供を守るためとか言いながら、それが二の次以降、はるか後ろ、地平線の向こうになっちゃってるからなぁ。
YAMBSA @yambsa 2010年12月15日
んまー、性的加害者の割合で言うと教師>知人>保護者>他人だからなあ。守る立場、育てる立場の人間が実際は必ずしもそのとおりになって無い。子供を守るなら、わかりようのない将来の人格に対する漫画の影響を云々するより性犯罪に対して徹底的に厳罰化・重罰化するべきだよ。
ニジロスキー @nigiloski 2010年12月15日
親の価値観だけで育てられた子供はロクな大人にならないから、平等な規制でリスクを軽減しろって母親が多かったのさ。皆自分が周りとちょっと違う母親だと思ってる訳。|Togetter - 「都条例騒動で母として思うこと」 http://t.co/5dPuQoa #hijitsuzai
だるーんな華子 @Lactokiyo 2010年12月15日
この手の条例でいつも引っかかるのは行政が子育てを親に任せられないから漫画、携帯・フィルタリングも含めて規制します、という点が見え隠れすること。フィルタリングも都の推奨する携帯も業者が提供するサービスでしかないはずなのに、なぜフィルタリングを選択しない親に都が認める正統な理由書の提出が求められるのかについては今回まったく議論されず、疑問だけが残った可決という印象。
YAMBSA @yambsa 2010年12月15日
たぶん逆の話で、「行政が子育てを親に任せられないから」ではなくて「子供の教育や将来に対して親の責任が追及されすぎる」からPTA的に行政に規制を要請したくなるんじゃ…。実際子供に関するすべてを把握するなんて普通の親には無理だし、不要。なのに、事が起きたら実際の原因とかけ離れたところで「どうしてちゃんと見守って無かったの?(見守ってあげられなかったんだろう?)」っていうプレッシャーが子育てに付きまとう。
だるーんな華子 @Lactokiyo 2010年12月15日
議会における自公議員のヤジの酷さとかこういうツイート見ていると正直、子育てに関することを行政に任せても健全な子供は育たない気がしますけどね。 RT @silverplants 自民党に送った陳情の返事が来たが、都としてはもう子供の教育を親に任せて置けないと判断したので、という内容だった。一律メールにしろ、親怒れよ。バカにされてるんだよ
水智 / misat* @misatSky 2010年12月15日
都条例が推し薦めたられた背景は→ http://bit.ly/ewAOcS こちらのまとめを読んで「母親の皆さんに 児童ポルノ法&東京都青少年健全育成条例改正問題について」という記事を思い出しました→ http://ponkotsukazoku.blog45.fc2.com/blog-entry-311.html
イシカワ=サン @GOZEN_R_SAN_2 2010年12月15日
>「漫画に影響受けるような教育をしてる親が悪い」 たしかにこれは違うな。正しくは「漫画に影響を受けて公序良俗に反してしまうような教育が悪い」だな。 教育の責任は親だけじゃないからね。(ただその責任の一端を担っているのは間違いなく親) その教育をどうするかのほうが問題だと思うけど、そういうのは話題になりにくいのよね。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月15日
表現の自由を勝ち取る為に頑張ってる人にこちらからどうこう言うことはないんですが…。「規制されたら楽しみにしてた漫画が読めなくなる!」という反応が結構多いんですよね。こういうのは正直萎えます。また、業界側も自主規制だけで十分だ、という論陣を張ればいいと思うのですが…。何故そういう話があまりあがってこないのかが不思議です。
MD2TAK(夜用) @md2tak 2010年12月15日
例えば子供が残酷な作品を読み、その後犯罪を犯した場合、悪影響を受けたのか、それとも子供自身の自由意志によって犯罪を犯したのかどうかが判別可能かという問題がある。もっと言うと親は子を根本的に教育可能なのかという問題も提示される。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月15日
いやなんか、教えることではなく排除することが「教育」だと思っている人たちの声が大きいからじゃないかなと。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月15日
本文を読んでも、改正の多くは携帯の問題に割かれていて、実は都側が「販売規制」に力を入れていないことがわかる。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月15日
どちらかというと、『卑猥なマンガ』を排除して「教育熱心」を標榜している親御さんに危惧をおぼえる。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月15日
あ、正しくは『ひわいなマンガ』を排除することが教育熱心だと勘違いしている親御さんに、危惧をおぼえる、か。
sabonya @emanon34 2010年12月15日
>何故そういう話があまりあがってこないのかが不思議です。 あがってはいると思いますよ。もりあがっているかというと別かもしれませんが。 表現の自由を守れという主張は根本的に一枚岩では実行しづらいですよね。一枚岩に誘導しようとした時点で自己矛盾に突入するし、自由という面倒な概念について語る共通ワードが行き渡っているとはいえない状況ですし。その原則守って戦いづらい戦局で頑張っている方々に素直に敬意を表します。 経済服めいろいろ厳しい状況下であるからこそ、教育関係者も親も行政も警察も公安も表現者も一消費者も自分で
sabonya @emanon34 2010年12月15日
考えないとヤバい!ってきっかけになってくれるとせめてもの救いです。
@_kyoh 2010年12月16日
子供のためと言うのも理由は親自身の心配と不安だからだろうけれど、それが親のエゴではないと言えるのかな?子供がなぜそういうものを必要とするのか、親自身がちゃんとわかっているのかな?子供の意見の一例→「ピラメキーノ出演中の子役が思う「都条例」。」http://togetter.com/li/79397
@_kyoh 2010年12月16日
今回は行政の手続き上の問題も大きいです。正当な理由があろうと、一度反対された条例の一部文言だけをいじっただけで、たった2週間でふたたび改正案を通す。その案を通そうとした人物が政治的に問題発言を連発する。これがビジネス相手ならとても信頼がおけません。でも教育のためならそういう状況も正とするのも親なのでしょうか?
龍咲ゆーみ@七海1354 水野姫 @yumi100279 2010年12月16日
ちょっとだけお邪魔します。手前味噌ですが、都条例につい考えて行動した結果をとぅぎゃったりしています。興味があれば読んでみてください。行政に任せられないからこそ、規制される側から漫画を読ませて育てたいと思わせる試みを行う必要があるんだろうなと思ってます。
@_kyoh 2010年12月16日
自分は親の目線じゃなくて元子供の視点になるんだよね。親は警察の世話になるような悪さをしない限りは自由ってスタンスだった。小学生の頃から小説も漫画も良書悪書かまわず読破。思春期にはエロいのも猟奇的なのももちろん。あれは反抗期のいいガス抜きになった。
@_kyoh 2010年12月16日
今は自立してるし親にも仕送りしてる。なにより自由にしてくれた親には感謝してる。でも都条例の思想だとそういう親って子供のことをなんにも考えてない悪親になるのが嫌だねえ。条例や法律ってそれが常識という説得力のあるように誤解させる言い訳には格好の権威になるんだよ。
汝はコブラ男 @A_193 2010年12月16日
そういえばうちの親は結構しつけに厳しい方だった様に思うが、娘の読む本については特に苦言を漏らす事もなかった、あってもせいぜい「(BL本は)弟妹の目につかない所へ保管しろ」と言う位。まあその妹が気付けば典型的なイタい腐女子になってしまったお陰で姉まで肩身が狭くなってきた訳なんだが……まあその辺は時代なのかなぁ。ここ数年の動向見た感じは
らぃりる-A列車PCオススメ! @Liriru 2010年12月16日
逆でしょ?本来親が負うべきものを投げ出して、漫画だのアニメだのに押しつけているためにそう言われたんだと思うんだけどなあ。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月16日
なんで私、反対派なのに賛成派の擁護しなくちゃならないんだろうw 長男を出産して14年経ちますが、子連れに向ける視線が年々厳しくなってるように感じます。それと危険なもの、害があると思われるものを排除しようという心理が結びつくように思うんですよ。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月16日
育児って結果が全てなんですよ。その重圧に折れた親は子供を厳しく締め付けたり虐待に走ったり鬱になったりする。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月16日
そんな親を納得させる材料を揃えるのも条例を廃止に追い込む一つの方法じゃないのかな、というあくまで一つの考えです。親が世間に丸投げするようになった背景を今一度考えていただけると幸いです。
だるーんな華子 @Lactokiyo 2010年12月16日
条例における保護者の責務の部分を読む限りでは「責務」として明文化されてしまった分親御さんのプレッシャーがかなりきつくなるんじゃないかと思うのですが。「健全に育成しなきゃいけない」というプレッシャーが。この条例が親御さんのプレッシャーを本当に軽くするようなものだろうか、と聞いてみたい。
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月16日
@Lactokiyo 何らかの指針があるほうが安心できる場合もあります。親が追い込まれるのは、世間が非難するだけでなんらアドバイスをしてくれないところにあるのですから。
YAMBSA @yambsa 2010年12月16日
今って、なにがしかの事件が起きた時に、「本棚に猟奇的表現の漫画があった」とか「親の育て方が悪い」とか、結局責任の押し付け合いなんだよ。ただ、親の導きでなんちゃらかんちゃら、って言ってる奴には親がそんなに万能だと思ってんのか?って言いたい。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
このまとめの人も含めよく議論に出るが「昔は地域の人が叱る役目を~」という前提が個人的にどうも疑わしい。何故なら太陽族みたいな連中が出てから少年犯罪なりは右肩下がりだという統計があるから。右肩下がり、という事はつまり地域コミュニティの崩壊という前提は嘘である可能性がある。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
殺人の認知件数について考察したブログ。出してるデータはネットで公開された警察庁のデータ http://pandaman.iza.ne.jp/blog/entry/572974 しかし一方警察はノルマを抱えた組織でもある http://www.ombudsman.jp/policedata/100706.pdf (数十回の声掛け)
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
警察のノルマ制はデッチ上げという意味では最低だが、予算獲得など組織としての仕事PR上は当然の体質が存在する。一方、犯罪率は低下し続けているし、今は検挙率が低下しているという指摘も科学捜査精度の変化や自白の信ぴょう性への疑問・指摘がある事から根拠として確実と言えない。つまり”警察全体は”自分に都合のいいシナリオは描いていない。(条例出した倉田潤や櫻井のような奴は別)
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
警察、というより組織の本能的性質が予算獲得であるのは旧日本軍などを見てもよく分かる。だが、警察全体が本当にご都合でシナリオを描けば「犯罪率はある段階で小さく上下を繰り返し「ある年何らかの要因で増加したが、努力により押さえ込んだ」という『終わりなきたたかい』を描くはずだ。だが現実には公式データは右肩下がり。
柴田秋 @aki7ito 2010年12月16日
子の話をするには正しいデータが必要かもですね。現実に少年犯罪の件数はかなり減っていますが(携帯からなので今書いてるときに確認はできませんが60年代からかな)、その意味では僕は漫画が青少年の健全性に影響を与えた可能性はあると思います。犯罪を起こさせないと言う方向に。もちろん。実際に実験を行って観察した訳じゃないのでなんとも言えないところではありますけれどね。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
つまり警察は少なくとも全体では、自分の予算の為の嘘八百発生器に堕してはいない。となると、地域崩壊による社会不安という論は非常に怪しい。地域崩壊の話題など少なくとも民間では10年はhttp://www8.plala.or.jp/kawakiyo/kiyo9_02_05.htm そんな事が言われていて、昨日今日のお話ではないのだ。
だんじだずむ@消費税増税反対 @danzidasm 2010年12月16日
言葉尻をとらえるようだが、子育ての社会化に反対しているのが、今回規制に賛成している政治家だろう。連中は「子育ての社会化は共産国で失敗したやり方だ!共産主義者の陰謀だ!家族の破壊だ!」と言い、保育園充実を遅れさせ、学童保育なんて妨害すらしてきた。・・・こっちに救いは多分無いと思うよ。他に救いはあるかっていうと、俺も思いつかないけどね。国粋と自由主義の喧嘩なんて、ゴミ山の縄張り争いみたいなもんだ。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
地域崩壊と社会不安が本当に連動しているなら、10年かそれ以上前から犯罪率は増加傾向にないとおかしい。最低でも「警察に都合のいいシナリオ」なら「2000年に一時的に微増、以後低下」しないと不自然。だが、現実は検挙率低下や社会不安が長年叫ばれ警察も叩かれまくりつつ、統計資料は駄法螺どころかまともな返答としか思えないのだ。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
よって私には「地域崩壊」が「子育て」に「悪影響を及ぼしている」とは思えない。地域が叱っていた時代が良いというのは”昔のツッパリは仁義があった”というのと同じだろう。旧車會という連中を見れば”昔のツッパリ”の実態がどんなもんかはすぐわかる。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
いい年こいたアホの群れ、と警察も問題視。http://response.jp/article/2005/07/19/72665.html ちゃんとしかれよ、地域の大人。昔の大人の「ちゃんと叱る力」でさ。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
ちゃんと叱る力、は「しかるりょく」って読んでもいいかもw 人間力(笑) …と、ちょっと言い過ぎたかも。子育てに不安を覚える事自体は、馬鹿にしていません。小さな子供は監視しきれないし手がかかるのは、年の離れた子供(甥やら弟など)を知っていれば未婚者でもわかる事。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
このまとめの方が言っている「重圧」の正体は何か。多分マスコミではないですかね。こんな話があります http://bogusne.ws/article/83722091.html ”「体感での殺人事件発生件数」が戦後最悪の多さを記録した" これが2008年。2009年の殺人認知件数は戦後最低で右肩下がり、というのは先に出しました。それが統計のトリックではない、と考えるデータも。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
2009年の殺人認知件数の10倍の体感件数がある、この異常なギャップ。この根源を考えたとき、口コミが社会不安の根源にある事は有り得ない。現実の殺人被害者が減っているし、身近な人から身近な人が殺されたとよく聞く人も多くはないはずだ。アメリカ映画の治安の悪い路地裏のように、死体がゴロゴロある歌舞伎町、みたいな映像もメディアで流れた事はない。捏造ですらそういうものは存在していないのだ。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
今回の条例に関して言えば私自身の経験として”エロ漫画が野放し”(倉田たちの言う状態)になっているのは見たことがない一方、書店員やコンビニ店員の怒りの書き込みは複数見た事がある。 さて、大嘘つきはだーれだ?
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
最後に、私がいっぺんツッコんだ事があるが「規制がかかる前の漫画」や「青年誌」はそこらで野放図に読める。当然、新書店ではない。何度も言っているがBOOKOFFやそこらの病院なり床屋なのだ。ビニールがかからず子どもでも立ち読みできる位置にあったり、大人の暇つぶし用のセックス漫画(弘兼憲史の黄昏流星群とかね)の載った本が平然と置かれる場所も見ている。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
だが、私は寡聞にしてそうした状況を指弾する母親・民間団体・有識者に出会った試しがない。病院で私が昔のこち亀を読む時、近くの幼稚園児はミッフィーの絵本を読んでいる。そう”既に棲み分けられている”のだ。何十年も。だから出版もPRはしてこなかったし、する必要もなかったのだろう。誰が猛抗議するでも社会問題にするでもなかったのだから。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
長々と連投してすみませんでした。最後に一つ私からアドバイス出来る事としては「メディアリテラシーはしっかりと」です。一つの新聞だけを読むとか、一つのニュースしか見ないとか、それではダメです。インターネットの報道も含め多様な情報源を活用するべきです。多数の情報を仕入れないと、体感殺人認知件数のような”ウソ”に騙されますから。
YAMBSA @yambsa 2010年12月16日
「重圧」の正体は何か。多分マスコミではないですかね。←全く同意。ちなみに「子育て」と「少年犯罪件数」はそこまで直線的に関係ないかなとは思うけど。犯罪=子育ての結果(失敗)ではないのです。最低でも、虐待やネグレクト・性暴力についても加味して検討しないといけない。道を誤るのは、子供ばかりではないのです。
暴君虎 @Tyrannotiger 2010年12月16日
何か、親御さんの心配や不安に付け込んで、規制をしているのかと思うと、ほとんどインチキ宗教団体と同じだ。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
ああ、確かに>直線的ではない そういえば虐待と地域支援論も少し疑問というか、裏表な気はしますね。例えば確かに殴られないと分からない事もあるかも知れません、私も経験はあるのでw 一方で理不尽な暴力的「躾」にグレた昔の子供もいると思います。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
見知らぬ大人の”叱る”行為を、100%ただ地域の支援ととっていいものかどうか。昔からダメ大人だっていっぱいいたはずです。石原都知事やら倉田(53)を見ても分かる通り「昔の大人が育てたはずの今の大人」ってホントにマトモなのか?と思うと、ちょっと・・・ね
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
あ、読み違えてましたすみません。親の虐待と子供の犯罪の相関性も考えないといけないですよね。虐待を受けても真っ当に社会人やってる人に失礼でした、すみません。 そこらへんのデータも考えないといけないですね。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
地域の大人が叱る事については、よく考えると100%の正当性はないんですよね。例えば体の大きな子が小さな子を殴ろうとしているのを見て「なんですか!小さい子をいじめて!」と大人が叱る。この光景は正しいのか?
紙魚 @silver_fishes 2010年12月16日
「大人が答えてあげたらいい」って、一番子供の相談に応じるはずなのは「親」でしょ。「手間を大人が惜しむ」って、誰が惜しんでるのか。親以外が応じるにしても、それはまず近所の人なり親戚なりの「小社会」であって、世間の人みんなの「社会全体」なわけはない。であれば直近の問題は「小社会をどうやってうまく作る?どうやって参加を取り付ける?」なんだけど、当人への語りかけじゃない、ネットでの「戯れ言」でそれは実現するのかな。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
でも大きな子はデブとかブタと悪口を言われ、足も遅くていつもは馬鹿にされ、蹴られて逃げられ、ある日耐えかねてとうとう小さい外道を捕らえて殴ろうとしているのかも知れない。そんな時「見知らぬ大人」は「本当に正しく因果関係を」理解しているのだろうか?
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
あ、俺が言いたかった事をsilver_fishesさんがまとめてくれたw そう、大人は警察のように教育を受け権限と責任がある存在ではない。だったら、子どもを叱るときの判定の正当性はどこに担保されるのだろう?知識量だ
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
でも通りすがりのそこらの大人は、大きい子が殴ろうとしてる=悪い=叱る 以上の思考力やデータがあるか実は分からないのだ。そう考えると、本当に求められるのは「小社会」でのちゃんとした情報交換や話し合いで「社会全体で見たらしかろうね」ではないんだ。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
法的にも時間的にも子供に対して大きな割合を占める親や教師が、学童保育でも立ち読みをする本屋でも、そういう次に接する時間の長い地域の大人と連帯をはかるんでないとマズイわな、やっぱ。
ザムザ @zamuza 2010年12月16日
だから近所の人や親戚といった、ある程度付き合いがありデータがない大人の叱りつけは怖いものがある。小さいクソガキがいつも大きな子をからかう悪たれだと知っていれば、大きな子をなだめつつ”小さい方を”「お前が悪い、いいかげんにしろ!」と怒るだろう。※訂正
さっこ@眠れる森の人妻 @sakko_o 2010年12月16日
なんか話が壮大になってきましたが(汗)小社会の力については、もうあまりアテにできない気がします。実際、ここで発言されてる方のどれだけが近所に住んでる子供のことを把握してるんだろう?把握してないってことは小社会の力が失われてるってことです。だから代案が必要かなあと。
だるーんな華子 @Lactokiyo 2010年12月16日
地域力で一つ思い出したことが。奈良県の声かけ禁止条例のことです。実際この条例によって発生した冤罪とされる事件があります。東京都の条例も含めて思うことは、子供に関わらないようにする動きを助長するだけに終わるのではという危機感です。 http://homepage2.nifty.com/nodajiken/year2006/reikai200605.html
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
最近の子供は習い事や塾でそもそも「近所で遊んで」いるかという疑問がありますが。大人が把握していないのではなく、子供が社会に出ている時間が現象したのも一因かと。公園で遊んでもいない、教室で勉強している。そんな子供をどうやって見守れと・・・それこそ「社会全体」への押し付けでは。
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
ああ、あとゲームも。家の中でモンハンやらポケモンやってる子を見守ってたらただのストーカーですな。声掛け事案など大人が子供を避ける制度も問題ですが、遊びと学びの環境変化による子供との接触時間変化もありそう…って具体的データないんでアレですが。
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
具体的な対案としては、接触時間が多い教師と塾や習い事先などの人間の緊密な情報交換システムを構築するといった事が考えられます。
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
あ、ゲームといえば遊戯王やデュエルマスターズなんかはゲーム・カードショップで遊ぶ場合もありますね。ゲーセンも昔に比べると子供入りやすくなって太鼓の達人とかあるし。
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
そうか「小社会」自体は失われてなかったんだ。サザエさんやこち亀に出てくるザリガニ釣りや野球が別の時間にシフトしただけで。子供のよく居る場所に務める人が情報交換ネットを形成する事が、実は現代の小社会構築か。
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
柿泥棒した子を叱るという光景が、今やゲーセンに遅くまでいる子を叱るという事にシフトしただけか。なんだ。…何で一介の民間人ですら思いつく事もせんで規制とかすんだろ。それとも、そういうネットワークはあるけど予算が回ってないのか。
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
って、そんな事言いに来たんじゃなかった。正確なデータ出してなくてすいません。体感治安についてのデータ。
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
内閣府大臣官房政府広報室  http://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-chian/2-2.html (2) 不安になるとき 自分や身近な人が犯罪に遭うかもしれないと不安になるのはどのようなときか聞いたところ,「身近な場所で犯罪が発生したとき」を挙げた者の割合が 46.7%,「凶悪犯罪やテロ行為がマスコミなどで報じられたとき」を挙げた者の割合が46.2%と高く,
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
以下,「身近な人が犯罪の被害に遭ったとき」(27.4%),「不審な人や酔っ払いが近くにいるとき」(23.3%)などの順となっている。(複数回答,上位4項目) マスコミとただの不安感(不審者や酔っ払いの有害性は不明だから)を除外すると23%しかない。そして「口コミ」はない。 
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
長々とすみません。本当は内務省のデータ貼りに来ただけだったんですが…一応考察してみると、小社会となるべき器はあり、そこをいかに機能させるかが今後の地域社会と子育てのあり方の一つのポイントなのかも知れません。ぜひ政府HPなり知り合いの方を通じて提言してみてください。
ザムザ @zamuza 2010年12月17日
しかし、この程度の事すら考えずに「新書の漫画だけ」(実写小説どころか古本屋ルートすら潰していないザル)規制を子育てのためとほざく自公と一部警察を早く政治の場からたたき出すのも大人たるものの努めですな。 自民三原都議みたいな人間には今後絶対に投票しない。大人の責任として(キリッ
紙魚 @silver_fishes 2010年12月18日
“小社会の力については、もうあまりアテにできない気が”マジですか(笑)。“子供に(補追:本を)読ませる。わからなかったら(略)大人が答えてあげたらいい”の手間を親も小社会もやらず“社会全体が担うべき”って、政府や自治体で子供相談室でも作りましょうって話なのかな。とりあえず質問程度なら近所の爺ちゃんに聞いてみ、と子供に教えたっていいと思いますが。親は親でよその子供の質問を引き出したりとかね。
紙魚 @silver_fishes 2010年12月18日
“社会全体が担うべき”で、親や小社会ほど細やかにできればそりゃいいですけど、できるとはとても思えないなあ。税金超要りますよそれ(笑)。それよりは子供の友達をまとめて遊びに出たり、親戚の子供をつれて遊んだりするほうがよっぽど現実味があると思うけど。今親同士とか親戚同士ってそういう話しないのかな。
@yuki_doke 2010年12月18日
大変ためになる意見でした。規制反対、賛成派の議論がかみ合わない理由の1つな気がします。社会全体の子育て=表現規制となるのは、社会(子育ても含む)に親御さんらが不安を抱えてることが大きいのかもしれませんね。反対派の私としては、その不安を上手く取り除きつつ、漫画、アニメが子育てに良いものだと認識が広がったらいいなと思います。まとめてくださって、ありがとうございました。
@yuki_doke 2010年12月18日
というか出版業界が子育て社会に、もっと積極的に飛び込んでみてくれないかなぁ。親御さん向けだけじゃなくて、子供のいない人向けの本とか出して。近所の子供とどう接したらいいかわからん、って人が多そうな気がします。
紙魚 @silver_fishes 2010年12月18日
「社会全体の子育て=表現規制となるのは」本を読んだときの質問に親も小社会も責任を持たず、社会全体なんてのがやるべきとするなら、そら「困る質問が出るような本は読ませない」って話にもなるでしょうね。しかし「社会がやれ」式の人は地域社会についてはどうなのかな。例えば「声かけ事例」問題は確実に「子供に接触することは不利益」というメッセージを住人全体に送ってますが、誰か抗議とかしてるのかな?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする