なろう作者寛喜堂さん、いきなり金庸さながらの武侠小説をあらすじ公開

戦国リーゼントで人気を博する大軍師初音さま@寛喜堂/小説家になろうさんは、中国武侠小説もその薬籠中に収めていた! 映像が脳内に余裕で再生されるあらすじがいきなり公開され、「それを拾って食うマン」こと冴吹稔は随喜の涙を流しつつ合いの手を入れながらTLを追い続けるのだった。 ホント台湾からエージェント来なさいよ、ホント。
8
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

この勢いで、書けそうにない中華もののプロットを公開してみるか。

2015-05-21 19:16:52
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

プロットというか、あらすじだけど。

2015-05-21 19:17:26
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

@seabuki あんまり期待されても困りますが、それでは。

2015-05-21 19:18:35
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

劉紫煙は江湖に名をとどろかせた女侠、劉媛と蔡志深の娘である。 亡き母の遺言で杭州臨安府に住む父、蔡志深を訪ねる途中、偶然にも同日に死んだ父の遺言で、母を訪ねる途中の双子の兄、蔡華叔と出会う。 二人はそろって墓前に並び、父の霊を祭ったあと、今度は母の墓がある南潯鎮に向かう。

2015-05-21 19:19:08
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

その途中、二人は蔡志深に恨みを持つ白面羅漢 郭偃に出会う。 武芸を持たぬ身で劉紫煙を庇った蔡華叔は深手を負うが、偶然に通りかかった護法童子 呉広能に助けられた。 呉広能は元宦官ながら護法童子と呼ばれるまでに正義を愛し、奸悪を憎む人物である。

2015-05-21 19:19:37
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

@seabuki 武侠モノです。考証不足ですので悪しからずです。

2015-05-21 19:21:01
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

呉広能は蔡華叔の侠気を愛し、内傷を負った彼を助けるため、虎丘に住む白華仙 白玉遥を訪ねる。 白玉遥は自らに思考を禁じた奇人で、ただ金杯銀杯の教えにのみ従うと言う。 即ち白華堂に置かれている金杯を白玉遥に献ずればその者を助け、銀杯を献ずればその者の仇を討つ。

2015-05-21 19:21:09
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

白華堂に金杯を取りに来た三人は偶然同時に金杯を取りに来た丘敬慎と出会う。 冤罪で捕まった父を助けるため、金杯を頼りに来た丘敬慎の話を聞き、呉広能は板ばさみにあう。 命旦夕に迫った兄を助けるため、劉紫煙は丘敬慎を助ける事を申し出る。

2015-05-21 19:22:09
冴吹稔@カクヨムコン5特別賞・書籍化作業中 @seabuki

@kangidou もう杭州臨安府だけで杏仁豆腐一リットル食えるわー

2015-05-21 19:22:19
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

呉広能と蔡華叔は虎丘に向かい、劉紫煙は丘敬慎と蘇州に向かう。 白玉遥の秘薬 白蓮救命湯と、呉広能の三歳九歳丹の効果で強い内功を得た蔡華叔だが、その運用方法がわからず、危険な状態になる。 過去に同じ悩みに苦しんだ白玉遥は彼を助けるため、内功の運用を助け、自らの白華仙功を授ける。

2015-05-21 19:22:38
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

一方、劉紫煙は丘敬愼の父の冤罪、人殺しの真犯人を探すため、丘敬慎の友人で捕吏の楊容心と同行する。 殺された陸元才の所持していた名剣が盗まれていると知り、さらに手がかりを得ようと訪ねまわる二人の前に、劉媛と同門の兄弟弟子、神箭手 鄭秀蘭が現れる。

2015-05-21 19:23:12
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

劉媛と瓜二つの劉紫煙に憎しみの目を向ける鄭秀蘭。その腰にあるのは紛れもなく盗まれた名剣だった。 鄭秀蘭は、劉媛を敵視するに値する達人で、母の形見である神剣を以てしても劉紫煙の実力では対抗できない。 あわやというところに割って入ったのは白面羅漢郭偃だった。

2015-05-21 19:23:36
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

劉媛に思慕の念を抱いてていた郭偃は瓜二つの劉紫煙を見殺しにできなかったのだ。 旗色悪しと見て退く鄭秀蘭。だが劉紫煙は郭偃に攫われてしまう。

2015-05-21 19:24:04
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

半月ほど経ち、病を癒した蔡華叔と呉広能が現れる。 経過を説明され、郭偃の住む太湖のほとりに急行する二人。だが、郭偃の家には誰もいない。話を聞き、古墓にもぐった蔡華叔は、分厚い壁の下からにじみ出る血と残された神剣を見つけた。

2015-05-21 19:24:44
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

妹を亡くし、傷心の蔡華叔は呉広能と分かれ、母の眠る南潯鎮に向かう。 そこで母の墓前に報告し、哭す蔡華叔。そこへ、劉媛、鄭秀蘭と同門で一世代下の小覇王 尹子遠が訪ねて来る。 流派の秘剣である神剣を蔡華叔が持っていることに腹を立てた尹子遠は蔡華叔と争う。

2015-05-21 19:25:16
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

武術は素人同然だが、深い内功を持つ蔡華叔と、尹子遠の実力は、蔡華叔がやや押され気味なものの、拮抗していた。 そこへ現れたのは天泰寺の武僧、無知上人だった。 あまりに拙劣な蔡華叔の剣法に苛立った無知上人は蔡華叔に数手教える。

2015-05-21 19:25:51
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

今度は尹子遠が押され始めたのを見ると、また割って入って尹子遠に数手教える。 そんな事を数回も繰り返して見ると、互いに馬鹿らしくなり、どちらとも無しに手を止める。 飄然と去っていった無知上人に頭を下げ、二人は互いに挨拶する。

2015-05-21 19:26:15
冴吹稔@カクヨムコン5特別賞・書籍化作業中 @seabuki

台湾あたりの出版社からエージェント来なさいよコレ。普通に行けるわ、寛喜堂さんの武侠ものw

2015-05-21 19:26:26
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

尹子遠は蔡華叔を気に入り、義兄弟の契りを交わす。 母の住まいを訪れた蔡華叔は荒らされた家を見る。 憤る蔡華叔。家を片付けていると偶然秘伝書を見つける。 秘伝書を尹子遠に譲ろうとする蔡華叔。剣は劉紫煙の物で譲れないが、これは流派の大切なものだから兄貴に渡すのが順当だろう。

2015-05-21 19:26:41
大軍師初音さま@お絵描き中 @kangidou

尹子遠はその言葉に感動する。 そこに現れる鄭秀蘭と白玉遥。鄭秀蘭は銀杯を献じ、合力を願ったのだ。 武術の腕は上がったものの、尹子遠では鄭秀蘭に敵わず、また、蔡華叔も白玉遥の足元にも及ばない。 窮地に立たされる二人、そこへ劉紫煙が現れた。

2015-05-21 19:27:05
残りを読む(35)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?