【150321】「仏教的人生学科 一照研究室」プレイベント #藤田一照

「これからの社会を担う人たちに仏教をいかしてもらいたい。」    この度、  これからの地球社会を創造していく担い手たちの大事なベースとなる  身体・心・魂を藤田一照とともに錬成する塾として、2015年4月11日より  仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」を開講することとなりました。  このまとめでは、塾の開講に先立ち行われた  プレイベント企画の模様をお届けいたします。 続きを読む「これからの社会を担う人たちに仏教をいかしてもらいたい。」    この度、  これからの地球社会を創造していく担い手たちの大事なベースとなる  身体・心・魂を藤田一照とともに錬成する塾として、2015年4月11日より  仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」を開講することとなりました。  このまとめでは、塾の開講に先立ち行われた  プレイベント企画の模様をお届けいたします。 ──< はじめに >── 格差社会・エネルギー問題・差別・テロ... これまでに人類が経験しなかったような様々な問題が 私達の前に立ちふさがるようになりました。 しかし、かつて私達を守ってくれた20世紀的な経済・社会システムでは それらに対応することができなくなりつつあります。 いま、地球社会を構成する最小単位である私たち一人ひとりが 自己と向き合い、人生と向き合う姿勢が求められているのではないでしょうか。 そうして自立した個人による有機的なつながりこそが 社会に転換を促し循環性、再生産性があり自然と共生できる 次世代の社会を創造していくことにつながると私たちは考えています。 その基本である自身の身体と心そして魂の調和をとりもどし、 自身を活かすための場として、本塾を開講しました。 「仏教的人生学科 一照研究室」では、仏教という実践哲学を通して、 命を活かし生きるために、身体と向き合い、心と向き合い、 柔軟でつよいしなやかな身と心と魂を錬成していきます。 そしてそれを日々の暮らし、個々の活動に活かしてもらえたら、 と願っております。 「仏教的人生学科 一照研究室」が、自然と、人と、社会との調和を 深いところから育む場となることを願っています。  塾長  藤田一照  発起人 後藤サヤカ 桜井肖典 【進行】  10:00~10:30 塾の開講についてご説明  10:30~11:00 ウォーミングアップ  11:00~12:00 仏教書講読  12:00~13:00 昼食&休憩  13:00~13:30 質疑応答  13:30~14:30 身心相関的ワーク  14:30~16:00 瞑想&坐禅 終了  16:00~16:30 クロージング 【講師】  藤田一照(FUJITA Issho, 1954- ) 愛媛県生まれ。曹洞宗僧侶・国際布教師・翻訳家・曹洞宗国際センター所長。 灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。 院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、 29歳で得度。33歳で渡米。 以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。 2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導 にあたっている。  著書『現代坐禅講義 ­ 只管打坐への道』  共著『アップデートする仏教』  翻訳『禅への鍵』(ティク・ナット・ハン著) 等   藤田一照公式ウェブサイト http://fujitaissho.info/ 【購読テキスト】  Larry Rosenberg著 「Three Steps to Awakening: A Practice for Bringing Mindfulness to Life」   http://www.amazon.co.jp/dp/1590305167 【主催】  藤田一照事務局・合同会社メイジュ 【参考】   http://fujitaissho.info/kenkyushitsu   https://www.facebook.com/events/1620914604796132/
マインドフルネス アウェアネス 只管打坐 いまを生きる 瞑想 後藤サヤカ 曹洞宗 藤田一照 身体性
resigner 4817view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「インターネット」に関連するカテゴリー