限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
277
リンク www3.nhk.or.jp 児童連続殺傷事件の加害者 手記を出版 NHKニュース 平成9年に神戸市で起きた児童連続殺傷事件の加害者の元少年が、事件に至るいきさつや現在の心境などをつづった手記を出版しました。これに対し殺害さ…

平成9年に神戸市須磨区で発生した連続児童殺傷事件で、当時14歳だった加害男性(32)が手記を出版したことをめぐり、殺害された土師淳君=当時(11)=の父、守さんは10日、代理人弁護士を通じ、「私たちの思いは無視され、踏みにじられた」とするコメントを公表し、出版の中止と本の回収を求めた。
産経WEST


大原ケイ @Lingualina
いわゆる「酒鬼薔薇聖斗」の加害者男性の本について一考。ニューヨーク州には「サムの息子」法というのがあって、犯罪者が手記を書くなどしてその犯罪をネタに収入を得る場合、遺族など被害者が申し立てをし、売上げ金を取り上げることができる。 #amehon

  • 概要
    "A Son of Sam law is any law designed to keep criminals from profiting from the publicity of their crimes, often by selling their stories to publishers. While the term is most often used in the United States, it is also sometimes applied to laws passed with similar provisions in other nations."
    Wikipedia

大原ケイ @Lingualina
元々、70年代に起こったサムの息子連続殺人事件の犯人、デイビッド・バーコウィッツがメモワールを出そうとした際、それを阻止するために作られた法律。NY州限定だけど、訴えられる側の大手出版社がNYに集中しているので、大抵の場合これでカバーされる。 #amehon
大原ケイ @Lingualina
連邦法になっていないのは、表現の自由を保障した憲法修正第1条にひっかかる可能性があるから。 #amehon
大原ケイ @Lingualina
これまでにも、ジョン・レノンを射殺したマーク・チャップマン、不倫相手の妻を撃ったエイミー・フィッシャーが事件のことを語って報酬を得ようとする時にサムの息子法で阻止されてきた。 #amehon
大原ケイ @Lingualina
今回の元少年Aといい、最近では木嶋佳苗の手記といい、日本では出版社がセンセーショナルな犯罪をネタに金儲けをしようというケースがまかり通っていて、反吐が出そうです。 #amehon
大原ケイ @Lingualina
酒鬼薔薇聖斗事件の被害者家族は速やかに太田出版を訴え、売上げ金を全部まきあげるか、出版停止措置で全冊回収にでもなれば今後こういうのは減ると思います。そんなに自分のことが書きたければ、被害者家族の了承を得て、印税全額賠償に充てるか、無料公開ですればいいこと。
大原ケイ @Lingualina
あるいは何らかの犯罪に巻き込まれた経験を持つ親御さんたちが中心になって不買運動を起こすとか。
大原ケイ @Lingualina
映画Goodfellasの原作もマフィアの暗殺担当の過去を赤裸々に綴って裁判になり、米最高裁は、NY州のサムの息子法憲法修正第1条により違憲であるが、そのままでは範囲が広すぎるので、もっと限定せよ、という結論になった。そして限定された形で2001年に制定され、今日に至る。
大原ケイ @Lingualina
なんかグラデーションニャン子ぐらいの勢いでRTされているので、ちょっとツイッター離れます。サムの息子法について質問があればドーゾ。アタシも該当法の文章、読み返しておきますんで。

  • 補足
リンク TheFreeDictionary.com Son of Sam law Definition of Son of Sam law in the Legal Dictionary by The Free Dictionary
リンク note(ノート) 日本にも「サムの息子」法があれば「酒鬼薔薇聖斗」手記で儲けるなんて許されない | りんがる | note 1997年に起きた「神戸連続児童殺傷事件」で犯人とされた当時14歳だった男性が最近メモワールを書き、それがこのたび堂々と商業出版著書として刊行されるというニュースにびっくり、アメリカだったらどういうことになるか、ってなことをちゃちゃっとツイったら、予想以上に反響が大きく、Togetterでもまとめられていたのですが、法律の専門知識に欠ける上、私の認識がまちがっていた部分..

コメント

www @tosidense 2015年6月11日
日本も東京23区に限定すれば大手は大抵カバー出来るか。
バキ a.k.a.舎弟頭 @kaosaigalaxy 2015年6月11日
自由の国アメリカでこういう法律があるとは驚いた。
藁科 英司 @hamanako 2015年6月11日
連邦法には出来ない(憲法の遵守)のと出版阻止に成功した(州法施行まで出版社が自粛)のバランス
30ミリグラム @tsumanne30 2015年6月11日
法律に疎いせいか、憲法に引っかかる恐れのある法律が地方限定とはいえ施行できるというところに驚きを感じる。軽く調べるとアメリカでも賛否両論ある法律のようだが。 http://chizai-tank.com/Otsuka/Otsuka20090301.htm
fez @feathertiara 2015年6月11日
ウチの大学、パリ人肉事件の佐川氏を学祭に呼んでたけど、事件の話したかな?講演料は出してるはず。
30ミリグラム @tsumanne30 2015年6月11日
犯罪者が事件を元に金儲けをすることに不快感を持つのは仕方ないとして、それを規制すべきかどうかについては一線を引きたいところ。サムの息子法の「限定され制定された内容」が気になります。
あべさん @mao_instantlife 2015年6月11日
せめてこれくらいはやってほしい
大原ケイ @Lingualina 2015年6月11日
ちょいと認識が間違っていた部分もあり、ちゃんとまとめたので、興味があればこっちも読んでください。 https://note.mu/lingualina/n/nee602611698e
進士助平 @tamacoropon 2015年6月11日
表現の自由と被害者の人権は相容れないものではなく、ともに尊重しあえるものである
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月11日
殺人鬼のゴーストライターをする「二流小説家」って本があったよね。
江頭キチジロー @yanagomi 2015年6月11日
こういう法律には間に合わないけど、遺族が訴訟をおこして『絶歌』の印税100%を被害者に賠償させるようにすればいい。筆者に殺人者の肩書がなければ、こんな同人以下のクソポエムなんか買う奴なんかいないんだし。
ephemera @ephemerawww 2015年6月11日
この法律は表現の自由は規制してない。収益性を剥奪しただけだ。表現したければ赤字覚悟で出版することはできる
30ミリグラム @tsumanne30 2015年6月11日
Lingualina 記事ありがとうございます。対象の範囲はちょっとよくわからないままでしたが、表現の自由と被害者保護の両立を目指す落としどころはなるほどと思わせられました。
眼鏡600RR @Karints1124 2015年6月11日
結果的に表現を規制することになってしまうところに不安を感じる部分はあるが、今ツイッターでよく見かける、感情論だけで規制しろって言ってる奴らよりは幾分かマシだな。 ただし、幾分マシって程度だ。
つきものたたり @tukimonotatari 2015年6月11日
33歳のおじさんが14歳の頃にむちゃくちゃやった経験を20年近く経って書いて何が悪いの。被害者遺族が感情的な圧力で思想警察かましてる方がよっぽど問題でしょう。長年服役していろいろ賠償金に矯正プログラムだなんだ受けて加害者家族も社会的制裁受けてるのに。重大事件の当事者による総括は多くの人にとって有益なはず。
ephemera @ephemerawww 2015年6月11日
20年たったら殺された人間は復活してるのか?
汐鈴@がんばろう瀬戸内 @cio_lunacy 2015年6月11日
無料公開だったら被害者の名前を再拡散してもいい、っていうのは違うんじゃないかなぁっていうのが今回行き着いたところ。「犯罪者がその犯罪で儲けるなんてけしからん」っていうのは当然の市民感情なんだけど、そのレベルでおさまる話じゃない気がする。
久我まさゆめ @k_masayume 2015年6月11日
こういうとこはアメリカのうまさだね。移民が多く比較的歴史の浅い国だからこの様な調整弁が機能してる印象。本の出版に関しては刑期も終え法律的には無論問題ないけど、被害者家族のケアに関しては無視できない。被害者が「全部許します」って言わない限りは一生背負っていく枷であり罰なんだけどね。部外者としては裁判になるだろうからどうなるか行方を見守るつもり
ゆきかぜまる(24) @ykkzmr 2015年6月11日
うん、まあ、加害者とか犯罪者にも人権は確固として存在するからね、うん。 それはともかく「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」っていう言葉を思い出しても良いですか?
久我まさゆめ @k_masayume 2015年6月11日
神戸連続児童殺傷事件に関しては少年が事件を起こし2名死亡・3名が重軽傷を負うという異常さに加え、少年法で「加害者が守られた」と思ってる人達が今でも大勢いるからね。犯行内容も凄惨なだけに他の事件とは注目度が全然違う。加害者からすれば多分「過去」の事なんだろうけど、被害者側からすれば「現在」も続いてる苦しみだと思う。今回の件だと自分が被害者側だったら「糞が。こいつを何とかしてぶっ殺しておけばこんなセカンド・レイプみたいな事されずに済んだのにっ」て思うわ
cinefuk 🌀 @cinefuk 2015年6月11日
加害者だって生計立てたいけど「事件がバレるのでは?」と臆病になって定職にも就けない暮らし。せめて犯行手記でも出版してまとまった銭を手に入れたい気持ちはわかる。ただ、被害者遺族の感情はそれを許さないだろうなあ。「サムの息子」法は合理的な解決か。
ephemera @ephemerawww 2015年6月11日
犯罪加害者が事件を蒸し返すこと自体が刑罰が刑罰になっていなかった証左。司法の無力の証だ。倫理的には犯罪加害者が事件を蒸し返す限り、社会的制裁は続いてよい
ありよし/コアロン @TnrSoft 2015年6月11日
これ、殺人事件だけじゃなく、ホリエモンの回想記とかにも適用されるのかな?。あと「狂える戦犯死刑囚」なんかも。
mae @coco5xs 2015年6月11日
"藤井樹也、有害行為を抑止するための表現規制の許容性"(http://www.law.seikei.ac.jp/~fujii/works/seikei-73-2010.pdf)<-"没収の対象を犯罪行為に直接関連する収益に限定し、言論活動から生じる他の収益に焦点を当てないような形式が、その後のサムの息子法の主流となっている"/どこに注目する点があるのだろう・・・。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年6月11日
これはいいね。表現の自由も守られるし被害者感情も多少は慰撫される。執筆料くらいは執筆者に渡してもいいかもしれないけど、こういうのを自民党もやるべきなんだけどなw
清高 @kiyotaka1974 2015年6月11日
法律は一案だけど、規制の合理的根拠はなさそう(元犯罪者に表現の自由なし、の根拠がわからない)。
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月11日
今回は間に合わないかもしれませんが、次からこういう事態を防ぐ為に日本でも『サムの息子』に相当するような法律を制定すべきかと。ちなみに今回話題に上がってる件の太田出版ってどんな所かググってみた結果がこちら> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%94%B0%E5%87%BA%E7%89%88 http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watch/news/rekishi/1999/02.htm
春川柳絮@日曜日 東-ム19b @ryo_jo 2015年6月11日
これこそ「有害図書指定」とか言う意味の分からない条例の出番じゃないのか。
arabiannightbreed @a_nightbreed 2015年6月11日
こういう法律が日本にもあるべき、とは思わない。被害者遺族の心情を慮ることもしない。でも遺族が出版にNOと言うなら、支援する仕組みがあっても良い、とは思う。
源八 @gen_pati 2015年6月11日
刑法(今回は少年法)の判決で課した刑罰以外に犯罪者に罰則を与えるのってどうなん?刑期終えた犯罪者はその罪に対しては償った事になってるんじゃないの?個別に遺族が差し止め訴えたり賠償金要求するのは別にいいけど法律にしたら私刑の合法化になるような。犯罪の被害にあった遺族が要求出来るのって刑事で重い罰を求める事と民事で賠償金を取るだけにしないとそれ以上は私刑に見える。
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2015年6月11日
この手の手記を買ってでも読みたがる人間はアメリカにも多くいるってことなのか。
neologcutter @neologcut_er 2015年6月11日
酒鬼薔薇の母親が「少年A~この子を生んで」を書いて、賠償金の足しにしたというが…どこまでがホントか分からん。あの母親もサイコパスだったし。
秋ゑびす●2/23 奉祝! 皇太子 徳仁殿下 御生誕日 (59歳) @yamashita99 2015年6月11日
犯罪心理や防犯の後学に役立てる為に、酒鬼薔薇に手記を書かせるのは有りだと思った。しかし、出版社が一般販売して利益を得るのでなく、精神医学や教育学の研究者限定で閲覧できる資料にする、というのは如何かなと思う。
小倉無線2282 @kokuramusen2282 2015年6月11日
殺人事件の刑事裁判で無罪になったO・J・シンプソンの悪趣味な告白本「If I Did It(もし私がやっていたとしたら)」は、この法律では適応できないことになりますね。もっとも、OJの本は遺族が民事訴訟で勝利しており、賠償金の差し押さえという形で本の出版権を遺族が保有するという形で、出版できなかったようですが。
black.king @northern_shower 2015年6月11日
かつては出版社に規制をかければよかったけれど、今の時代はブログ等々で広告収入稼げるし、そうなるとまた海外サーバーの利用とかで抜け道もできそうだな。議論する価値のある制度だと思うけど(さらにいえば昨今喧しい憲法関係の学者でこの手の研究してる人はいるはず)
infobloga @infobloga 2015年6月11日
「収益を被害者に・・・」は良い落とし所だと思う。ただ、刑罰の一つとして判決に含まれるくらいの慎重さがほしい。一方で「そんな不謹慎なものを出版するな」と当たり前のように発言している人間がいることには、どこの中世だよというディストピア感を満喫できて味わい深い。むしろ、アメリカでさえ、「出版禁止」ではないことが重要だと思う。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月11日
こういう『俺も昔は馬鹿やったんだぜ』レベルで殺人やその他犯罪を肯定するような風潮はいかんだろ。 収益金の全てを被害者遺族への賠償金に充当させてやっと道理が叶う話。
ashen@こみトレ【か-13b】にて売り子 @Dol_Paula 2015年6月11日
日本にもあってもいい法案。表現を規制してはいないからね。あのサイコパスが印税をどうする気か知らんが、自分の生活費とか言うのなら、このくらいの処罰は有りだろう。
まりおねっと @pointoanketo1 2015年6月11日
このA少年は謝罪の気持ちがあるらしい。なら印税を遺族に渡すとかそういう具体的な話にはならないのかな?やっぱり殺人事件をネタに印税生活が送れるのだとしたら遺族の反発は当然だろうさ
#MSFWIN @MulticolorWorld 2015年6月12日
法治国家であれば既に与えられた刑罰を終えた元犯罪者に感情で更に制裁加えようとするのは普通にリンチ扱いだよな。 コメント見てる感じ日本はその水準に達してない気もするけど。
エンピ(無能で怠け者で卑怯者) @muridesune 2015年6月12日
元少年の印税なんか有名作家じゃ無いから雀の涙程度だろうに、おそらく出版業界の人ならある程度金額は分かるでしょうね、それより出版社のこの本の売り上げを全額寄付させる方向が良いと思う。
久我まさゆめ @k_masayume 2015年6月12日
まさかこの本の内容、本人が全部きっちり書いてるとは思ってないよね。素人がいきなり書けるもんじゃないので間違いなく誰かの手が入ってるゴミだと思うけど。本当に全文手記なら研究者大喜びだろう
ブランク @drake_mukami 2015年6月12日
条例で制定しても出版社が大挙して表現/言論/出版の自由を盾に裁判起こす ↓ "公共の福祉"扱いで棄却される のコンボがありありと目に浮かぶ 個人的には"訴訟も辞さない"でいいような気がする
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
いや、これはダメでしょ。前科者といえども刑期を終えた以上は一般市民であり基本的人権において他の人と何ら差別されないわけだから。これに賛成する人はヘイトスピーチ規制の主張にも反対できなくなるよ
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
これは規制じゃないからいいんだ、というのは、たとえば「自由に好きなことをしてもいいぞ。そのかわりオレが気に入らないことをしたらぶん殴るけどな」っていうのと同じで、全然まったく自由ではない
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
もちろん、その著書の中で名誉毀損にあたるような内容があれば、それは民事訴訟でも刑事訴訟でも対象になり得るし、なるべきだと思うけど、ただ「事件のことを書いて稼ぐのは許さねえ」っていう感情だけで何かできるようにする、っていうのは考え方として危険
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
gen_pati ←この指摘の通りだし、それに加えて憲法39条の二重処罰禁止に抵触する可能性がある
ephemera @ephemerawww 2015年6月12日
さっぱりわからないな。これは犯人に対する罰ではないだろう。1)刑罰を終えたところで犯罪事実は永久に消えない。2)これは犯罪事実を利用した行為に対する規定。この規定は誰がやっても一律に適用されるんだろう。但し犯罪事実を利用した発表ができるのがほぼ犯人だけ。これは犯人が差別されているのではなく、もともと犯人だけに特権があると考えるべきだ。そして、その特権で金儲けをしたら犯罪被害者に請求権があるという規定だ。どう見ても罰でも何でもない。被害者が請求しないこともありうるわけだしな
ephemera @ephemerawww 2015年6月12日
犯罪手記で何億も稼げるなんて前例がいくつも出てきたら、億万長者になるために猟奇殺人する奴が出てくる。普通の感覚を持った市民なら、こうした法律を求めるのは当たり前だ。擁護してる奴は正気なのか、はたまた犯罪者信仰でも持ってるのかw
長峯明子 @xshochanx 2015年6月12日
yamashita99 この事件の公判の資料が公開されましたよね。私はとても意味のあることだったと思います。 本人が私欲のために手記を出すのは駄目ですね。
長峯明子 @xshochanx 2015年6月12日
grayengineer 刑に服したってやったことの事実は消えない。被害者や遺族の苦痛を思えば、制限する法律が出来て当たり前です。
せい@猿馬見れんだろ大会 @tarotaro2007 2015年6月12日
こういう時、アメリカの先進性には脱帽する。かれらは言論の自由には一切違反しないで、要求があれば殺人犯が己の犯罪について書いた手記の印税を被害者へ渡すよう命じるという、ごく当たり前のこと(だが日本ではなぜか反発する人がいる)を法律化している。なぜ日本だと、憲法引っ張り出してきてまで、反対する人がいるんだろう。謎だ…
RAY@わんこ先生 @rayion89 2015年6月12日
法整備が整っていない環境だからと、みだりに自主規制を求める圧力というのは賛成しません。「サムの息子法」を全国で民事適用できるよう立法し、施行日まで太田出版に印税支払いの差し止めを求める訴訟でもって戦う、というのは理想論すぎましょうか?
逢乱堂 @ohrandou 2015年6月12日
他人をホネの髄までしゃぶり尽くして貶めようっていうキチガイはどこにでもいるものよな。
kartis56 @kartis56 2015年6月12日
yamashita99 それだと一冊3万円とかになりそう。というか、最初から定価3万で売れば余程の人しか買わないだろうから、現行法のままでも被害者賛助金として定価に2万ぐらい上乗せして出版すればいいだけのような。
kartis56 @kartis56 2015年6月12日
賛助じゃないな補償かな
たろー @hanpa64 2015年6月12日
「出版」を「金儲け」と思う人は「買わない」というアクションをすればいいんじゃないですかね。なにもかも法で規制すると面倒臭い社会になりますよ。
RAY@わんこ先生 @rayion89 2015年6月12日
取り戻せない損失(たとえば人命)があった事件の加害者がその事件の思い出語りで利得を得る、というのは被害側の人権を著しく侵害する。そして加害者や出版社、マスコミ等が意図するしないを問わず現代ではネットによって加害者が利得を得ない形での拡散が容易に起きうることを考えると、加害者がその告白で得る利得すべてを被害者側に還元 というのでも被害者やそのご家族は救われないんじゃないかと思ってしまう。
コガ宮太郎@AfricaTwin @kogamiyataroh 2015年6月12日
確かに表現の自由とのかねあいになるかもしれないけど、筋としては正しい…日本でもやれないかな?
九龍かすみ(九龍まさみの嫁) @Kasumi_Diavolo 2015年6月12日
加害者が事件について書くことの問題点の中で「それで稼ぐ」なんてどうでもいい話じゃないですか( ’ω’) むしろ著書によって被害者や第三者のプライベートが暴露される危険がある等を重視すべきだと思うのですけどね。
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
違憲立法はまずいって言ってるのに「憲法まで持ち出して」って意味わからん。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月12日
cinefuk 福井市在住の者だが 10年ほど前から家族で福井市の新興住宅に移住してきて本人は某スーパーの販売員やってるよ。定職も定収入もある。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月12日
福井は白装束集団といい福田和子といい酒鬼薔薇といい犯罪者(パナウェーブは具体的犯罪行為はないかもだが)のアジールとなってるきらいがある。
でかつ(お盟主様)@3/3東京マラソン @deka2 2015年6月12日
ドローン規制とか考える前にこっちだわなー、議員さんたち
Muji @ togetter憲兵隊 @643Myshelf 2015年6月12日
今回の件も、あくまでも執筆者の自発的な意思の元にだが、犯罪被害者支援NPOに印税を全額寄付する等意思表明してれば、ここまでは騒がれなかったかもね。
欠点’s @weakpoints 2015年6月12日
この事件では少年の更生にあたって刑務官が保護司のような役をしてたはずだがどう思われてるんだろうかな?
CD @cleardice 2015年6月12日
法律で止められなければ何をしてもいいんだと考えるバカが暴れるおかげでいらんとこまで法律でガチガチに固められるのすごい迷惑
川崎さとし @haya808 2015年6月12日
買って読みたい人の気持ちが解らないなあ。キチガイの電波浴びるのが好きなんかね。あとこれってセカンドレイプみたいな「二次被害」の範疇に入らないの?
ToTo @toto_6w 2015年6月12日
中身がどうであろうと話題になっただけで一定数売れちゃうので、もう既に負けてるとも言える。こんなのは遺族も世間も無視するのが一番ダメージを与えられるんだけどなぁ(´・ω・`)
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月12日
個人的にいえば、こういう本を出して得た利益で被害者遺族へ補償を行うのはありではないかと思ってます。勿論事前に遺族の許可をもらうという前提ですが。今回の件(に限りませんが)は出した者勝ちと言わんばかりの態度なので、同じような行為を狙う輩を掣肘するためにもそろそろ法的な制限が成されてもいいのではないかと。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月12日
「サムの息子法」って知らなかった。勉強になるなあ。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月12日
ただ「サムの息子法」は被害者救済としてはとても良い法律だとは思うんだけど、元受刑者が何かする度にいちいち“犯罪者”扱いするのは、それはそれで刑法の主旨(受刑者の社会更生)から逸れてるよなと何時も思う。無論、一方でそれは犯罪を起こした元受刑者の自業自得だとも思うけどさ。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月12日
tikuwa_zero 『犯罪者となった直接原因をネタにした出版』なのだから犯罪者呼ばわりされても仕方がないのでは…… 更正した後に全く前科に関わりのない真っ当な出版をしたのに、出版側やマスゴミ、世間が『元犯罪者が〜〜を出版』と槍玉に挙げるのとは別。 今回のは犯罪者側の開き直りにまで映りかねないから緩衝材として『被害者遺族や犯罪被害者NPOへ、諸経費を除いた売上を全額賠償・寄付』という案が出てしまうのでは。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月12日
だから、それを二重処罰と見るか自業自得と見るかって話なんですよ。オレ個人は後者だと思うけど、法律的にはおそらく前者になる。 RT honda_sado:『犯罪者となった直接原因をネタにした出版』なのだから犯罪者呼ばわりされても仕方がないのでは…… 更正した後に全く前科に関わりのない真っ当な出版をしたのに、出版側やマスゴミ、世間が『元犯罪者が〜〜を出版』と槍玉に挙げるのとは別。
Hoehoe @baisetusai 2015年6月12日
勤労の対価としての報酬に異論がある人は、有給も取らずに無料で上司に残業言い付かってる人ですよね?
どこかの誰か @tks_skmt3 2015年6月12日
「連邦法になっていないのは、表現の自由を保障した憲法修正第1条にひっかかる可能性があるから。」て時点で、相当黒に近いと考えざるをえないけどね……
たまっこ @nyaho2tama 2015年6月12日
思い出せなくてウイキで事件を読んだけど気分悪くなった。被害者の気持ちはないがしろか。
富士見野男 @yasu43851374 2015年6月12日
痴漢冤罪だったらこのコメント欄は炎上する
饅頭 @sonoue55 2015年6月12日
ちなみに遺族が名誉棄損等で訴える場合は、本人を訴えられるのかな。それとも出版社?
ゴイスー @goisup 2015年6月12日
しかし、被害者遺族も「そんなもんで稼いだお金なんて受け取りたくもない!」ってなりそうだけどなぁ…
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
『この規定は誰がやっても一律に適用されるんだろう。』 いやそれはおかしい。それだと事件を追いかけたジャーナリストの著作まで引っかかり趣旨がまったく別物になる。内容が問題だというなら侮辱罪や名誉棄損罪、あるいは名誉棄損による民事の賠償などで対応できる
マルンボーリ @tandaji 2015年6月12日
ビジネス化してる時点でちょっとなぁって思う。金がないから事件当時の事を手記にして稼ぐわ、みたいなのは許容し難いよ正直。
ふなしゅん @veanford 2015年6月12日
「死者に対する名誉毀損は、その事実が客観的に虚偽のものである場合にのみ成立する(刑法230条2項)。」ので、名誉毀損での対処は難しいよね。 出版を妨害すれば、逆に遺族の方が威力業務妨害になってしまうかもしれないし。
ゴイスー @goisup 2015年6月12日
コモン・ローの国なんだからこういうグレーゾーンな法律っていうのは制定法との擦り合わせというか、バランスを取る意味で生まれてくるんだろうなぁ とは思うよ
りょ/RYO-chin @ryo_chinq 2015年6月12日
まず、被害者の了承も取らず売る側の気もしれないが、買う側の気もしれない。全く欲しいとは思わないし、殺人者の手記を読みたいという心情が理解できないのでどうにも。
せい@猿馬見れんだろ大会 @tarotaro2007 2015年6月12日
「サカキバラ(連続児童殺害犯)」は殺された被害者家族に慰謝料を支払ったんだろうか?
ねや @AriaSub 2015年6月12日
自分の起こした事件を元に、一儲けしてやろうってのがそもそ更正出来てない証拠なんだよなぁ
ねや @AriaSub 2015年6月12日
取りあえず、州法に倣って都条例作ればいいんじゃない? 売り上げの100%を遺族に支払うことみたいな感じで
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年6月12日
これ厄介な問題だよなあ。犯罪者に特権を認めてはいけないというのもわかるんだが…たとえば凶悪犯罪者が自身の犯罪行為をヒントにして小説などのフィクションを書いた場合、それは犯罪者ゆえの特権とみなすのか。みなすとするならその範囲は?自身の犯罪行為を匂わす場面がほんの少しでも入っていたらダメなのか?
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年6月12日
ノンフィクションの場合だって同様。自身の犯罪行為などに触れる部分がわずかなのに、有名人ブログがその僅かな部分を取り上げて、その結果大ヒットした場合に、それを犯罪者の特権と考えていいのか…
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年6月12日
結局犯罪者の特権を認めたくないのなら、その分罪を重くしておくしかないのでは。凶悪犯罪者は全員死刑にするしか解決の道はない気がする
K3@FGO残1.0 @K3flick 2015年6月12日
サムの息子法が最適解とは思えないが、せめて遺族の許可を得てから出版すべきだよな。 コレじゃ単純に銭稼ぎのために事件を利用されたようにしか受け取られないよ。
ephemera @ephemerawww 2015年6月12日
もう一度まとめる。これは犯罪行為そのものに対する刑罰ではなく、犯罪事実を利用した行為に対する規定。元犯罪者が社会的に訴求力を持つ犯罪事実の情報を独占的に所有することは特権というべき。だがそれは犯罪行為によって得た情報であり、それによる受益を無条件で認めることは犯罪行為を奨励することにつながり反社会的である。またその情報は犯罪被害者の一方的被害によって得たものだから、被害者もしくは被害者遺族にその利益の請求権を認めるのは筋が通っている
オブジェクト@図書館はいいぞ @oixi_soredeiino 2015年6月12日
とても嫌な気分です。雨後の筍のように、犯罪の手記を出して印税を稼ごうとする輩が続出するに決まっています。最低でも被害者との許可があってしかるべきです。
ephemera @ephemerawww 2015年6月12日
grayengineer 事件を追いかけたジャーナリストが得る情報は伝聞であって、犯罪行為者、当事者が知り得た犯罪事実、犯罪行為に関する情報そのものではあり得ない。その情報は犯罪行為者、当事者だけが持つ特権的情報だ。またその抗弁だけでは、こうした行為による受益は犯罪を助長するという指摘への反論ができてない。秩序の悪化を助長するような状態が法律によって守られることは誰も望まないだろう
オブジェクト@図書館はいいぞ @oixi_soredeiino 2015年6月12日
出社後にバラ色の老後が待っていると分かったら、いったいなんのための懲役刑かわからなくなります!
久我まさゆめ @k_masayume 2015年6月12日
この事件は当時、少年法という「未成年者の更生」為に情報が開示されてない部分が多い為、より疑心暗鬼になってる上ある種の神秘性があるので注目度があるのでより始末が悪い気が。「サムの息子」の事件は中年男性が犬に命令されたと主張し、捜査員にその嘘を看破されただの犯罪者として禁錮刑になったので、化けの皮が剥がれたという部分がある。本の出すのは自由だし罪ではないけど「更生」したはずの人間が、被害者遺族の感情を逆撫でる行為をしてるのが問題かと
凹駱駝 @camelus_ferus 2015年6月12日
色々面倒なところはあるようだが 出版社に対する罰則規定にして出版をしたい場合は自費出版すればいいとかには出来ないのかな?
slips @techno_chombo 2015年6月12日
xshochanx あんま関係ないけど「反省してない」とか「加害者と被害者の関係は1000年変わらない」とか言ってる国があったのをちょっと思い出した今日この頃。
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
ephemerawww 伝聞か当事者かとか、それが要件として関係あるかどうかはあなたがそういう条件であるべきだと個人的に思っているだけじゃないですか。それは「犯人だけをターゲットにするための条件にするにはどうしたらいいか」という目的が先にあって、その目的に合う条件を恣意的にセレクトしているにすぎない。つまりそれは実質、「かつて犯罪者であった者」を想定した条件を設定しているのだから、やはり一事不再理に反するでしょう
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
倫理的道徳的な観点からの批判と、法制度によるペナルティの問題は峻別しないと、次は表現規制、その次は思想弾圧、とまっしぐらですよ。
山北篤 @Gheser 2015年6月12日
犯罪による収益の移転防止法のように、犯罪によって得た収益は取り上げて良いという法律は、他にもある。なら殺人をしたという特殊性を利益に使った場合も、取り上げて構わないような気がする。
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月12日
Gheser それは、その利益のうちのどのくらいの割合が「殺人という特殊性」に起因するのかを証明する必要が生じますよね。通常の損害賠償請求の民事訴訟でも、当該行為がその損害の主たる原因であるかどうか、あるいは原因のうちどの程度の割合を占めるか、ということは検討されるし、それが「原因とは言えない」と認定されたら賠償が認められない場合もあります。
山北篤 @Gheser 2015年6月12日
grayengineer もちろんそうだと思います。ただ、既にこのような法がある以上、憲法違反ではないのではないかとは思います。
アイサム @ai_sum 2015年6月12日
例えば、冤罪で服役した人には、服役後に自分の言い分や思想を世間に表現する権利は絶対必要なわけで、「サムの息子法」は、そういう表現の自由、弁解の機会も奪ってしまうかも。また、冤罪で無くても、その人の間違った考えが公表される事にさえ、社会的意義や公共の利益もあるような気もします。
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月13日
一つ断わっておくと当局は別に加害者側に対し一生黙ってろ!と言ってる訳ではありません。被害者側の理解があってという前提ですが、今回のような出版もありなのではないかとさえ思ってます。ただ今回内容を事前に被害者遺族へ精査させないまま出した者勝ちとばかりに出版したので、遺族側が反感を抱くのは当然でしょう。
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月13日
あと何の枷も無しに出版を認めるのも絶対に抵抗があるでしょうから、被害者への償いという意味でその利益をいくらか(その割合は置いておくとして)譲渡するのが妥協点ではないかと。実際今回のような凶悪事件は殆どの場合加害者に賠償がいくら課せられても支払い能力が皆無で全くと言っていいほど意味が無いので、それを改める意味でも『サムの息子』法は一考の価値があると思います。
ヤスユキ@周年冊子編集中🌟脳内文鳥フェス🌟 @HondaYasuyuki 2015年6月13日
これ本当に日本でも制定・施行されればいいのに! 被害を受けた人のことを考えてなさすぎる…
ウォードッグ @108thTFS 2015年6月13日
手記の内容は知らんが、本当に事件について反省し被害者遺族に済まないと思ってるなら、少なくとも今回のような経緯での出版はない。つまりはそう言う事だろ。しかし出版社もゲスいねぇ。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2015年6月13日
とりあえず、出版社が死の商人みたいな事やってるって意見を見てなるほどなと。確かに、死の商人そのものだわと。
RAY@わんこ先生 @rayion89 2015年6月13日
刑に処され務めを終えた元犯罪者の人権は尊重されてしかるべき。ただ今回の出版物により被害者とそのご家族(土師さんだけが態度を表明していらっしゃいますが被害者は土師さんの息子さんだけではありません)が再び人権を侵害されうるのだから出版に伴う加害者と出版社の利得は100%被害者ご家族様の救済に使われてしかるべき。現行法がないので今回は難しいので法整備をと願うんですがね。
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2015年6月13日
被害者遺族が加害者に印税を請求する裁判を起こそうと思ったら、まず被害者遺族が原告となって加害者を被告として法廷に呼ばないといけないわけで…。サムの息子法は「被害者遺族と加害者を同一の法廷に立たせることなく、加害者の印税を回収できる」というメリットもある。
Akihiro Satoh @Akihiro_Satoh 2015年6月13日
これ、日本でも絶対必要だよね。
muramasa @muramasa931 2015年6月13日
いわゆる「酒鬼薔薇聖斗」つか、旧東慎一郎のような外道の殺人鬼でも人権も言論の自由も財産権もあるし、死体でオナリまくったという相変わらずの外道な戯言もありのままに主張してもいいし、被害者の本名も晒しまくりでもいいのだろう・・・
欠点’s @weakpoints 2015年6月13日
当事者が加害者・被害者・出版社である以上それぞれがペナルティーを受ける形じゃないと一般書籍化(サムの息子法制定)は難しいと思う
muramasa @muramasa931 2015年6月13日
関東医療少年院に長期間収容されて女医さんを襲ったりしたりしながら呑気に退院したので、少年法的には旧東慎一郎は罪を償っていて連続児童殺傷事件は過去の出来事なんだろうね。「舌禍」もとい「絶歌」はすでに初版10万部確定、立派なベストセラー作家で大儲けですねw
muramasa @muramasa931 2015年6月13日
少年法で報道を禁止しているのは、あくまでも家庭裁判所の審判に付された少年、または少年のとき犯した罪により公訴を提起された者に対してであり、逮捕者や指名手配者は含まれないですし、社会的な超重大事件は報道してもOKなんですよね。もちろん、覆面ベストセラー作家の正体を報道するというのとは全く無縁の話ですよねw 無関係の愉快犯が書いたかもしれないし、何せゴーストライターが書いた代物かもしれませんし、太田出版が金儲けのために手記をでっち上げた可能性すらありますから。
だいぶつ @daibutsuda 2015年6月13日
人様の人権を最悪の形で蹂躙した人間の「表現の自由」など認めてはならない。
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2015年6月13日
基本的人権は無条件に認められるものであるから、他人の基本的人権を侵害する行為が非難されるのです。基本的人権を侵害した者はいくら非難されてもしかたがないのですが、基本的人権を侵害した者の基本的人権を制限しようという動きには反対します。
slips @techno_chombo 2015年6月13日
oixi_soredeiino まぁ「犯人の手記が読んでみたい」と大衆に思わせるような犯罪ってのはよほど社会的なトピックになったものに限られるでしょうし、犯罪自体にインパクトがなければ筆力が要求されるでしょうから、「犯罪超せば誰でもベストセラー作家!」というほど世の中甘くはないでしょう。まだ「AKBグループ目指します」のほうが倍率低そう。
slips @techno_chombo 2015年6月13日
まぁ酒鬼薔は目立つ例としても、日本って意外と「元犯罪者がその経験を生かす」という形での出版は少なくないのではないかと思うのですが…。安部譲二とかどう扱えばいいのかな。
slips @techno_chombo 2015年6月13日
うーんなるほど、「あの戦争の時にさんざん悪行の限りを尽くした国が経済的にも成功してるし国際的にも信用を得てるし、その戦争についてどう総括しようが自由なんて耐えられん!条約なんて知るか!」ってのはある意味「価値観を共有」していたのかもしれないなぁ。
nekotama @nekotama00 2015年6月13日
とりあえずここでサムの息子法なるものに賛同している人は、嫌◯本とかで精神的苦痛を受けたから賠償しろ売り上げを寄越せと在日外国人が提訴したら賛同するんだよね?もちろん(棒)他のまとめでも指摘したけど自分の気に入らない時だけ「こいつがわるいことをしたからこいつの人権を否定しても良いんだ!」論を振り回すようなことはしないと信じているよ(棒)
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月13日
techno_chombo #あの国 は立脚点が捏造じゃん。殺害事実と一緒くたにするのは暴論というかピントがズレまくり。ミソもクソも一緒にする悪意を感じざるを得ない。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月13日
あ、#アルかニダ の精神的苦痛とやらも同じね。 立脚点が捏造ならそれによって引き起こされた諸問題も全て捏造が問題なだけ。
久我まさゆめ @k_masayume 2015年6月13日
nekotama00 問題の摩り替えするのやめてほしいな。誰の得にもならんよ。事件のカタチも色々あり背景も全部違い、1つ1つ長い裁判を経て量刑が決まる訳で。出版の自由や表現の自由は当然で、そこからどう被害者側の感情や受けた衝撃について折り合いつけようかって話でしょ。この件で賠償してって誰も言ってないし……
タイタス艦長@元スカイハイP @bmwr1200ccruise 2015年6月13日
この法律云々の前に、被害者遺族は正当かつ適切な賠償を受けられたのだろうか?そこが気になる。ならば、この法律にも寄らなくても、別途損害賠償訴訟を起こして巻き上げても構わないのでは?実際、民事賠償で給与の差し押さえとかは出来る訳だし。
slips @techno_chombo 2015年6月13日
honda_sado とはいえ「法的には解決」なのに後からグチグチ言いやがって面倒くせぇなお前ら!てなあたりはなんか連想させるものがね。正直こういうのは「あの国」の特性だと思ってたのに、ココ観てたらその確信がなんか揺らいじゃったのよ。
久我まさゆめ @k_masayume 2015年6月13日
グチグチ言うのは当然でしょ?感情を殺せって事ですか。自分の子供が殺されたら普通許さんよね。無論、聖人君子みたいに「過去の事です。全てを許します」という遺族もいることはいるけど。この件で殺されたのは1人でないし、遺族側で賠償しろって言ってる人「0」なんだけど印象操作酷いよね
slips @techno_chombo 2015年6月13日
k_masayume まぁここでは遺族よりも外野の方がグチグチ言ってるよね…。
slips @techno_chombo 2015年6月13日
だいたい年間で300から400人くらいは殺人事件の被害者として殺害されていて、その事件の全てが全国的なトピックになるわけでもなく、ある意味「エンターテイメント性」があるものだけがニュースになっていくわけで、例の事件もある意味「エンターテイメント」として世間に消費されてしまったという面もあるような気がします。そういう「消費」をしてしまった結果、こうなったのかもしれないですねぇ。もしこの事件が地方紙の片隅で報道されるだけだったら、「加害者が本を出す」商業的な価値なんかなかったんだろうから。
久我まさゆめ @k_masayume 2015年6月13日
techno_chombo そりゃ日本の犯罪史上に残る事件だからね。注目度も関心度も凄いでしょうよ。コメントする機能があるから感情の赴くままコメントするのも理解できるよ。で、戦争と違い、自分になんの落ち度もなくこの事件で被害にあって亡くなった人はもう死んでしまってるのでコメントも感情表現も出来ない訳で、代わりに遺族が「やめてほしい」と言うのは別段おかしいことではないでしょ
muramasa @muramasa931 2015年6月13日
犯罪加害者のや関係者の出版物の印税については前例があるんですよね。[「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記] 著者名 「少年A」の父母 文庫だけでも3年で52万部だそうです。http://www.1book.co.jp/002471.html
muramasa @muramasa931 2015年6月13日
「神戸少年Aの母親が印税で豪邸建てたって有名な話だよな」「神戸少年Aの母親が豪邸建てたってのは信ぴょう性ないよ」「四国の田舎に住んでいるらしい」「一旦海外移住してロンダリング後帰国」といろいろ情報は錯綜していますが。文庫版の後書きに「印税は全て遺族への損害賠償として払った」と記載しているけど、被害者遺族が金を受け取ってないのは事実であるのは確定情報のようです。
slips @techno_chombo 2015年6月13日
bmwr1200ccruise すくなくとも原則として刑法は「治安維持」であって「被害者の私刑の代替」ではないので、刑事犯による民事的な責任は別途、被害者が加害者に民事責任を問うことになります。それをするのかしないのかは「被害者」の判断であって、当事者以外がとやかく言うのはある意味「余計なお世話」かと思います。
slips @techno_chombo 2015年6月13日
k_masayume そうなんですよ。遺族がそういうのは理解できるし、もちろんそうなんだけど、なんか外野の方がヒートアップしてるよなぁと。
久我まさゆめ @k_masayume 2015年6月13日
techno_chombo そりゃそうでしょ?「更生」して出てきてるはずの人間が「オレっち過去こんなすげえ事やったんだぜ」って本をだせばそりゃあ恐怖するよ。風呂場で被害者の生首で口では言えないことしましたって書いちゃうんだからさ……
slips @techno_chombo 2015年6月13日
凄く波紋を巻き起こすのかもしれないけど、「愛する人を失った悲しみ」をどう乗り越えるのか、ってのはもっと重視されていいと思う。誰かに殺されたのなら犯人を憎むのが「筋」ではあるんだけど、わかりやすい誰かを憎むことで克服ってのは医療訴訟あたりにも絡んできちゃうし。天災とかで亡くなった場合は誰も恨めないか、何か理屈をつけて誰かを悪者にするか、になっちゃうしなぁ。
上野 良樹@規制中 C95お疲れ様でした! @letssaga3 2015年6月13日
techno_chombo 歴史認識問題、戦争責任問題と、個人の刑事罰への態度は強い負の相関があると思う。たとえば『週刊新潮』は「前科者は一生晒し者にしてやるし我々はその権利がある」とばかりに晒しまくってるが、相手が日本国だったり米兵だったりすると熱い手のひら返しを見せる。http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=43286
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2015年6月13日
nekotama00 的を射てない。お困りの半島南部は日韓基本条約があるし、中国の場合は中共の殺戮とごっちゃになってるし捏造もあるから明確な証拠事体が無い。今回問題とされているのは、刑事裁判で有罪確定して、本人もやったって認めた明確な猟奇殺人事件についてなんですが。なんで、確定事実とシュレディンガーの猫みたいな事件を同一視できんだ?
上野 良樹@規制中 C95お疲れ様でした! @letssaga3 2015年6月13日
TATukoma1987 「少年A(本を出した人のことね)は冤罪だった」といってる人達もいるんですけどね…。
nekotama @nekotama00 2015年6月13日
TATukoma1987 いつ私が「韓国」や「中国」を話題に出しましたっけ?「嫌〇本」と在日外国人しか話題に出していませんけど。嫌米本とか嫌日本とかいくらでも他の例は見つけられますけど?分かりやすい反応ご苦労様です。で、話をそらしているのは貴方ですね止めていただけませんか?
nekotama @nekotama00 2015年6月13日
「過去にその人が行った暴言・妨害行為などの犯罪行為(有罪確定済み)を話題にした本を出版した場合に被害者へ売り上げを強制的に巻き上げる」ことを是とするのなら、「過去に特定の人物に対して犯罪行為を行い有罪判決を受けた人間がその内容を含む本を出した場合」は「その被害者となった人物が出版者に対して売り上げを要求すること」も是としないと理屈に合わないよね、という簡単な指摘ですよ。あ、中国とか韓国とかは話題に出していないし限定する気もないので勝手に勘違いして的外れな反論やめてくださいね。
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月13日
前述の通り、凶悪犯罪を起こした犯人が被害者遺族へ実際に賠償した例は皆無なんですから、それを実質的な手段で賠償させることができるなら一考の価値があります(ただし無原則にそれを認めればいいというわけではありませんが)。人の不幸を飯の種にするのであれば、その代償をなんらかの形で払わねばならないのは当然の話で(当事者なら尚更)、それって法律云々以前の話ではないですかね? そもそも表現の自由云々を説くのならば、加害者が書籍という形に拘泥するのが不思議でなりません。
小倉無線2282 @kokuramusen2282 2015年6月13日
加害者が殺人事件を飯の種にした本で一番タチが悪いのは、土田・日石ピース缶爆弾事件の真犯人(とされる)の本(中島修『40年目の真実―日石・土田爆弾事件』)だろうな。おまけに、別人が逮捕・無罪となる一方で、真犯人は逮捕されることもなく公訴時効が成立し、事業を起こして億財産を築いた上に事件への反省もなく被害者への侮辱もしているので、余計にタチが悪い本だった。それに比べれば、酒鬼薔薇や木嶋佳苗の本は当事者が社会的に罰を受けている(木嶋はまだ最終決定してないが)だけにまだ救いようがある。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2015年6月13日
nekotama00 国際問題と国内問題をごっちゃにして、議論をやりにくくしてるのはあなたですよ。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月13日
muramasa931 先にも述べましたけど十年ほど前から福井にいますよ家族ともども。 福井って福田和子といい白装集団といい犯罪者?の隠れ家(アジール)になってるので。
muramasa @muramasa931 2015年6月13日
honda_sado うーん。福井に潜伏中とおっしゃられても。どうにも確証が持てません。申し訳ないのですが。具体的な実体弾が無いと。
nekotama @nekotama00 2015年6月13日
TATukoma1987 私は「国内での」「ある出版者と」「その出版物によって精神的苦痛を受けた人」を例に出したので国内問題ですよ。何言ってるんですか?話題をそらしたのは中国とか韓国とか無関係な国を持ち出した人でしょう、再度言いますが何言ってるんですか?自分が勝手に勘違いで話をそらした責任を押し付けないでください。意味がわかりません。
殻付牡蠣 @rareboiled 2015年6月13日
正にこういう法律は今すぐにでも成立させるべきだよな。 今の加害者に厚過ぎる刑事政策は是正されるべき。
心技 体造 @mentalskillbody 2015年6月13日
私達は韓国という国が国策で日本人のみを差別する政策を行っている事を知っています。そのような非人道的な国の常識が日本で適用されるとは思わないでください。
köümë @tknr_koume 2015年6月13日
小池一夫氏、僕は読まない 20150612 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/834166
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2015年6月13日
とりあえず、連続婦女暴行犯が出所後に「俺が犯した女たち」という手記を出版したら喜んで読みそうな人間がコメント欄にいることはわかった。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月13日
muramasa931 所謂情報漏洩ネタですが、知り合いが当時福井にある教護院に勤めてまして、そこで『教護院近くの団地に酒鬼薔薇と家族が移住してきた』と。やっぱそういう公的施設だと凶悪犯情報はきちんと掴んでるんだなと納得したものです。
ひろっぺ@シン・十四松・フレンズ @hiroppe3rd 2015年6月13日
手前らで書いて出版して金儲けしてるのに著者名が公表されないっていうところがゲス臭くてたまんねぇのはあるな
muramasa @muramasa931 2015年6月13日
honda_sado そうなのですか。ありがとうございます。名簿屋とか興信所関係でもこの手の類の情報は一般的なのかもしれないですね。
けふ @kef_in_kyoto 2015年6月13日
表現の自由や基本的人権を「誰にでも認めた後で」好きなだけ非難をぶつけ、場合によっては精神的苦痛や出版差し止めで訴えるなら全く構わないんだが、それらを認める前に権利ごと全部制限すべきとか言い出すなら賛同できない。例え自分らが善良に生きていてさえも「お前は人権の例外だ」と言われる可能性を作るような前例はあってはならない。
まりおねっと @pointoanketo1 2015年6月13日
nekotama00 嫌米本はともかく「在日外国人」とお前が限定している時点で「嫌日本」を思い浮かべる奴はいないだろ?何故「嫌○本で精神的苦痛を受けた在日外国人が提訴する」という例題で嫌日本を思い浮かべる日本人がいるのか。在日外国人に日本人も含まれているというのか。屁理屈振り回すために意味不明なこと言ってるんじゃないよ
まりおねっと @pointoanketo1 2015年6月13日
nekotama00 大体お前の例題は間違っている。サムの息子法や今回の事件に倣って例えるなら「嫌○派が特定の人種を殺した上でその事件について嫌○本を出して儲けようとする」だろ?今回やサムの息子法とは全然違う例題出されてもねぇ・・・。
まりおねっと @pointoanketo1 2015年6月13日
まぁ自分はこの法律に諸手を上げて賛成ってわけでもないけどな。自分は買わないし読まない。遺族の反発は理解する。表現の自由はあるべき。少年Aも太田出版社も外道。地獄へ落ちろ。少しでも良心の呵責があるなら収益を寄付したまえ。あと被害者一家は匿名にしとけ。こんな感じだわ。
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月14日
あとやたらと『表現の自由』に酔っている人が居るようですが、あまり度が過ぎるとフランスのシャルリエブドのようになる事もお忘れなく。 『表現の自由』というのは他人を無暴力で殴る道具にもなれば、反対に自らへ襲い掛かってくる凶器にもなるという事はもっと自覚しておいた方がいいです。
箸呂院マジチキ @kairidei 2015年6月14日
被害者遺族の感情が刑罰に反映されず、死刑判決にならない。そういうことなら、加害者は刑罰を受けるだけでは被害者や遺族に償いをしたことにはならないと思う。
箸呂院マジチキ @kairidei 2015年6月14日
被害者がいちいち民事訴訟を起こさないと加害者やりたい放題というのは・・・。
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2015年6月14日
誰か自分の身内が加害者側に立った場合を想定したコメント書いても良いのに、 とは思った。ちなみに私は人殺した(但し執行猶予期間が過ぎた)人と話した ことはある。
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2015年6月14日
大原氏がまとめ直したこっちの記事の方を読んでツイッターより過不足なくまとまっててわかりやすかった。http://magazine-k.jp/2015/06/14/crime-and-publishing/ こういっちゃ何だけど資本主義とリベラルの権化のような印象が強いアメリカで「出版社としては(略)犯罪者と被害者双方を搾取していると捉えられるため、かなりの抑止力になっています。」というのに驚いた。儲かればなんでもいいんじゃ搾取上等ガハハ!とはならんのね
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月14日
shiwasu_yuri 抑止力に繋がるというのは盲点でした。確かにこれなら、出版社の勇み足を掣肘できますね。それにしても当局がここのコメント欄で指摘した点もほぼ言及されていて、やはり同じことを考える人は居るものですね。
ただのつみきん @tsumiki0283 2015年6月14日
こういうのが日本にあってもいいよねっておもう。
しおさば @shio_sava 2015年6月14日
70年前の刑法を基準にしてる時点で反対派は既に負けてんのよ。「現行法では違憲だが、悪法だから変えよう」とならず「現行法では違憲だ、だからダメだ」となってる時点で思考が「法>人」なんだもの。
山極由磨 @YuumaYamagiwa 2015年6月14日
被害者遺族の感情って、表現の自由や知る権利に、制限を加えられるほどの強力なモノなのかな?
しおさば @shio_sava 2015年6月14日
「表現は自由だ、しかし人権を蹂躙した行為を以て報酬を得ることは許さない」というまっとうな話になぜ加害者の人権を心配する話が出てくるのか、非常に頭が痛い。
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月14日
shio_sava なぜなら、それとまったく同じ論理で特定の思想や宗教などを弾圧することも可能になるからです。とても簡単な話です
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月14日
たとえば中国人は「中国には信教の自由はある」と言います。その話をよく聞くと「人が内心で何を信じるかは自由である。しかし布教するのは相手に迷惑をかける場合があるので許可を必要とする」というのです。いやそれは自由ではないだろう、と指摘しても「内心で信じる自由はあるのだから信教の自由は守られている」と言い張ります。これとまったく同じなんですよね。
しおさば @shio_sava 2015年6月14日
grayengineer ごめん論理がブッ飛び過ぎててよくわかんないからもうちょっとちゃんと説明して
しおさば @shio_sava 2015年6月14日
grayengineer つまりオウム真理教は弾圧された、不当な弾圧だ、と。そういうことですね?(すっとぼけ
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月14日
shio_sava 表現の自由は、何らかの被害を訴える存在がいることを理由に制限ができる、という解釈をするなら、戦前の讒謗律や新聞紙条例は正当ということになり、それらの法律を利用して行われた共産主義者の弾圧も批判できる根拠を失うわけです。つまり、犯罪加害者の権利を保護せよという話ではなく、一般的に出版の自由に制限をかけるのはまずいという話です
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月14日
shio_sava 理解いただけないようで残念です。「やるのは自由だけど許可を取ればの話だよ」とか「自由にやっていいけどある条件に抵触したら金払えよ」というのは見せかけの自由であって真の自由ではない、ということです。表現の自由は制限がないことそのものが自由なのであって、制限のある自由というのはそれじたいが矛盾です。
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月14日
表現の自由とはまったく別の話として、具体的に言動によって何らかの被害を与えた場合は、侮辱罪や名誉毀損罪などの刑法上の罪にもなり得るし、民事的な賠償請求の対象にもなり得るわけで、まったく被害者が保護されないわけでもありません。それは「表現の自由は制限してもよい」からそうなのではなく、表現か否かを問わず、違法性のある行為だからです
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月14日
grayengineer 今回被害者が一番求めていた保護は「手記を出版させない」事だったはずで、それが一方的に破られてしまった時点であなたの主張は破綻しているのですが。被害者遺族が出版条件を出し出版側がそれを満たしていたのならともかく、今回はそのどちらも無かった訳ですから話が拗れて当然でしょう。「表現の自由」というのはプライバシーを暴く理由にはならないのですよ。
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月14日
fool_0 いやいや、被害者の言うことは何でもその通りにならないとだめ、っていう前提はおかしいですよ… (^^;
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月14日
それなら被害者が死刑を求めたら死刑にしなければ被害者が保護されていない、被害者が自分の手で犯人を殺したいと言ったらそれを認めなければ被害者は保護されていない、となって、おそろしいことになりますよ
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月14日
grayengineer だからといって「表現の自由」の為に被害者遺族を無視してもよいという事にもならないでしょう。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
「犯罪行為を奨励する」より「犯罪行為の是認に繋がる」のほーがより適切だと思うけど、この見解はオレ的に一番しっくり来る。うん。 RT ephemerawww:だがそれは犯罪行為によって得た情報であり、それによる受益を無条件で認めることは犯罪行為を奨励することにつながり反社会的である。またその情報は犯罪被害者の一方的被害によって得たものだから、被害者もしくは被害者遺族にその利益の請求権を認めるのは筋が通っている
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月14日
fool_0 ←こちらでも前述したように『表現の自由』というのは他人を社会的に傷付ける凶器にもなりうるんですよ。そもそも自由には責任が伴うはずで、今回はその責任が全くと言っていいほど果たされていません。にも関わらずその点に全く言及せず「表現の自由は制限されるべきでない!」などと壊れたスピーカーのように連呼するだけでは反感を買うだけです。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
反対派って言葉の意味が判らない(ここで語られてるのって、大別して出版反対派・賛成派・慎重派だよね?)のはさておき、そも法治主義の概念ってそういうもんなんだけど。人治主義がお好みなら北朝鮮オススメ。将軍様の機嫌を損ねただけで処刑されるよ! RT shio_sava:70年前の刑法を基準にしてる時点で反対派は既に負けてんのよ。「現行法では違憲だが、悪法だから変えよう」とならず「現行法では違憲だ、だからダメだ」となってる時点で思考が「法>人」なんだもの。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
著作権法や故人の名誉を害する事が存命人物の名誉を害する事にも繋がる場合を除き、一般的に「死者の権利は保護されない」というのが近代法の考え方で、そのせいで犯罪加害者(元受刑者)の人権と犯罪被害者遺族の心情がコンフリクトする現状に繋がっているのです。 RT shio_sava:「表現は自由だ、しかし人権を蹂躙した行為を以て報酬を得ることは許さない」というまっとうな話になぜ加害者の人権を心配する話が出てくるのか、非常に頭が痛い。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
ぶっちゃけた話、出版される本の内容が判らないので、それがご遺族の名誉を害する結果になるのかどうか、現段階では判別がつかないんですよね。そこがネックになってる。無論、出版された本の内容がご遺族の名誉を害する場合、民事で勝つのは容易。ただ心情を害する程度だと、現行法で制御するのは難しい。そこもネック。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
そういう意味では ephemerawwwさんのおっしゃる通り、犯罪行為を是認させないために、過去の犯罪行為を流用して利益を得る場合、その利益は被害者ないし被害者遺族に還元させる法律っつーのはあって然るべき。ただ現状では存在しないので、版元が本の出版前にご遺族にチェックをさせなかった以上、本が出版されてから判断するしかない。もちろん、感情的には出版社や元受刑者を批判したい気持ちがあるけどさ。
しおさば @shio_sava 2015年6月14日
grayengineer 私は「表現は自由だ」と明言してますが。
しおさば @shio_sava 2015年6月14日
君は毎回そうなんだけど、法は人のためにあるという話を人治主義に論点ずらしするよね。極々初歩的な概念だと思うんだけどそんなに理解するの難しいのかな? tikuwa_zero 反対派って言葉の意味が判らない(ここで語られてるのって、大別して出版反対派・賛成派・慎重派だよね?)のはさておき、そも法治主義の概念ってそういうもんなんだけど。人治主義がお好みなら北朝鮮オススメ。将軍様の機嫌を損ねただけで処刑されるよ!
しおさば @shio_sava 2015年6月14日
遺族の人権についての話に対して被害者の人権は保護されないから云々とドヤ顔されても「そんな話は誰もしてねぇよ黙ってろボケ」以外に感想が出てこない。君はドヤ顔で批判文書く前に100回くらい他人の文章を読み返してはどうか tikuwa_zero 一般的に「死者の権利は保護されない」というのが近代法の考え方で
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月14日
というか利益目的で無いのなら、別に書籍という形を取る必要は全くなかったのではないかと。ぶっちゃけネットでの公開という手段もあった訳で、それこそ「表現の自由」を体現するなら出版へ拘る必要はなかった筈です。にも関わらず被害者遺族を騙し討ちにする形で出版を強硬したのですから、単純に自分が利益を貪る為だと解釈されても反論ができない訳で。利益を賠償として被害者遺族に譲るとも言っているようですが、それにしたって単なる口約束で法的拘束力を伴っている訳ではありませんし。
しおさば @shio_sava 2015年6月14日
サムソン法が「出版は妨げない、しかしそれを以て金儲けはやめなさいね」という代物なんですが、なんで出版反対派なんてものが彼の頭のなかに出来上がってるのかが謎。前にもここ(http://togetter.com/li/796355)で同じことを書いたけれど、想像だけで藁人形叩くのはあまり関心しませんね。
きゃっつ(Kats)⊿2/23乃木坂7BDL京セラドーム @grayengineer 2015年6月14日
shio_sava だからそれは中国人が言う「中国では信教の自由が保証されている」と何も変わりません。どうやら理解できないようなので、もうこれ以上はいいですけど
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
ごめん、オレキミの事知らないんだけど、論点ずらしでも何でもなくて、法より人が大事という考え方は人治主義以外の表現方法がないよ。法律(法治や人治)の話をしているつもりがないならば、「※個人の妄想です」って付け加えておいてくれればいちいち突っ込まないよ。 RT shio_sava:君は毎回そうなんだけど、法は人のためにあるという話を人治主義に論点ずらしするよね。極々初歩的な概念だと思うんだけどそんなに理解するの難しいのかな?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
そりゃキミの表現が悪いんだから仕方ない。次からは必ず、文末に「※法律の話ではなく感情論です」って付け加えておいてね。 RT shio_sava:遺族の人権についての話に対して被害者の人権は保護されないから云々とドヤ顔されても「そんな話は誰もしてねぇよ黙ってろボケ」以外に感想が出てこない。君はドヤ顔で批判文書く前に100回くらい他人の文章を読み返してはどうか
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
で、キミの云う「反対派」ってどういう意味だったの?このコメ欄を検索しても、そんな珍妙な言葉を持ち出してるのはキミだけなんだけど。 RT shio_sava:サムソン法が「出版は妨げない、しかしそれを以て金儲けはやめなさいね」という代物なんですが、なんで出版反対派なんてものが彼の頭のなかに出来上がってるのかが謎。前にもここ(http://togetter.com/li/796355)で同じことを書いたけれど、想像だけで藁人形叩くのはあまり関心しませんね。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
ああ、何だ。オレが絡んだんじゃなくて、キミがオレに絡もうとしたけど、オレが無視したのでキレてたのね。無視してごめんね。@飛んでこないコメントとか、いちいちチェックしてないから。しかし、「毎回」と表現しながらたった一回のすれ違いでしかないというのも面白いね。小人の心は実に理解し難いデス。 RT shio_sava:前にもここ(http://togetter.com/li/796355)で同じことを書いたけれど、想像だけで藁人形叩くのはあまり関心しませんね。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
そも「加害者より被害者の人権が重視されて当たり前」って考え方が憲法の条文(法の下の平等)に反している以上、先ずはそこを前提した上で憲法なり法律なりに物申さないとダメなんだけど、憲法や国連憲章という社会的規範によって規定されてる人権を持ち出しながら、「加害者より被害者の人権が重視されて当たり前なんだから、現行の法律やルールなんて関係ない」と云いだす頓珍漢と、そんな頓珍漢が正しいと思う頓珍漢がいるのが困った話だよね。ぐぬぬ。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月14日
まあこの手の輩は「被害者の味方をすれば誰にも批判されない」と思ってるからこそ、感情論なら感情論だと書けばいいのに、個人の感情論を法律論で肯定するような、わら人形批判どころか法律の仕組みすら理解してない頓珍漢な事を書いちゃうんだろうけど。
nekotama @nekotama00 2015年6月14日
pointoanketo1 それはどうもすみません。それでも中国人か韓国人かどうかなんて確定できませんよね?なので中国人や韓国人を持ち出した人の責任を押し付けないでください。
nekotama @nekotama00 2015年6月14日
pointoanketo1 え、殺人の被害者の方がストレスが大きいから人種差別的な発言を受けた人のストレスはどうでも良いってことです?それってひどい区別だと思いませんか?むしろどうしてそんなことを断言できるのか根拠をご提示いただきたいですね。
nekotama @nekotama00 2015年6月14日
誰かの感情というか精神的な負担を理由に司法判断なしに出版を差し止めたり売上げを奪う権利を認めるなら、他の誰かが精神的な負担を理由に司法判断なしに出版を差し止めたり売上げを奪う権利を認めないと筋が通らないというだけの話なのに、対象を変えるだけで反発する人が多くていろいろ透けますね。誰とは言いませんが。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月14日
今福井にいるんだよねコイツ
北大 輝@忌中 @honda_sado 2015年6月14日
nekotama00 刑事事件に関わることについて『加害者(周辺)』『被害者(周辺)』と #自称N次被害者 とは峻別すべきだと思う。 今回のケースは『加害者(周辺)に近づいた出版側が、被害者(周辺)の二次被害を全く考慮せず、為に一切被害者側への許可を取らず銭ゲバ根性でやったもん勝ち出版を行った』ってことだから。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年6月14日
fool_0 別に当人は表現の自由の体現なんて考えてないでしょ?
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月14日
dokuman3 無いでしょうね。だから尚更人の不幸を飯の種にしているとしか思えない訳で。
しおさば @shio_sava 2015年6月15日
grayengineer あなたが言ってることもオウム信者のいう「不当な弾圧」と変わらないですよ?他人にばかり理解を求めて勝手に話を放り出すのは失礼なのでやめたほうがいいですね。評価も下がるので。
しおさば @shio_sava 2015年6月15日
tikuwa_zero そりゃあ私は君のように朝から晩までtogetterに張り付いてないのだから知らなくて当たり前だし君に認知されるレベルまで落ちたくないよ。 社会や人の役に立つように法を運用しようという基本的な考え方が身についてないのにルールはああだこうだと騒いでれば悪目立ちするのは当たり前。ちなみに君はここ (http://togetter.com/li/768458) でも「実用性、根拠の無いルールに拘泥してフルボッコにされてる」から「たった1回」ではないよ?
しおさば @shio_sava 2015年6月15日
tikuwa_zero 自分の大別は許すけど他人の大別は許さない!が君のやり方なの?まぁお粗末な議論だこと。出版するのは自由だが金儲けをさせるのは反対だ、という考え方の人はわりとたくさんいるように見えるけど、これも君の目には見えない現実の一つなんだろうね。
しおさば @shio_sava 2015年6月15日
tikuwa_zero 絡もうとしたけど無視した (ということにしたい) のはよくわかるけど、君が披露した現実を全く見てない珍妙な理解とコメントに指摘が入っただけですよ?私が関わってないところでも「明らかな間違いを指摘されると遁走」が得意技みたいだし、ネットが使える年齢ならそろそろ自分が間違えたことは間違いと認める訓練を始めないと。私は心が広いから君みたいな人でも放っておけないんだよ。
しおさば @shio_sava 2015年6月15日
grayengineer さんが言ってることは法治主義の見解のひとつとして受け入れられるが誰かさんの言う「殺人犯がDQNのワル自慢よろしく殺害事件をネタにして飯の種を稼ぐことは人権として保証されてる金科玉条」なんて暴論が受け入れられると思ってるなら人間を知らなすぎるとしか言い様がない。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年6月15日
fool_0 えっと、別にここで表現の自由云々と言ってる人は著者の飯の種を擁護する目的で言ってるのではないと思いますよ?だから、「「表現の自由」を体現するなら出版へ拘る必要はなかった筈」というのは全く頓珍漢な意見だと言ってるのです。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年6月15日
俺の意見は法律より優先されるって自信はどこから来るんだろうか?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
大丈夫、今回で覚えたから。キミがガチキチマンだって事はしっかりとwww RT shio_sava:そりゃあ私は君のように朝から晩までtogetterに張り付いてないのだから知らなくて当たり前だし君に認知されるレベルまで落ちたくないよ。 社会や人の役に立つように法を運用しようという基本的な考え方が身についてないのにルールはああだこうだと騒いでれば悪目立ちするのは当たり前。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
何だ。てっきりそのリンク先で、オレがキミにフルボッコされたのかと思いきや、他人の手柄じゃん。よく他人の手柄を自分の手柄みたいに表現できるね。さすがガチキチマンwww RT shio_sava:ちなみに君はここ (http://togetter.com/li/768458) でも「実用性、根拠の無いルールに拘泥してフルボッコにされてる」から「たった1回」ではないよ?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
話逸らすのはいいから、反対派ってどういう意味だったのか教えてよ。それとも、特に何も考えずに勢いで書いちゃっただけで、引っ込みがつかなくなってるの? RT shio_sava:自分の大別は許すけど他人の大別は許さない!が君のやり方なの?まぁお粗末な議論だこと。出版するのは自由だが金儲けをさせるのは反対だ、という考え方の人はわりとたくさんいるように見えるけど、これも君の目には見えない現実の一つなんだろうね。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
オレの内心を勝手に捏造するとか、ガチキチマンさすがやでえwww あのね、妄想は病気なんで、早いうちに入院した方がいいですよ?あ、もう手遅れかwww RT shio_sava:絡もうとしたけど無視した (ということにしたい) のはよくわかるけど、君が披露した現実を全く見てない珍妙な理解とコメントに指摘が入っただけですよ?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
逃走の定義をよろしく。それで、反対派の意味が何だったのかちゃんと書いてね。書かずに話を逸らすようなら、自分が書いた言葉の説明も出来ずに逃げたガチキチマン認定するんでよろしく! RT shio_sava:私が関わってないところでも「明らかな間違いを指摘されると遁走」が得意技みたいだし、ネットが使える年齢ならそろそろ自分が間違えたことは間違いと認める訓練を始めないと。私は心が広いから君みたいな人でも放っておけないんだよ。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
自画自賛が酷いなwww ガチで云ってるなら、本気で頭おかしいなこいつwww RT shio_sava:私は心が広いから君みたいな人でも放っておけないんだよ。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
っ「誇大妄想」 RT dokuman3:俺の意見は法律より優先されるって自信はどこから来るんだろうか?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
ちなみに、ガチキチマンがオレがフルボッコされてると例にあげたhttp://togetter.com/li/768458ですが、ちゃんとコメ欄を読んで貰えば判る通り、オレのコメントにも一定のいいねがついてるし、意見を異とする@nan_sam氏と議論を交わし、結果的にお互いがお互いの意見を同意できる妥協点を見出してます。ガチキチマンの逃亡の定義がよくわかりませんが、論拠も根拠もなく、ただオレをdisるだけのコメントを無視しているのはそのためです。念のため。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
あ、ごめん。これか。>反対派 文章へったくそだから気付かなかったわ。ごめんね。 RT shio_sava:出版するのは自由だが金儲けをさせるのは反対だ、という考え方の人はわりとたくさんいるように見えるけど、これも君の目には見えない現実の一つなんだろうね。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
で、具体的に反対派のコメントがどれに当たるのか、ちょっと指摘してみてくれない?オレの目には「表現したいだけならWebで無料でできるだろ」派とか「法律的には問題なくても、過去の犯罪行為を流用して金儲けする事は問題だと思う」派は目につくけど、「出版するのは自由だが金儲けをさせるのは反対だ」派が見えないので。 RT shio_sava:出版するのは自由だが金儲けをさせるのは反対だ、という考え方の人はわりとたくさんいるように見えるけど、これも君の目には見えない現実の一つなんだろうね。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
そもオレはサムの息子法肯定派なんだけど、そこに至るまでの筋道と法律的見解に対する姿勢が違うだけでこんだけ突っかかってくるのがイマイチよくわからん。云うても、ガチキチマンは法律談義で「法より人が優先されて当たり前」とか考えてる法律頓珍漢だから、感情的に突っかかって振り上げた拳が下ろせなくなっただけかな、と思うんだけど。
ぼにゅそむ @yokoshimanaruko 2015年6月15日
ちくわ氏がまた荒ぶっておられる。そんなに論破がしたいのですかあなたは。
豆田 ✿ 麦 @mametamugi 2015年6月15日
煽りあいが激しすぎて何を言っても煽ってるようにしか見えなさそうで気がひける。この法を諸手をあげて肯定する気もないし危惧する意味もわかるのですけど、制限される自由は自由ではないってちょっと語弊あるのでは。自由は公共の福祉に反しない限り、法に触れない限り、認められるものでしょう。もともと制限のある自由しか認められてないですよね。法による制限が妥当であるか否かを論じるにとどまるべきところなのではないでしょうか。これは。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年6月15日
現行法の範囲で出版に制限を加える等出来るならそれをすればいい。法解釈の観点でのいろいろな意見は出るかもしれないが、その方針を否定する人は多分いないだろう。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年6月15日
現行法では無理だがこのまま放置するのは良くないというのであれば、日本でもこのような法律を制定するように動くのもいいだろう。内容には気をつけるべきではあるが正式な手段で立法を目指す事について否定はされないだろう。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年6月15日
現行法で無理だから人民裁判にかけろとか言ってるアホがもし居るなら噛んで死ね
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月15日
先ず現行の法律を前提としている人たち(オレ自身も含む)からすると、基本はそういう話だよね。 RT dokuman3:その方針を否定する人は多分いないだろう。 RT dokuman3:内容には気をつけるべきではあるが正式な手段で立法を目指す事について否定はされないだろう。 RT dokuman3:現行法で無理だから人民裁判にかけろとか言ってるアホがもし居るなら噛んで死ね
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月15日
当局は別に加害者を人民裁判へ掛けろと言ってる訳ではありません。が、「法律的に問題ないから」で終わらせていい話でも無いかと。現に今回の件を含め、不当に被害を被っている人がいるのですから。 そもそも法律というのは不当に貶められた弱者を守る『盾』であって、諦めを突き付ける『剣』ではないと思っていたのですが、それは当局の勘違いになるのですかね?
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月15日
大体『サム法を認めると将来表現の自由が侵される危険性がある!』って主張してる人は、現在進行形でその『表現の自由』とやらが不当に弱者(被害者遺族)を精神的に痛めつけている現状はどうでもいいというのですか? 際限のない自由が凶器と大差無いのは、これまで(というか現在進行形で)メディアがその身を持って散々証明しているのですが。
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月15日
tikuwa_zero そういう話です。現に当局も fool_0 で述べているように今回は間に合わないと思ってますし、誰かさんが言ってるような「被害者の言うことは何でもその通りにならないとだめ」なんて事は一言も口にしてないですから。あと表現の自由を守るのは結構ですけど、その為に被害者遺族が事実上泣き寝入りするしかない現状を放置していい理由になるんですかね?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
人民裁判云々は、法より人とか云ってる人に対する揶揄だと思いますよ。少なくともオレはそうです。 RT fool_0:当局は別に加害者を人民裁判へ掛けろと言ってる訳ではありません。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
残念ながらそれは憲法の範疇であり、法律は常に「法は自ら助くる者を助く」を前提とした「知ってる者の味方」なのです。だからこそ憲法で規定されてる人権に法律が対応できない場合、新しい法律が必要となるワケです。 RT fool_0:そもそも法律というのは不当に貶められた弱者を守る『盾』であって、諦めを突き付ける『剣』ではないと思っていたのですが、それは当局の勘違いになるのですかね?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
残念ながら、現行法(特に刑法)の大半は被害者遺族の心情には対応してないのです。だから被害者遺族は、権利侵害を受けた後で民事訴訟を起こして賠償金を取るしか(正統な意味での)報復手段がないのです。 RT fool_0:大体『サム法を認めると将来表現の自由が侵される危険性がある!』って主張してる人は、現在進行形でその『表現の自由』とやらが不当に弱者(被害者遺族)を精神的に痛めつけている現状はどうでもいいというのですか?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
とにかく、現行法を改正ないし新法を作らない限り、それを無視した提案や疑義は(それが例えどんなに正論であったとしても)主観論か感情論にしかないのです。無常ですがこれが法律論であり、法律談義なのです。 RT fool_0:そういう話です。現に当局も fool_0 で述べているように今回は間に合わないと思ってますし、誰かさんが言ってるような「被害者の言うことは何でもその通りにならないとだめ」なんて事は一言も口にしてないですから。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
現行法の改正を求めるか、あるいは新法制定を求めるしかないですね。お題目を振りかざして「放置していてもいいのか!」とどれだけ叫んでも、行動しなければ絶対に変わらないのですから。 RT fool_0:あと表現の自由を守るのは結構ですけど、その為に被害者遺族が事実上泣き寝入りするしかない現状を放置していい理由になるんですかね?
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月16日
tikuwa_zero 憲法も不磨の大典というわけではなく間違っている、あるいは時代に即さなくなったら変えていく(または付則を加える)のもごくごく当たり前の行為です。現に憲法九条がその渦中にありますし。別に法律や憲法を守らないと言っている訳ではありません。ただその一方でその内容が現状で妥当なものであるか否かを考えておくべきかと。現にそれを怠ったからこそ、頓珍漢な事ばかり言う憲法学者(というか憲法至上主義者)が量産される羽目になっている訳で。
殻付牡蠣 @rareboiled 2015年6月16日
これは感情的なものを、どう論理的や法律に則って解決させるかってことなんだと思うわ。出版自体の禁止も感情的にわかるが、しかし日本は表現の自由があり、犯罪犯したからと言ってすべての権利を奪われていいかどうかなんだな。犯罪犯した人間が、被害者が絡む事で報酬を得る行為をした場合に、被害者にその果実を分配しなくていいのかって言う方向性しかないんじゃないのかって思うな。サムの息子法も、そう言った考えがあるんじゃないのかな。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
法治主義とはそういうモノなんですよ。実情がどうではなく、憲法や法解釈がどうであるかが重要。なればこそ万人に平等に機能し、なればこそその定理が実情と乖離した場合、必要に応じて変える必要があるという話で。例えば、存続殺もそういう流れでなくなった法律ですし。 RT fool_0:(略)ただその一方でその内容が現状で妥当なものであるか否かを考えておくべきかと。現にそれを怠ったからこそ、頓珍漢な事ばかり言う憲法学者(というか憲法至上主義者)が量産される羽目になっている訳で。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
一方でセクハラ認定や痴漢冤罪なんかはこの正反対で、被害者の感情論を良しとしてしまったから弊害が増えている。ただまあ、そういう法律や条例が生まれるようになった背景には、「被害者の心情を慮る」って発想が出てきた証である。だから、日本でもサムの息子法が制定されてもおかしくないし、オレ自身もあって欲しいと思う。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
でも現状の日本には「サムの息子法」存在しないのだから、それを前提とした批判や非難は意味がないし、特に現行法における法律論や法律談義をしている人たちを人非人扱いしたところで何の意味もない。それは単に、個人的な感情を義憤と履き違えて的外れにぶつけているだけ。そういう話なのです。
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月16日
tikuwa_zero 当局に限定して言えば個人的感情が多分に交じっていることは否定しませんが、それ以上に同じ泥鰌を狙う人間が現れる事を防止したいという思いの方が強いですよ。その意味でサム法をたたき台に上げるのは悪くないと思いましたし、こういう所から議論を深めていくべきだとも思います。当局にしてもサム法をそのまま日本で適用できるとは思っていないですから、それを日本に合わせてカスタマイズするという議論は今のうちからやってもいいでしょう。それとも、そういう議論も無駄になるんですかね?
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月16日
そもそもここのコメント欄で何度も述べてますが、当局は他の人ほど『表現の自由』に至上の価値を見いだせないんですよね。別に『表現の自由』を否定している訳じゃないし、現に例えばここでこうして自由に発言できることも本来素晴らしい事であるという事も理解しているつもりです。しかし一方で『表現の自由』を錦の御旗に勝手な事をやってる新聞やテレビ、今回の太田出版のような輩を見ていると、際限ない自由って凶器と変わらないんじゃないかという印象を感じずにはいられません。
愚者@BOOTH通販開始 @fool_0 2015年6月16日
これが黎明期なら『表現の自由』が正しく使われていなくとも仕方ないとまだ理解できるんですが、日本国憲法が施行されてすでに70年近く経っている今でもあまり進歩していない現状を見ていると、本当にこのまま自由を野放しにしてていいの?という疑問が拭えないです。その為に何らかの制限を付けるべきではないかという考えが台頭してきても、そうおかしくはないかと。如何に自由といえど、やはり限度というものがあります。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
そういう議論自体は有用ですが、それを持って政治的なアクションを現実に起こせないならば机上の空論にしかならないので、結果的には無駄でしょうね。 RT fool_0:当局にしてもサム法をそのまま日本で適用できるとは思っていないですから、それを日本に合わせてカスタマイズするという議論は今のうちからやってもいいでしょう。それとも、そういう議論も無駄になるんですかね?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
表現の自由も人権の一部です。貴方が人権をジャンル分けして序列をつけたり、価値がないと判断するのは自由ですが、それは法学的見地からは程遠い発想です。 RT fool_0:そもそもここのコメント欄で何度も述べてますが、当局は他の人ほど『表現の自由』に至上の価値を見いだせないんですよね。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
逆に考えましょう。貴方が特筆して問題だと捉えているだけで、大半の人にとって表現の自由は正しく機能しているのです。だからこそ70年間も何も変わってないと見るべきです。 RT fool_0:これが黎明期なら『表現の自由』が正しく使われていなくとも仕方ないとまだ理解できるんですが、日本国憲法が施行されてすでに70年近く経っている今でもあまり進歩していない現状を見ていると、本当にこのまま自由を野放しにしてていいの?という疑問が拭えないです。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
もちろん、「だから変える必要を感じない」という結論ではありません。念のため。あくまでも「法律では○○となっているが、私は△△が正しいと考えてるから、法律が間違ってる」あるいは「だから法律を変えるべき」という牽強付会な考え方や結論そのものがナンセンスという話です。先ずどうして「法律では○○となっているのか」を考えるべきです。tikuwa_zero
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
先ず大前提として、法は何人に対しても平等である必要があります。これは今現在、法治国家を名乗る先進国には全て共通している大前提です。何故ならば特定の属性だけを優遇あるいは区別する法律は平等でなく、これは見方を変えれば差別に当たるからです。だからサムの息子法は当初、連邦法では修正第1条に反するから違憲と看做されたワケです。(後に適用範囲を狭くし、州法として制定される)
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
こういう構造は日本でもある話で、厳密に解釈すれば憲法や刑法とコンフリクトする条例というのもあります。有名なところでは風俗案内所規制条例を巡る違憲裁判や、世田谷区清掃・リサイクル条例違反被告事件です。これはいずれも「条例が憲法に反している」として提訴され、地裁では原告の主張が認められるも、最高裁で棄却されました。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年6月16日
例え結論が同じでも筋道がおかしければその筋道自体の誤りが批判されるのが法律談義なので、そこまで踏み込めないならば、あえて憲法がどうの法律がどうのと粗だらけの問題提起をするよりは、「私はこう考える」「こうなって欲しい」という意見表明に留めるほーがよっぽどクレバーだとオレは考えます。
ぬこすき @nukosuki 2015年6月16日
英語で書いてあるだろうしイギリスとかオーストラリアとかから出して普通にお金儲けてそう
ニキンモクセイ @homeJupiter 2015年6月17日
これがもし婦女暴行(オブラート)の前科がある人間がその体験をもとに自伝やエロゲを作った、だったらここの人たちがどんな反応するか想像したら楽しい…楽しくない?
ちんぴら御坊 @ishin681023 2015年6月17日
どこで線を引くかだな。殺人事件の犯人の告白本・懺悔本のみにするのかすべての刑事事件の犯人の懺悔本を対象にするのか。傷害事件で被害者は生きてるが障害が残ってしまった事件の犯人の懺悔本はどうするのかとか。法の適用対象をどこにするのかで賛成か反対か変わるなおいらは
keyray @Keyray7 2015年6月17日
homeJupiter オールド・パーおいしいです
ゴイスー @goisup 2015年6月17日
出版物を売るのは商行為であり、表現そのものでは無いと思うが
しおさば @shio_sava 2015年6月19日
tikuwa_zero 自分で書いてるソレが反対派に見えないなら病院に行くのは君のほうですよ?「ちくわさんが暴れてる」にも一定のイイネ!がついてるのでご自身の評価を客観視してくださいなとしか。
しおさば @shio_sava 2015年6月19日
自分についてるいいねには一定の数がある!って勝ち誇ってるけど、自分とは反対の意見が真っ赤かつ何倍もいいねが付いてる現実は見えない模様。ガチキチは自分がキチガイだとは気付かないっていう実例が見れて良かったです。社会勉強になりました。
しおさば @shio_sava 2015年6月19日
ちくわさんは「法<人」論の「人」を勝手に「その事案にまつわる特定個人」と定義するのをやめて社会を含む国民全体と解釈するクセを付けたほうが色々捗ると思うよ。いやあ私は親切だなぁ(棒
まりわんこ@輪廻転生中&何気にシカテマ推 @mariwanko 2015年6月20日
あなたの大事な家族が惨殺されました。殺人鬼は刑務所から出てくると「俺があいつをぶっ殺したのはこうだからです」「あいつをこうやってぶっ殺しました」という手記を書いて、とんでもない額のお金をもらって優雅に暮らしました。遺族としてどう思いますか? ってことじゃないの?
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2015年6月22日
レイプ犯がレイプ体験記を出版して金銭的利益を得ることは許されない、と言う話。
K K @kkz011 2015年6月24日
おれも買わないな〜。胸糞悪い。
sigesige00 @sigesige00 2016年8月3日
letssaga3 いや、『絶歌』の筆者は明らかにえん罪被害者の少年Aではなくゴーストライターですが…なお、あなたは医療少年院に収容された少年がえん罪ではないと考えていますか?もしそうなら理由を教えてください。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする