2015年3月31日

【オウム真理教】高橋克也被告論告求刑の江川紹子さんによるまとめ

江川紹子による検察側論告求刑をまとめました
0
Shoko Egawa @amneris84

【オウム裁判】高橋克也被告への検察側論告。関与した事件はいずれも社会を敵視し、麻原や教団の利益のみを優先させた身勝手極まりないもの。組織的かつ計画的な連続テロで14名の命を奪った。井上の右腕として、重要な役割を堅実にこなし、現場では臨機応変。「寡黙な腕の立つ仕事人」だった、と。

2015-03-31 20:39:07
Shoko Egawa @amneris84

【オウム裁判】最後の最後まで逃亡を続け、裁判になっても事件と正面と向き合わず、反省の情も見られず、今も麻原に帰依し、再犯のおそれ大。被害者も厳正な処罰を望んでいる。死刑も考えられるが、従属的な要素があり、地下鉄事件の他の運転役の刑を考えると、死刑求刑にはためらいを覚える、と。

2015-03-31 20:39:13
Shoko Egawa @amneris84

【オウム裁判】検察は、一生刑務所で罪と向き合わせるべきとして、無期懲役刑を求刑。仮釈放をしない、事実上の終身刑を求めた。高橋被告は、ずっと無表情だったが、求刑が気になるのか、ペンを持ったり放したり、手を顔に当てたり下ろしたり、いつもよりは落ち着きない様子で論告を聞いていた。

2015-03-31 20:39:54
Shoko Egawa @amneris84

オウム裁判】検察の論告の後、地下鉄サリン事件被害者代理人が意見を述べ、「被告人君は関与した犯罪を直視せず、被害者、遺族らに対する謝罪の言葉も気持ちもない」と断じ、こうした態度は「被害者らの怒りをより増幅させ、宥恕する余地などない」と。被害者の心情を踏まえ「厳正な処罰」を求めた。

2015-03-31 20:40:12
Shoko Egawa @amneris84

(注)寛恕(かんじょ)ひろい心でゆるすこと(広辞苑より)

2015-03-31 20:41:11
Shoko Egawa @amneris84

【オウム裁判】公判後の記者会見で、地下鉄サリン事件の遺族高橋シズヱさんは、「裁判前には極刑という気持ちだったが、裁判が始まってみると、非常に存在感のない人と分かり、死刑まではないだろうなという気がして、無期懲役を聞いて『そんなもんかな…』と思った」と。

2015-03-31 20:41:25
Shoko Egawa @amneris84

【オウム裁判】地下鉄サリン事件で妹が重い後遺障害に苦しむ浅川一雄さんは、「被告人は守られていて、施設の中で生きていける。被害を受けた妹は、最低限生きていけるだけの施設もない。僕らがいなかったらどうなるか…。非常に不公平感を感じた」と語った。

2015-03-31 20:41:30

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?