都条例改正案の可決を受けて、編集の立場からツイート

編集者であるsanaさん(@801)のツイート。 現場の状況と、読者へのお願い。   ※冒頭の3ツイートはsenaさんが公式RTした3ツイートです。
72
ねこ田米蔵 @yonekozoh

「全年齢向の漫画なら規制に引っ掛かりそうな描写は控える方向で」「まだそれに関しては何ともいえないので年内には…」と、条例の詳細が判らず「あれは大丈夫?」「これは?」と…集会や会見で先生達が仰っておられた「萎縮してしまう」という言葉がもう自分の身に起こっています。(続)

2010-12-17 00:45:38
ねこ田米蔵 @yonekozoh

いくら表現の自由と訴えて戦う気でいても、会社を通して出版する以上、「規制」を守らなくては 掲載できず「有害図書指定」を受ければ私の責任でもあります。今はまだ詳細が判らないのでどう転ぶかは判りませんが最悪来年からの私の漫画はこれまでのようにのびのびと描くことはままならないかと…

2010-12-17 00:46:29
ねこ田米蔵 @yonekozoh

危機感を煽るようでツイートするか迷ったのですが、遅かれ早かれ判ることなので報告まで…。これがただの煽りで済めばいいのですが…。これが杞憂であって欲しいです。来年末にでも「アンタめっちゃ心配しまくってたね」ってみんなに笑われていればいいけど…。怖い…めちゃ怖い…

2010-12-17 00:47:15
sana @801

【今の3RT】これ読んで「表現者はもっと戦え!」「出版社はなにが何でも抵抗しろ!」と言えるのは、恐らく社会に出たことがない人でしょう。何度でも言いますが出版社は会社です。本を出さなければ成り立ちません。継続的に本を出し社員の生活を守る義務があるのです。 #hijitsuzai

2010-12-17 01:14:03
sana @801

編集サイドからすると、表現者には一生懸命できるだけ自由に描いて欲しい。ただ規制範囲が抽象的な中でゴーサインを出しやはりNGくらっちゃいました、となるくらいなら確実に安全なラインでお願いしたい。一番悔しいのは、表現者の本が出せなくなる自体だからです。 #hijitsuzai

2010-12-17 01:16:55
sana @801

何度も言いますが、現在、多くの版元は自転車操業で動いています。小学館など大手数社がその状況に歯止めをかけようと動きを見せましたが以前状況は改善しません。表現者に書いてもらい、読者に届け、社員の生活を守るためには曖昧模糊とした条例の中でしか動けないのです。 #hijitsuzai

2010-12-17 01:19:13
sana @801

条例は決議されたばかりで、みな疑心暗鬼の中でしばらくは模索するしかないと思います。編集や表現者に「へたれるな!」と発破をかけるくらいなら、反対声明を公にしている社に応援の手紙を出すとか今回反対してくださった議員の先生方にお礼の手紙を出すとかしてください。 #hijitsuzai

2010-12-17 01:22:37
sana @801

ボーダーラインを見極めるためにいくつかの作品をテストケースで発刊しろ、と言うのは、中小がほとんどのBL関係版元には酷な話だと思います。何度でも言いますが、出版社は小さな会社で体力がないところがほとんどです。 #hijitsuzai

2010-12-17 01:24:20
sana @801

もちろん、雑協はじめ版元も黙ってはいません。働きかけは行うでしょう。でもやはり、一番強いのは消費者の声です。お金を儲けている人間の声というのはやはり色眼鏡で見られます。特に今回は「エロで儲けてる漫画家・出版社」と言う偏見も強いので。 #hijitsuzai

2010-12-17 01:26:25
sana @801

もちろん一番怖いのは表現者の方々だと思います。私たち編集者は会社と言うバックがありますが、故人で物を描いている人にはなにもなく、例えば進行していた本がぽしゃった場合せいぜい違約金が出るだけです。 #hijitsuzai

2010-12-17 01:28:57
sana @801

編集が出来るのはアドバイスです。手探りの中で描かなくてはならない作家を支えるのはやはり読者の方々の声だと私は思います。そしてまた安全圏に逃げそうになる編集の踏ん張りを支えるのもやはり読者の方々です。手紙一葉でもいいです、感想と励ましをお願いします。 #hijitsuzai

2010-12-17 01:32:29
sana @801

最後に。編集長や制作本部長が渋っても「こういう読者の声が!」と読者ハガキ一枚でゴーサインが出ることも実際にあるのです。既存の新聞社やテレビ局と違い、政治に密接な関係を持たないサブカルで一番強いのは読者の声なのです。#hijitsuzai

2010-12-17 01:45:59

コメント

Oddball @0ddbaII 2010年12月17日
これ作家さんには自由に書いてもらって、いかにも検閲受けました的な黒塗りで対処とかじゃ駄目なんですかね?検閲ラベルと知事、副知事の似顔絵入で。作家さんは描けるし出版社は出せるし知事達は手柄主張できてWin-Win。
0
Oddball @0ddbaII 2010年12月17日
自主規制して来なかったんだから規制も仕方ないって声が多くて自主規制してるってアピールが足りないと思った。自主規制で描かなかった物は最初から無い物扱い。描かない努力も当然認めてもらえない。あと知事達はエロとグロ隠す爺として顔と名を残してもらいたい。
0
アキミ @AKMI0 2010年12月17日
現場の萎縮は本当に深刻だと思う。版元も編集さんも、好きで作家さんに自粛を求めるわけない。読者側として、出来ることは全部やる。
0
こんぽた(手洗い) @cornpt 2010年12月17日
日本的嫌儲はそろそろやめたほうがいいと本題はちょっとずれるがそう思った。お金儲けして悪いとか言うやつは、お金、一切もらわないで生活してくださいね(はぁと
0
甲賀志 @hiroujin 2010年12月17日
やっぱり最大の被害を受けたのはBLだった。この萎縮ぶりは90年代の有害コミック騒動を想起させる。この時は成年マーク付に移行する事で、いわゆるエロ漫画はその後の隆盛のきっかけともなった。しかしBLは成年マーク付に素直に移行できる環境にない。これがかなり響いている。しかも中小出版社ばかりなので、共同で対応できず、孤立化を強いられている。
1
甲賀志 @hiroujin 2010年12月17日
以前、強い業界団体を作るよう提案したら、個別の出版社に対応させればいいという批判を受けた。だが結果はこの有様である。個別に対応するという事は、全体の情報の共有化が出来ず孤立化する事を意味する。その果ては過剰な萎縮とパニックであり、不利益を受けるのは作家と読者だ。
1
SMT @SuperMTec 2010年12月18日
消費者は表現で飯を食っているわけではない。先頭で戦うべきは表現で飯を食っている出版社など業界関係者であり、今回のことは表現規制ではなく産業規制だと認知すべきだ。産業規制に対して、金儲けできない飢えて死ぬと声を上げられるのが業界の特権であり、消費者にはできない主張だ。なのに3月以来、出版業界の政治行動は殆ど表に見えず、消費者だけがあたふたするという有様は今振り返れば滑稽だったし奇妙なことだ
2
SMT @SuperMTec 2010年12月18日
このまとめを見て感じるのは出版業界の当事者意識の希薄さだ。出版社は会社であり社員の生活を守る義務があるからこそ、産業規制に対して積極的に政治行動をしなければならなかったのではないか。そのことを、「戦う理由」ではなく「戦わない理由」として熱弁している事に落胆する。まして自ら「サブカル」などといい、現状維持を肯定してどうするのか。漫画・アニメ愛好家が理念理想を盲目的に信じているのをいいことに、消費者を反対運動の矢面に立たせるのはもうやめたらどうか
2
久保田弥代/plummet @plummet 2010年12月21日
( ゚Д゚) 怯える前に条文を現行と改正後と双方読んで理解したらどうだろうかと提案したい。七条一項一号が現行でも規制内容に入ってるってことを誰も知らないわけではないと思うのだが……
0
にゅい @nuitluna 2010年12月21日
@plummet 残念ながら知らない可能性があります。「条文が理解できない」とブログに書いてた編集さんもいらっしゃるくらいです(どうしてこんな条例があるのかわからない、といった意味なのでしょうけど)。今回の騒動で初めて条文を読んだ方も多いでしょうから、第七条が丸々条例に付け足されたと考えている人も少なくないのではと考えています
0
Oddball @0ddbaII 2010年12月21日
この人達が気にしてるのが改正案可決で起こる出版社の更なる自主規制とそれによる作家の委縮。今までの絵だけでなくストーリーの内容に関わる規制を考慮しなくてはいけなくなった事。
0