2015年3月20日

地下鉄サリン事件と戦った人々:聖路加病院と製薬会社を中心に

このような奮闘があったのですね・・・
120
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777

地下鉄サリン事件から20年か……。もうそんなに経つんだなぁ。あのころはまだ高校生でしたが、医師になってからあの悲惨な事件当日に少しでも被害を減らそうと奔走した人々がいたことを知り、深い感銘を受けました以前も書きましたが、それらのことについて改めて呟こうかなと思います。

2015-03-20 20:15:08
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777

地下鉄サリン事件で要請された患者全員を受け入れると決断をした聖路加病院は、院長の日野原先生がかつて東京大空襲で病院に入りきらない患者が亡くなるのを見た苦い経験から大災害に対応できる造りになっていたうえ、それに対応できる準備も出来ていて、そこで大量の患者の治療をすることができました

2015-03-20 20:20:09
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777

サリンの解毒に使うPAMという薬は作れば作るほど製薬会社が赤字になる。しかし住友製薬は住友化学が有機リン系農薬を作っているので、それで中毒が起きたときの解毒剤のPAMを作るのはグループ会社の義務だと赤字覚悟で作っていた。その企業精神がサリン事件で多くの人命を救ったのだと思います。

2015-03-20 20:25:15
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777

地下鉄サリン事件の時、解毒薬のPAMは首都圏にあるだけでは全く足りなかったので、薬卸業者は社員を東京行きの新幹線に乗せ、新幹線の停車する各駅でその周辺でかき集めたPAMを受け取らせ、東京へ必要な量を運ぶという手段をとったらしい。素晴らしい機転と行動力だったと思います。

2015-03-20 20:30:31
知念実希人 小説家・医師 @MIKITO_777

なんにしろ地下鉄サリン事件の際、外来をストップし患者全員の受け入れを宣言した聖路加病院、PAMの在庫を日本中からかき集めた薬卸業者、備蓄のPAMをすぐに提供した自衛隊。その他にも多くの人々が奔走しました。そのどれが欠けても被害はもっと大きくなったのではないかと思います

2015-03-20 20:35:07
mmm @mi72501na

改めてお話頂いて、有り難うございました。胸に落ちました。@MIKITO_777

2015-03-20 21:09:50
さすらいのKOMA⊿🏎 @koma_nogi46

@MIKITO_777 貴重なエピソードお話ありがとうございます。 当時小学校低学年だった僕は、テレビがこの事件一色になり、何が起きているのかわからないまま見ていました。 歳を重ね自分で調べたりするうちに、二度とあってはならない惨劇であったことを学びました。

2015-03-20 21:35:08
森林樹@一般アカですよ @itsukishinrin

@MIKITO_777 PAMって、有機リン系農薬や含リンアミノ系農薬の解毒以外にはまず使われず、その農薬自体も安全性の高いものしか使わないんで中毒になるのは稀で、作ったところで滅多に使わないんですよね… 住友製薬の企業精神には敬服するばかりです…

2015-03-20 21:50:56

コメント

bluemonkshood @bluemonkshood 2016年3月21日
住友製薬の重役さんが、ニュースをみて、これはサリン中毒かもしれないと思って、ダメもとで、関西から羽田へのPAMの空輸を決断。羽田についた頃、サリン中毒と判明し、パトカー先導で、PAMが各病院に搬送されたという話をどっかの雑誌で読んだ記憶がある。
3
bluemonkshood @bluemonkshood 2016年3月21日
その後、PAMの薬価はあがったのだろうか?備蓄分など売れただろうが、作れば作るほど赤字では、沢山うれたら、かえって会社にとっては大損だったろうが、PAMを作っている事自体が、会社のCM料みたいなブランドイメージを高める効果があるから、自腹覚悟だったのかな?
2
アリ〜 @Rn3oAxnzuRvPt9l 2018年4月11日
こんばんわ。こわいです。むさべつさつじんとかではなくて、マインドコントロールかかってるテロなんて。本質解明してほしいです。個人の感想。
1
のんさん🌻🍟🍩@六廃 @nonchan1975 2018年7月8日
素晴らしい奴だな住友製薬(スタンディング・オベーション)
1
niiboshi @niiboshi 2018年7月8日
bluemonkshood 当時対応した医師の書いた本「緊急招集(スタット・コール)」にあった気が
1