杉江松恋氏が語る「小説新人賞応募作品のいろいろ問題点」

小説と漫画は作法がちょっと違うのですが、ここで呟かれたことの多くは、漫画を描き始めた人にも役に立つはず。というか僕も時々振り返ったほうがいいと思い、覚書的にまとめさせていただきました。
問題点 新人賞 小説
masyuuki 84222view 42コメント
494
ログインして広告を非表示にする
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 19:53:26
    某新人賞の下読み第一段階おしまい。箱の中で落とすものと残すものの仕分けをした。ここから残すものについては順位をつけて、必要に応じて選評を書く。総じて低調。「最後まで読むことはできるが小説としては未完成」なものがほとんどだった。ある特徴を感じたので書いてみる。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 19:55:42
    小説としてなぜ未完成と感じたかというと、読者を「もてなそう」「楽しませよう」という態度が皆無だったからである。小説は別に娯楽のために書かれたものだけでなくていいのだけど、大衆文芸の賞にそれで応募してきても選考で残れるわけはないよね。もちろん純文学の賞には別の厳しさがある。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 19:57:45
    もてなしの欠如についてはいろいろ言いたいことがあるが、今回目立ったのは、骨組みだけで肉がないものが圧倒的に多かったことである。筋立てを語ることで終始していて、それ以外は何もない。いや、ストーリーテリングの技法が素晴らしければ問題ないんだけどさ。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:00:09
    たとえば梗概で「主人公の純一は親の転勤のために長年住みなれた街を離れてボリビアに行く」と書いてあれば冒頭は、「晴天の霹靂であった。まさか自分が南米に移住するなんて」という状況説明か「えーっ、引越し」という台詞(それも説明のためのものである)で始まる。そのままですか、そうですか。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:01:46
    別にそういう小説を否定はしないが、どれもこれも状況説明か台詞で始まるものばかりだとうんざりしてくる。あのですね、映画でも最初は主人公がどこかを訪れたり、カメラが入ってきて主人公を発見したり、そういう風に物語の中に導入する工夫がされているでしょう。あれが「もてなし」なんですよ。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:04:27
    自分が観客(読者)になったら、と考えてみてくださいな。劇場が暗くなって上映が始まる前のどきどきする気持ちとか、幕が開いて舞台の上の役者が喋り始める前の緊張感とか、そこが楽しくなかったですか? いきなり説明で話を始めるのは「これから始まる物語への期待」を拒絶する行為なのですよ。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:07:08
    同じようにうんざりした例に登場人物の紹介の仕方がある。梗概に「女性と付き合ったことがない主人公が次々に百戦錬磨のお姉さんと恋をして」などとあると、本当に「次々に」会わせるの。横スクロールアクションみたいに、順番で登場人物が流れてくるだけ。人はベルトコンベアに乗っていません。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:09:57
    「俺、二十一歳で彼女いない歴二十一年の佐藤無茶ノ介は」みたいな一人称で始まる小説もだいたいこれと同じ失敗をしている。そうじゃなくて、誰かにその人を会わせて、親しくなったり、衝突したりする中で、どういう人間かを読者にわからせてほしいんですよ。関係の中で性格や属性を書くんです。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:12:16
    ヒロインがAからDまでいるような話の場合は、彼女たちを序盤に出しておき、Aは重要度高、Bも同じくらい、Cはちょい役、Dはまったく関係ない人、みたいに配置しておいて、話が進展していく中でそれを少しずつ変化させていく。もちろん女性キャラクター同士の関係も書いておく。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:14:47
    そうやってできた人間関係の網目を引っ張って目を詰めてみたり、あるいは広げてみたり、とにかく主人公を含む動態で見せていってもらいたい。読者が欲しいのはキャラクターのプロフィールじゃなくて、動いているときにどういう顔を見せるか、ということで、設定なんかはそこから想像させたっていい。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:17:50
    そんなわけで、筋立てがさくさく進んでいく「だけ」の小説というのは、ページをめくらせる力があるようには見えるが、実は読者はページをめくらないと終わらないからそうしているだけで、楽しくもなんともない。読者が想像力を働かせたくなるような部分がないと、結局は読んでもらえないっすよ。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 20:22:22
    「予定調和」とか「ありがちなオチ」を嫌ってプロットをひねろうとする強迫観念のようなものを感じることがあるのだけど、筋立ては陳腐でも読んでいて楽しいことは十分ある。力の入れどころを間違えてないか、と立ち止まって考えてみることをお勧めしまーす。今回の応募には間に合わないけどね。
  • 杉江松恋@好きな言葉は「つ離れ」 @from41tohomania 2015-04-14 21:00:15
    伊坂幸太郎『重力ピエロ』の影響か、一行目だけすごく凝った文章をもってくる応募原稿も最近よく見るんだけど、あれ、最初だけ印象的でもその次の数ページが無個性だったらすぐに忘れられちゃうからね>RT マラソン大会で最初だけダッシュする人と同じだよ。

コメント

  • 久我まさゆめ @k_masayume 2015-04-14 23:13:27
    なかなか興味深い話が多くて頷いしまった。創る側だけでなく観る側読む側もインスタントな状況説明に慣れすぎてるフシがある。個人の好き嫌いでなくよくわからんから1話切りしたぜとか。ただ好きな作家に作風やら影響受けるのは勘弁してやって……(過去を振り返って悶絶)
  • 岡一輝 @okaikki 2015-04-14 23:58:09
    とりあえず、一ページ目に、ミステリなら死体、エロならおっぱい、SFなら怪獣を出さねばならないとゆう、鉄の掟。「この作品はこういうノリで、先に進むとこういう『お楽しみ』がありますヨ!」と、まず三十秒で客にバーンと見せる。映画なんてみんなそうだよねえ。
  • 岡一輝 @okaikki 2015-04-15 00:03:19
    いきなり説明から入るって、むしろ難しいよね。聞き手が、何についての説明だか分からない説明なんて、説明でもなんでもない、ただの単語の羅列だ。まずはバーンと事件を起こして、ショッキングなシーンをドカーンと見せつければ、客の方から「コレは一体どおゆうことだ、説明しろ!」って言ってくるんだから。説明なんてそれからで充分でしょ。
  • こざくらちひろ @C_Kozakura 2015-04-15 00:11:08
    小説に限らず、「書き手が一番楽しんじゃってるなあ」という印象をもたれたら、エンタメとしては失敗なのよ。
  • こざくらちひろ @C_Kozakura 2015-04-15 00:13:30
    物語を面白くするのは、設定・事件・台詞ではなくて、欲望・反応・決断なんですよ。つまり冒頭から理屈で進めようとすると、読者は物語に入っていきにくい。
  • 凪乃司 @tukasa_n 2015-04-15 00:43:44
    読み手側でしかない身だが心のおしゃれメモに書き込んでおきたい
  • 遊川恒星 @kouseiy 2015-04-15 00:55:50
    一点、言葉足らずじゃないかという点。「どれもこれも状況説明か台詞で始まるものばかりだとうんざりしてくる。」って言うけど、それは文章に松恋氏が言うところの「もてなそう」「楽しませよう」というための「技術」が足りなかっただけの話。物語の冒頭部で状況説明しないでいつするの?と考えれば松恋氏の言葉がちょっと変だと言う事は感じられるのでは無いでしょうか。台詞で始まる事だって別におかしい訳じゃありません。そこに「読者をおっ?と思わせる力」が無い作品ばかりだったから読んでいてうんざりしただけという話です。
  • ミャオ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2015-04-15 01:00:37
    まことにしかり というか目からうろこ
  • たけ爺 @take_ji 2015-04-15 03:05:13
    出だしに主人公アップで「え!!○○だって!!」で始まるドラマや映画が結構あるので『台詞で始まる』のは普通だし、『時に元禄○○の頃~』から始まる時代劇なども昔から結構あるので『状況説明から始まる』のも、おかしい訳じゃないんだよね。ただ「見せ方が甘い」(使い古された技法)というだけで。
  • 野嵜健秀 @nozakitakehide 2015-04-15 03:30:32
    小説では、人物の行動やセリフ、心理の描写だけではなく、風景の描写なんかもしつかり書かれてゐるといいですね。「南米に移住する」と設定が説明されてゐるだけでは物足りない。南米の雄大な自然が具体的に・いきいきと描かれてゐると、話が立体的に感じられてくる。
  • Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2015-04-15 08:20:01
    小説だけじゃなく、クソ映画やクソドラマにも通じる特徴よな
  • ジョらえもん @JORA_JORAEMON 2015-04-15 08:55:43
    これはとても参考になる。お話作るなら、こういう演出の部分で読む人を引き込ませる感性を磨かないと。
  • たくさん @RascalTaku 2015-04-15 09:22:45
    抜きんでて小説家になるということは本当に大変なことなんだとあらためて思います。昔自分も某新人賞の下読みをしたことがありましたが、ほぼ全部「ブログでやれ」って内容でしたね。
  • せれあん(17歳) @Cellea17 2015-04-15 10:33:31
    状況説明をいれずに中途半端に話を先に進めちゃうと、読者が脳内で自力で補完しながら読む感じになったりして、いざ状況説明をいれた時に読者の脳内とのズレが出て「えっ」になることもあるわけで、それはそれで読みにくくなる要因だから難しいところ。
  • KAMO nang-bang @dead_san 2015-04-15 13:10:39
    台所の苦労を食ってる人に気づかれるようでは失格と池波正太郎さんも言ってた。
  • taka @Vietnum 2015-04-15 14:20:13
    普通に売られてる小説――しかもラノベじゃない一般的な小説ですら、登場人物の見た目を箇条書きで全部述べてる作品が多いし、出だしから説明描写が多いSFは異世界を描くから仕方がないことだと思うんだけど、結局はそういう細かなところが云々というより、作品全体として読者を楽しませようとしてるかどうかという、総合的なでもてなしてるかどうかが重要ってことなんでしょ?
  • たけ爺 @take_ji 2015-04-15 17:35:35
    『マラソン大会で最初だけダッシュする人と同じ』:そう考えると「マラソン大会を全力ダッシュで駆け抜けていった」走れメロスの疾走感はすごすぎる。しかも、あれだけ駆け抜けて、オチが「いやん、裸で恥ずかしい」というのは、突き抜けすぎ。
  • たけ爺 @take_ji 2015-04-15 17:48:58
    「イイハナシダナー」を直後に「いやーんマイッチング」で落とすって、すごすぎ。
  • まりあ提督と作家椿@ティア120 @meganex_or_lucy 2015-04-15 18:48:24
    ここで述べられてることは「やれて当然」の話なんですよね。小説、いえ、物語は合コンでもお見合いでもなくて、同じ恋愛に例えるなら、中学や高校で「なんとなく気になる男子(女子)がいて云々」という具合。あと他に気をつけるべき点は、「見えない物は見えない」という事でしょうか。プロでもたまにやらかしちゃうんですが。心理描写では特に気をつけねばなりませんね、「見えない物は見えない」という事は。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015-04-15 18:52:42
    「ええっ、なんだこのダメ投稿の山は!」ぼくは嘆息した。新人賞投稿の下読みをやりはじめてもう○年…(←ダメな小説の書き出しの例)
  • ぼんじゅ〜る・ザ・ビースト @France_syoin 2015-04-15 20:43:53
    まぁこれもパターンの一つでしかないわなw要は小説自体が面白けりゃなんでもいいんだが、投稿作がつまらないから変なところが目立つっていうw
  • 腐ってもA3!をやれBot @kusattemoevill 2015-04-15 23:45:00
    kouseiy この説明から云々の話の枕には「物語のシークエンスを進めずに」という言葉が隠れてると思うんですよね。もちろん状況説明もなにもないと読者は困惑するばかりですが、物語が全く進まないまま設定だけクドクドと語る話はかなり多い。うまい導入というのは話を進行させつつも説明を散りばめていきますから……
  • 腐ってもA3!をやれBot @kusattemoevill 2015-04-15 23:59:14
    それにこういう導入部で躓く作品は、全体的に情報の出し方自体が巧みでない場合も多くて、その時点では重要でないものまで一気にドバッて設定を開示したりする。多分、情報のコントロールという概念すらない人もいるんじゃないかな
  • ざの人 @zairo21 2015-04-16 18:17:13
    これは一つの見方として 審査員はこう見てるとして 選考に残る小説を書くには?という意味では大いに参考になる。  一方、ヒットしているというラノベの中には 得てして「主人公がつぶやいての状況説明って手法」がわりと多いのがヒットしてたりもする。そういう作品群を観て、マネてというのも有ると思いますね。
  • ざの人 @zairo21 2015-04-16 18:25:06
    それに 「ヒットしているから良い作品」ではないから難しい。 その点 漫画は最初読んでて 面白いかどうかは顕著に出ますからね(絵柄の好みはあるけど、漫画の場合は絵で補完されるから、最初のセリフが状況説明でも 絵のインパクトで乗り切れますしね。
  • まりあ提督と作家椿@ティア120 @meganex_or_lucy 2015-04-17 02:05:51
    kusattemoevill 「私(わたくし)は常にその人を先生と呼んできました」とか、「恥の多い生涯を送ってきました」とか、「トンネルを抜けると雪国だった」とか、最初の一文に相当腐心した様子がうかがえますよね。
  • 腐ってもA3!をやれBot @kusattemoevill 2015-04-17 02:28:09
    meganex_or_lucy そこまで行くと説明そのものがフックになってますからね……でも「俺は○○で○○という学校で」とか、そういう前後に続きが感じられない説明だと、読み手の興味を惹けないという
  • まりあ提督と作家椿@ティア120 @meganex_or_lucy 2015-04-17 02:32:08
    kusattemoevill ですね。気付いたのですが、「俺は○○で△△という学校で」というのはあくまで設定、バックボーンであって、主人公が今正に体感していることではないんですよね。私がアレンジするなら、という前提ですが、「教室の隅に自分の席があるというのは、物語における普遍性だ、とどこかで読んだことがあった」と始めますね、どこにでもいる男子高校生が主人公なら。
  • 腐ってもA3!をやれBot @kusattemoevill 2015-04-17 02:48:16
    meganex_or_lucy バックボーン語りから始まっても、続く文章が最文頭を活かすものである。またはテーマに直結するような一文ならいいんですが、この場合、ただの独立した設定開示になってて、構成要素として死んでいるんですよね。その例文なら、料理次第で「非凡な高校生の話」の文頭にも使えたりもしますね
  • まりあ提督と作家椿@ティア120 @meganex_or_lucy 2015-04-17 02:52:28
    kusattemoevill で、やっぱりこの編集者さんの言っておられることは正しい、となるんですよね。物語の冒頭は、読者を「物語の世界に引き込む物」でなければなりませんから。単なる設定開示でも、確かに料理人の腕如何で引き込ませることは出来るのですが……。
  • 腐ってもA3!をやれBot @kusattemoevill 2015-04-17 03:04:09
    meganex_or_lucy ですね。ただ新人賞対策的に言えば、たとえ料理ができていても特徴が他と似通いすぎていた場合、多少なりとも埋没してしまう危険があるので、避けたほうが無難ではあるかもしれません。読む側も人間ですからね……
  • まりあ提督と作家椿@ティア120 @meganex_or_lucy 2015-04-17 03:07:22
    kusattemoevill ありふれた表現だったとしても、例えば、「気付けば、私はいつも彼女を探していた」という一文をしてみても、物語の冒頭に持ってくれば輝く筈なんですけどねぇ……。自己満足を作品にするというのは、人にオナニーを見せるような物で、それが極上の美女の物であれば注目を浴びるでしょうが、凡百の男がやってもただただ気持ち悪いだけです、と、そういう落としどころでしょうか。
  • あまの めぐみ @meguamano 2015-04-18 07:48:15
    ただ、映画の場合、話を楽しみたいのであって観光案内はそんなにいらないと思ってしまいますね。ほら実写版のルパ(ry とかあと二時間殺人ドラマとか。断崖絶壁に行き着くまでに観光名所をめぐる推理はいらんずw
  • 谷山とわ @to8var 2015-04-19 17:25:35
    今の時代がどうなっているのか不勉強にして全部に目を通してない以上言及はできないのですけど、わたしらの世代のラノベの原形たる新井素子さんの小説はヒジョーに読みやすいし脳内で勝手にキャラが動いてくれる。それはなぜ? と考えてみればこちらに書かれている話は腑に落ちる。(他にもいろいろと技は見られるのですけど)
  • 人形使い @doll_player 2015-04-20 15:02:08
    地の文で延々と世界観やキャラの説明をしてしまう、作者の知識自慢でページが埋まってる、なんていうのもこのへんが原因だよな。読者が読みたいのは物語であって設定資料集やカタログではない、という。
  • あっきぃ。@なろう @akkiy_ya 2015-04-20 21:10:40
    審査員がどういう観点で評価しているかが非常によくわかるまとめだと思う。まあ、新人賞は大抵ろくに売れない運命だってことも付け加えた方がいいけど(審査で選り分けた末、無難か尖り過ぎているというパターン)。
  • smw @Shi_MeiWo 2015-04-21 11:10:23
    小説は楽しもうと思ったら長く媒体に拘束されるからめんどくさい。ツイッター小説『ニンジャスレイヤー』みたいに20~30ツイートでクライマックスとヒキを作って「つづく」みたいなのばかりなら気楽に読めるんだけど。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015-04-21 19:46:05
    「晴れた6月の朝だった。杉江松恋は公園のベンチでパンツ一枚で寝ていた。発見したのは公園の清掃人で、鉄道会社を定年退職したあと2年と2か月その職についていた」(←シーラッハみたいに書いてみる)
  • ぱんどら @kopandacco 2015-04-22 17:57:22
    支倉凍砂氏の投稿作は小説としてえらく読みづらくて、公開する前に大幅に手直しが必要だったって話をどっかで読んだ気がする。何でそこまでした(させられた)かって、そりゃ中身が面白かったからだろうけど。
  • 犬井作 @miduki_neko 2015-07-24 13:53:09
    むちゃくちゃ参考になりました

カテゴリーからまとめを探す

「車・バイク」に関連するカテゴリー