研究者の蔵書をどう処分するかとか

研究者は職業柄当然ながら大量の資料を抱え込みます。大学教員が退職して研究室がなくなると、その蔵書はどうなるのか。なかには散逸させたらたいへんな資料もある。とはいえ図書館はすでに満杯状態だし、そもそも研究者の蔵書すべてが貴重というわけでもない。そのあたりの話題が出ましたので、雑誌収集の話とあわせてまとめてみました。
収集 研究者 蔵書 資料 処分 雑誌 図書館 アーカイブ
81
ESHITA Masayuki @massa27
実際には図書館にはそういう寄贈申し出がものすごく多く、ではと蔵書をみるとすでに所蔵している(あるいは廃棄済み)本ばかりということが多いらしい。親しい古書店の人の話でも、実際に貴重といえるような資料はかなり少ないそうだ。 twitter.com/epikurimarx/st…
ESHITA Masayuki @massa27
和書の専門書だと、どれほど単価が高くても古書的にはゴミということが多い。全集や選書もまず確実にゴミ扱いされる。古書マニア的な見方をすると、むしろ多くの人がゴミと思っているものの方が価値がある。戦後の赤本とかカストリ雑誌が典型ね。
ESHITA Masayuki @massa27
多くの人が「これは貴重」だと思う本や雑誌は、多くの人はもちろん図書館も保有していることが多いんですよ。逆に、多くの人にとってはゴミでも特定の研究をしている人には重要なものというのは、まさしく散逸させてはいけない宝の山ということが多い。
ESHITA Masayuki @massa27
だから米澤嘉博さんの蔵書は貴重だったわけだよね。
ESHITA Masayuki @massa27
わしの蔵書を処分するとなったら、雑誌はもらうが単行本はイラネってことになることは確実じゃろ。わし一人だけで日本とフランスの女性誌・ファッション誌が五千冊一気にそろうわけだもんな。
Kanorin_EX @ant_onion
@massa27 @kingbiscuitSIU @epikurimarx よほど金持ちの教員以外は私費でそんなに貴重なものは買えない罠が…。それに普通に公刊されているものなら書き込んだりその他で図書館には不向きに…(^^;
ESHITA Masayuki @massa27
@ant_onion @kingbiscuitSIU @epikurimarx 研究とか収集の世界ではしばしば「ゴミ」が貴重な資料に化けるので、高価な書籍を買うかどうかよりも、稀少性の高い資料を収集・維持できるかどうかが問題だと思いますよ。
Kanorin_EX @ant_onion
@massa27 @kingbiscuitSIU @epikurimarx まあ稀少性と言うことでは初期のコミケ等の同人誌とか色々な意味で宝の山になりそうですね。
Shujiro YAZAWA @epikurimarx
@ant_onion @massa27 @kingbiscuitSIU:御説ごもっとも。その上で、図書館の貧困のゆえに、教員の蔵書量は概して多く、図書館は満杯、古本屋さんとは違った観点で申し上げました。
ESHITA Masayuki @massa27
「ゴミ」資料の保存というのはむしろこれからの方が問題だよね。たとえば雑誌は大宅文庫なりお茶の水図書館なり、けっこう幅広く収集されているのだけど、たとえば読者モデルの古いブログ記事が今後どうなるのやら。デジタル時代のアーカイブスの問題は20年後かなり深刻化するのではないか。
Kanorin_EX @ant_onion
@epikurimarx @massa27 @kingbiscuitSIU ええ、一般の地方公共団体の図書館蔵書は量的にも質的にも大抵は…(;_;)
ESHITA Masayuki @massa27
200年前のフランスの貴婦人がどんな服装だったのかは、色刷りのモード版画からある程度の類推はできる。だが、2200年の時点で2000年当時の読者モデルがどんなファッションをブログで押していたかを調べられるようにするのは、けっこうアーカイブス化がたいへんそう。
ESHITA Masayuki @massa27
@epikurimarx なんにせよ図書館の機能が弱すぎるということには前面同意です。古書店の「ダム」機能がやせ細っているのも、部分的にはそれに連動しているのですよね。図書館の自助努力も限界があるわけで、何とか支えねばならぬわけですが……
ESHITA Masayuki @massa27
雑誌収集かつ雑誌研究を実践する立場からいうと、創刊号よりも創刊第2号・3号の方が貴重だし、入手もより困難ということが多い。世の中、創刊号コレクターはけっこう多いので、創刊号は相対的には入手しやすい。研究となるとそれだけでは不十分なので、2〜3号が先にゲットできるとホットする。
ESHITA Masayuki @massa27
たとえばわしの手持ちだと、JJは創刊号と2号はあるが3号がない。CanCamとViViは創刊号と3号はあるが2号がない。そしてどれも創刊号は2冊ずつ持っている。ほかにも創刊号はあるけど2号か3号がないという雑誌はかなりある。
ESHITA Masayuki @massa27
散逸させてはいけない貴重な資料ということからいえば、AVなんかは緊急度が高いんじゃないのかね。80年代後半のVHSは画像がもうかなり厳しいだろう。
ESHITA Masayuki @massa27
黒木香『SMっぽいの好き』とか天地真理『危険なレッスン』あたりは昔の古書店巡回時に見かけたので「保護」しといた。
ESHITA Masayuki @massa27
JJは創刊第3号(1975年10月号)が手に入れば、創刊号(同6月号)から1990年7月号まで切れ目なく揃うんだけどねえ。
赤い豚(出荷済) @cochonrouge
@massa27 マニアが保管してると思いますが、国は収集する気無いでしょうしね
ESHITA Masayuki @massa27
@cochonrouge クールジャパン構想でAVのデジタル・アーカイブス化に取り組んだら高く評価したのだけれど。風俗資料館でも映像関係まではカバーしきれてないみたいだし、道は険しそうです。
くれど@労働調査研究所 @junksai5
@massa27 @Truppenamt  戦後のカストリ雑誌は そろそろ紙が寿命にきてませんか?
ESHITA Masayuki @massa27
@junksai5 @Truppenamt きわどいです。だから早めに自炊しておかないと。

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月28日
フィギュアとか抱き枕とか集めておくと100年後には今の浮世絵みたいになるかもですね。
ワカゾー @WakazoMarine 2015年4月28日
船舶艦艇・釣り関連の蔵書ならは是非ボクに一度声を掛けて頂ければ嬉しく思います!無駄にはしないと約束します。ボクが死んでも母校(海洋系)に行くだけです!
夏コミ(日)西C-52b 壱岐津礼@お茶菓子!!魁 @ochagashidouzo 2015年4月28日
うちの親父が買いまくってるネトウヨ御用達本とかカルトとか自己啓本とか、私的にはゴミにしか見えないんですが誰かの研究資料になるんですかね?
nekosencho @Neko_Sencho 2015年4月28日
ゴミ的なものって、出回ってもそのうちみんな捨てちゃいますから。よほど貴重なものに思えないと先代の遺した本や雑誌って廃品回収か古本屋行きでしょ?
ドンドコ @n0yujin 2015年4月28日
この手の話で常に思うのは、図書館が貧困だとかいう謎の嘆き。必要がないから図書館は貧困なのだ。
ドンドコ @n0yujin 2015年4月28日
研究者の蔵書で重要なことは、おそらく蔵書のリスト。本そのものより、何を調査研究していたのか、どの順番で本雑誌を置いていたのか、ということでは。
言葉使い @tennteke 2015年4月28日
吹奏楽・軍楽関連の書籍や資料を収集していまして、最終的には私設音楽図書館を作りたいのですが、司書の資格も取れず図書館の作り方も解らず、ただ集めているだけになっております。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2015年4月28日
tennteke 短大で司書資格を取ったまま腐らせている人が多いので、お嫁さん選びの条件にそれを
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月28日
楽譜の管理って図書館員でも難しいのよね。十進法分類じゃできないんだけど、けっこう細分化されてる。
ネコチャキュービー @NekochaQB 2015年4月28日
とりあえずカリフォルニアあたりに でかい倉庫を確保して片っ端から放り込んでいったらいいんじゃないかと思う。
ドンドコ @n0yujin 2015年4月28日
tennteke 図書館の運営には司書資格は関係ないと思います。本の貸し出しや複写は著作権法が絡んでくるのでカネを払う必要があったかと。
言葉使い @tennteke 2015年4月28日
n0yujin 司書さんを雇う場合、やはり雇い主が資格を持っていた方がいいですから…。お嫁さんは気がつきませんでした!
岡一輝 @okaikki 2015年4月28日
吉田正高さん@yoshidamasatakaとか劇画狼@おおかみ書房さん@gekigavvolfとか、長生きして欲しいなあ。後に続く人も出てきて欲しい。
岡一輝 @okaikki 2015年4月28日
書物に限った話じゃないかもねえ。日用品とか工業製品とか。百年前のモノなら大切にされるけど、四十年五十年のモノはドンドン捨てられる。
岡一輝 @okaikki 2015年4月28日
おばあちゃんが捨てようとした箱の中身、史料的価値が高すぎると話題に!! - Togetterまとめ http://togetter.com/li/771855 チョット前にはこんなネタもあったなあ。コレとは逆に、「コレクションを勝手に捨てられた」ネタも半ば定番と化している。
岡一輝 @okaikki 2015年4月28日
今では「古いモノに意外な価値がある」という意識、だいぶ広まってきたけれど、『なんでも鑑定団』が流行る前には、いったいどれだけの「お宝」がゴミとして廃棄されてきたのやら、考えるとうすら寒くなる……
ワカゾー @WakazoMarine 2015年4月28日
やはり皆さん大事だと思ってるんですね。今からでもボクの頭の中の海洋関係を資料としてまとめつつ、蔵書の目録を作成していくべきなのでしょうか。
殻付牡蠣 @rareboiled 2015年4月28日
簡単に出来る事と言えば、それを他人にさらすってことでしょうかね?写メでも取って、これ要らね?って発信する事が大事なのかなと。資料は、あるべき人の元になければ意味ないことも有りますからね。
ESHITA Masayuki @massa27 2015年4月29日
わしは買い集めた新書判コミックスはリストにして書影もスキャンしてサイトに上げましただよ。なかには古書店でスキャンさせてもらったのもあるので、すべてが自分の持ちものからというわけではないけれども。 http://www.eshita.jp/comics/
TANABE Toshiharu @itinoe 2015年4月29日
一般書籍は国会図書館に収まるけど(一部デジタル資料含む)その他のチラシや現品・パッケージ化されていない映像類・法律的にグレーだったり真っ黒だったりするもの・ゲーム類は国や自治体として収集されていないので、それらろ『文化』と思う人は自前で収集・保存しないといけない。
TANABE Toshiharu @itinoe 2015年4月29日
資金や空間は有限なので完全網羅や動態保存することを考えるとそれなりに困難。 というわけで「今、好きなもの」があれば、そこにかけるお金のほんのちょっとでもいいので「今それを集めている団体・個人」に分けてくださいと広く言ってみたい。
TANABE Toshiharu @itinoe 2015年4月29日
個人的には「アーケードゲーム博物館計画」( http://island.geocities.jp/ugsf_west/ )とかとかとか あと、古いネットワーク機器類集めているところあるかな
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2015年4月29日
もし自分の蔵書に価値があると思えるなら「xxという価値がる」と遺言つくっといて、そのxxという価値を共有するところに連絡してもらって、保持くらいしかないよね...金銭やそれに類するものに変換できないなら、受け取った側にとって価値がないのはたしかなので...
言葉使い @tennteke 2015年4月29日
マンガ喫茶を開業する人向けに古書業界が基本セットを販売している例があるんだから、その分野の初心者・中級者・上級者向けにセットを作って販売したらいいかも。
kartis56 @kartis56 2015年5月7日
infoseek の無料ブログがなくなった時、お絵かき掲示板の画像保管庫とか作ってた中の人と連絡が付かなくて仮にアーカイブしたっていう事例があったっけ。もっと近い例だとTwitpicかなんかがなくなるとかいうんでごっそり削除されたのとか。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年5月7日
それは潰れたマンガ喫茶の蔵書を回してるんじゃないかな RT:tennteke「マンガ喫茶を開業する人向けに古書業界が基本セットを販売している例」
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする