「歴史認識の脱文脈化」  『「知覧」の誕生 特攻の記憶はいかに創られてきたのか』をめぐる想田和弘監督の思索

『「知覧」の誕生』についての想田和弘監督のツイートをまとめました。執筆者の一人・社会学者の井上義和氏とのやりとりもあります。
井上義和 特攻 靖国神社 想田和弘
mayuqix 7156view 13コメント
7
ログインして広告を非表示にする
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 10:50:47
    『「知覧」の誕生 特攻の記憶はいかに創られてきたのか』(柏書房)を読んでいる。執筆者の一人・井上義和氏が拙著『熱狂なきファシズム』の「永遠のゼロ論」に言及していて、献本してくださった。まだ井上氏の章しか読んでないが、大変興味深い。amazon.co.jp/dp/4760146105
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 10:51:14
    かつて特攻隊の基地であった知覧には「知覧特攻平和会館」があり、90年代以降来館者が増加し、いまでは毎年50万人も訪れるそうだ。面白いのは「自己啓発」目的で訪れるスポーツマンや会社経営者やその従業員などが多いこと。
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 10:51:20
    彼らは知覧を訪れて「戦争の時代を思えば平和な時代に生きている私たちは幸せ」だと実感したり、「愛する人たちのために命を捧げる利他の精神」に涙したりして、自分の人生に「活入れ」をするのだという。
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 10:52:20
    僕は読みながら「特攻隊員は喜んで犠牲になったわけではなく、無能で横暴な戦争指導者たちによって殺されたも同然なのに、よくも無邪気に感動できるな」などと強烈な違和感を感じたのだが、そういう現象を井上氏は教育社会学者らしく冷静に「歴史認識の脱文脈化」という言葉でうまく捉えていた。
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 10:52:33
    そう、彼らは特攻隊員がどのような歴史的経緯と権力構造の中で殺されるに至ったのか(=文脈)については問題にせず、特攻隊員たちの心情だけを取り出して、そこに感情移入して自己の啓発に使うのである。
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 10:53:03
    僕が以前書いたコラム「素朴な「感謝」がファシズムを支えるとき」で表明した向井理氏への違和感は、煎じ詰めれば向井氏の「歴史認識の脱文脈化」に対するそれだったのだと思う。→素朴な「感謝」がファシズムを支えるとき magazine9.jp/article/soda/1…
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 10:53:56
    というより、安倍晋三をはじめとした最近のネトウヨ的歴史改ざん主義者たちの言説の正体は、「歴史認識の脱文脈化」そのものなのではないか?井上氏は本書で非常に重要なことを言語化したように思う。
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 11:22:31
    「歴史認識の脱文脈化」について連投したが、よく考えると安倍政権が安保法制を通すために行っている作業も「憲法の条文や判例の脱文脈化」である。本来の意味や有機性をバラバラに解体してパーツ化し、自分の都合のよいように使っちゃう。道具化する。これって現代社会に蔓延する病なのかも。
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 11:46:26
    ただし、元の文脈を解体する「脱文脈化」には、解体したパーツに「新たな文脈を与える」側面もあるので、クリエイティブな行為にも通じる。全否定するわけにはいかない。とはいえ、歴史や憲法の脱文脈化には、やはり倫理的問題がつきまとうと思う。
  • 井上 義和 @inoue91661 2015-06-24 12:12:04
    想田さま、ツイートありがとうございます。活入れされるのが、いわゆる右の人ばかりではない点が重要だと思います。想田さんの永遠の0論もそのように理解しました。 twitter.com/kazuhirosoda/s…
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 12:16:41
    おっしゃる通り基本ノンポリですよね、活入れされる人って。しかし活入れの結果どうなるのかにも興味あり。@inoue91661 想田さま、ツイートありがとうございます。活入れされるのが、いわゆる右の人ばかりではない点が重要だと思います。想田さんの永遠の0論もそのように理解しました。
  • 井上 義和 @inoue91661 2015-06-24 12:22:10
    はい、そこは私も気になります。とくに、一般の人ですね。今後取材を続けたいと思います! twitter.com/kazuhirosoda/s…
  • 想田和弘 @KazuhiroSoda 2015-06-24 12:21:06
    「活入れ」がノンポリの人たち(自らの政治性に無自覚な人たち)の思想的真空状態に入り込んでいるように見受けられます。活入れの結果、彼らがどんな考え方をしていくのか。免疫がないだけに危うさを感じてしまいます。@inoue91661
  • 参考
  • リンク www.chiran-tokkou.jp 知覧特攻平和会館 当サイトは、鹿児島県南九州市にある知覧特攻平和会館の公式サイトです。大東亜戦争(戦後は太平洋戦争ともいう。)末期の沖縄戦において特攻という人類史上類のない作戦で、爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たり攻撃をした陸軍特別攻撃隊員の遺品や関係資料を展示しています。
  • Kurasawa Mayuki @mayuqix 2015-06-24 12:03:21
    小泉元総理「戦争に行って、祖国の為、また家族の為、命を投げ出さなければならなかった犠牲者に対して、心からなる敬意と感謝の念を持って靖国神社に参拝しております」。/平成18年8月15日 小泉総理インタビュー bit.ly/1IxN1c5
  • Kurasawa Mayuki @mayuqix 2015-06-24 12:04:51
    靖国参拝における小泉首相(当時)と安倍首相の差 - 模型とかキャラ弁とか歴史とか (id:D_Amon / @AmonDaisuke) d.hatena.ne.jp/D_Amon/2013122…
  • Kurasawa Mayuki @mayuqix 2015-06-24 12:08:23
    河野・村山会見にみる今、日本が世界から問われていること videonews.com/commentary/150…

コメント

  • moto@この世界の片隅に応援中 @moto1981 2015-06-24 15:46:19
    なんかね、押し付けがましい感じがするんだけど…
  • 四条あき @Aki_Shijou 2015-06-24 16:47:47
    意識高いピグアイコンには碌な奴がいないという法則
  • 竹永@2 @takenaga51 2015-06-24 17:31:25
    歴史的事実は一つしかないけど、その事実の見方は文字通り人の数だけある。「自分なりの歴史認識」はあっても「正しい歴史認識」なんか無いんだよ。
  • 奥山犛牛 @bogyu 2015-06-24 20:40:11
    どうも想田氏は「知覧を訪れて『感動』する人々は思想的真空状態で、何も考えてないアホだ」と思っているようだが、特攻隊員の苦悩に思いをいたし、感謝を捧げることと、特攻を生んだ権力構造をそのまま肯定することとは違う。
  • 奥山犛牛 @bogyu 2015-06-24 20:49:15
    この人に限らないけれども、それなりにものを考えている人々をつかまえて「無知で無自覚な一般大衆」扱いをし続けてきたことが、現代において左翼が支持を失った原因ではあるまいか。
  • ベイシル @BasilLiddlehear 2015-06-25 05:03:58
    すでに指摘されているけど、特攻を強いた社会を悪として批判しながら、特攻隊員の振る舞いに感動することはできると思う。前者は社会的な文脈から特攻を見ているが、後者は一個人からの視点で特攻を見ている。そういう意味で両者は分けることが出来ると思う。「歴史認識の脱文脈化」というが、特攻を悪と断じるだけの見方は、私から言わせていもらえば「個人認識の脱文脈化」である。一個人が特攻に際して抱いた複雑な感情を、われわれが推し量るのは傲慢であるから、単一的な見方はよくないであろう
  • Kurasawa Mayuki @mayuqix 2015-06-25 22:40:05
    特攻隊員の心情に共感して、「感謝」や「敬意」の念を抱くことと、実際は彼らを「犬死に」させた権力構造を肯定することとは違う。なるほど、そうかもしれません。であれば、なぜ「感謝」や「敬意」や「哀悼」だけでなく、そうした「不条理な権力構造」に対する「怒り」を語らないのでしょうか。その「怒り」こそが、「軍国主義の亡霊」が甦ることに歯止めをかけるのではないでしょうか。知覧特攻平和会館を訪れる人たちには、「個人への『感謝』を口にするなら、構造への『怒り』も語ってください」と申し上げたいです。
  • ベイシル @BasilLiddlehear 2015-06-28 06:57:56
    mayuqix 確かに『怒り』も表明すべきですが、多くの人にとってそれは難しいような気がします。問題の本質は、ソクラテスが毒杯をあおったのに似ています。もし彼らは「悪」に死ぬように命じられましたが、その悪を否定することは、彼らの忠誠の価値を損ねてしまいます。これは危険な見方ですが、悪でもそれに従うという忠義の心みたいのをこの国は異様に評価することがあります。もう一つは、「特攻は悪だった、無駄死にした国が悪い」というのをいうのは、(続
  • ベイシル @BasilLiddlehear 2015-06-28 06:59:03
    mayuqix 彼らが無駄死にであったことを認めることになってしまうのではないでしょうか?私は死んだ彼らに「君たちは無駄死にだったんだ」とは言えません。特攻を非難することは、同時に特攻隊員の意義をも損なわせてしまうのではないでしょうか。「彼らは無駄死にではなかった」とは我々が良くも悪くも抱きがちな幻想です。(その最たる例が靖国神社だと思います)。最後に、特攻に追いやった我々の(祖先)の責任があります。さすがにすべてを軍国主義に責任転嫁するのは無理でしょう。(続
  • ベイシル @BasilLiddlehear 2015-06-28 07:01:47
    mayuqix 軍国主義は悪ですが、それを防がず、反抗しなかった国民の責任も大きい。そう考えた時に、特攻隊員の墓の前に行って「貴方を死に追いやったのは我々の祖先です、申し訳ない」という謝罪をしなければなりません(もしくは申し訳なさを覚える必要がある)。そのように非を認めるのは難しいのではないでしょうか?長文失礼いたしました。
  • 長 高弘 @ChouIsamu 2015-07-14 10:44:13
    bogyu 何の意味も無く死んだ人に捧げるべき感情は「悲しみ」や「憐み」や「悼み」であって「感謝」では無い。貴方はインパールの戦死者にも「感謝」を捧げるのか?? 貴方がドイツ人だった場合、アウシュビッツの犠牲者に「感謝」を捧げるのか??
  • 長 高弘 @ChouIsamu 2015-07-14 10:50:44
    知覧に配置されてた振武隊には「特攻したけど、何かの間違いで生還しちゃった」人達を福岡に有った振武寮に監禁した、と云う、おぞましい黒歴史が有る訳でさ……例えば、サイコな連続殺人犯の犠牲者に「感謝」する奴が居たら、そいつもサイコ野郎だろ、どう考えたって。特攻で死んだ人に"感謝"する、ってのは、言わば、そう云う事。
  • 箸呂院マジチキ @kairidei 2015-07-15 04:04:00
    振武寮の虚構 06.6.8/07.1.17 http://www5b.biglobe.ne.jp/~s244f/shinburyo.htm   監禁の話は本当なんでしょうか。私自身は詳しくないのでどちらとも言えませんが。

カテゴリーからまとめを探す

「科学」に関連するカテゴリー

「社会学」の注目キュレーター

カテゴリーを見る