2015年4月10日

現代的なCDマスタリングは16bitも必要としないかも

引用『現在のCDのマスタリングのノウハウ、ある意味ハイレゾの対極、「耐ローレゾ」を標榜していると言っても過言ではないかも。』 詳細は宇都宮先生のTwに譲るとして「16ビットの特性をフルに活用するには収録RMS高い方が良し」の嘘(むしろ逆)を裏付ける話
21
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20D5h さて、ハイレゾ件。 新・商売規格では24bit96KHzfs以上のファイル形式を指すらしい。ダイナミックレンジ144dB、帯域48KHz、確かに良い音がしそう。 ただ、その数値が示す意味、現状のソースの品位(ソースとしてのDレンジまたは解像度、帯域)、どれくらいか⇒

2015-04-10 03:57:22
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20D6h という問題。 とくにビット数はダイナミックレンジ、解像度に影響を及ぼすのだが、ビット数の大小による音の違いを、ほんとうに正しくキャンペーンしているだろうか。

2015-04-10 04:01:20
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20D7h Audacityにはさまざまな「非音楽的」なエフェクトコンポーネント群LADSPAがあるが、その中には「Decimator」(間引き器)がある。これは実質上の使用bit数を連続して可変できるプログラムなのだが、、、

2015-04-10 04:05:47
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20D8h ちょうどAudacityのバージョンが2.1.0に上がり、これらのエフェクトがリアルタイムに可変しながらプレビューできるようになったので、この問題に興味のある方は、ぜひ試してみてほしい。 AudacityはDLしインストール、LADSPAも同じく。起動。

2015-04-10 04:08:11
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20D9h Audacityに適当なソースを読み込み、24bitから連続して1bitまで滑らかに音を聴きながら可変できるスグレモノ。 ソースを再生しながらエフェクトを開くと、リアルタイムでプレビューできるエフェクトは濃い文字で表示。Decimatorを起動。あとは上のツマミを調整

2015-04-10 04:12:24
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20DAh 画像コチラ。LADSPA組み込むと莫大な数のエフェクトが増える。 pic.twitter.com/5oKqlJQ85Q

2015-04-10 04:13:48
拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20DBh 操作画面は至ってシンプル。 右から左にスライダーを動かすと、bit深度が24から減っていくわけ。 pic.twitter.com/U3dIu90hDc

2015-04-10 04:15:51
拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20DCh ただし、プレビューなので、ちゃんとした浮動小数点演算はやってないようで、きちんと適用処理した状態より、かなり音が悪いので、傾向を学ぶ、、と割り切ってください。

2015-04-10 04:17:31
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20DDh 思考・論理はこう。 ビット深度、ツマミ右端は24ビットだが、これをどこまで左に持っていくと音が変化するか、、、逆に言えば変化しない部分はムダなビット冗長ということかも。 CDをリッピングしたもの、24から16ビットまではほとんど変化しないハズ。

2015-04-10 04:20:37
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20DEh ところがどうだろう・・。16bitをはるかに割り込み、10bitあたりまではあまり変化(変化はあるのだが・・)なく、8bitあたりまで、いやむしろ歯切れは良くなっているかも。(ただし静かな部分のノイズはどえらく増している・・8bitで-48dBあたり)

2015-04-10 04:23:34
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20DFh 一対比較するなら、同じソースを2回読み込むか、ひとつ読み込み、コピーを作成⇒片方のトラックMUTEし、SOLOを押すたびに未処理と処理済を交互に切り替えられます。

2015-04-10 04:25:22
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E0h このノイズの問題を除けば、多くのデカマスタリングのCD、解像度の点では16bitの必要性はおろか、10bitもあれば十分なのかもしれない。 異論あろうかと思いますので、ぜひ追実験してみてください!

2015-04-10 04:27:41
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E1h ここから核心なのですが、もしマスタリング前のソースと後のソースの両方が用意できる方、それぞれのソースで、必要ビット数をヒアリングで割り出してみましょう。 そう、マスタリング後のソースのほうが、より低bit数に耐えられるようになっているはず。

2015-04-10 04:50:35
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E2h 要は、現在のCDのマスタリングのノウハウ、ある意味ハイレゾの対極、「耐ローレゾ」を標榜していると言っても過言ではないかも。 私の思い違いであってほしい。

2015-04-10 04:53:01
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E3h Decimatorのプレビュー、サンプリング周波数の自由変更もできるのですが、このリサンプルエンジン極悪で、いわゆる「折り返しノイズ」(エリアシング)がバッキバキに出ます。今となってはこれほどひどいのは珍しいほど。破壊力抜群のエフェクターとして使えそう。

2015-04-10 04:56:02
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E4h このようなプログラムではなく、もっとワークステーションらしい方法で、あるいは信じられる方法で、同じことがしたい・・・・ 原理はこんな具合。 pic.twitter.com/sRrd23zKBn

2015-04-10 05:13:36
拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E5h 16bitデータを8bit分解能に変更する場合・・ オリジナル16bitデータ読み込み⇒ 増幅で-48dB(8bitしかない状態に)増幅⇒  16bitデータとして一度ファイル出力 ⇒ 読み込み+48dB増幅 ・・・8bit情報しかない16bitデータの完成。

2015-04-10 05:18:27
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E6h なぜ一度ファイル出力するか・・・Audacityの内部処理は常に32bit浮動小数点演算なので、ファイル出力することで固定小数点化しているわけ。 ちなみに1bitあたり-6dB で計算(正確には-6.02dB)。

2015-04-10 05:21:40
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E7h もし同じことを24bitデータで行ったら・・。 -48dB下げても、16bit残っている・・・ どおってことない器の大きさ! pic.twitter.com/T2JFyORQlL

2015-04-10 05:24:15
拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E8h Audacity(他の多くのDAWも)などの浮動小数点32bitでは・・・ もはや-48dB下げることなんか何のロスにもなりません。 常に24bit分の分解能がキープされます!! オーバーレベルも関係なし。 pic.twitter.com/CUAS1ACh6H

2015-04-10 05:27:19
拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20E9h 手動でのデシメーション(bit数を差し引いた音を得てみる)、 要はbit数分だけレベルを下げ、(bit数×6dB)⇒ 固定小数点で書き出し⇒ 読み込み⇒ 下げた分だけ増幅・・・面倒かもしれないが至ってシンプル。

2015-04-10 05:31:43
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20EAh 通常のCDマスタリングを斜め上に見ながら、オーバーレベルで起こっていることを同じような図にすると・・  16bitの場合・・ pic.twitter.com/nQAOI8v4Je

2015-04-10 05:34:23
拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20EBh 同じく24bitの場合・・   正規化レベルから12dB程度レベルを持ち上げたと仮定(ポップスでは有り得る)。 pic.twitter.com/Mix3XXapm1

2015-04-10 05:36:36
拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20ECh 最初に48dBもレベル下げるなんて有り得ませんが、どのようにしてbit深度が落ちていくかを理解するための。 +12dBオーバーなら2bitのロス。

2015-04-10 05:39:20
宇都宮泰 @utsunomiaa_com

20EDh 固定小数点だからこのようなロスが生じるのだが、逆に浮動小数点ではマスタリングにならない・・・

2015-04-10 05:41:43

コメント

宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月10日
私はDレンジと分解能は、ある程度分けて考えるようにしています。マスタリングを対象メディアへの最適化と考えると、対象の中でとりうる最大限を考えるように努めています。一連のツイート、認識の共有のためのものですから、趣旨は試してみてほしい・・だけです。
0
Ishida the Brain Damaged @tbs_i 2015年4月10日
MP3とかで圧縮される前提なのかもね。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月11日
もちろん、ハイレゾソースも同じ方法で実質のビット深度を想像することができます。主観的部分は多いですが、そのソース、ビット数を落としても変化が無いなら、ハイレゾの値打ちは少ないかもしれない。ユーザーは確認の方法も少しは持っておくべき。 もし16bitでも同じ結果が得られるなら、16bit頒布・配信でもいいと思う。
0
いしかわひさし @cQ_Q 2015年4月11日
「ある意味ハイレゾの対極、「耐ローレゾ」を標榜している」にはヘラ入ったww さすがDrでございまする。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月11日
David Shimamoto様>まとめ、ありがとうございます! タイトルもスバラシイ!!
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月11日
実質的なbit数、処理が進むと否応無く減っていく運命。増えることは無い。マイクを使って録音する場合腕が問われるのだが、bit深度を必要とするマイキング、甘くない。マルチマイク・レコーディングで培われてきたマイク技術、どれも対(耐)ローレゾという背景。マジ。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月12日
浮動小数点演算なら、レベル上げ下げによる実質bit数の減少、回避できるが、単純なレベル操作についてのみ。ゲインリダクション、イコライジング、移相操作など、レベル調整以外では浮動小数点演算でもbit減少が生じる。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月12日
ハイレゾ24bit、正味使えるADコンバータの性能、24bitのうち実質20bit程度。ゆえにハイレゾがハイレゾであるためには使用可能な手段が限られる。私は狭義電子音楽の出身だが、これはもう電子音楽しかないかとも・・笑
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月12日
あくまで有効bit深度ついての話。音の品位は必ずしも一致しないし、心理的な効果が果たす役割は大きい。が、、、
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月17日
2108h いや、何やってもビット深度損失を回避できない、ではただの破滅論者。よく知られていないだけで、回避手法はたくさんあるという話、とヒント。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月19日
↑この連投後に手がけた作品。歌以外全シーケンスで作られたものだが、今回はちょっと意識して浮動小数点32bitで入稿しなおしていただいた。連投の前後で何か変わるわけではないけど、掲載されるメディアや曲調に最適化するとこのように。 入稿されたものよりも高Dレンジ。https://soundcloud.com/rionos/flowerpot
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月19日
曲中盤から後半にかけては、曲調として飽和が前提。飽和の中にも実効Dレンジの変化を組み込んである。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月19日
「おさわり禁忌物件」ではありませんので、お気づきの点、ご自由にどうぞ・・。
0
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2015年4月23日
先の”マルチマイク・レコーディングで培われてきたマイク技術、どれも対(耐)ローレゾという背景。マジ”・・・ 唯一の例外がドラムスのオーバートップ。 だから難しい。 私はドラムスに関してオーバートップに最大限の注力します。
0