同性パートナーシップ条例と渋谷区長選−島田暁氏のツイート

同性パートナーシップ条例の制定プロセスに見られる渋谷区政の問題点を中心に、渋谷区長選について、島田暁氏のツイートを中心にまとめました。
東京
29

ホームレス問題と同性パートナーシップ条例

島田 暁 @Akira_Shimada
また、渋谷区長が同性パートナーシップ条例PR会見で「渋谷区に野宿者はいない」と語ったり、区の主導で強制排除を繰り返している事で実際は野宿生活者の生存に脅威を与えているということ、つまりスティグマを強化し、市民からの攻撃を助長してると、いちむらみさこさんの語りから教えられました。
島田 暁 @Akira_Shimada
昨今ヘイトスピーチが社会問題化していますが、まさに渋谷区長からは野宿者に対するスティグマを強化するヘイトスピーチが公然と行われ、生存に脅威を生じさせているにも関わらず、一方で進められる表層的な「LGBT人権擁護」に誤魔化され問題化されていないという認識を得ました。
島田 暁 @Akira_Shimada
また、渋谷区の「同性パートナーシップ証明」は、それ単体では、区営住宅という倍率の非常に高い住宅への「居住申し込みができる権利」が保障されただけで、いわば「宝くじを買う権利」のようなものが保障された意味では機会均等ではあるけれど、当たるかどうか結果の平等は保障してないという指摘も。
島田 暁 @Akira_Shimada
渋谷区の「同性パートナーシップ証明」は、権利をさほど保障しない割に義務が多く規定されている。「結婚に相当」とするために課される義務が重いにも関わらず、大して権利は保障されない。それどころか区規則で義務はさらに増す可能性あり。そういう実態を読み切れてない段階。語る場はまだまだ必要。
島田 暁 @Akira_Shimada
実態を正確に読み、条例の制定過程を仔細に辿り、なぜ権利よりも義務が過大にかぶさるものを「飲まされる形」になったのか。なぜそんなものが誕生してしまったかの検証が必要。どういった条例なら良いのかの議論は、まずそこらへんの実態解明が出来てからこそ、有意義なものになるのだと思います。

区長選の候補者と構図。

島田 暁 @Akira_Shimada
渋谷区長選。村上英子都議が辞職して自民、公明推薦の臨戦態勢に sankei.com/region/news/15… この方は昨年、東京都議会での「セクハラヤジ問題」の時、自民党都議団がイメージ刷新で幕引きを図るためトップに据えたと言われてる人 tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/…
島田 暁 @Akira_Shimada
渋谷区長選は長谷部健・渋谷区議も立候補表明し、桑原区長が応援に駆け付けていますが hochi.co.jp/topics/2015040… 東スポは自公推薦の村上英子さんと、複数の野党推薦が推薦する矢部一さんの「一騎打ち」と報じていますね。 tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/…

「同性パートナーシップ証明」の推進者だった長谷部健候補について。

島田 暁 @Akira_Shimada
願わくば、同性パートナーシップ証明施行に関する「条件」のハードルをさらに上げ、既に明文化されてる差別をさらに強化する人でなく、かといって人権使い分けで弱者を排除し、違法行為をものともせず虚飾にまみれた商業都市化に「LGBT」を「活用」するような新自由主義者ではない人が渋谷区長に!
島田 暁 @Akira_Shimada
.@19hz 御教示ありがとうございます。では、東京地裁から違法判決が出た宮下公園のネーミングライツと同様、法に抵触する強引な手法を区長選でも駆使していることになりますね、長谷部健さん・・・。
島田 暁 @Akira_Shimada
長谷部陣営は、あえて民主や共産が推す矢部一さんの存在を消して「VS自民」の二項対立を演出してる感じですね。「同性パートナーシップ証明の今後がどうなる?」を票集めの具にした場合、実際は矢部さんと票を分けそうですからね。 @JETIKERU
島田 暁 @Akira_Shimada
なるほどー。保守か革新かの構図では「村上・長谷部VS矢部」。同性パートナーシップ証明書のための区規則がどうなる?という構図では「村上VS長谷部・矢部」となるんですね。あとは、渋谷地盤の企業体(自民)VS別の企業体(長谷部)による利権争いも加わって複雑。 @JETIKERU

渋谷区の議会軽視体質について。

島田 暁 @Akira_Shimada
@JETIKERU その方のツイート見ましたよ。渋谷区の場合、区議会を実質的には蚊帳の外に区長と区の担当者で物事を進めることがよくあり、例の条例もそれで通って行きました。最後の委員会傍聴の際、いつものそのやり方に怒る質問が多発してたのを目撃。詳しい方から体質的にそうだと聞きました
島田 暁 @Akira_Shimada
@JETIKERU 長谷部健区議による宮下公園のネーミングライツ売却も、区議会にかけずに進められたことに対して東京地裁から違法判決が出ています。(しかし渋谷区は控訴)。渋谷区ってのは議会軽視が甚だしい区みたいです。
島田 暁 @Akira_Shimada
@JETIKERU 個人で監視をがんばっている方がいるのですが、情報公開請求の資料代を倍額に値上げされるなど、嫌がらせを受けているとのことです。あと、無所属議員で数名、そうした体質と闘っている方々もいるので、そういう方たちにこそ継続して議員となって欲しいです。

笹本由紀子区議や堀切ねんじん区議のことですね。

島田 暁 @Akira_Shimada
@JETIKERU 請求した様々な資料代として、コピー料金の相場の倍額に突然、値上げされたそうです。しかも最近。あと、審議中の案件に対する情報公開をしても、区議会の最終日、審議している時間そのものに公開ということもしているようで、なにか問題を見つけたとしても手の打ちようがない。

再び、区長選の構図と、争点に対する各候補の主張。

島田 暁 @Akira_Shimada
今朝の読売新聞都内版に、渋谷区長選の「対決の構図」が載っていました。 ★「同性パートナー条例」(←条例の正式名ではありません。読売の記述のまま) ・矢部一(民主、維新、社民、生活推薦)→理解を示す ・長谷部健(桑原区長から後継指名)→推進 ・村上英子(自民、公明推薦)→慎重な姿勢
島田 暁 @Akira_Shimada
★渋谷区庁舎の建て替えについて ・矢部一 →現区政を「議論が尽くされないまま物事が決まっている」と批判。「もっと議論し、区民の声も取り入れたい」。 ・長谷部健 →推進。 ・村上英子 →計画通りに進める。 …読売の分析では「新条例や庁舎で三つどもえ」という構図とのこと。
島田 暁 @Akira_Shimada
読売の報道によると、渋谷区の秘密主義、情報公開の酷さ、議会軽視を批判してるのは矢部一さんのみ。長谷部健さんは、その体制に乗っかって進めたナイキとのネーミングライツ契約に対し、東京地裁から違法判決を出されてます。「同性パートナーシップ証明」に賛同なのは、矢部一さんと長谷部健さん。

渋谷区政の体質から、ホームレス排除〜「同性パートナーシップ証明」への流れ。

残りを読む(44)

コメント

森下 泰典【テロと差別に反対】 @a1675ka 2015年4月19日
「唯一、距離を置いて批判的言説を繰り広げたのは産経のみ。」という島田氏@Akira_Shimada こそ、八木秀次なんか出したバックラッシュ派の産経http://buzzap.jp/news/20150417-sankei-shibuya-same-sex-partnership/と距離を置くべし
S.V.C.D @piyxyy 2015年4月24日
ゲイリブの中心に長くいた人が若い世代・新しい世代との交代の中で自分の思う様に運動を動かせなくなってきて焦ってるんでしょうね。「団体」で運動を動かす時代ではないことを過去10年のパレード内紛や尾辻さんの選挙運動で何度も目の当たりにしてきたはずなのにきちんと総括してこなかった結果なんじゃないでしょうか。
前田はじめ @k23k2345 2015年4月30日
身内にいるんですよ、文句ばかり言ってぶち壊しにする人がね。完璧でないと、一歩も先に進めない人がね。奴らの手に掛かると、物事が停滞し、一歩も先に進めない、何年間もその場に留まったまま。  渋谷区の件、島田さんに潰されなくて本当によかったです。  ひとまず、条例も通ったし、選挙も済んだし。 
ひな @Karerllen 2015年5月7日
またゲイリブか(笑)。 性的嗜好と政治思想に関連などないし、年収うん億の金持ちから無職のヒモまでいる「ゲイ」と「ホームレス」を簡単に連動するものとしてどうして思えるのか不思議でならない。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする